山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

26日
2008年01月26日(土)

今日(26日)の朝日新聞の「文芸時評」で加藤典洋さんが、
私が書いた「長い終わりが始まる」について書いてくださってました。



重版
2008年01月24日(木)

私にとって、重版という二文字ほどにキラキラ輝いて見える文字列は他にないです。
『カツラ美容室別室』が順調に重版がかかって嬉しいです。
読んでくださった方をはじめ、出版社さん、装丁の町口さん、
書店さん、この本に携わってくださったみなさんに、ありがとうと感謝したいです。ありがとうございます。
そして、これから読んでくださる方にも、どうぞよろしくとあらためて挨拶したいです。どうぞよろしくお願いします。

男女の友情が書いてあります。
だから、バレンタインデーなんかにぜひ、
あなたの大事な男友だちへ、女友だちへ、
日頃の感謝を伝えるために、
『カツラ美容室別室』の本を、プレゼントされてはいかがでしょう!?


それから、これは告知になりますが、
有隣堂さんのホームページの「本の泉」というコーナーで、
書店員の加藤泉さんと対談させていただいています。
http://www.yurindo.co.jp/izumi/izumi.html
よかったら読んでください。



あと、私が最近興味があるのは、新風舎問題。
以前から藤原新也さんのブログで読んで、関心がありました。
私は4年前までは、「一生に一冊でもいいから、本を作りたい。そんなことができたら、夢のよう」と思っていて、
そのあと、本作りを仕事と呼べるような身になったのだけれど、
やはり今も、「仕事じゃなくっても、本を作りたい」と考えています。
だから、「お金を出してでも、本を作りたい」と思っている人の気持ちが、
他人事じゃなくわかるような気がします。気になります。



『論理と感性は相反しない』
2008年01月18日(金)

3月に、書き下ろし小説集、
『論理と感性は相反しない』を講談社から出版します。
挑戦的な書き下ろしなので、どういう風に受け止めてもらえるか、
今もやきもきしてますが、
1年前から、ものすごく頑張って綴り、
ペンを爆発させ、
かなりぶっ飛んだことを書いた、自信作です。
小説の枠をはみ出していると思います。
どうか楽しみに待っていてください。ぜひ読んで欲しいです。
(取材やインタヴューなど受けたいので、もし出版社さんや書店さんが読んでらしたら、よろしくお願いします)。



自分の作品によってでなくても、
文学シーンが盛り上がって、小説というもの自体の読者が増えることは、
素敵なことだと思っています。



『カツラ美容室別室』
2008年01月07日(月)

・「群像」講談社(2月号)に、
次の小説が載ります。タイトルは、「長い終わりが始まる」。


・もう過ぎてしまったんですが、産経新聞(1月5日)に、
『カツラ美容室別室』の書評が載ったようです。嬉しいです。


・「ダヴィンチ」メディアファクトリー(2月号)で、
イタコの人に乗り移った谷崎潤一郎と対談してます(西加奈子さんはドストエフスキーと)。


・「王様のブランチ」TBS(1月12日放送)の、本のコーナーに出演します。


・「週刊現代」講談社(1月7日発売号)で、
著者インタヴューを受けています。





      『カツラ美容室別室』をたくさんの方が読んでくださるといいな、この本でさまざまな読者の方と出会いたいな、と思っております。
一行一行の感じを、大人の友情を、文章のリズムを、味わっていただきたいです。



夕刊
2008年01月05日(土)

今日の朝日新聞の夕刊に、私のインタビューを載せてもらえる予定です。やったー。


朝日新聞つながりで宣伝させていただきますが、
朝日新聞で連載していたエッセイをまとめたこちらの本も、
ぜひ手にとってくださいね。




2008年
2008年01月01日(火)

年があらたまりましたね!
みなさんの2008年が素敵な年になりますように!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私は今年、たくさん本を作ります。
ぜひ、読んでください。


(年末年始という言葉を口に出したときに、年と年の間に隙間があるような気がしていたのに、
年が終わると、すぐに新しい年が来てしまった)。

(ああ、年末年始の間に小説書く、と言っていたもののの《のを多く打ってしまった》、捗っていない)。

(毎年作っていた版画年賀状も、今年は彫れていない)。


2 0  0   8年    1月          1日

(タイピングが上手くできない。
手がかじかんでいるからかな)。




BACK   NEXT
目次ページ