ぷちぱんにっき ← 前 次 → 最新 目次

捨てパンダ

ハルキ

Twitter / HOME

2006年02月23日(木)
Extra Storm in Winter '06 "2006×お年玉/嵐=3104円" 2部


改めて見てもすごいタイトル(笑)
荷物を会場外のロッカーに入れて五分袖ニット+薄手のカーデで並んでたら寒くてちょっと後悔しました。
さすが海沿いは風が強いね〜。

確保場所は1階Dブロ3列目ぐらい。
中央が音響ブースで寸断されていたので入口から遠い方のブロックに行ったんだけど、
左右はさておき前後にかなり余裕があってびっくりでした。反対側のブロックは混んでたのかなぁ?
後ろのEブロが窮屈そうだったから入れてあげればいいのにとか思ってしまいました。
ステージは両端と中央に花道有。

1曲目が始まった頃に2階に嵐(相葉抜き)がご来場でした。
ちょうど真上が2階の最前ぐらいだったので入ってくる瞬間ぐらいしか見えず。

・のっけから連続エアー技。←こう書くと五輪競技っぽいですね。
 エアーギター・エアーオーケストラ・エアーF1・エアーdog・エアー笑い声・エアーエアー(放屁)などなど。
 エアー100円SHOPをやるはずが音響さんが音を間違え、大ちゃんあたふた。
・ゆるく面白すぎる屋台の大将・サミー(おかま)
・この↑映像の流れで出てくるくせに超超超超…超カッコイイだなんて!反則だよ!
 金の皮ジャンみたいな衣装でMADを引き連れダンス。最強っす。
 なんであの人はジャンプ後の着地があんなにきれいなんだろう?羽衣つけてる?
 軽く跳ねるだけなのにふわぁっと下りてくる姿がほんと美しい。
・蛮風の映像とステージ上の大ちゃんがシンクロしながら殺陣。
 今の大ちゃんの方が断然神々しく見えるのはなぜ?生だから?変な鉢巻が無いから?
・DEEP SORROW。
 ただただ聞き惚れるのみ。うっっっっとり。気付いたら胸の前で手組んで陶酔乙女ポーズになってたんだけど、
 周囲に同じ状態の人が多数いたので安心しました(笑)
・ミッションインポッシブルの曲でジャズダンス。
 半端な出来だったら失笑もののベタな選曲だけど、これがまた見惚れる素晴らしさだから困ったもんだ。
・ツアー用の新曲、SIZE。
 1秒前まで漫談みたいなノリで「それでは聞いてください、SIZEでございます。どうぞ!」とか言ってるのに
 1秒後には超美声で超男前で歌ってるって…ほんとにこの人は…。
・俺たちのソング。
 映像の翔ちゃんがぷりぷりしててかーわーいーいー。
 途中から2階席の翔ちゃんが立ち上がって踊ってたみたいですよ?(真下なので見えず)
 曲後にスクリーンに映し出されるスタンディング翔ちゃん。
 一歩前に出てきたので真下からも伸ばした腕と鼻先ぐらいだけ拝めました。
 あのー両脇に赤い人と青い人がいるんですけど2人とも顔のラインに柵が来てて誰だかわかりません。
 体型と態度で見当はついたけど後列の藤ヶ谷父さんの方がよく見えたよ、っていう。
 翔「あなた絶対メールにハートマーク2個ぐらい使うよね〜」なにその唐突なノロケ
 「♪2人で渡れば怖くない」を「♪2人で渡れば怖くNight」にしたのは翔ちゃんだそうです。
 軽く客放置気味の2人の世界トークをかまし両脇の人には一言も触れず終了。あれっ?(笑)
・MADによるa Day〜。
 藁ちゃんのラップが翔くんにそっくりでびっくり。
・Yes?No?
 夏コンの映像がスクリーンに…ってオイオイオイオイ!
 そのまま完パケ品として発売できるほどのアングルチェンジも完璧な映像が流れてるんですけど!!
 あれ代々木23日の1部でしょ?なんで?なんでそこまで出来上がってるのに出せないの?
・いつかのSummer
 そのまま夏コン映像の相葉ソロが流れる中、大ちゃんが合成で映像内に登場。
 相葉さんと同じ衣装で同じ動き。でもどこかおかしい。客のフゥー!!も健在(笑)
・秘密
 今度は生で二宮衣装の大ちゃん登場。映像はもちろん流れてます。
 これは当然可愛かった!とても可愛かった!そしてとても似てた!
・夢でいいから
 翔ちゃんの映像だけ淡々と流れ、曲終了後にバタバタと大ちゃん登場。そしてバタバタと退場。えぇぇ!
・W/ME
 アフロヅラで潤衣装着て登場。RG(notHG)に見える…。
 映像の人は本気でやってるのに明らかにネタにしてるステージの人。これなんて羞恥プレイ?
 潤をこんな扱いできるの大ちゃんだけだよ。潤が敵うわけがない(笑)
・サミーの屋台で飲む大宮。オチは宮Kのヅラ取れ。
・↑この直後に真面目な顔でRainを歌える大ちゃんの気が知れません。
 見てる方は気持ち切り替えるの大変だっつーの。
 衣装は夏コンと同じ(インナーが違った?)でジャケットはもちろん山城新伍風腕まくり。
・TOP SECRET
 ここの2曲は大きい会場で見るよりこれぐらいの会場で見る方がずっといい!
 (まぁどの曲だってこの近さで見られた方が良いに決まってるのだが)
 細かい動きが多いから遠くから見るとちょっと寂しいんだよね。
 今回はその凄さがとことん堪能できて満足です。かっこよかったぁ。人間じゃないわ。
・言葉より〜→ピカダボ→感謝カンゲキ→ROMANCE→テ・アゲロ。(順番曖昧)
 どれもイントロが流れると「キャー!」ってなって楽しかったです。ヲタ殺しめ。
 ♪でぃすいず、らとるめんたすてぃりお!←可愛かった。
・大「いくぜ、せーの!」客「サミー!!」どんな終わり方ですか。
 アンコールの掛け声も「サミー!サミー!」だし。シュールだ。
・アンコはいま愛を語ろう・WISH。
 大「バイバイ!」客「バイバイ!」大「ピース!」客「ピース!」大「アッ!!」客「!?
 客を混乱させたままハケないでください(笑)

