DJ SEO's DIARY

2009年11月08日(日) >>Youth Decade<1990-1999>

Youth Decade<1990-1999>にご来場された方々、
どうも有難うございました!


我らの青春である90年代特集ってことで、楽しかったですね。
先月と違って、今月はオープン-ラストでずっと90’s縛りだったから、
DJも大変でした。でもお客さんは脳内90sな人ばっかで、
どの曲もウケが良くて、一晩通して良い雰囲気でした。

でも最近のDJでは滅多にかけない曲ばかりだから、
流れのひらめきがいつもより困難なのに加えて、
かけなきゃいけない曲は多いという・・・(汗

もちろん、プレイ残しは多分にありますが、
全体的には上手くセレクトできたんじゃないでしょうか?

ダンス系の受けが少し悪かったので、尺も長いってのもあって、
PRODIGY-DAFT PUNK-FATBOY辺り無かったなぁ、仕方ないけど。

ラウド系の受けも相変わらず良くないけど、
そういう人は人生損してるな(笑)ってことで、
ある程度はプレイできたから楽しかったなぁ。

今回も先月同様、インディが強かったね。
やはりグルーバーにはソコを求めてんだな、と。

もちろん、大好きなPosiesとかPavementとか最高だし、
買ったばかりのNirvana@Readingは、今までのライブの中でも
一番クラブ映えする音質だし、アガッたなぁ。

コウノも上手いこと僕とかぶらずに、
バランス良くプレイできてたと思う。
KULA SHAKERの3曲は、ちょっと多かったけど。
僕もOFFSPRINGを2曲するくらいだったら、
エイジアン無かったなぁとか。


まぁ、そこまで言い出したらキリ無いけど、ね。


セレクトは、お互いどっちが先にドボン(90’s以外をかける)
するかなぁ?って思ってて、コウノがアリソンをかけたときに、
「はいドボン!」とか思ったんだけど、
実際はボサノヴァは90年ということで・・・セーフだったんですね。

で、僕がリクエストに答えてリーガル・マンをプレイしたんだけど、
これが2000年だったんですね(笑)逆にヤラレました。
もちろん、リクなんで全然いいんですけどね。
気づかなかったのが、悔しいだけで。

終盤はかけなアカン曲多すぎて、早巻きプレイ。
こういう自己中カットイン(笑)がもっと上手くなればなぁとか。


それにしても、凄い一晩だったね。
来れなかった人は一生後悔すべき(?)な、90sラヴが結集した祭典。
皆の熱い魂を感じました。

特に最前で踊りまくってたケンジ&ユキオにリスペクト。
グルーバー第1回から知る元DJヤマシタ(ケンジ)と、
その第2回から、9割以上の来場率を誇る最強の常連ユキオの二人は、
だてに僕と10年付き合ってるワケじゃないっていうか、
もはや音楽同志といっても過言じゃないくらい。

そうやってグルバ青春時代を共にした連中と、
90sナンバー全開で振り返れたことは、本当に嬉しいね。


次回、ラストとなる第三弾、
"Last Decade<2000-2009>"については、明日にでも。



 << BACK