山崎ナオコーラのtwitter
『微炭酸ニッキ』  山崎ナオコーラ

(お仕事のご依頼をいただける場合、あるいは私の作品や仕事についてご質問をいただく際は、書籍を出版している出版社さん宛てに、メール等でいただけましたら、幸いです。
転送してもらえますので、その後、私からお返事致します)。

死ねサブカルチャー
2002年10月11日(金)

最近興味があるのは浮浪者のことだ。

どうしてそうなるのだろう、きっと、自暴自棄になるからだと思う。
本当になにもかもどうでもよくなる時というのがあるのだと思う。

そういう人間の弱さは計り知れない。
弱さをじっと眺めたい、と思う。

そういう、弱さには昔から興味があった。

弱さを捨てて強くなるのでなく、
弱さをじっとみつめる強さが欲しい。



ところで話は変わるが、人生の岐路で選ぶ基準、というのがあると思う。
私は「どちらが面白いか」で決めようと思ってる。
まあ、テリー伊藤が言ってたのだけど。

で、こういう基準って、まあ、人それぞれだと思うのだけど、
例えば、すごく過保護な親がいて、あれをするな、これをやれ、この人と結婚しろ、等々言うとする。
で、私はその人がいいと思うなら、親の言う通りにしてもいいと思うのよ。
ただし、後で絶対親のせいにしないという自信があるのなら。

後で「あれをやらなかったのは親のせいだった」と言わない自信があるのなら。
後で親が「やっぱり私達過保護過ぎたわ。これからは私達は私達で生きるから、あなたはあなたで生きなさい」とすっぱり態度が変わっても、
すぐにひとりで生き始めて、親を恨まない自信があるのなら。

例えば、授業の時間割を彼氏と決めたとする。いいと思う。
で、その後、別れちゃって、彼が他の女の子と授業に出ている横で、ひとりで授業を受ける自信があるのなら。

私の感覚で言うと他の人の考えが入って、物事を決めると、リスクが大きい。
純粋な自分の考えで決めたことの失敗は凌げるのだけど、
他人の考えがちょこっとでも入ると、
「あの人がああ言ったのに……」
と思わずにはいられない。

物事を決める時は、悩んでる段階では人には喋らず、
ひとりっきりになって考えて決めるようにしようと考えている。
「自分の面白いことは何かな」って。

他の人が色々言ってくれても、期待はしないの。
手の平反されても文句を言わないように。

それから、「テトリス理論」っていうのがあって、
テトリスやってる時に、
ブロックが落ちて来て、自分は「ここの間に落とす」って思ってるのに、横の人が「これ、こっちだよ」と違うことを言うと、
自分の考えで行こうって思ってるのに、やっぱり耳に入っちゃって、曖昧なとこにブロックが落ちちゃうの。
難しいね。
取りあえず、自分は他の人が何かをしている時、それが自分の得意分野のことでも、サジェストはしても、教えたり、「こうするものだよ」などは絶対言わないようにしようと思う。
そしてどんなに仲の良い人でも、余計なことは言わない。

みんな頑張れ。



広いココロと眼
2002年10月09日(水)

私は自分の強い腕で、強い足で。

世の中で重要なのは、自分でどうにか出来ることだけだ。
自分にどうにも出来ないことは重要じゃない。

組織は何もしてくれない。
他の人は絶対何もしてくれない。

やさしくされても、それは、偶然お互いのニーズが合った時の魔法であって、
ずっと続くと思ったら大間違いだ。

私は何もかも自分のことは自分で決めて、出来るようにしよう。

絶対、人は信じないし、期待しない。

自分の腕と足に自信を持って、責任とやさしさと広いココロと眼があるように。



六歌仙も言えないようだわ、私ももうだめだわ
2002年10月03日(木)

顔をゆがめれば、世界もゆがむ程の青空。

カタカナから変体文字を経て、ゆっくりとひらがなへ。
漢字もかけます。
未来文字はまだかけません。

最近、見たいな、と思うのは能です。
能、見たことがないので。

それから、気になるのは「不浄観」。
「不浄観」というのが、いったい、何なのか、よくは知らないのだけど、
谷崎潤一郎の『少将滋幹の母』に出てくる話で、
平中が、洛外の死体置き場によく出かけて、不浄観を極める、とか。

私自身は、よわっちい人間なので、汚いものには目を背けてた。きれいなものをたくさん見たら、自分の心象世界もきれいになると思っていた。

しかし最近、汚れたものでもじっと眺めることが出来るようになってきた。
考えたくないことを考えることも出来ると思う。

それから人間の弱さ。
人間の弱さをじっと眺めたい。

汚いものはきれいなものと同じくらい、心を動かすと思う。

今までの自分の、そういうのを避けるような、ちょっとお嬢さんぽい所が本当に嫌いだ。
もっと汚れたい。





ムムム
2002年10月02日(水)

ホント、カタカナデシカシャベレナイカラネー


アア
2002年10月01日(火)

サイキンネットカンキョウガワルイ

デモガンバルゾ




BACK   NEXT
目次ページ