■ Wアンコ
・つんつるてんの紺ジャージ(のちに中学時代のものと判明)で再登場。
・「みんなが喜んでくれるのが一番嬉しいからそれを考えて作って…
 でもちゃんと俺がやりたい事やれてるから大丈夫だからね。心配しないでね」
 こっちが心配するかもしれないと心配して安心させようとしてくれるところが(ややこしいな)
 すごーく大ちゃんらしくて可愛くて嬉しくて幸せでした。
・「1人じゃ歌えない曲が1曲ある」というわけで嵐(相葉抜き)登場。
 ♪智と翔ちゃん、翔と智ちゃん〜を口ずさみながら(笑)
 ニノ→キャップ+赤のチェックシャツ+黒縁メガネ
 潤→キャップ+青のパーカー?+赤縁メガネ
 翔→キャップ+黒Tシャツ+白パンツ?
・任天堂DS?を持ってきてるニノ。
 二「黄色、き・い・ろ」←DSに向かって喋ってる。
 潤「うるせえよ!」
 ↑何度も同じボケ&ツッコミやってておかしかった。
・二「失敗したエアーが見たいんだけど」
 大「お前殺すぞ!」←笑。
・まぁなんしろ出た途端から末っ子ズが喋り倒すこと喋り倒すこと。
 お前らおとっつぁん大好きだな!と(笑)
 左から翔・大・二・潤という並びだったので(右2人はころころ順番変わってたけど)
 ほんとにお父さんとお母さん相手にはしゃいで喋る園児2人みたいですごい可愛かったです。
・中央花道でニノに写真を撮ってもらう大ちゃん&一斉に手を伸ばしてピースする客。
 潤「すげぇ、心霊スポットみたい」←地味にツボ。
・どのタイミングだか忘れたけど喋りながらふらふら〜とセットの階段を上っていく潤。
 そっちで歌うの?と思ったら、何事も無かったかのようにまたふらふら〜と戻ってくる潤。
 あのコは一体なにがしたかったんだろう…。
・そんなわけでA・RA・SHI。
 翔ちゃんがラップやってんのに後ろでまだ「黄色っ」とかやってるニノ。
・♪for dream〜の後で。
 潤「サミー!サミー!」二「サミー!」客「サミー!」潤「だっせぇあだ名だな」言わせておいてそんな…(笑)
・翔ちゃんとニノがハケて潤もハケようとした時、ふと立ち止まって一言。
 潤「あのー言っちゃっていいよね?たぶん、夏、また5人で
 やったー!!その言葉を待ってたよ!(感涙)
・大「最後に最高って言って?せーの!」客「さいこーっ!!」大「最高!!」
 どこかの宗教のようでもなくもないけど最高でした!

