昨日と今日の話
2020年09月22日(火)

こんばんは〜。

昨日はひとりランチ(ブッフェ)に行ったんだけど、たくさん食べられなくて、早々と引き揚げてしまいました。

ほとんど料理しなくなりましたが、恐らく、自分が作ったものが(意外と)美味しいんじゃないかと、気付き始めてます。

コーヒーもね、ラテだったら、エスプレッソにミルク入れればいいものね。

フレーバーシロップも蜂蜜もある。

シナモンとジンジャーのパウダーもあるし。

こないだは、バナナミルク(お手製)にエスプレッソショット入れてみたら、甘さが控えめになって美味しかった。

そういえば、フルーツジュースも(時間あれば)ハンドミキサーで作ってる。

でもね。

時折、誰かが作ったものを食べたり飲んだりしたくなるんですよ〜〜〜。

そこは許して。

ところで、今日は、仕事に関する本を読んでました。

読んでると、仕事のヘヴィーなずっしり感を思い出すから、読みたくない気持ちもあるんだけど、読み進めました。

それから、先日のご奉仕で動画をちょっとだけ撮影したので見ました。

手ブレ、ブレブレ。

主がトイレに行っているのを撮影したんですけど、それを見てると、いつもの風景が自宅でも見れる楽しさがありました。

「あー、この姿、いつも見てる〜〜〜♪」と、テンションが上がりました。

自分が見るために撮る動画って楽しいです。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



こだわり。
2020年09月21日(月)

こんばんは〜。

今日は身体がしんどくて、あまり動けませんー。

昨日も、贅沢なことに、主に感じさせられて…、身体が追いつかない。

「逝かされ続けた」っていうのが正答に近いのかも知れませんが、「感じすぎた」の方が自分としてはぴったりです。

そして、「エクスタシーの海に放り込まれた」感じです。

ところで、オーガズムは「小さな死」を意味すると聞いたことがあります。

昨日はほんと、この「小さな死」という単語が思い浮かんで、「私ってば、もう何度、『小さな死』を重ねてるんだろう……。」と、ちょっと気が遠くなりました。

[呼吸が止まって→息を吹き返す→しんどいので逃れようとする→力が出ないので捕まる]の繰り返し。

あ、呼吸が止まることもありますし、息を吐き切ってしまって、そこから次に進まないこともあるし、全身に力が入ってどうにもならないこともあるし、次の快楽に捕まる予感もあるし、こうして文字にしてみると、やっぱり、単純に「逝く」の一言に納めたくないことだらけですね。

だから、色々「感じすぎた」がしっくりきます。

そういえば、貸出とか複数とかで、他の男性と関わることもあったのですが、その時は「イカせてもらう」と思ってました。

イク方が楽だと思ってました。

そこに「感じる」はあまり無かった気がします。

イクために頑張る、みたいな気持ち。

あ、オナニーも同じかな、うん。



主に関しては、色んなたくさんのことを、ご奉仕で感じてチャージして帰りたい気持ちです。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



無心にゲームしてる訳
2020年09月19日(土)

こんにちは〜。

昨日は仕事が大変で、ほとほと疲れました。

電話もたくさん入り過ぎたので、折り返しも予約制の時間指定にしようかと思ったくらいでした…。

「ちょっと話すだけです。」というけど、20分は話すものね、皆さま。

仕事柄、そんなに長く話せないという説明をしなきゃならないのかと、ジレンマを感じます。

あーもー、ほんとに自分の能力がなさ過ぎる。

そんな訳で、家に帰り着いたら、「あれ?主に画像報告したっけ?」と思い出して、送信済みメールボックスを確認したら、してませんでした。

画像の撮影は朝一でしてたのに。

くぅ。

画像報告をすっかり忘れていたのが、かなりショックです。


そんな感じでしたので、無心にゲームしてしまい、寝るのが3時前とかになりました。


そして今日もずっとゲームしてます。




↑エンピツ投票ボタン
My追加



深夜の海で泳ぐような
2020年09月17日(木)

こんばんはー。

昨日はうだうだと、エンピツ日記の更新をしたら、スッキリしました。

私ですね、以前にもお話ししたことがあるのですが、挿入して頂いている時って、本能的な脊髄の反射みたいな自分と、理性が残っている自分の二人がおります。

「快楽に身を落としていいか〜。」って、ふわぁっと波に持っていかれていると、ハッとして我に返ります。

それに、うふふふふと笑っていたり、逆に、やめて下さいと叫んでいたりします。

あーうるさい女だ、と止めようとすると、そのブレーキが作用して、もっと変な渦に巻き込まれることも多々あります。

そういえば、少し前は、「仕切り直しましょう!」と頭の中で叫んでて、「何を仕切り直すんだ?」と思いつつ、「いや、とにかく仕切り直さないと!」って焦ってました。

まあ大抵、負け戦だとわかってるのに、態勢を整えようとしてます。

だから、そういう思考回路って変だな、と。

「そんなものなのでしょうか?」

そう尋ねつつ、これが自分の感じ方だと諦めもついてきた。

だから尚、溺れてしまうのかもしれない。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



走り書きのメモ的な日記
2020年09月16日(水)

