へそおもい

2003年03月27日(木) はるのあらし

あらしかな?

帰りのバスの中で、
ポンデリングをたべながら、
手塚治の「日本発狂」を読んだ。
バスからおりて、
自転車に乗ったとたんに
雨が激しくなって、
びしょぬれねずみ。

かえってから、
ベランダをあけると、
とても風が強かったので、
シャボン玉をふいてみた。

シャボン玉たちは、
風にあばれて、
雨にあたって、
あっというまに散り散りになった。

あの世の戦争の
魂の消滅みたいだとおもった。

明日から東京。
今から棒茶をのんで
旅の準備。

金なし。



2003年03月26日(水) おねがい

かみさま

いまからお風呂にはいって、
おふとんにはいって、
ぐうすかねむって、
そして、
あしたの朝目が覚めたら、
世界がいい風になっていますように。

おねがいします。

ほんじゃ、
おやみす。



2003年03月25日(火) 闘魚

「わたしの隠れ家につれてってあげる」

とことん飲んで食べた帰り道。
職場ともだちがいいだした。

10年以上前から、
彼女が時々ひとりでいっているというBar。

そのカウンターのうえで
しっぽのさきだけ青みがかった黒い闘魚をみた。

同じ水槽に2匹いれると、
どちらかが死ぬまで闘い続けるのだって。

細い笑い目のマスターは、
羽根みたいなふわふわした声で
おしえてくれた。

透明なボトルの中で
闘魚は1匹淋しく、
おこってないていた。

彼はわらうことがあるのかしら。
こいつを
おもいっきり笑わせてやりたい。
こそばして
くにょくにょにしてやりたい。

ビールと日本酒のあとの
ウイスキーをのみながら、
そうおもっていたのでした。

気づいたら家にかえって
ねむっていたのだけれど。

昨夜は
闘魚の長い夢をみたのでした。



2003年03月24日(月) 雨ふり

わたしたちは橋の上にいた。

川の水は澄んでいて川底がみえていた。
深いところもあり、あさいところもあり。
さっき渡った橋では、
わたしは、飛び込むことができた。
彼女はそんなわたしを
ただたちつくしてみていた。
その目の奥に羨望が感じられた。
わたしは水の中でとても得意げだった。

しかし、
この橋の上からは
どうしても
飛び込めない。
こわい。
こわくて仕方がない。

その時
彼女は飛び込んだ。
とても深い淵へ。

そんなことしたら死んじゃう!

彼女は淵のなかに消えて
みえなくなった。
その時、
空から神様がおりてきて
彼女をもちあげた。

ああ。
よかった。
彼女は助かった。
飛び込める上に神様がついていた。
わたしは彼女を羨望をもってみていた。

でも、
わたしはとびこめない。
これでもいいや。
わたしはこれでいいや。
わたしはわたしの人生では
ここまでしかできない。

わたしはあきらめた。
胸がきゅんとした。

それから、
わたしは彼女とお寺にいた。
彼女のことをとても親しく感じていて、
大好きだった。
彼女はその高台にあるお寺の裏から
墓場をぬけて、
山をくだって
幼稚園にいきたいらしい。
わたしもついていこうとおもった。

わたしたちは
自転車で墓場の中の細いけもの道をゆく。
霊がたくさんいて、
にぎやかで、
こわかった。

とおくの谷底に幼稚園がみえて、
子供達がプールでほのぼのと
あそんでいるのがみえた。
あんな明るい場所が
なんでこんな暗い場所の
むこうにあるのだろう。

けもの道は下り坂にさしかかり、
とても気味の悪い
白い毛のはえた根っこがうねっていた。

もうだめ。
上でまってる。

わたしは、
彼女にそう告げて、
お寺の前でまつことにした。

お寺の前には、
霊がたくさんいた。
水をのもうとしたら、
水道から白く濁った水がでてきた。

心細くて淋しい。

そうおもったら
練乳に血がまじったような
どろどろした液体で
目の前がいっぱいになって、
コンピューターのような
低い男の声で
言葉がやってきた。

言葉はわすれてしまったけれど。

人生のおわりのしっぽと、
今わたしのいるところがみえた。
そのあいだに、
とても悲しいことが
あるような気分になった。

とても怖くなって
目が覚めた。
身体が汗でぐっしょりしていた。

今日は雨。
ベランダにでていたら、
最初の雨のひと粒が
わたしにあたったような
そんな気がした。



2003年03月23日(日) てっこりうどん

いろんなことがあった。
満月の日に妹がベビーを生んだり。
南風楽天でライブしたり。
ガーナにいく人をみおくりにいったり。
友の結婚式で司会進行&ライブをしたり。
久方ぶりの友だちとすごくすごく長電話したり。
出会いがあったり別れがあったり。
夜眠れなかったり。
すごくねむったり。
練習仕事練習録音仕事電話。