■ MCごちゃまぜ
・歌ってる時はパッキパキのキメキメなのに、MCになった途端ごにゃごにゃもごもご。え、酔ってる?
・「もう25歳ですよ。四捨五入したら30って?四捨五入する意味がわかんねーよ」←笑。
・「絶好調超だから!」生で聞けたー
・黄色のジャケット着て軽く江頭入ったような手の動きで話す大ちゃんが、そこはかとなくダンディ坂野に見えました。
・俺たちのソング製作時、大ちゃんは徹夜で3行しか書けなかったのに翔ちゃんはその場ですらすら書いたという話で
 「翔くんは文字がパーッと来るんだろうね。俺は絵が浮かぶもん」
 なるほどね、と納得。良いコンビだね。補完関係て・き・な?(俺ソン風)

---
最初は「ソロコンの『コン』はコントの『コン』だったの…?」と思うようなノリでしたが(笑)
かっこよくて可愛くて面白い大ちゃんが凝縮されたコンサートでございました。
ほんとかっこよかったぁ…はふぅ。

1曲しかできない分、ダンスか歌のどちらかに特化した曲を選ばざるを得ない嵐コンでのソロと違って
どちらに特化した曲も存分に披露できるソロコンは大ちゃん向きかもしれない。
個人的には'00夏コンでやった歌無しのソロもやってほしかったな〜。神々しかったもん、あれ。

物理的にも心理的にもみっちり密着(むしろ吸着)したような一体感だった翔コン。
歌に聞き入り、ダンスに見入り、魅せられる、需要と供給が合致した大ちゃんコン。
どちらも見事に個性が出てて楽しかったです。
翔ちゃんはずーっとファンと同じ高さで一緒に遊んで楽しんでる感じで、
大ちゃんは歌って踊ってる時はその空間内で最上位に位置する人という感じかな。
でも曲が終わった途端に同じ目線の近所のおっさんに変身してるし(笑)

extra storm
両方を見てしみじみ「嵐というのは各メンバーの集合体なのだなぁ」と実感しました。
当然っちゃあ当然なんだけどその事実に感動したので図にしてみましたよ。
誰の案か知らないけど「extra storm」って名付けた人は天才だね。



しかし大ちゃんはかっこよかった。(そんな締めかよ)



2006年02月22日(水)
淡々と1週間


おぉぉぉ、うっかり1週間以上も日記書いてませんでしたね。
最近にしては珍しい?と思ったら特にそういうわけでもなかった。てへ。
とりあえず身の程知らずのうつけもの浪人生を身の程わきまえた大学にねじり込みホッと一息ついてます。
どれぐらいアレかと言うと「東京のすぐ上(北)は大阪」とか「鳥取は千葉の隣」とかそれぐらいです。
理系だからいいとかそういう次元じゃないけど何はともあれ入れて良かった。

・BG会見。「あらしの」と「あらしろ」がそっくりなもんだから「嵐の紅さん」かと思いました。
・サッカー系サイトで紹介されているのを見ると異常に照れます。
・裕貴くん…。
・逆回転素人での失敗を物ともせずエアバンド素人を募集するG!スタッフが嫌いです。
・でも有名人オーディションでの西川女医はそれまでの嫌いイメージを全て払拭するほど面白かった。
・恋するハニカミに圭くん出演(宣伝:今週も出ます)。2人揃って超きゃわ!疑似体験萌え!←…。
・旧HNに似た「トマム」と圭くんが言ってくれたのでこれまた疑似体験萌え。
・寂しくないですよ、ないってば。
・斗真くんにこれをプレゼントできたら神。むしろ私が欲しい。免許持ってないけど。

この1週間の出来事と言えばこんなもんでしょうか。
色々忘れてる気もするけど…あ、トキコンのオーラスチケがアリーナでした。嬉しいよー。
Bブロだから茂・太一側ですかね。
過去2回が正面とリズム隊側だったのでちょうどいいかもしれない。わふわふ。
しかしトキコンオーラスの翌日があずみ初日なのね。忙しいんだか暇なんだか。(たぶん後者)

それでは明日は3104コンに行ってきます。
嵐ちゃんは今日のうちに来ちゃったのかな〜。



2006年02月14日(火)
♪事務所に入って10年 ベテランやってます〜


↑城島ソング2003風。
そんなわけで斗真くん事務所入り10周年おめでとう。
世間では11日入所説が王道だとは思いますが、バレンタイン入所の方がアイドルらしいので(笑)
あと本人が14日だと話していた記事が相葉さんとのボートdeデート(※)で非常に可愛らしかったので
ハルキとしてはバレンタイン入所説をプッシュしたいと思います。
※調べてみたらKindai'99年6月号でした。2人ともかーわいーなー。

そんで記念日好きなので斗真くんに関するうだうだ語りを書いてみたんだけど、
これが思った以上に内容の無い話になってしまい猛反省中でございます。
もう少しおもしろいこと書けるかと思ったんだけどなー残念だ。
Textに一応アップしたので♪そんな時代もあ〜ったねと振り返るきっかけにでもなれば幸い。
お陰様で今回ももれなく電波垂れ流してるのでその辺のご覚悟もよろしく(笑)

全然関係ないけど武道館の12日チケが到着。…2階R列でした(チーン)
まぁ去年X列でも十分盛り上がれたからね。うん、大丈夫、うん。
オーラスは1階に行けるといいなぁ。



