ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。






YOU TUBE始めました!










Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2013年03月31日(日) スロットルボディ洗浄(レクサスサービスメンテ)



っというわけで、スロットルボディの洗浄を行うためにレクサスへ向かっています。

今日のこの関東地方の寒さ(曇時々小雨/最高8℃/最低7℃)で、桜も咲いて良いのか散って良いのか・・・っといったところ。
中には写真のように新芽が出ている桜もありました。
















さて、レクサスに到着です。

今回実施するスロットルボディ洗浄は無償でやってもらえるレクサスメンテナンスプログラムになります。

アイドリング回転低下、吸気流入量の変化によるレスポンスの変化(悪化)、アイドル不安定などの症状に対して有効なメンテナンスだと言う事です。



これから後ろのエレベータに乗って2階で作業します。
それではメカさん、お願いします(^^)











カバー類を外したエンジンルーム。

左の太いダクトの中にスロットルボディが隠れています。

















これがそのスロットルボディです。

この状態では弁が閉じているので中の汚れは見えないけど・・・














こうやてスロットルボディの弁を開けると、中がスラッジで真っ黒(TT)

洗浄液(WAKO'S製)を噴霧し、しばらく放置して、ウエスで拭き取ると・・・












真っ黒だった弁の向こう側が御覧のように綺麗になりました(^^)

ストレーナ(網)に付着していたスラッジも取れて、ストレーナの淵部分は輝くまで綺麗になっています。



メカさん
「OBD競如璽疹紊妊▲ぅ疋覯鹽召上昇したのを確認しました。
スラッジが無くなったことによって吸気流入量が微量ですが増えたので、しばらくアイドルさせて吸気流入量をGSのプログラムに学習させてからのお帰りになりますので、もう少々お待ち下さい。
かなり汚れていましたが、スラッジが取れてとても綺麗になりましたよ!
1万キロくらい走ったらまた無償でやりますので(^^)


ちなみにこの周辺メンテということで燃料ライン洗浄(WAKO'S フューエルワン)、エンジン内部洗浄(WAKO'S RECS)などもありますので、併せてオススメ致します。」



どうもありがとうございました!




        









ついでに各部の点検もやって頂きました。

写真はオルタネータのワンウェイプーリーです。

周辺のベルト類の状態も見てもらいましたが、現状でひび割れ、コマ飛びはありませんでした。














スロットルボディが綺麗になって気分もスッキリしました。

メカさんに今後の予防メンテナンスの見積もりをお願いして、ぼちぼち帰ることにしましょう。


 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加