この数日間には
ぎっしりと
喜怒哀楽がつめこまれている。
こんなにいろんな種類の感情を
短期間に使ったのは初めてかもしれない。
結構へとへとだ。

自分がいったいどこにいるのだか
みつけるのがたいへん。

その間には、5回くらい、
いや、もっとかな?
近所のうまい屋台うどんやにいった。
きのうもいった。

てっこりうどん。

きのうは結婚式のあとだったので
「きょうは何点?」ときかれて
「72くらい」とこたえた。
「おお、まずまずですね」
といわれた。

わたしの酔っぱらい度72。

そして、
丸椅子にすわって
うまうまうどんをたべて
ほっとして
リセット。

今日はいまから録音。
ガンバル。



2003年03月16日(日) はれ はる あめ

金沢はとても気持ちのよい
小春日和だったのに、
敦賀のトンネルをぬけてから
大阪の方は雨雨雨。

駅前で300円の黄色い傘を
買いました。
はるだから菜の花色。

妹のベビちゃんには会えず、
今夜の録音のために
とんぼがえり。

家に帰ると
クロちゃんがのさばっていた。
あ、クロというのは
以前いただいた巨大な
防音スポンジのこと。

うちの部屋は、
クロのねぐらみたいです。
はやいうちに
なんとかしなくては。



2003年03月15日(土) 霧の世界

きょうは泣いてばかりいる日でした。
あまりにも涙をだしたので、
塩分がコンタクトにたまって
白くにごって、
世界が霧の世界になりました。

電車のなかも、
梅田の駅も、
バスの中も、
夜の公園も、
ふくらんだ月の空も、
ぜんぶ霧がかっていました。

とっても綺麗でした。

こういう日もあるのですね。

今夜、
金沢にかえってきました。
腹でかの妹とその腹の中の可愛いやつに
あいにきたのです。
でも、
まだまだでてこなそう。

やつにはやく会いたいな。



2003年03月10日(月) 防音部屋

南風で知り合った
サックス吹きの方から
防音のマットをいただいた。
彼は東京に引っ越してしまうので
やり場に困っていたらしい。

わたしは
楽器の音がやかましいという
苦情にこまっていたので、
ひょんな御縁だ。

防音の部屋をつくったら
おもいきり練習ができる。
真夜中でも酒盛りができるし、
合唱コンクールだってできるはず。

掛け布団くらいの大きさで
厚さ5センチくらいのマットが10枚。
今うちの1Kの6畳間に重ねておいてある。
ちょっと高いベッドみたいだ。
きょうはその上に
布団をしいて眠るしかなさそう。

黒色なので
天井と壁にはったら
圧迫感のある暗い部屋になるだろうな。
しかし、
音楽人生歩むなら
防音部屋でくらすくらいの愛がないとね。

わたしの故郷金沢のしりあいで
手作りプラネタリウムをやっている
ヒゲキタさんという人がいる。
ヒゲキタさんは手作りおじさんで、
身近なものでなんでもつくってしまう。

蔓や海の硝子のランプとか
折り紙の指輪とか
くるくるまわしたら動物がはしってみえるやつとか…。

プラネタリウムも、
ビニールでつくった大きなドーム。
サラダボールに細かく穴をあけて
中に電球をいれてドームに映す。
穴はちゃんと星座のカタチになっているので、
ちゃんと星座が写し出される。
一等星ニ等星の大きさも違う。
そして3D立体映像までみせてしまうのだ。
パフォーマンスも
うきうき笑いがもれてしまうおもしろさ。

ヒゲキタさん、学生時代は、
自分でつくったドームで
部屋がいっぱいになって、
そのドーム中で布団をしいて生活していたそうだ。
箪笥は部屋の角においていたそうだ。
おもしろいね。
これぞプラネタリウムへの愛だ。

わたしもがんばって、
愛の防音部屋をつくろう。
よし、そうしよう。

きょうはとにかく
マットはこぶだけで疲れたので
ねむりますわ。

バタンキュウ!

★そうそう、噂のヒゲキタさんが関西にくるよ。
葉書がきていました。
3/21、22は尼崎の総合体育館科学体験祭
3/24西宮塩瀬児童館
3/25大阪生野児童館
見に行く甲斐ありです。たのしいです。



2003年03月08日(土) アイラのウイスキー

あおいおさかなをみた。
るりすずめっていうのだって。
弱いから1日に数匹死んじゃうのだって。
その死体をつつくから
どんどんみんな病気になるんだけど、
イチニチがおわったら
あたらしいおさかなを足すから
わかんないんだってさ。

正しい服装をした男が
申し訳なさそうに、
そう説明しておりました。

あおいおさかなって人間みたいやな。

きょうは
タイとブラジルから連絡があった。
とてもとおくで
知っている人が生きている。
みんな
それぞれの人生の時間をすごしているんだな。
そのひとたちにとても会いたい。

そしてわたしは
福田バーでアイラのウイスキーをのみました。
きょうは1杯だけね。

おやすみ。



2003年03月04日(火) 桃の節句終了

のみにいったり
ライブがあったり
仕事にいったり
練習があったり
シーツを洗濯してみたり
酔って長電話をしたり、
寝坊してタクシーをつかったり
…いろいろ忙しかったので久しぶりです。
忙しいクセに金なしです。
節約しなければ!

いま遠くの友だちがタイに向かっています。
あと5分の飛行機にのるんだって。
2ヵ月程南の島あたりをふらふらするらしい。
いいなあ。

金沢では妹が出産間近で腹をでかくしています。
電話をするとよく笑っているので安心です。
腹がグニョグニョうごくので
ポルターガイストみたいって噂です。

私は…といえば、
昨日はひなまつりライブの後、
音楽友だちとふたりで揚子江ラーメンを食べにいきました。
餃子もたべて、ビールものんで、恋の話を少しした。
先日ここに来た時は酔っぱらいすぎていて
味がわからなかったのできょうはリベンジ。
うまかったよ。

今から仕事です。
なんだか不思議な気分です。
わたしは酔うといろんな人に電話をかけるらしく、
先日電話した人に
“電話するってことはのんできたでしょ?
酔って電話するのはさみしがりやさんの証拠や”
っていわれました。
わたしは“さみしがりや”発言に目からウロコで、
昨日電話した人にそれを報告すると、
“今頃気づいたん?”
っていわれました。

それでは、
きょうもビシっといってきます。


 < pre  index  next >


あおきさとみ(はたさとみ) [MAIL]

My追加