過去 未来 初日 最新 目次 MAIL HOME 掲示板 登場人物紹介


熱血青春日記(癒し系)
ゆう
MAIL
HOME

My追加

2008年03月27日(木)
ドナドナ

 今日は車を売る日。
 酔いを冷ましてから実家に帰り、手続きを済ませて、引き取られていくのをじっと見ていました。ひとつの時代が終わった気がする。
 その後は、自分の部屋の荷物のいくつかを東京の新居へ発送。
 東京か……。1100劼らい離れた土地でこれから暮らすんだなあ。


 夕方になり、大学の街へ行く交通手段がなくなってしまった僕は、I籐くんに迎えに来てもらい、いつもの通り大学のロビーへ。今日は教授と居残り組で飲み会です。毎日飲んでるんだけど、今日はいよいよ、僕の送別会。
 昨日、彼女宅に放置してきたTくんも拉致りました。
「ゆう先輩になら奪われてもいいですv」
 と、後輩は快く貸してくれました。元気になってよかったね。僕は東京だけど、これからはK田くんが足になってくれるからね、と言って、Tくんといっしょに大学に戻る。ロビーにはみんな集まっていました。

 田舎町だから、やることがもうパターン化しているんだけど、夕方からマスターの店に押しかける。今日は貸し切りだよ、と言って、いろいろ用意してくれてました。マスター大好き。がっちり抱き合って乾杯する。
 夜23時になると、この街唯一のカラオケボックスで学生さんは1000円で朝まで飲み放題というトチ狂ったサービスが始まる。もう学生じゃないし、飲み屋のマスターとか教授とか混ざってるんだけど、4年間通って店員さんとも知り合いだから、完全スルーで部屋に入る。この店大丈夫なんだろうか。

 もうわけわからないくらい泥酔し、教授がとなりで
「ゆうくんはいいよ、ゆうくんは良い子だよ……」
 とずっとつぶやきはじめるし、誰かがM木という男のパンツを脱がせて、窓の外に投げ捨てるし、それを全裸で取りに行くという犯罪行為を犯すし、ひどいありさま。

 夜は白々と明け始め、カラオケは終了。
 教授やマスターは帰ったけど、僕らは大学の裏庭に戻って、死ぬほど寒い中マスターに貰った、あまりのお酒を拡げ始める。
 おでんをコンビニで買ってきて、まったりしながら、
「このメンバーだから、大学楽しかったよ!」
 と、口々に言い合う。 
 素晴らしき哉友情、と感じた、思い出の夜。