山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

フィガロジャポンで連載小説を始めます
2010年04月21日(水)

○「madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)」6月号(阪急コミュニケーションズ) 4月20日発売





フィガロジャポンで、連載小説を書くことにしました。
来月号からです。
タイトルは、「私の中の男の子」。
腕が鳴ります。
今月号では、そのプレ企画の対談が掲載されています。

○「SPUR (シュプール)」6月号 (集英社) 4月23日発売予定
コラム「通勤電車読書」第5回掲載
(CULTURE内のBOOKのページ)。

前田司郎さん『逆に14歳』(新潮社)、
室生犀星『蜜のあわれ/われはうたえどもやぶれかぶれ』(講談社文芸文庫)、
のレビューを書きました。
このレビューは自信ある。
ファッション誌に書くのでも、私は文学者として、本気出してる。






『建てて、いい?』のことなど
2010年04月16日(金)

○中島たい子さん著『建てて、いい?』(講談社文庫) 4月15日発売
に、解説を書かせていただきました。

この小説は、本当に面白いので、ぜひ読んでみて欲しいです。
建築に明るい著者による、「家建て小説」。
きっと、男の人も、女の人も、自分の中の「建てたい欲求」に気がつくと思います。
現実では家を建てるのは難しいことかもしれませんが、
小説で味わえます。

人間には、家に対する、根源的な欲求があるのです。

構成も、文体も、なんというか、完璧なのです。




○あと、14日の毎日新聞の22面に、
『この世は二人組ではできあがらない』の著者インタヴューが載りました。



今日
2010年04月11日(日)

○8日の朝日新聞夕刊に、『この世は二人組ではできあがらない』の著者インタヴューが載った模様です。


○あと、今日(11日)の朝日新聞書評欄にて、『この世は二人組ではできあがらない』が取り上げられていました。
評者は作家の江上剛さんです。
非常にありがたいことでした。


○『ティム・バートンの不思議な世界』 (洋泉社MOOK) 4月8日発売
『アリス・イン・ワンダーランド』について、お話しさせていただきました。


○そのほか、前回のニッキにもう書いてしまったのですが、
7日発売の「群像」に「昼田とハッコウ」第3話、
9日更新のWEBちくまに「男友だちを作ろう」第10回が載りました。




ところで、
遊んでいると思われたくなくて、
「メールは読めます」と言ってしまったのですが、
実際は、山の上ではネットが繋がらなくって、
この2週間、メールも電話もほとんどできませんでした。
嘘を言ったみたいになってしまって、申し訳ないです。

さあ、また仕事しよっと!




BACK   NEXT
目次ページ