そよ日暮らし の そよふぉとノート
もくじだよきのうへあしたへ


2007年10月28日(日)  霜降のあとさき






みずというみずを拒んで
かさかさにかわいてみたいそんな黄昏。





曇天の十月林、カラマツのいとやわらかないろどりびより。





あぁこれは、春一番に芽を出して、どんどん伸びて、恋色に
咲いてうたって揺れて乾いて立ち枯れたムラサキツメクサ。





よもぎの紅葉。





いけめんどんぐり。





ずっとおぼえていたいふうけい。






2007年10月15日(月)  寒露のころの。





これは、たそがれ。







これは、いえのまわりに降るひかり。

右下は、はつ雪がとけてゆくところ。










これは、そら。

もしくはそらにこがれるこころ。










これは、もり。

もしくはもりにただようけつい。










これは、もりのおくふかく。

ふようどになりたいものがいきていくばしょ。









これは、もみじ。ゆれるもゆるあきのじょうちょ。







これはきのみ。これはきのこ。

これはこのは。これはたぶん

あきのひみつ(未確認飛光物体)。




そんなわけでおおむね良い日がつづいています。

ひきつづき、ふかめな秋になりますように。











斉藤そよ |MAILHomePage

My追加