東南アジアサッカー調査メモ...ogaoga2k

 

 

1969年の浦和レッズ:三菱重工東南アジア遠征 - 2007年05月22日(火)

さて、浦和レッズは明日ACL・グループリーグの大一番を
迎えるわけですが、そんな浦和も昔はアジアで頑張った時代も
ありました。

てなわけで、サッカーマガジン1969年5月号
東南アジア遠征レポートをどうぞ。


----

日本のサッカー界では新興の部に入る三菱重工とヤンマー・
ディーゼルが六八年度の日本リーグ、天皇杯日本選手権の
好成績から、さらに一層の飛躍をはからって、シーズン・オフの
二月から三月にかけ東南アジアへ遠征した。


「前々から東南アジアの代理店の要望もあったし、リーグ二位、
 天皇杯優勝という絶好の時期だったので実現することに
 した。私自身は市場開拓もしてきたい」


とヤンマーの山岡専務(遠征チーム団長)がいう通り、両者とも
チームの強化と企業のイメージ・アップをねらっての一石二鳥の
遠征だった。

ヤンマーが4勝2敗、三菱が2勝2分け1敗の成績。日本リーグの
開幕を前に1ヶ月近く、チームがまとまって暮し、きびしい試合を
することができたことは両チームにとって大変なプラスだったに
違いない。


そこで両チームの成績をふり返ってみよう。


☆三菱重工


 第1戦はシンガポール選抜(2月15日・シンガポール)旅の
 疲れや、暑さなどからくる急激なコンディションの変化にも
 かかわらず、活発な試合を展開したが4−5で負ける。

 終わる直前に杉山が相手バックにけられ、PKのチャンスを
 つかんだが、森がGKのモーションにひっかかって失敗。
 引き分けを逃した。



 第2戦はマレーシアのチャンピオン、セランゴールと。
 (2月20日・クアラルンプール)「強かった」とは
 清水主将の言葉だが、三菱は受身に立たされることが多い。

 外電はGK横山の再三の攻守をほめたたえ、「彼がとると、
 難しいボールまでがやさしくみえた」と伝えてきた。

 日本の攻撃は六八年度最優秀選手に選ばれたCHチャンドラン
 にがっちりと押さえられ、結局0−0の引き分け。

 この試合はラーマン首相も観戦した。



 第3戦のタイ警察(2月23日・バンコク)で初勝利。前半に
 13分杉山が左コーナーキックを右足でひっかけるようにけった。

 ボールは手前のポストぎりぎりから回り込んでゴールイン。
 これが決勝点で1−0のままタイムアップとなった。
 

 次のタイ・ユース(2月27日・バンコク)は0−0の引き分け。


 3月5日、香港で最終戦(以下、浦和レッズ史上最悪のアウェイ戦参照)


 …こんなアクシデントはあったが三菱にとっての収穫は、従来
 弱点だった中盤の強化がある程度できたこと。

 山田が下がり森・片山と4・3・3の真ん中の3を組むことに
 なりそうだが、山田がこの位置のプレーを覚えたし、FW、
 FBも中盤の選手を使うコツを会得した。


 もう1つは早大から入った新人細谷が、遠征に同行、早くも
 チームの空気になじんだこと。

 またFWからFBへ転向した菊川が攻撃的バックとして
 定着できたことも大きい。


 遠征を通じて、日本リーグの布石が敷かれたわけで、その
 成果が実際に国内のゲームにどのように現われるか楽しみだ。

------  

実はヤンマーの遠征はインドネシアやカンボジアに行ってて
面白いのですが、それはまた別の機会で。

 

記事を補足すると、シンガポールはこのときまだサッカーはマレーシア
FAの管理下だったハズです。

マレーシアのセランゴール(スランゴール)は名門チームですね。
マレーシアFAカップで、シンガポールとも死闘を演じたチームです。


タイ警察は昔は代表選手が所属してたので、当時は結構強かった
と思います。


タイ・ユースは、同時期に遠征したヤンマーに1−2で負けてます。


ラーマン首相は、アジアサッカーの歴史に凄まじい功績を残した
サカヲタです。あと、てんぷら大好き。


マレーシアにAFCがあるのは何ゆえ?と感じた人は、調べて
みてください。トゥンク・アブドゥル・ラーマン、ムルデカ大会、
アジアユース、あたりを検索すれば出てきます。




まあ昔はサッカー選手はサラリーマンだったので、”市場開拓”
とかいう単語は、今では欧州チームのアジアツアーになって
しまうのですが、当時は親会社の海外支社への出張みたいなもん
だったんでしょう。

打ち合わせついでにちょっと球蹴る?みたいな。



ま、明日のACLもこの記事みたいに、40年後経っても
色褪せないと思うので、観戦する人はその歴史の目撃者に
なるのを意識しましょう!



