ID:99836
★〜(ゝ_σ) 727日記
by RIE727
[311943hit]

■ お久しぶりでございます
重ねてきたエピソードを心うるませる夢にしまいこんで眠るRIE727です。ども。

TwitterやLINEでは繋がってないネッ友さんから「日記の更新が無いですがお元気ですか?」と聞かれてしまったので、久しぶりに書かねばと思い。

歳のせいもありそこまで元気じゃなく疲れ気味ですが、だいじょぶです。



この時期になると震災の話題が多くて、あまりテレビを見なくなります。 いや、普段もだいたい決まった番組しか見てないんですけどね。

あの映像はすっかりトラウマでして。
サイレンもトラウマ。田舎の町だから広報塔スピーカーがあって火事のたびに鳴るのよね。

被災者ではありますが、誰かとの会話で震災の話しが出たら気を遣わせるのも悪いので、てきとうに合わせたり黙ってたりしてるけど 「千葉県でも亡くなった人いたよね?」って聞かれちゃうと「自分の父親がそうです」って答えるしかなく。
更に「そのあとすぐ母親が後追いジサツしまして大変でしたわぁ〜」なんて言ったりしたらもう、何も知らずにそんなことあたしに聞いちゃった相手が気の毒だわ。
それでドン引きされるのはわかってるので、心ひらける相手にしか言いませんけど。

と、今回 かなりぶっちゃけた日記なわけですが。
まぁ、そういうあたしの心の中を 今は数人しか見ていないであろうこの日記で吐き出すのもいいかなぁと。
このくらいはまだ軽い方かなと思うのですがね。
本当はもっとドロドロしたこともありますが、それは言わないでおこう。

ただ、被災者になったおかげで強くなれた気がしますし、優しくなれた気もします。
震災で勉強になる経験をたくさんさせてもらいました。



さて。
日記をサボってる間にいろいろありましたね。


この冬は日本海側で雪が降り過ぎたようですね。
この辺りは全く降らなかったんですけどね。 なので雪を見ていない。
冬暖かく夏涼しいこの辺りは 恵まれた気候だなぁと思います。
この恵まれた気候で生まれ育ってしまったので、毎日のように雪かきするなんてもう無理だもの。


昨年、我が家は猫が増えました。
アメショのネコが逝ってしまった悲しさから4年ほどでやっともう1匹という気になり、毎日ネットで理想の子猫を探しまくりました。
最初は、捨てられたりして里親を募集している猫を迎えることを考えて何度かお見合いにも行ったのですが、そういう外にいた猫はほとんど病気を持っていまして。
生死にかかわる病気じゃなく、ただの猫風邪も1度でも罹ればキャリアとなるわけで。
そうなるとパッソゥに負担がかかるということがわかり。
ワクチンは、病気がうつらないというわけじゃなく、うつっても軽度の症状で済むというものなわけで。
パッソゥはもう10歳だから、高齢からの猫風邪は負担がやや大きく、今まで箱入り息子として育ててきた意味も無くなってしまうわけで。
悩んだ結果、更に探しまくり 信頼できそうなブリーダーさんから子猫を購入。

ノルウェージャンフォレストキャットという種類で、メインクーンのパッソゥと同じくらいの大型種。
名前は凄く悩んだけど、結局チーソゥにしたです。パッソゥの弟分ということで。(麻雀牌のソウズの8をパッソゥと言い 7をチーソゥと言う)

うちに来た時は2ヶ月で手のひらサイズだったけど、もうすっかり大きくなってきた。

仲良くしてほしいけど、遊びたい盛りのチーソゥが本気で噛むのでパッソゥは嫌がってる。遊ぶ時は加減するものだという手本を見せるためにも痛さをわからせるためにやり返せばいいのだけど、パッソゥはフ〜ッと怒るだけでチーソゥに痛いことをしない。
箱入り息子は やり返さずただ耐えるだけ。
で、ストレスからパッソゥは円形脱毛症になっちゃったり。

メンタルも弱い箱入り息子…。

[5]続きを読む

03月10日(土)
[1]過去を読む
[2]未来を読む
[3]目次へ

[4]エンピツに戻る