ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2010年05月05日(水) ★九州(弾丸)ぶらり旅♪

さて、今回の往復2400キロの九州(弾丸)ぶらり旅♪もいよいよ最後のステージになりました。




それでは琵琶湖から千葉を目指し500キロを走りましょう・・・ここまで1900キロ走ってきたので、「あとたったの500キロかぁ!」みたいな感じで、ちょっとホッとしますね。




琵琶湖近くの名神高速 彦根ICから高速に乗って帰路に着くわけですが、同区間の往路が14時間掛かったことを見越して、ホテルの朝食を泣く泣くパスして早朝出発することに。











ところが高速が混んでないんですよ!・・・読みが外れた・・・(^^;)

でも、スイスイ流れて良い感じ(^^)



















っとうわけで、東名高速 上郷SA(上)に立ち寄って朝食ブッフェを頂くことに。
お腹ペコペコだったのでガツガツでした(^^)





















空いている高速をのんびり走るのは気持ち良いですね。

この辺りは菊川茶で有名な静岡県菊川市あたりを通過中です。

車窓から見える茶畑、綺麗ですね。

菊川の深蒸し、飲みたいですね〜。



















快晴に恵まれて富士山も綺麗でした。



















ここまでほとんど渋滞は無かったけど、この海老名JCT(2010年2月27日開通)あたりで数キロだったかな。



















今回のぶらり旅の走行距離は2423キロ、燃費は23.3km/hでした。

5日間で約2400キロを走ったわけですが、マイプリウスは実に快適で走りも気持ち良かったですね。

足回り、ボディ、ハンドリング、シートなんかの具合を色々な道を走って味わうことができ、とても楽しく有意義な旅になりました。


まずはシートですが、腰痛などなく、至って快適でした。

5日間のうち4日間を移動に費やし、500〜600キロ/日走り、時間にすると15〜18時間/日でした。

運転姿勢はやや前位置気味のシートに腰を深く預け、やや立て気味のシートバックに背中をピタリと付け、ハンドルを握る腕角度は100度〜110度くらいでした。

この姿勢だとハンドル操作時でも肩が動かず(シートから浮かない、離れない)、腕のみで操作可能で、結果的に上半身(下半身にも)に余計な動き(力)を求めないため、疲労が随分と軽減されます。
いざと言う時の対応も腕と足で素早く対応できます。


シート後ろ位置、背もたれ寝かせ気味の場合(いわゆるダラァ〜っとした運転姿勢の場合)、ハンドル操作時にシートから肩が浮いたり、操作時に上半身に力を求めたりすることから結果的に疲労も溜まり易くなるし(腰痛もで易い)、いざと言う時の対応も肩から動かしたり、腰から動き出すような運転姿勢になってしまうため、初動が遅れ気味になってしまいます。

「ハンドル操作は腕、ブレーキ/アクセルは足」・・・当たり前と言えば当たり前なんだけど、これが「ハンドル操作は肩〜腕、ブレーキ/アクセルが腰〜足」では余計な力も必要になり、疲労感も出るだろうし、腰痛も出てしまうでしょうね。

BMW E36の頃、シートをレカロ SR-3に交換した時に(BMWのメカニックさんに教えて頂き)この(やや前気味の窮屈気味の上半身や下半身に余計な力を求めない)運転姿勢ですが、慣れると運転がとても楽になりました。

人を乗せると、「こんな前位置で運転してるの??」とよく言われますけどね・・・私にはこれが普通で正解なんです。








次はボディ剛性ですが、(どちらかと言うと)不利なハッチバックボディということで、ちょっと前からボディ補強をしようと計画していたわけです。

そこで今回の2400キロのぶらり旅でそのボディ補強のメニューを決めよう!っと思い、ハンドルを握っていました。

だけど、2400キロ走って感じたことは、普通に一般道を走る分にはプリウスには必要にして十分なボディ剛性があると感じました。

極低速で店舗駐車場に入る時の段差超えの時などに、リヤ周りに若干のネジレ感を感じることがあるけど(これは仕方ないですよね)、速度を上げていくと、前後シャシは剛性感のバランスが良く、高速道路でもどっしりとした(重厚感すら感じる)安定感のある走りでしたね。

高速走行での、あのどっしりとした走り、それでいてハンドリングにシビアさなどなく、ゆったりと安心して走っていられる、あのプリウスの走りは、(良い意味で)ハッチバックボディの極微小なネジレも関係しているのかもしれませんね。

ボディ補強を行うことで、このバランスがどう変化するのか?ハンドリングに多少のシビアさが出るのか?乗り心地は?などなど気になるのは確かですけどね。



っということで、ボディ剛性の強化はもう少し様子を見ましょう。



















今回のお土産たち(^^)

大好きなものばかりですね〜。


※今回の九州(弾丸)ぶらり旅♪(2400キロ)の道中で飲んだ眠気覚ましドリンク剤は計5本、眠気覚ましミントガムx計3パックでした(^^)





 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加