…で、是非とも準決勝で会いましょう、浦和レッズ!



(決勝の相手は俺の中では西アジアのチームが理想)


...

10 minutes: さっかーちーむ ふろんたーれ - 2007年05月21日(月)





> やえもんは、いなかのおんぼろ機関車です。 
>
> 都会の駅にやってきたやえもんは、ぴかぴかのレールバスや
> 特急たちの横で、汚い自分の姿が悲しくなります。
>
> おまけに、お弁当の石炭を食べている時、新しい電気機関車に
>
>  「やあい やあい せきたんくいの やえもんやい、
>   せきたん くって、おいしいか!」
>
>  「おなかの なかまで まっくろけの びんぼうぎしゃ
>   やあい」とからかわれます。 
>
>
> 腹を立てたやえもんは、帰る途中まっかな火の粉を吹き出して、
> 田んぼを火事にしてしまい、とうとうくず鉄にされることになって
> しまいました。 
>
> あわや連れていかれるところで、交通博物館の人がやえもんを
> 引き取ってくれることになり、それからやえもんは博物館で
> 子どもたちに昔話をしながら、たのしく暮らすのでした。


↑絵本「きかんしゃ やえもん」の概要





 ふろんたーれは、びんぼう臭いサッカーチームです。


 都会のスタジアムにやってきた ふろんたーれは、ぴかぴかの
 スタジアムの中で、汚いプレーの姿に悲しくなります。


 おまけに、お弁当の魚を食べている時、新しいスタジアムの
 横浜や東京や浦和のチームに


 「やあいやあい つりぼりスタジアムの ふろんたーれやい、
  なまざかな と にんにく くって、おいしいか!」

 「おなかのなかまで ネタしかない びんぼうチーム やあい」


 とからかわれます。


 腹を立てたふろんたーれは、帰る途中まっかな火の粉を吹き出して、
 レフリーさんにやけどをさせてしまい、とうとう車掌のせきづかさんは
 退席しょぶんとなってしまいました。


 そのご ふろんたーれはうまくいかず、あわや降格というところまで
 いきましたがアジアのたいかいで サウジアラビアの超特急ある・ひらる号を
 やぶり、みごとにアジア王者となりました。


 ふろんたーれは、あいかわらずのびんぼうスタジアムでも、子どもたちと
 いっしょにたのしく暮らすのでした。



↑「さっかーちーむ ふろんたーれ」


…我ながらオチはイイ話だな。
でも、大分戦以降が本当にこうなりそうなのは嫌だが(笑)


...

私を通り過ぎた男たち(追記あり) - シンガポール - 2007年05月20日(日)


さて、シンガポール国立競技場、通称カランの歴史が今年で幕を閉じます。
(カラン=地区名です。国立を霞ヶ丘って呼ぶようなもんだと思う)


これはブログでも書いたのですが、シンガポールではカランに対して、
こんな感じで書いております。


> Now 34, the National Stadium will make way for a new sports hub 
> later in the year. To honour a Grand Old Lady that has become 
> Singapore’s most...

とか

> For 32 years she stood proudly at Kallang, a national stadium 
> that gave birth to the Kallang Roar...

みたいに、スタジアムを貴婦人とか彼女とか呼ぶんですが、
そーいうセンスは日本にはあんまりない気がします。

でも、そーいう感覚、俺は好きだけど。



さて、そんな1973年7月生まれの彼女を通り過ぎた、
日本A代表の結果を調べました。

 1974/02/10 C ● 0 - 1 ジュベントス(ブラジル)
 1981/02/17 A ○ 1 - 0 シンガポール代表
 1981/02/19 A △ 0 - 0 シンガポール代表
 1984/04/15 A ● 2 - 5 タイ代表
 1984/04/18 A ● 1 - 2 マレーシア代表
 1984/04/21 A ● 1 - 2 イラク代表
 1984/04/26 A ● 1 - 2 カタール代表
 1985/02/23 A ○ 3 - 1 シンガポール代表
 1987/06/14 A ○ 1 - 0 シンガポール代表
 1997/03/12 C ○ 4 - 0 バレスティア・セントラル(シンガポール)
 
