ケイケイの映画日記
目次過去未来


2018年09月26日(水) 「愛しのアイリーン」





私事ですが、夏に姑になりました。永い春だった長男夫婦ですが、その期間が功を奏して、お嫁さんとの仲は、お陰様で良好。気は使うけど、お嫁さんて、可愛いもんだなぁと喜んでいた矢先、この作品で木野花演じる主人公岩男(安田顕)の母を観て、私の感情は真っ暗闇に(笑)。登場人物の生臭い感情を、強烈に露にしながら、それでも心の奥底に秘めた、その人しか知らない哀しみを、観客に届けてくれる怪作。私は好きな作品です。監督は吉田恵輔。

農家の一人息子の岩男。42歳ですが女けはなく、気になっていた勤め先のパチンコ店の同僚で、シングルマザーの愛子(河井青葉)に手酷い振られ方をしたのをきっかけに、貯金300万円を叩いてフィリピンへお見合いツアーに向かいます。次々と替わる相手に疲れ果てた岩男は、自分にじゃれつく、まだ年若いアイリーン(ナッツ・シトイ)に、「この子でいい」と捨て鉢に決めてしまいます。アイリーンを連れて家に戻ると、そこは認知症気味であった父(品川徹)の葬儀の真っ最中。アイリーンを観た岩男の母ツルは、猟銃を持ち出し、アイリーンを殺そうとします。

お見合いと言っても、早い話しが嫁の来てのない男が、嫁を「買う」ツアー。そのお金が300万で、結婚後も嫁の実家に仕送りしなければならない。原作は1990年半ばなので、そういった事例も耳にした事があります。今はどうなのかな?

とにかく暗ーい岩男。風采が上がらず色んな意味で自信がない。これは母ツルのせいだわね。プライバシーのない居内、四十路の息子が誕生日のため、早く帰って来いといい、マスターベーションの様子まで覗き見する。息子の事は、何でも把握しないと気が済まない。あぁ恐ろしやと思いつつ、私も四十路の息子が結婚もせずパートナーもいなかったら、「お誕生日会」やりますよ、きっと。彼女を見ていて、全否定は出来ない自分も怖い。これ、娘ならどうなんだろうか?昨日は近くに住む独身の次男が来ると言うので、夕食は次男の好きなものを作りましたが、もしかしたら、これもいけないのか?嫌だなー、怖いよー。

汚い小娘とアイリーンを罵り(便所のなんとか?すごい罵り方)、暴力・嫌がらせ、なんでもござれのツル。果ては、離婚させて、別の娘をあてがおうとする。この凄まじさには、いくら田舎の農家だとて、やっぱり少し時代を感じます。私の周囲は、嫁姑問題が皆無で、皆息子のお嫁さんを褒める。でも、その昔は、嫁にとって姑とは、天敵でした。。亡き姑は私を可愛がってくれましたが、友人の一人は舅姑に尽くし、家を守り、私なんかより遥かに良き嫁だったのに、息子が嫁を迎え「お嫁さんて、可愛いよな。そやのに私の姑は、何で私をあんなに苛めぬいたんやろ?」と、姑から嫁の立場に戻ると、目が据わってくる(女は夫や夫の親族絡みの事は、終生忘れない)。

私より一回り以上、上の年代の人で、「息子の嫁さんは、どんなに完璧な人が来ても、息子の嫁と言うだけで嫌」と言う人もいました。息子への執着が、息子に重荷を背負わしているのが、わからないのだな。母親の子供への執着と言うほど、厄介なもんはありません。そこには、真実の子への愛情もあるからです。なので呆けた岩男の父が、一瞬正気になって「お前は結婚は出来ん。親を捨てられねぇから」と言ったのは、極論的には正しいのです。当然烈火の如く怒る母。いやー、正論だって怒っていいよ。私だって息子たちには捨てられたくないもん。

