山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

29日
2006年10月29日(日)

今日の読売新聞の文化面の書評欄で、
フランス文学者の野崎歓さんが『浮世でランチ』の書評を書いてくださってる、
のを、今、見ました。やったー。



冬?
2006年10月26日(木)

寒くなりました。
みなさん、魅力的な長袖の服をきていますか?

更新と更新の間が、記録的に空いてしまいました。
その間に冬が来たような気がします。

いや、そんなことはありませんね。
まだ冬ではないです。
では、また書きます。



短編掲載や、文庫化など
2006年10月07日(土)

☆十月七日(今日)に発売の「文藝」冬号に、
「慧眼クアラルンプール」という傑作短編小説が載ります。
ぜひ読んでください。


☆☆☆また、同号に私のインタビューが載ります。
真面目に喋りましたので、よろしくお願いします。
少し毒舌かもしれません。


☆☆それから、同じく七日に、「人のセックスを笑うな」の文庫版が、
発売になります。題名はこのようなものですが、文章はシックですので、
様々な方の読書に耐えうるものだと思います。
昨年12月に西日本新聞に連載した「虫歯と優しさ」という短編が併載されています。
解説は、高橋源一郎さんが書いてくださっています。

☆そうして、同じく七日に発売の「日経ウーマン11月号」に「私の人生は56億7000万年」というタイトルの短編小説第一話が載ります。
これは三話終結もので、続きの第二話は12月号に、第三話は1月号に載ります。


☆年齢や性別などにかかわらわず、いろいろな方に読んでいただけたら、と思っております。


☆☆いろいろと、どうぞよろしくお願いいたします。
小説が好きな方々の、先行きが明るいように。




BACK   NEXT
目次ページ