2006年02月13日(月)
定番ボケ


セイセイセイセイ。(Mステの名残りです。智くんが超イケてました。ほんと、普通にしてれば美しいわぁ…)
TOKIO武道館バクステご招待ってなーにー。
買えば参加できてしまう握手会と違って「どうせ当たらないから買わない」という選択ができる分
良心的なのかもしれませんが…。
ユニバさんも「企画実施店」なんて言わず正直に「オリコン主要調査協力店」って言えばいいのにね☆

話は変わってワルキューレとトマゴト。
まぁ単にじゅんいくネタを並べて書きたかっただけですが(笑)無事振込&感想文送信完了。
FCの更新も一緒にしようと思ったのに用紙持って行くの忘れちゃったよ。
しかも感想文は私の携帯からは1度に155文字までしか送れないという仕打ち。
しかもしかも送信画面まで行けても「フォーマットが正しくありません」とか言われちゃう始末。
えーっと、これは暗に送るなって言われてるのかな?と思いながらも十ン通送りつけました。
1通ごとに文章繋げるのも面倒なので淡々と愛を吐き続ける十ン通。
我ながらちょっとアレな感じもしましたが言いたいこといっぱいあるんだもん!好きなんだもん!(真性ですよー)

「『ご好評にお応えして連載再開!』…って最初から決まってたんだろうがボケー!!」
そんなジャニ恒例のツッコミ希望です。
…と書いてたら早速SHOCKがそんなボケをかまされたようで。
ま、まぁ亮ちゃんのことを差し引いてもendless〜はわかりやすいし好きだけど、ね…。



2006年02月09日(木)
接続不調


ネットが繋がらなーいーよー。
SHOCKレポ(レポっつーか…)もオフラインで書いて一瞬繋がった隙にアップ。今日も同じく。
これ書きつつもいつアップできるかわからないんです。どうしたもんだろ。

そして今更ながらしょうだぶりゅーオーラスの話。
雨男ヨとか言ってる場合じゃなかったですね。順延→中止って最初から中止よりもむごいような。
とは言えその間になんとかスケジュールを調整できないか悩んでくれたのだろうと思うと、
その手はずを責めることもできず。
むしろ謝る必要のない事にすら責任を感じてしまっている翔ちゃんが愛しくて愛しくて…
いつになってもいいからリベンジできるといいね。

トキコンの新潟(石川も?)もなかなかの悪天候だったようですが皆様ご無事でなにより。
早速セットリストをがしがし聞いて準備しとります。
あとは武道館までに智くんの髪型が変わらないことを祈るのみ…!(切実)

さて、かれこれ1週間近く前に05+のさわさまからバトンをいただいたので挑戦したいと思います。
オシャレどころかオサレにすら引っかからない人間で申し訳ない。

【ファッションバトン】
◆好きなショップ/ブランド
なにを着ようと滲み出るイモ臭さと溢れ出る脂肪からは逃れられないよね、という話はさておき
好きな系統で懐具合とも兼ね合うのはMK KLEIN+・iiMK・e.a.p・OZOC・rope picnicあたり。

◆ヘビロテのアイテム
THE EMPORIUMのオフタートル
冬は寒いのでもっぱらとっくり(by.二宮和也)着てます。

◆勝負服
勝負…あぁ、舞台で最前の席が来た時とか☆←寂。
普段より小ギレイに。と言ってもきっと冒険できずにモノトーンで収めちゃうんだろうけど。
ちなみにさわさんに「ライブにどんなおめかしをしていくのか気になる」と書いていただいたのですが
トキコンは実用性重視でおめかししません。申し訳ない!(笑)
嵐コンも動きやすい服選んじゃうしなぁ…あ、亮ちゃんコンはちょうど上記のような格好で行ったかも。
亮ちゃんに対してはまだ「今日は亮ちゃんに会うから〜♪」という気持ちがあるみたいですよ、アハハ。
(トキコンと嵐コンは「一緒に暴れる」か「一緒に騒ぐ」)

◆好きなテイスト
シンプル系?…「テイスト」の解釈を間違えてるかな…。
あと安めぐみが着てそうな系統も好きです。例えが微妙すぎるわ。

◆好きな色・柄
青が好きだけど服となると微妙なのが困りもの。
しかもサイトのデザインからもわかるようにデザインセンスと色彩感覚が驚くほど乏しいので
失敗を恐れて白・ベージュ・茶・黒を選びがちになるのも困りもの。
油断すると増えてるのは薄紫。あれ?マボの血流れてる?
突発的に派手な色が着たくなって買った黄色系も多いです。使い勝手が悪いのが玉に瑕。

◆春夏狙ってるアイテム
どこのというわけではなく薄手のジャケットが欲しいです。

◆バトンを繋ぐ5人
以前コリラックマカチューシャ(?)をつけた姿が非常にきゃわゆく萌え萌えだったWaterlooの琳さま。
お暇があったら受け取ってやってくださいませー。



