宇佐美彰朗の雑記帳

2007年02月26日(月) 「東京マラソン2007大会」報告記—その1—

去る2月18日(日)「東京マラソン2007大会」が無事終了しました。
数年前まではこれは夢でした。それがついに実現・終了したのです。今
回、私は「コース・沿道の環境スポーツボランティア」のチーフとして
協力したのですが、これは報告記,任后

 この日は早朝から、冷たい雨が降る中でのスタート。私はあと少しで
号砲が鳴ろうという時刻に歩き始めました。コースの「現実・現状」を
この目で見たく、選手と一緒にコースを歩いてみたのです。5km地点
での給水現場では、エリートランナー用の給水用具はすでに撤収されて
いました。

 それから10kmまでの沿道で、各スポーツボランティアの活動の様
子、選手との関わり具合、レースの流れ具合を見ながら歩を進めました。
その後、日比谷公園の10km地点ゴールを右に見ながら、銀座に向か
いました。交差点、横断歩道は地下道への誘導が頻繁で、厳しいトラブ
ルになっている様子はあまり見かけることなく、実際に交差点をわたっ
て方向を変えながら進むことが出来ました。相変わらず雨はかなりの強
さで降っていました。

 2時間が経過し品川折り返し方向と浅草折り返し方向を省略して、ゴ
ールに向かい歩き続けました。浅草から走ってきた先頭グループらしき
選手が見え始め、ナンバーカードが徐々に大きい数字になってきます。
一般ランナーのトップグループとでもいえる選手もだんだん増えてきま
した。
 各給水地点では、マニュアル通りの手順でテキパキとスポーツボラン
ティアが活躍しています。私はその姿を見ているうちに、どうしたこと
か少し目頭が熱くなってきました。なにしろ夢に見ていた「東京マラソ
ン」が実現し、自分がその只中にいることが、どうしても現実とは思え
ない不思議な感覚だったのです。

 3時間が過ぎて、お台場近くの人家のない地域に入ってきました。途
切れないスポーツボランティアたちの、色とりどりのヤッケが並んでい
ます。思った通り一般の方々の応援はとても少なく、わがグループの鳴
り物を駆使しての盛大な応援は、疲れきったランナーには、かなりの効
果を上げた感があります。応援の方には申し訳ないですが、ヒトの声で
は限界があり、必死な思いで走る選手の耳には届きにくいことも、はっ
きりしました。

 ビッグサイトが徐々に目の前に現われ、その大きさを見せつけるよう
にそびえ立っていました。選手のナンバーカードの数字も大きく見える
ようになり、ゴールに向かう選手の数もますます多くなってきました。
さすがに、ゴール地点は人波でごった返しており、館内に入るころには、
新宿スタート地点を出発して4時間が経過していました。

 制限時間まであと3時間。このまま無事に終わりますよう祈るのみ。
制限時間にあと1時間となるころには、ゴールに向かう選手たちも間隔
があき、当然、普段通りに歩けずふらふら状態の選手の姿が目立ってき
ました。しかし私の経験からいうと、この状態こそマラソンの醍醐味の
ひとつでもあるのです。

 ゴールがあるからそれに向かって走る、痛くて動かない足を動かし、
体力を精神力でカバーし、必死の思いでゴールに向かう、このゴールの
味を味わいたいためだけに、なりふり構わず選手は走るのです。ただた
だゴールするだけ。私は思いました。「ゴールの瞬間は、全員がゴール
ドメダリストだ!!」と。


 < 過去  目 次  未来 >


usami