 ※参考−日本サッカー史:資料編 後藤健生 双葉社 2007/01/23 第1刷              



最後のバレスティアは、現在のバレスティア・カルサですね。

実は10戦4勝1分5敗と、彼女と日本代表はラブラブだったワケ
ではないようです。真ん中の黒星はロス五輪予選です。
最後のは、98年W杯のメンバーですね。


あ、ちなみにドイツW杯のシンガポールとの試合は
ジャランベサールです(あの時彼女はラグビーに浮気をしていた)。


まあ、結構メンバーとか調べるとまた面白いのですが、
このへんはちゃんと日本代表系のサイトに任せるってことで。


んでも、日本の国立も等々力も、いつかは彼女と同じ道を
歩むことになるので、その日になって焦らんように、
観戦した時は、とっとと帰らずに堪能しときましょう。


追記:

なお、彼女が最も愛さなかった日本人男性は、この人ですな(笑)

※6.4指導者としての…項目参照





...

ACL関連の記事に関してアレコレ(+怒り) - 2007年05月14日(月)

・川崎、日本勢初のグループリーグ突破の要因

> ■インドネシアが親日の理由
>
> ところで少々余談になるが、なぜインドネシア人が日本人を親日的感情で
> 迎えてくれるのかを簡単にひも解いておこうと思う。

スポーツナビ


いや、これは本当に余談だと思うし、正直飛躍してると思います。


ACLの記事的としては、なぜインドネシアで川崎はヒドイ目に
あわなかったのか、に関しては、


 。淵蝓璽亜淵繊璽燹砲裡腺達迷从

は、記事として面白く読ませてもらいましたけど、


 対戦相手のアレマ・マランというクラブの歴史・文化


が結構抜けてて、代わりに親日、という言葉で埋められてました。

そして前にも書きましたが、なぜ横浜Fマリノスはインドネシアで
ひどい目にあったのか、の理由としては不適当でしょう。




僕がこれを読んで悔しいのは、簡単にインドネシアが親日だから、
と十把一絡げにされると、インドネシアの各クラブのサポ文化が
まるで否定されちゃうじゃないですか。

あんだけ色々なサポ集団があって、カラーもいっぱいあるのに。


彼ら(アレマニア)は彼らなりの文化を持っていて、サッカーの
文脈で歓迎してくれた点の方が大きいです。僕の実感としては。


”おらが街チーム”同士がぶつかるからこそ面白いのに、
反日とか親日とか、そーいうモンで各クラブの個性が消されちゃ
タマッタもんじゃありません。


あのアウェーに行ったサポに、インドネシアの新聞が

 「川崎サポーターは非常にフレンドリーだった。
  彼ら日本人は親インドネシアだからだ」

なんて書かれちゃ、「川崎じゃなくて日本人ってトコ見てたのかよ!」
とムッとするでしょう。それと同じです。



正直言うと、現地でアレマ・マランのサポーターは、相手が全南でも
バンコクUでも同じ扱い(歓迎する)と言ってました。
(全南とバンコクUがアレマに敬意を払ってくれれば)


なんせ彼等は一度インドネシアFAの失敗で、ACLを不条理に出場停止
されてましたし、初めて公式に外国からお客さんが来る※、という
のが大前提だったわけです。

 ※今回のACLが、アレマ初の国際大会参加ではない。




ですから"日本だから"云々だというのは、あまりにもちょっと
自意識過剰かな、というのが実感です。




たしかにインドネシアでは、Jリーグや日本代表はリスペクト
されている面はありますが、それはサッカーの話だからこそ
ACLと繋がるのであって、親日・反日までつなげなれちゃ、
各クラブの存在が希薄になっちゃうじゃないっすか、江藤さん!!


ps

> 現地が親日的だったことも上げられるだろう。それはスラバヤでも
> マランでも、インドネシア人からみじんも敵対的態度を取られ
> なかった筆者自身の実体験

ついでに、僕はスラバヤのチーム、プルセバヤのおっさんに
日本人と言った瞬間に無茶苦茶ナメた態度を取られたので、
喧嘩ごしになりましたよ(笑)



以下は一番ACL関連で不愉快だった記事。


・現地レポート:浦和サポーターの応援が上海サポーターに変革を起こした!