こんばんは。

昨日は、主の人生の一端に触れさせて頂いたようでした。

私が最初から諦めているものを、主は常に手に入れている重みを感じました。

こんな風に、人生の価値観に通ずる話を聞かせて頂く機会が有ると、ふと、「自分はそれに見合う人間であるだろうか。」と自問自答します。

それに恥ずべきことがないよう、心は清廉でありたいと思うのです。

さて。


私はいつもここで、主から頂く快楽を言葉で表現しても、しっくりこない居心地の悪さを感じています。


居心地の悪さを解消しようと色々考えてみて、「自分の感じ方で大丈夫だと思える自己肯定感」、これだとスッキリしそうです。


快楽は痛みと違って、思いもしない表現が出るんですね。


だから毎回、新しい自分に出会っているようなのです。


その、新しい自分に出会うことも怖いし、それを認めるのも嫌なんですけど。


主を介して、知らなかった自分に出会うのなら、受け入れることができる。


振り返れば、出逢った当初からそうでした。


でも、なんか、嘆かわしくて、毎度同じようなことを、ここエンピツ日記に綴っちゃうんですよね。

やり場のない思い。


今日なんて、「神様、許してください。」とか口走ってて、「え?神とか、どの神にお願いしてるんだ?」と思いつつも、また同じセリフが口から出ちゃってる。

それと前回は、快楽から逃れたくて逃れたくて、両膝を曲げて足で突き放そうとしている自分がいて、びっくりしたんですけど、もっとびっくりしたのは、両膝を曲げたら、快楽が増幅してしまい、収拾がつかなくなってしまって。


アホか?


こんなことってある???


で、情けなくなるっていう。



そういう間抜けな話って、聞いたことがないものですから。


スマートにもエレガントにも、一生なれないどん底感。


こんな恥ずべき貪欲な穴が恨めしく。


「快楽に付随するマイナス面は、他の人に見られたくない、し、見せたくない!」



そうそう、快楽って気持ちのいい、可愛い姿を見せるものだと思っていたら、こんなにみっともない姿を晒すことになるのかと愕然としています。


それは間違いなく、私の弱みなので、主だから弱みは握られていいよねと思ってます。


なんかやっぱり、いつものように話がまとまりませんでした。ごめんなさい。
でも、今回で、上手く表現できないもどかしさは、無くなってきました。
すっきりしてきたぞー。




↑エンピツ投票ボタン
My追加



1年ぶりの
2020年09月13日(日)

あー、寝ようと思ったら、明日の準備が必要だった。

乳がん検診受けるから、ピアスをすぐに外せるよう(着けられるよう)、ピアス入れるケースとかオイルとか指サックとか。

今、気になって左のピアスを触ったら、痛かったので、ホールの周囲をオイルで浸した綿棒で汚れを拭いました。

ちょっと赤くなったので、中が少し出血してるんだろう。

しゃーない、明日頑張りますか。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



仕事終わりから
2020年09月11日(金)

今日も、退社時間ギリギリに泣きの電話が入ってきて、帰る時間が遅くなりました。

電話口で泣かれてる私ってどうなの?と思いながら、電話が終わって帰るんですけど。

常々、私が力になれることには限界があると思っているのですが、「仕事だから」と無下にもできないし、かといって、何かできるわけでもないし、黙って話を聞くしかないんですよね。

こんな私のどこがいいんだろうと思ったりもするんですけど、まあ、相手を否定せずに話を聞けるとこぐらいなのかな、いいとこって。

なんて言葉を掛けたらいいんだろうと考えあぐねるし、その言葉を持ち合わせていない自分の能力のなさを感じるし、でも、何も言わない方が良い気もするし、途中で切った電話の向こう側を考えると、ちょっと切なくなります。

そんな仕事の終わりでした。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



いつも同じ話ですみません。
2020年09月10日(木)

いつも綴っていることですが、

最近は、主へのご奉仕が楽しみで仕方ありません。

叱られることが少なくなるって、こんなに楽しいのか!(と発見)

いや。

ほんとは、『挿入という、他者の侵入』と、『他者から与えられる快楽、への抵抗』が崩れて無くなったから、単純に楽しくなりました。

それと、『感じたままに振る舞える』のも良いです。

安心感だらけです。

だから、今叱られても、前程こじらせない気がします。

そして、なんか、主以外のモノを自分の中に入れたくない気持ちが、増してます。

あんなに、誰のでも一緒みたいな感じだったのに。

今はひとつだけ!(と力強く思えるようになった)

この感情はしっかり味わって、次のステップに進みたいです。

(たぶん、ずっと同じところに留まっていることは無いと思うので。)

主従はもちろん、SMやアブノーマル、ノーマルの楽しさってものが、分かりかけてきた予感がします。



↑エンピツ投票ボタン
My追加



ひとりごと。
2020年09月08日(火)

こんにちはー。

SM>セックス(SMが大分類で、セックスが中分類)
▲札奪ス>SM(セックスが大分類で、SMが中分類)

これは,世福次

セックスは中分類よりも、小分類になりそうな気もする。

フェチは中分類。




↑エンピツ投票ボタン
My追加



こまりごと。
2020年09月02日(水)

こんにちはー。

私の体の中にあるスイッチは、「主しか触れないのかー。」と悟った香凜です。

悔しいことに、私にも触れない。

むむー。

そこは、恥ずかしいと嬉しいと屈辱と幸福がない混ぜになったスイッチでして、触られると困るんですよね…。

困るあまりに、照れ隠しか、ひとり怒ってみたりもする。

「そんな、私もわかんないようなとこを触られると、大変困るじゃあないか!」

さて。話は変わりまして。

今朝方、ご主人様とサディストさんについて考えておりました。

 屬桓膺様佑蓮▲汽妊ストです。」
◆屮汽妊ストは、ご主人様です。」

これ、違うよな?

私は△隆恭个任后






↑エンピツ投票ボタン
My追加



《過去》 《目次》 《未来》

《 Instagram 》 《 Blog 》

ご感想をどうぞ。