子供への執着の愛は、夫や婚家からの理不尽な攻撃で、自尊心を傷つけられ、心身を満身創痍にした過去が、そうさせるんだよ。と、観ていたら、最後の方でそれが出てくる。やっぱりなー。ツルほどには苦労していない私だって、この猛々しいと言う言葉が生易しく感じるツルを、全否定出来ない。つくづく母とは業が深いもんです。

嫁のアイリーン。貧村の長女に生まれ、家族のために金で買われる花嫁を希望。天真爛漫な可愛い子です。しかし、初体験は愛する人とと、岩男に身を任せない。何たる我がまま(笑)。日本語が話せなくて、寂しくて入り浸るフィリピンパブの、「月はどっちに出ている」のルビー・モレノみたいなマリーン(ディオンヌ・モンサント)に、それはあかんよ、と窘められる。まだ子供なのです。女衒の塩崎(伊勢谷友介)から、売春婦と同じと言われて、猛反発するアイリーン。少しずつ岩男に寄り添っていく彼女を見ていると、岩男が嫌なのではなく、岩男への愛を確信してから、結ばれたいのだと感じました。

それが急転直下、塩崎絡みの一大事で、お互いを確認しあい結ばれる二人。それが暗雲を呼び込むなんて。前半のコメディタッチとは裏腹、この前後から血生臭いバイオレンスタッチに。罪の意識から、男としての暴力的な部分が覚醒する岩男。あの優しかった面影はなく、アイリーンの家族への仕送りやセックスで、札束を投げ捨てる。何たる屈辱。夫や姑から総攻撃されながら、実家への電話では、「みんな優しくしてくれる。心配ない」と母に告げます。涙が出ました。

連れ合いに別の異性の影が見えた時、猛烈に嫉妬する岩男とアイリーン。正に愛憎と言う言葉がぴったりです。「どうして優しくしてくれないの!」と、号泣するアイリーン。泥沼化する夫婦生活で、ありったけの思いをぶつける若いアイリーンに対し、救済の術がわからない岩男。年齢差、夫婦の背景から考えて、アイリーンに岩男を理解しろと言うのが無理。しかしこの作品の偉いところは、屈折・鬱屈する岩男の気持ちが、こちらに届くところです。

アイリーンを娶らなければ、こんな羽目にはならなかったと思っているのですね。それでも彼女を愛している。その複雑な感情が、岩男を暴力的なセックスで妻を支配しようとする、下衆な男にしてしまっている。暴力で哀愁を感じさせるなんて、ヤスケン、怪演にして快演です。

こんな汚辱にまみれた展開で、どんなエンディングに持っていくのかとハラハラしていましたが、これがお見事な展開。私は常日頃から、子供が大人になる過程で、親が子供の人生の主役になっちゃいけないと、思っています。岩男が木に彫ったのは、何なのか。ツルは何を持って、アイリーンと愛する息子を分かち合ったのか?そして人生は続く、と言うことか。破天荒な内容なのに、感動すらしてしまった。

主要三人以外にも、愛子、塩崎の、世間的には理解されない人たちの孤独を浮かび上がらせて、秀逸に感じました。強かで俗っぽいけど、フィリピーナの生き様を達観しているマリーンも良かったです。

男の人は死ぬ時多分、妻か母親の名前の二者択一ですよね。息子たちが私の名前を呼んだら、それは悲しい事なんだと、この作品を観てつくづく思いました。でも私が死ぬ時は、息子の名前を呼んだりしちゃうかも?(笑)。


2018年09月09日(日) 「寝ても覚めても」




観て一週間経つのに、まだ余韻が残る作品。震災を受けた東北まで映るのに、何故かヨーロッパの作品を観ている感覚がありました。タイトル通り、ヒロインと共に夢うつつの恋心が体感出来ます。とても素敵な恋愛映画です。監督は濱口竜介。

