ポルシェカイエン(955)日記(旧レクサスGS日記)
愛車のモディファイ・メンテナンス・ドライブ・トラブル・旅行などを書いています。




























Cyber Garage Ranking



みんカラ始めました(^^)
 
↓↓↓

HIROS



〜愛車の目次〜

<BMW E36 325セダン>
2000年05月〜2005年12月

<21セルシオ前期>
2005年12月〜2007年04月

<31セルシオ前期>
2007年04月〜2007年10月

<31セルシオ後期仕様>
2007年10月〜2008年07月

<20プリウス後期>
2008年07月〜2009年07月

<30プリウス>
2009年07月〜2012年6月

2009年12月17日発売のマガジンボックスさんの
「プリウス アップグレード・マニュアル」にマイプリウスが掲載されました!

<レクサスGS350(GRS191)>
2012年6月〜2014年7月

<ポルシェカイエン955>
2014年7月〜



2003年04月27日(日) ベルト交換!

先日ディーラーにドアパネル用のプラピンを買いに行った時に、メカさんにボンネットの中をチェックしてもらったところ・・・・・

「ベルトがそろそろ交換時期だね・・・2本ともヒビ割れがあるよ。それと関連部品のプーリーとテンショナーも状態によっては交換したほうが良いよ。一緒に取り寄せる?」

ってことで、メンテとなりました(^^;)


これが交換した部品です。

大きいベルトがファン用ベルト、小さいベルトがエアコン用ベルトです。
中央右がアジャストプーリーで、左がテンショナーです。

アジャストプーリーはベルトが正しく回転する様に一定の力でベルトを押さえ付ける為のもので、そのアジャストプーリーを介してベルトに一定の圧を掛けるのがテンショナーです。
(写真では分り辛いけど、テンショナーはサスペンションのような機構を持っています。)

アジャストプーリーは中央にベアリングが組み込まれていて、スムースに回転するように作られていますが、年数、距離を重ねるとガタが発生してしまうようです。
テンショナーも同様で年数、距離を重ねると、ベルトに掛かる圧を一定に保つサスペンション機構がヘタってくるようです。

ちなみにMAYU号のアジャストプーリーとテンショナーはまだ使用できる状態だったけど、どうせなら!ってことで交換しちゃいました。


取り外したベルト・・・ヒビ割れだらけになっちゃてます(^^;)

新品のベルトは横溝だけの柔軟性のあるゴムだけど、取り外したベルトは
写真のようにヒビ割れが至る所に見られ、経年劣化で硬化していました。






BMW日記用にメカさんにもらった「コマ飛び」したベルトです。

ヒビ割れをそのまま放置して使用していると、いわゆる「コマ飛び」という症状が現れます。
ヒビ割れによって、溝山が欠落してしまう症状です。
コマ飛びすると、ベルトが正常回転しなくなり、キュルキュルと異音が発生したり、最悪はオーバーヒートしたりするそうです。


今まで「交換したほうが良いのかな〜?」なんて思っていたベルト類を交換して、気分スッキリ!って感じ。
これからの行楽シーズンにオーバーヒートは嫌ですもんね(^^)











 < 前の日記  日記一覧  次ぎの日記>


HIRO [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加