2006年02月08日(水)
endless SHOCK 昼の部


行ってきちゃいました、てへ。
斗真ファンと相葉ファンだけどヒエラルキーのてっぺんは亮ちゃん☆な2人組で(笑)
ちなみに2人の間で最近一番メールが交わされるのはスカJ放送時です。
(しかも「亮ちゃんかわいい〜」「亮ちゃんかっこいい〜」しか言ってない)

今回初めて帝劇の2階に足を踏み込んだんですがオペラグラスさえあればまったく問題無いですね。
せいぜい客席を通り抜ける時が見えないだけ?
逆にフライングが見やすくて(当然だけど)新鮮な見方もできました。
あとは天下の堂本光一様と錦戸亮様を眼下に見下ろすのが畏れ多いぐらいでしょうか。

今回は完全に亮ちゃん目当てで行ったので去年のような不意打ちSHOCKはありませんでしたが、
今年のリョウ様も期待に違わぬ素敵男前っぷりでかわいくてかっこよくて最高でした。
やっぱりリョウとうきはは私的王子様の双璧だわ…(ぽわわん)←決して亮と斗真ではない。

前日スカJで見てびびったバッハ風パーマにやはり最初は違和感。
でも汗で濡れ髪になっていくにしたがって気にならない…って言うか色っぽい〜ときゅんきゅん。
今ならいつぞやの角刈りも金髪チリチリパーマも大丈夫かもしれない。

ストーリーは去年より更に筋が通ってわかりやすく、歌うシーンもマイナーチェンジ色々。
「わかりやすいSHOCK」ってそれだけで奇跡な気がします。
だがしかしアルバイトシーンをカットしたのはいかん!いかんよ!
薄ピンクTシャツ+赤エプロンでおにゃごのような亮ちゃんを楽しむところだったのに!!
(あ、でもだいぶ上半身に筋肉ついちゃったから去年ほど薄っぺらくはないのかな)

■ 1幕
今年も恐ろしく甘〜いリョウの登場シーン。声がとろけそうに甘くてやっぱりおかしい。
まぁもちろん耳元で囁かれたら昇天しますけどね。(その距離なら声が無くても死ねるけど)
光ちゃんは驚異のキューティクルでつるっぽんとした髪型がかわいいにゃー。
ちなみに脳内で光ちゃんのことを「にゃーたん」と呼んでいた自分にSHOCKだにゃー。
いつから呼んでたんだろう…(頭抱)
でも町田さんならわかってくれるよね、この気持ち!「光一くん一筋!」だもんね!(笑)

World Adventure
チャイナからリョウの出番が削られてるぅぅぅぅぅぅぅ堯-□-ill)SHOOOOOCK!!
去年一番の萌えどころだったのに!あのリョウでオチたと言っても過言ではないのに!
香港の映画スターみたいでかっこよかったのに!
なんでなくなっちゃったんだろう。結構本気で寂しい。赤チャイナ〜。

アイリッシュは衣装もそのまま無事残存。
あの襟とかがチェック柄の紺スーツはかわゆくて好きです。中学受験でもしそうな雰囲気で。
かわいいな〜かわいいな〜。

去年まで光ちゃん1人だったジャングルにリョウとリカも参加。
リョウにロックオンしすぎてどんな設定なのかよくわかんなかったけど
コウイチがリョウとリカを追い詰めてた感じ?(全然違うかも)
ボロ布まとって背中合わせになったリョウとリカがアダムとイブみたいで印象的でした。

ギリシャ(?)の衣装も去年と同じ。
白いキラキラ学ランみたいなのが素敵ー男前ー美しいー。
美しすぎて頭が空っぽ〜。(我ながらひどい感想だな…!)

そしてジャパネスクですよ。今年も書いておこう。

いやぁぁぁぁっっ、亮ちゃんカッコイイぃぃぃぃっっっ!!!!(倒)

…ふぅ。去年はチャイナで萌えピークが来たけど今年はここでした。
鼻息が荒くなるのを抑えるため必死で深呼吸。むふーむふー。ほんとにス・テ・キ…。
ビジュアルはもちろんのこと、リョウの目が!視線が!素晴らしかった!
敵対→挑発→怯臆→愕然という感情の流れが見事に表現されていて切ねーこと切ねーこと。
こんなにも進化してると思わなかったよ。これが見られただけでも大満足です。

■ 2幕
シェイクスピアで亡霊コウイチが叫ぶ「死ね"ぇ"ぇ"ぇ」がすべて「しに"ゃー」って聞こえるんです。
ロミオ様は今年もかぁいいのです。髪がつるっぽんな分、余計にショタ化が進んでた。
リチャード3世のリョウも狂気で素敵。リカに跪くのとか萌え萌えですよ。
あれが汚らわしい悪魔なら私なんてハエの目ヤニにもなれません。生きててごめんなさい。

