山崎ナオコーラのtwitter
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(お仕事のご依頼をいただける場合、あるいは私の作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てに、メール等でいただけましたら、幸いです。
転送してもらえますので、その後、私からお返事致します)。

タイに行ってきます
2005年04月29日(金)

明日からタイにひとり旅に出ます。
4日には帰ってきます。

私は小心で慎重なので、あんまし冒険はしないと思うので、危ない目にはそんなに遭わないと思います。
それにしても、自分に好奇心があってよかったです。
もし好奇心がなかったら、小心さのためにいろいろなことをしようと思わなかったかもしれない。

では、みなさまも、よい休暇をお過ごしください。



フリスク
2005年04月25日(月)

4月も終わりに近づきました。
新しい会社に入った方や、新しい学校に入った方は、もう慣れましたか?
まあ、まだ慣れなくてもいいと思いますよ。
私もスロースターターでした。1年くらい経たないと友だちもできないので、1年でクラスがえなんてあると、何にも慣れていませんでした。
未だに、生きることに不慣れです。

最近はいただきもののサクラの葉っぱのお茶をおいしく飲んでいましたが、今日で無くなってしまいました。
そういえば、先日友人が、サクラの葉の匂いのことは「桜餅の匂い」としか感じられない、というようなことを言っていました。

私は春になると「なんとすごい、なんとすごい季節でしょう」(綿の国星)と思いながら花を見ます。

でももう、桜もおわりました。「近況はこうです。花が散りました」。

関係ないんですけど、フリスクのケースって、もっと出やすくならないのかな、って思いませんか?
タブレットをコリコリ噛むと楽しいですね。



ブルーノート
2005年04月18日(月)

土曜日は、ブルーノート東京に行ってきた。6人くらいで。
ジャズを聴くのも、音楽を聴くのに1万円出すのも初めてなので、緊張する。カッコいい。
面白かったのは、前の会社の男の子が、偶然聴きにきていたこと。世間は狭い。

日曜日は、もうすぐ1周年の新婚さん宅に、お花見(八重桜)に伺う。
一品持ち寄りで、私はもちろん買ったものを持っていったのだけれども、料理や、お菓子が作れる人はすごいですね。

ドストエフスキーにはまって、そのあと、もやもやする。




2005年04月13日(水)

・この前、竹橋で、ゴッホ展を見た。黄色。
それにしても、私が絵を見るのが好きなのは、どう考えても、現実逃避。

・あと、新宿で大学のときのサークルの友人たちと野菜を食べたり、お酒を飲んだり、した。
面白かったのは、新婚さんの友だちが、奥様に、鈴カステラでおひなさまを作ってあげた、という話をしてたこと。

・それから、妹の演劇を見に行った。
妹、大学の友人たちと、全員演劇未経験なのに思いつきで演劇することにした、と言っていたから、どんなもんだろう、と思って見に行ったら、すごくうまかった。真剣だった。わが妹ながら、すごい(主役やってた)。
面白かった。キャラクター設定も、脚本も、面白かったです。

あ、ちょっと今、妹帰ってきたので、今日はここまで。
(今、マシュー見ながら書いてしまったので、読点が多過ぎですね)。




デコメール
2005年04月02日(土)

私の出身大学の子たちが、大学の新聞に私のことを載せたいということで取材をしてくれた。女の子2人と、男の子1人、あと私と同い年のOBの男の子がいた。

ものすごく久しぶりの、たまプラーザだ。
街はちょっと開けた感じがする。
大学にも入ったのだけど、大学の中はそんなに変わっていなかった。

カフェでいろいろ話て、純粋に面白かった。
「なんだかんだいっても、学生のノリかな」と思っていたのに、
3人ともしっかりしていて、びっくりした。
取材とかというのは初めてで、練習したらしい。準備もいろいろしてくれたようだ。

それにしても、若い。「デコメール」とか、聞いたことない言葉を教えてもらう。



狭き門
2005年04月01日(金)

ジッドの『狭き門』を読んだのだけども、すっばらしく面白かった。
まあ、これは良い読み方なのかはわからないけれども、私が面白く思ったのは、この、ストイックな書き方。





BACK   NEXT
目次ページ