ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2014年03月08日(土) VSCシステムチェック&エンジンチェックマーク点灯(暫定報告)





先々週かな、買い物の帰り道に点灯したんですよ、この2つが(XX)

このとき、走行感は至って何時も通り、滑らかで静かな走り。

吹け上がりも上々(^^)

で、コンビニでお茶して再始動後、消えたのは良いけど、ちょっと気になるので、レクサスさんに御邪魔(^^)

マット上とシート上にビニールシートを敷いて、これからメカさんに作業して頂きます。

宜しくお願いします(^^)















2階が作業スペースなので、エレベーターでの移動になります。

たぶん、東京のほとんどのレクサスさんがこのパターンだと思います。


















さて、美味しいアイスコーヒーでも飲みながら、しばしのんびりタイム(^^)



ん?

あのコーヒーの向こうにある、ガムシロとミルクの入ってるミニポット、オシャレですね〜(^^)

ちょっとポットの底を見てみましょうかね。



















お〜!

私の大好きな大倉陶園さんのマークが!

しかもコレ、レクサス別注のマットシルバーモデルですよ。

これはググググっときます(^^)

標準のゴールドライン・スプーンスタンドをマットシルバーで別注し、白磁とのコントラストで控え目なラグジャリー感を醸し出す・・・。

いやぁ、レクサスの細かな演出というかコダワリ、素晴らしいとしか言いようが無いですよ。

このあたりを監修してるのって、誰なんだろう・・・

ネーム入りだけでも、けっこうなプライスなのに、っとういか、標準のゴールドラインでさえ高価なのに、わざわざマットシルバーで別注するセンス、勉強になります(^^)


勉強ついでに、コーヒーもう1杯くださ〜い(^^)



















壁に貼ってあった車種別の点検整備料金表。

LFAの整備金額、桁が違う・・・(^^;)


さて、メカさんとコンパクトSUVのNX(盆明け発売?)の話やその他の話で小1時間ほど車談義(^^)























そうそう、VSCシステムチェックでしたね。

メカさんの見解を以下に転記しますね(^^)

「燃料ライン・・・燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などが影響して燃料ラインを細くしていたため、車載CPUが燃料噴射指示を若干濃い目にしていたことがダイアグ上で分かりました。

先週のVSCシステムチェック&エンジンマーク点灯の時、エンジン片バンクに1個づつ、合計で2個付いているO2センサー(ジルコニア酸素センサー・・・マフラーにネジ固定)が燃料濃い目(濃過ぎ)を検地し、それを異常と判断し、アラートを出したこともダイアグにて確認できました。

しかし、先ほどO2センサーの検出値を調べてみたところ、値は正常値で、マフラー出口検地(排ガス検地)でも至って正常値でした。

O2センサーが壊れた可能性も考えたのですが、一度乱れた検出値が正常値に戻るということは(まず)無く、それが戻ったということはO2センサーに異常は無く、正常に働いていると推測できます。

1つの推測ですが、フューエルワンの4本連続投入で燃料ラインが隅々まで洗浄された結果、それまでの濃い目燃料噴射だと燃料が濃く出過ぎてしまい、それに対し、O2センサーが濃過ぎ→異常と判断し、アラートを出したのではないか、と推測できます。

そして、1週間経った今日の段階で車載CPUの学習能力が現況に追いつき、綺麗になった燃料ラインに見合った正常な(濃くない、薄めの)燃料噴射が行われるようになり、その結果、O2センサー値が正常値に戻り、アラートが出なくなったのではないでしょうか。

まだ様子見の段階なので断言は出来ませんが、O2センサー値が正常値、ダイアグ上で異常無しの現況から察すると、この見立てが最も話のつじつまが合う見立てかと思います。

以前診たお車での話ですが、インジェクタその他に汚れが堆積していて、その汚れのせいで、燃料噴射量が若干弱く(細く)なっていて、通常想定噴射量の指示では燃焼的に足りなかったようで、そこをCPUが理解し、敢えて燃料多めの指示を出し、燃焼の帳尻を合わせて走っていたことがダイアグ上で分かったことがありました。

今回のHIRO'S さんの状態ですが、以前診たお車と似ているような気がします。

フューエルワンの連続投入が効果的に働いて、それに対して車両CPUと各種センサーもきちんとその都度の状況に正確に反応した結果の、言ってみれば、フューエルワンが引き起こした、各所作動状態良好的なVSCシステムチェック点灯のような気がします。

とりあえず現状で異常値は出ていないので、しばらく様子を見てください(^^)」

うんうん、良い感じ(^^)

確かに、あの日以来、点灯してません(^^)

っというか、その見解が本当なら、フューエルワンって、凄いんですね。


とりあえず、また点灯したら来ましょうかね。

そうそう、車内清掃、どうもありがとうござました(^^)



















っということで、ダメ押しでフューエルワンを1本買いました(^^)



























しばらくは様子見って言われたけど、あの点灯から3週間経っても点灯しないので、もう大丈夫かなぁ。

でも、マイGSは月〜金は駐車場に止めっ放し、乗るのは土日だけなので、まだあの点灯騒ぎからそんなに距離走ってないんですよね。

なので、もうしばらく様子見ということで、暫定報告としますね。




 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加