大学生の朝子(唐田えりか)は、ふとしたことから麦(ばく・東出昌大)と付き合うことに。掴みどころのない彼に、いつも不安な気持ちを隠せない朝子でしたが、やはり麦は行き先も告げず、朝子の前からいなくなります。その二年後、誰にも連絡せず大阪から東京に出てきた朝子。しかし勤めている喫茶店の客に、麦そっくりな亮平(東出昌大)が現れます。動揺を隠せない朝子を、最初不思議に思うものの、段々惹かれる亮平。東北の震災がきっかけとなり、二人は付き合う事になります。それから五年後、同棲中の二人は、結婚することに。しかし大阪時代の友人春代(伊藤沙莉)から、麦が海外でモデルとして成功し、帰国していると聞き、朝子の心は波立ちます。

本当に存在するのかと思うほど、実態が掴めない麦。素朴で愛らしいけれど、常にふわふわと浮遊しいているような朝子とは、お似合いでした。そして朝子は、劇中ずっとふわふわ。がしがし現実を歩む、他の登場人物たちから、この二人は完全に浮いています。

麦とは対照的な亮平。姫路から東京への転勤で知り合いも居ない中、誠実に仕事をこなし、毎日を丁寧に生き、東北へのボランティアも定期的に行く、実直明朗な好青年です。麦に似ている事から付き合い始めた事に、後ろ暗さを感じつつも、亮平への愛情を育てる朝子。しかし。

朝子の本当の気持ちは、彼女自身もわからなかったのでしょう。常に麦を恋しい気持ちが、親友の春代にも居所を知らせなかったのに、麦の遠縁の岡崎(渡辺大地)には、年賀状と言う形で、自分の居場所を知らせる。麦に自分を探して欲しかったのでしょう。言い訳を考えながら、押さえ切れない自分の心。亮平には大変不誠実なのですが、この女心、私は叱りたくない。

常識では不安定な麦より、超安定の亮平を選ぶべきなのは、火を見るより明らか。しかし恋と言う幻は、そんな常識、知ったこっちゃないんだなー。朝子のルームメイトのマヤ(山下リオ)と、亮平の同僚串橋(瀬戸康史)が、最悪の出会いながら、本音からスタートした事が功を奏し、さっさとゴールインしたのに対して、五年も同棲をしているのに、まだお互い遠慮がちな亮平と朝子とは、対照的です。

惚れた弱みか、頭のてっぺんから爪先まで、朝子を包容力と言う名の心配で包む亮平。今回の「踏み絵」は、この二人の将来にとって、必要だったのだと思います。

七年間の夢うつつから、朝子を現実に引き戻すのが、ボランティアに通っていた東北の海だと言うのは、秀逸。震災の事は、原作にはないそうですが、朝子を目覚めさせるのに、これ以上の場所はないです。岡崎の身の上に起こった事も歳月を感じさせるし、岡崎の母(田中美紗子)の、いたずらっぽい囁きも、朝子の感情にエールを送ったはず。そして亮平の怒り。そう、きっと朝子は、常に心の底に麦が居た自分を、亮平に一度怒って欲しかったのだと思います。だって彼は、猫一匹捨てられない男なんですから。

唐田えりかは、最初棒読みに苦笑しましたが、透明感と愛らしさは、朝子にぴったり。棒読みより、存在感を指示したいです。東出昌大は大根の誉れ高いけど、そうかな?私は着実に成長していると思います。私はこの手の大味で誠実な木偶の坊が大好きで、東出昌大も、デビュー当時から好きでした。私のイメージする彼に近い亮平は、とても眼福でした。

この作品は、幻のような恋との決別を、愛する意味を理解する事で、描いているのじゃないかしら?よく結婚と恋愛は違うと言いますが、それは結婚は条件が優先されて、愛情が必要ないのではないです。大事なのは、愛情を育てられる相手かどうか?じゃないかなぁ。私は結婚にも、必ず愛情は必要だと思っています。


2018年09月01日(土) 「検察側の罪人」




観てから一週間。そうすると、ほぼ忘れて書くことが余り無いと言う、私的に縁がなかった作品です。予告編では結構期待したんだけどなぁ。監督は原田眞人。今回疑問が多いので、少しネタバレです。