Watch me!歌うリョウはかわいいなー。
ピヨピヨダンスがあったのはこの後のダンス対決シーンだったかなぁ。
真剣な対決なのに途中でお尻のところで両手ぴらぴらさせる振りがあるの。かわいいの。
でも同じ振りの光ちゃんはそう変じゃなかったところを見るとあれは亮ちゃん個人の問題なんだろうか。

対決後の真相告白シーンは見もの。
踊りはさておきこの観客を引き込む演技は亮ちゃんの最大の魅力ですね。
実際に本人が泣けるっていうのもすごいけど表情が、表情が…なんという切なさよ…(泣)
リカを想う心情やコウイチに置いていかれる不安を吐露する表情も声も素晴らしかったです。
しかし美しい涙だわぁ。あれきっと下に落ちると真珠になってるよ。まじで。

ラストのコウイチを抱えるリョウと腕をまわすコウイチの図は本当にお耽美ですね。

---
やぁ、なんだこの手放し大絶賛な感想は。お恥ずかしい。
恋煩い並みに亮ちゃん大好きと言うか、粗が気になるほどは好きじゃないと言うか。
つまりはそれぐらいに好きなのでこんな感想なのです。でれでれ。

これほど光ちゃんを見ないSHOCKは初めて!というぐらい亮ちゃん見てました。
(RealShockは斗真くんガン見だったけどいかんせん出番が…以下略)
まぁ光ちゃんは3月に見るからいいのだ。

今更気付いたけどメイサちゃんはリョウとうきはの両方に愛されていたのですね。
なんといううらやましい事実!最強姫様!!
いつか亮ちゃんと斗真くんでメイサちゃんを巡って対決…みたいな舞台やってくんないかな。
2人の殺陣とメイサちゃんの太ももは必須ね。実現したら本気で萌え死ねると思う。

はぁ、リョウ様…(うっとり)



2006年02月05日(日)
雨男ヨ


翔ちゃんは雨男よ

翔ちゃんは
雨男ヨ

翔ちゃんは
雨男


翔ちゃんは
雪男

…ということだったんだよ!
な、なんだってー!!!

集団遅刻の生徒を待ちながら1人MMRごっこをする日曜の午後。うーん、むなしい。
いつに順延になるかわからないけど昨日行くはずだった人がなるべく多く行けるといいなぁ。

話は変わりますが最近DASHの智くんがすこぶる可愛くてとても幸せです。
(ビジュアル的にはメントレの方がいいけどDASHは言動が可愛い)
今週はイカ男くんと電車でGO!な智くんになごみました。あ〜癒し系。

あと達っちゃんのなでしこデートもなごみました。
ジャニが素人娘を手玉に取ってるのを見るのは好きなので(擬似体験か?笑)
先週の大菅さんとのプリクラとか今週の吉田さんとの新婚ごっことかもーたまらんです。
いやぁモテるはずだわさ。

なんか行数がある割に内容の無い日記ですね。申し訳ない。



2006年02月03日(金)
今日は陽気な恋文日和


隔週視聴(になってしまっている)白夜行を見たら圭くんが出ませんでした。
あれ?もしかして3話で殺された?と圭くんの公式サイトを覗きにいったらあらびっくり。
今週のトリビアにも出てたんですって…うふふ、華麗にスルーしてしまいましたよ。
なんでそんな不思議な仕事してんのさー!知名度上がりそうだからいいけど!
ちなみに来週も出るそうです。どうぞよろしく。
で、結局白夜行の圭くんは殺されたの?生きてるの?生きてるけどもう用無しなの?(それは切ない)
私信→先日圭くん情報をくださった名無しさま、ありがとうございましたー!!全然知らなかったので感謝感謝ですv

さて、若干今更な話になってしまいましたがあずみの製作発表。
去年の成功祈願がおいしすぎたので今年も…!と意気込んでいたらホテルだなんて。
成功祈願だけまた別口でやってくれないかな。
あぁでも今年はどこの局もそれなりに流してくれてよかった。うきは様は今年もかっこいいわい。
髪型は去年の方が聡明そうな気もしなくもないがまぁいいや。
どうせナマで見たら「超カッコイイ!超キレイ!超男前!超大好き!」と騒ぐんだから。
ところで周りに少女をはべらせた勘兵衛殿からそこはかとなくアホ臭を嗅ぎ取ったのですが
あのキャラでラストの桜のシーンは成り立つのでしょうか?(笑)

そしてトマゴトもついに終わってしまいましたな。
連日「斗真くん大好きなのよぉぉぉぉぉぉ」という臭気がぎっしり詰まった電波メールを送ったというのに
『感想文は8日から』って、オイ!あの情熱を返してくれ!!
別に8日まで練りに練った濃縮電波を溜めておけばいいだけの話だからいいけどね。
恋文を書く乙女…の皮をかぶったストーカーのように張り切って書こうと思います。