> アジアへ、世界へ誇れる浦和のサポーターは、前回のシドニーに続き、
> 上海でも地元の人に大きなインパクトを与えた。こうしたインパクトが
> うまくその国・土地の文化と融合していくことができれば、浦和の
> サポーターにとってこんなに誇らしいことはないだろう。

J'S GOAL


アホか。偉そうに。

そして、なんというおこがましい考えだ。


他国の(サッカー)文化が初めから劣っているみたいな
書き方すんなよ!これは個人ブログじゃねえだろうに。


それぞれのチームには、それぞれの国・地域に適した応援方法が
あるだろうし、アジア全部に”浦和の応援が善”とされるわけ
じゃないだろ。


てか、goal.comではイラン人と豪州人が「俺達サイコー!」みたいな
書き込みがあまりにも多くて閉口する(というか笑える)が、
ここまで図々しいのは正直ナイ。


なにが"誇らしい"だ。ちっとも誇らしくないわ。
「俺達が教えてやんよ」みたいな高いとこから見下す態度はヤメレ!



こーいう頭がイカレポンチな奴のせいで、普通に浦和を応援に行った
浦和サポーターが本当にカワイソウだ。


...

10 minutes: 雨ニモ負ケズ - 2007年05月10日(木)


雨が振れば入場者数は3千人
風が吹けばGKは凡ミス

丈夫な体はラフプレーのため
欲は無いがネタに走るプロモーション


日本に欧州クラブが来れば
ボルトン戦では5千人しか来ず

新聞屋のタダ券で親子が来れば
”川崎ヴェルディー”と堂々と言われ

たまたま空いてた席に座れば
屋根から鳩の糞が落ち

S席を手に入れてみれば
キモいヲタの独り言とガキの奇声に包まれ


暑い時はビールが売り切れ
寒いときはコーヒーが売り切れ


J1昇格を勝ち点1差で逃し
ニンニク注射で制裁金


リーグ2位じゃなくて天皇杯のチームが
ACLに出ろと言われ

ほめられもせず

気にもされず




そういうクラブが好きで

私はよかった。



川崎フロンターレ、アジアベスト8進出!


...

シンガポールリーグの名古屋グランパス - シンガポール - 2007年05月08日(火)


今週号のサカマガに、H&Aの勝率に関しての西部さんのコラムがあり、
  
  …将来、シンガポール当たりから鳴り物入りで入団してきたJリーガーに、
  「なんで日本人は、アウェーでこんなに臆病なんだ?」と聞かれたとき、…
  
ということが書いてありました。


  えー、シンガポールリーグも結構ホームとアウェイで違ってた
  ような気がするぞ!


と感じたので調べてみました。ついで今季のACLも。

ちなみに勝率は、今季欧州CL、Jリーグに関してはコラムから
パクりました。こんな感じであります。


                            H勝利     引分   A勝利
  ---------------------------------------------------------------  
  欧州CLグループリーグ     51%       26%      23%
  ---------------------------------------------------------------
  ACLグループリーグ       40%       27%      33%  ※第4節まで    
  ---------------------------------------------------------------
  Jリーグ07               50%       21%      29%  ※第8節まで
  ---------------------------------------------------------------
  Sリーグ06               43%       25%      31%
  ---------------------------------------------------------------


なお、今季のACLは西アジア勢がホームでボコボコ破れたのが
響いておりますな。インドネシア勢が頑張ってたので、ここまで
H勝率が低いとは思わなかったけど。


くそ、地味ーに西部さんの指摘が当たっている気がする。
「JもSも一緒じゃーん!」とか言いたかったのにな。


とは言っても、それだけだともったいないので、Sリーグチームの
ホーム・アウェーの勝率を調べてみました。


  ----------------------------------------------------------
  #1  #2  team                  HW  AW    HD  AD    HL  AL
  ----------------------------------------------------------
   1   -  SAFFC                  9  10     5   3     1   2
   2   -  Tampines Rovers        9   7     4   5     2   3
   3   -  Young Lions            9   6     3   4     3   5
   3   4  Home United            9   6     3   3     3   6
   5   7  Balestier Khalsa       8   7     2   5     5   3
  ----------------------------------------------------------
   6   -  Albirex Niigata (S)    7   5     5   4     3   6 
  ----------------------------------------------------------
   7   5  Woodlands Wellington   6   6     3   5     5   4
   8   -  Gombak United          5   3     4   4     6   8
   9  10  Geylang United         4   2     4   1     7  12
  10  11  Sengkang Punggol       3   1     2   4    10  10
  11   9  Sporting Afrique       2   4     6   3     7   8
  ----------------------------------------------------------

 #1......ホーム勝率による順位
 #2......実際の順位
 HW/HA...ホーム勝利数     / アウェー勝利数
 HD/AD...ホーム引き分け数 / アウェー引き分け数
 HL/AL...ホーム敗戦数     / アウェー敗戦数