老夫婦が殺害される事件が起こり、エリート検事最上(木村拓也)と、最上に心酔する新任検事沖野(二宮一也)が配属されます。犯人として浮上したのは、リサイクル店に勤める松倉(酒向芳)。そして松倉は、かつて最上が学生時代、旧知であった少女の殺害容疑の重要参考人でした。その事件は未解決のまま、時効。今回の事件の犯人は、松倉と決めてかかる最上のやり方に、沖野は疑問を抱きます。

これ、多分原作は大いに読み応えがあるんだと思います。映画は残念ながら、上辺をなぞるだけで、滑ってしまった感があります。

何故最上がそこまで松倉の裁判での有罪に拘るのか?
100歩譲って彼の正義であると理解しても、そのために、自分まで犯罪に手を染めるのは、やり過ぎです。

大学時代からの親友・丹野(平岳広)の収賄容疑の件が、反戦にまで広がる必要はないです。返って底が浅くなります。

ちなみに最上が、他の学生時代の友人との会食を袖にしての丹野との密会は、ビジネスホテルの一室で、白いベッド、バスロープ姿の丹野に、あー、この人たちゲイなのねと、一瞬思っちゃった。その後自分たちの立ち行かない結婚生活の話までするので、やっぱり隠れゲイなのかと。話しが進むに連れて、単にマスコミから逃れるための密会場所だったのだと悟りました。私の観方が変かな?

そして明確に政略結婚だったと語る丹野は理解出来ますが、最上は仕事一辺倒で家庭が危機な模様。でも作品内容的に、それは挿入不要では?検事という仕事は、私生活をダメにするほど多忙だと言いたいなら、この描き方では感じません。

「白骨街道」なる本についても、挿入不要。丹野の反戦意識、唐突な戦場場面など、作品に昨日しているとは思えず、返って白ける。ある葬儀場にての、唐突な前衛舞踊に興ざめ。あそこで一気にテンションが下がり、この作品の期待した自分を恨みました。

とにかく視点が散漫なのです。原作は膨大なのでしょう、ならば駆ればいい。橘(吉高由利子)が語る、「100%の正義はない」と言う言葉が、私はこの作品のメッセージだと感じましたが、違うのかな?私の想像が当たっていたなら、男たちそれぞれの「自分の正義」を貫く姿に、的を絞って描けば良かったのじゃないか?橘の役どころも、そうです。あんな背景を使わなくても、最上に疑問が生じ、沖野に協力した、だけの方がすっきりすると思いますが。

それぞれの正義が、玉虫色ではなく、色褪せて私には見えてしまったのが、痛恨でした。

役者は悪徳ブローカー諏訪部の松重豊が出色。元々好きな人なので、今回萌えてしまった(笑)。正直彼で元は取れました。、怪しげなのですが、只者ではない感満タン。メフィストフェレス的魅惑感があり、最上は彼と知り合わなかったら、犯罪に手を染める事もなかったと思います。諏訪部の手下で実行犯の芦名星の、クールビューティーな感じも良かった。

キムタクとニノは、それなりかなぁ。キムタクなんですが、演技云々より、私は顔の浮腫みとドーランの濃さが気になって気になって。無理に若々しさを求められる役でもなく、容姿に重点を置かなくても良かった気がします。

巷で好評のニノの尋問場面ですが、早口過ぎて、何を言っているのか私はわからず(笑)。飛び道具的な松野のキャラも、私には嫌悪感以上の物はなかったので、特に感想はありません。

このようにして、冤罪事件は起こるのかと言う部分は、勉強になりました。ただ冤罪は、前科者から犯人を割り出す確立が多いと認識しています。松野の過去を反省しない姿を見て、胸の痞えが下りません。やり過ぎだけど、少し最上に肩入れしたくなりました。


ケイケイ |MAILHomePage