しかしNewSはどうなるんでしょうね。
AもBのことがなければそろそろ復帰してた気もするし、
BもAのことがなければここまで大々的な処分は受けなかった気もするし、
互いに互いの首絞めているようでなんだかなぁ。

普段「Pちゃんと愉快な仲間たち」な分、Pちゃんに跳ね返ってくる泥も大きくて可哀想。
Aのことで背負い込みきれないぐらい背負い込んで奮闘しているのに更に背負い込む亮ちゃんも心配。
単品でいくらでも売れるPちゃんや帰れる場所がある亮ちゃんや俳優として需要がありそうな手越と違って
路頭に迷いそうな子たちのことも気になる。
NewSに思い入れは無いけれどあまりにも不憫でどうにかならんもんかと思ってしまいます。

もともと無責任なグループの作り方したんだから、やらかした2人はさておき残りの子たちぐらいは
責任持ってどうにかしてやればいいのになぁと思う次第です。
ここまで墜ちたブランドをハタチそこそこの子に背負わせるのはあまりにも酷だよ。
それを望まない人もいるだろうけど一度更地に戻すのも愛情ではなかろうか。



2006年02月01日(水)
Extra Storm in Winter '06 "THE SHOW" 1部


そんなわけで肉の国の"マッスルボーイ"(by.大野智)ことしょうだぶりゅーを見てきました。
昨日は嵐ちゃん勢揃いだったようでうらやましいかぎり。
(MCで「40分もしゃべってた!」と幸せそうに愚痴ってました)

開場時間に現地に着いたところ、会場外で並ばされてる人たち。
ゲッ、入場待ち?でもブロックごとに並んでるんだしすぐ入れるでしょ?と油断した私がバカでした。
雨がザーザー、ビル風ピューピュー、足元は雨水シャバシャバ、なにより寒い!!
そんな悪環境の中で待たされること40分。
我々C1ブロックは開演数分前にまだ会場外にいました。ちょっと殺意を覚えたよ☆

チケ確認を終え空いてるロッカーを必死で見つけ荷物をブチ込みさぁ入場。
…ってもう始まっとるがな!!
すでにポリ袋かぶったミニダースベーダーみたいなコが指揮棒振ってましたよ。
"幼少のみぎり"写真、楽しみにしてたのに!

確保した場所は1階のほんとのほんとに最後尾で、後ろにいるのは取材陣と親子席(?)のみ。
しかもそのイス席は一段上(と言っても80cmぐらいある)なので段差に寄りかかれてちょっと楽でした。

・ポリ袋脱いだら白シャツ+白パンツ+赤細ネクタイ。きゃわ!黒髪きゃわ!!
・はむはむ翔たんはご健在でした。フォルムが丸い〜かわいい〜。
・unti-unti
 またこれを生で見る日が来るとは…(笑)
 冒頭の映像も変わらずアレです。これは広い会場で見た方が羞恥度高くて楽しいと思いました。
ブーギーバー!! 待ってた、待ってたよこれ!
 脳内を駆け巡るサンタ翔ちゃんにうほうほしていたらうっかりスクリーンの潤を見逃しました。
 壁に挟まる大ちゃん。何言ってんだかわかんない相葉さん。よくなくなくなく…なニノ。
・Choo Choo Trainで思い出したんだけどお水ちゅーちゅーしてる姿がとても可愛らしかったです。
 そしてその水はもの凄い勢いで還元されてました。汗まみれ。やっぱり腕が(笑)
・スケッチ(アコver.)
 スクリーンに流れる歌詞と穏やかな曲調がマッチしちゃってボロボロ泣けて大変でした。
 曲は聞いたことあったけどしっかり文字で読むと非常にクるものが。
・ペンの指す方向 chapter2(JOYFULの進化ver.みたいなの)
 弟くんに「ぼくのしょうらいのゆめは…」と色んな言い方で言わせてる様子が冒頭に挿入。
 音声だけだけど幸せな櫻井家が見えてほっこり。
 でも翔ちゃんの想いはあまりにもまっすぐでそれを聞いてる自分は聞く資格が無いぐらいダメで
 ちょっと、辛かったです。うん。いつか応援歌として堂々と聞けるようになれたらいいなぁ。
 翔ちゃんの放つ光は純白ですよ、マジ。(超真顔)
・俺達のsong(さとしょうコンビ曲)
 ♪翔と智ちゃん 智と翔ちゃん 翔と智ちゃん 智と翔ちゃん、て・き・な♪
 これはもうスクリーンの大ちゃんがクオリティ高すぎてズルイ(笑)
 さすが全コンビのトリを飾るだけのことはありますね。ダテに待たせたわけじゃない。←ん?
 向かい合ってのレコーディングも2人でちまちまと振り付け考えてるのもみんな可愛かった。
 でも翔→智でチューしようとした時、一瞬だけ大ちゃんが前に来て翔ちゃんが焦って見えたのは気のせいでしょか。
・言葉より〜→五里霧中→サクラ咲ケ
 なんつうヲタ殺しラインナップ。大好き!
 最後尾な分テアゲロな手が全部見えてとても気持ち良かったです。
・Yes?No?
 最後がこれって!もうもうイントロだけで夏コンプレイバックで大変ですよ。
 でもね、なんだかよくわからないけど衣装が白CAP+白手袋+白スニーカー+緑つなぎかなんかで
 (ちょっと違うかも。とりあえず要所要所に白が散りばめられてた)
 同じ格好のダンサー4人とラインダンスみたいなことするんですよ。
 ……カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜♪……あやうく口ずさみそうに。
 でもやっぱり名曲。これを最後にもってきた心意気に感謝。
・アンコはJAM・a day〜、Wアンコはご挨拶だけ。
 翔「楽しかったぜ!楽しかったか?」客「イェー!」翔「ンフフ、超楽しかったよ。みんなどうもありがと!」
 おざなりなんだか単にハイなんだかわかんないけど(笑)楽しかったね。楽しかったよ。

