山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

仕事
2008年09月27日(土)



上海に滞在してきた。
そのあと福岡へ行った。
(最近福岡づいていて、7月に行って、9月に行って、11月も行く予定。
11月22日(土)に、西加奈子さんと一緒に、
福岡の「Tremolo cafe」というところで、
朗読&トークイベント「説教をしてもひとり」
(これは尾崎放哉の俳句「咳をしても一人」のパロディで加奈子ちゃんと考えたタイトル)
を開きます。よかったら来てください)。


以下、お知らせです。

・「小説トリッパー」朝日新聞出版(秋号)
エッセイ「素晴らしい白黒の世界」掲載。
『日出処の天子』について書きました。


・実践女子大学
源氏物語千年紀記念の講演会で喋ります。
場所 実践女子大学 香雪記念館大教室
日時 10月4日(土) 午後3時30分〜午後5時
演題 『源氏物語』における、キャラクターの造形とその増殖の仕方


・「日経トレンディ」日経BP社(10月号)
名作文学について話をしています。


・「CIRCUS」KKベストセラーズ(10月号)
おすすめの本の紹介をしています。



充実
2008年09月07日(日)




夏の終わり、山荘へ遊びにいった。
Fさんが、粉から餃子を作ってくれた。
充実した。



以下、お知らせです。

・「よむ花椿」資生堂(NO.700 2008年10月号)
短編小説「女が笑うまでの物語」掲載。


・今日(7日付)の朝日新聞、朝刊の文化面に、
エッセイ「女の幸せって? 新しい世界へ」掲載。
『源氏物語』の浮舟について書いた。


・『本棚2』ヒヨコ舎(アスペクト)
うちの本棚の写真を撮ってもらって、紹介している。
写っている私は、よく見ると文藝賞の副賞の万年筆を持ち、
文豪ポーズを気取っている。


・「ダ・ヴィンチ」メディアファクトリー(10月号)
古典を紹介するインタヴューを受けた。
いい記事になっていたので、読んでもらえたらいいなと思います。


・「一個人」ベストセラーズ(10月号)
インタヴューを受けました。


・「エスクァイア」 エスクァイア マガジン ジャパン(10月号)
インタヴューを受けました。




BACK   NEXT
目次ページ