山崎ナオコーラのツイッター
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(仕事のご依頼をくださる場合、あるいは作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てにお願い致します。
私に転送してもらえますので……)。

なかば
2006年04月15日(土)

4月のなかばになりました。
新入生の方や、新入社員の方、あるいは移動して部署が変わった方、
慣れましたか?
ゆっくりでいいと思います。
私も、友だちを作るのはいつも、ものすごく遅かったです。

といいつつ、
私は、4月なかばまでにやろうと思っていたことをいろいろと終わらせてもいず、
気持ちがあせっています。やらなきゃ。
この前、髪を、今までになく短くしたので、頭はさっぱりしてますが。

だれかに何か、ちょっとしたことで喜んでもらえるようなことができないか、
とか、考えると、できない。
だけれど、人のこと考えるのは、楽しい。

朝日新聞の土曜版「be」に、エッセイが載ります。
今日は「さびしさに効く薬」という話です。
よろしくお願いします。



電車
2006年04月10日(月)

今、電車の中。
隣りに座っている、会社員風の若い男の人は、
英会話の参考書を読んでいて、
覗いてみると、そのページの内容は、「破局」。

 「友だちに戻りましょう」
 「わかれよう」
 「ふたりの間はうまくいっていない」

など、おかしな例文。

やめて!
終わりの言葉を覚えないで!
なんでもいいの、愛の言葉を教えて!

などと、てきとうに思う。



新しい人
2006年04月07日(金)

新しい人と会えるのって、人生の醍醐味ですよね。

今日、お昼ごろ素敵な女の人と初めて会って、スコーンを食べて、

(そのあと、パルコでタカノ綾さんの絵をひとりで見て)、

夜に、また新しい人と会って、韓国料理の内臓のようなものを食べました。

あ、でも「新しい人」って、自分本位な言い方ですね。
「私にとっては新しい人」?
うーん、前から知ってる人も、また会うと新しい人になってるし……。




4月になりました
2006年04月05日(水)

夜、乗っていた電車が止まった。
駅の手前で、30分以上、止まったままになってしまった。
しばらくすると次の駅まで進んだのだけれど、そこまでで、
その線は全部動かなくなってしまったのだった。
情報が錯綜して、乗客たちが困ったり怒鳴ったりしていた。
警察官のお兄さんが来てくれて、冷静で頼りになった。
駅の構内にものすごい数の人があふれかえって、
ひとり倒れたら危険なくらいだった。
証明書をくれた駅員さんに、
「大変だと思いますが、がんばってください」
と言ったら、
「ありがとうございます」
と汗をかいていた。
4時間くらい駅にいたけど、それから、
振り替え輸送のバスがきてくれたので、乗った。
みなさん大変でした。

お昼には、私は病院に行ってきた。
この前撮った胃の写真を見た。
「問題ないですよ」
と、お医者さまは、にっこり笑ってくれた。

桜の花は夢のようだけれど、
葉桜になると、現実感がちらほら紛れるようで、
それもまた乙ですね。




BACK   NEXT
目次ページ