■ MCごちゃまぜ
・矢継ぎ早に話す姿が「やっぱソロで緊張してるのかなぁ…」と思わせて萌え。
 ま、もともと1人で話すと早口気味な人ですが。(かと言って滑舌が伴うわけでなし)
・嵐結成当時のコンサートはテアゲロ言っても無視されたよね〜という話で
 「『はいはい、櫻井、がんばって』って下がるじゃん、やっぱテンションさー」←笑。
・客席に小さい子がいて食いつく翔ちゃん。
 翔「何歳?」子「ごちゃい!」翔「ごちゃいっ」…(*´▽`*)な・ご・み…
・翔「東京!」客「イェー」翔「品川!」客「イェー」翔「プリンスホテル内!」客「イェー」翔「ステラボール!」客「イェー」
 改めて言われると「品川の駅前でなにやってんだろ…」と我に返るのでやめてください。
・翔「今日ちょっと雨降ってました?」客「エェェェェェエエエ!?!?」翔「あ、あ、かなり降ってました?」
 客大ブーイング(笑)ちょっとじゃねーよ、ザーザー降りだっつーの!
 翔「俺のせいじゃねぇから!!」客「雨男!」翔「雨男って…(しょぼん)」
 口とがらせてぶりっこ。でもオチないので変顔(自己申告)
・touch me now制作時のha-jさんの櫻井翔イメージ→筋肉質・映画「マグノリア」のトム・クルーズ
 ネットで評判を調べた結果らしいですがなぜそんなことに(笑)
・リハでは「○○(曲名)やりまーす」「喜んで!」が合言葉。
・最後に「今年はとにかくやりますから…あんま期待しないで期待してて」と。
 誰が、誰と、どこで、なにを、どうするのか、早めに教えてね。切実よ?

---
亮ちゃんコンの時の「亮ちゃん大好き!ソロなら見たい!!」というノリと違って
「嵐」というグループが好きである前提の上でのメンバーのソロコンはどう感じるのか
自分でも興味があったのですが、結果としては全然アリ。むしろ嵐の良さをしみじみと味わえました。

別に翔ちゃんコンが物足りなくて「やっぱり5人じゃなきゃダメよね〜」という意味ではなく、
うーんと…なんだろう、なんて言ったらいいのかな。
例えば大半が嵐曲なセットリスト。
ただ純粋に翔ちゃんが歌いたい(好きな)曲をやったわけではないことは明らか。
でもそれは彼が無理にファンに迎合したのではなく「嵐の」櫻井翔のファンと
「嵐の」代弁者である彼が共に楽しむために選んだ、最良のセットリストだったのだと思います。
翔ちゃんに自然にそうさせる存在である嵐って素晴らしいな、と。そんな風に感じたのです。
あんまり因果関係が繋がってないかもしれないけど(笑)

なんしろ「この人、嵐大好きなんだろうな〜」と。
普段の嵐コンは嵐→←客という相思相愛の関係なんだけど、
ソロコンは翔→←客の関係の上に更に翔→嵐←客という関係が成り立つとでも言いましょうか。
あっちも嵐が好きでこっちも嵐が好きでもちろんお互いも好きで、それで一緒に楽しいことできたら幸せでしょ?
だからExtra Stormは楽しかったです。
そしてExtraな部分をこれだけ楽しくさせてくれるStorm本体も大好き!と愛を再確認した次第。
次は3104の東京ラストです。待っててね、おとっつぁん。


どうでもいいけどミリオネアから翔ちゃん宛に花が来てたのはなんだったんだろう?出るの?(笑)