毎度アルビSには期待しているのですが、SAFFCや
ホームユナイテッド、タンピネスなんかのの強豪勢に
加わることが出来ないけど、かといって下位になることは
そんなにないので、


 ”Sリーグの名古屋グランパス”


なのです。実際リーグの結果はこんな感じです。

 2004年: 5位/10チーム
 2005年: 5位/10チーム
 2006年: 6位/11チーム 


この表からその”中位力”を見てみましょう。


アルビレックス新潟シンガポールは、ホーム戦だけ見ると
大きな差が無いようにみえますが、

 ・アウェー勝利数が少ない
 ・アウェー敗戦数が多い


が強豪勢に比べると課題なんですね。
要はアウェーに弱いと。


まあ、実際はシンガポールは地理だけ言えば県リーグ規模なので、
H&Aとか言うのは気が引けるわ、アルビSにとっては全部
アウェーなので、あんまりガタガタ言いませんです。

はい。



...

アジアカップ2007最大の敵 - 2007年05月07日(月)

・AFCはマンU・アジアツアーを懸念

 アジアカップ開幕まで2ヶ月あまりとなったが、AFCは
 マンチェスター・ユナイテッドのアジアツアーに関して懸念
 している。それは、大会への注目度が薄れる可能性についてだ。



16カ国が今年の夏、7月7日から29日にかけて戦うアジアカップ
が開催されるが、この時期同時にアジアで知名度の高い英国のクラブが
中・日・韓、そしてアジアカップ開催国であるマレーシアを訪れる。


 「アジアカップ開催期間付近で違う大会が組織されることに
  ついては、アジアカップ開催のムードに水を差しかねない。
  マンUの遠征は特にそうだ」


アジアカップ組織委員会の会合で、AFCモハメド・ビン・ハマム
会長はこうコメントした。

 「マンUのアジアツアーの日程は、アジアカップとぶつかる。
  AFCとしては、7月中はいかなる大会の開催や組織される
  ことを望んではいない」

 「もしアジアツアーが行われれば、大会組織規約に違反すること
  となる」

彼はこう続けた。


マレーシアFA会長は先月、地元メディアに対してマンUの
クアラルンプール訪問はアジアカップ決勝2日後であり、問題は
ないと語った。


 「マンUのアジアツアーはアジアカップの日程とぶつからないし、
  さらに彼らは”VISIT MALAYSIA YEAR”の、
  そしてマレーシアの独立50周年記念行事の一環としてのものだ」


 goal.com 05/06
----

これでみると、ビン・ハマムさんは結構ソフトですが、ロイター
だとエグイです(ちょっとギャングスタ風に訳してみます)


 


 「マンUに言っとくぜ。『ツアーを止めな』ってな。」

 「奴ら土足で上がりこんできやがった。

  サッカー界は、みんなでやろうじゃねえかって団結しなきゃ
  いけねえだろ?その素振りすらみせねえじゃねえか」

 
 「アジアのシマじゃ、プレミアリーグ開催中に奴らに銭バラ撒いて
  やってんだよ。でもな、俺達の7月ってのは4年に1回だぜ。
  そこに乗り込んでくるたぁ、まだ銭が足りねえってことかよ」


 「『ツアーを止めな』。
  これは、アジアの全てのチーム、監督、選手からのメッセージだ」


 Man Utd disrespectful of Asia - AFC president 05/07

 
アジアン親父のベラパンさん(前事務局長。ハマムさんは会長)
が引退して、エグイことを言うおっさんが居なくなったので、
少しがっかりしていたのですが、



 言うねぇ、ハマムのオジキ!



ベラパンさんは、酔っ払いのオッサンみたいなことばっかり
言ってておもろかったのですが、ハマムさんはドスが効いて
おりますな。


この結論、ハマム氏の後ろ盾にダチ公のFIFAのブラッター
居るので、

 

 AFC+FIFA 対 プレミアリーグ


ってのも見ものなのですが、それ以上に気になるのは、


 旧AFC(マレーシアFA) VS 新AFC(カタール人AFC会長)


というトコです。マレーシアFAとAFCってのは、そこそこ
繋がってるでしょうから(これまでAFC会長は香港かマレーシア人。
だいたい本部があるところの人が会長だった)反ハマム氏・
マレーシア派の勢力一掃!みたいな権力闘争があったりするの
かもしれません(妄想)


てなわけで、アジアカップ最大の敵は、マンチェスターユナイテッド
というお話でした。



...



 

 

 

 

もくじ
前の日記




メール ホームへ