ID:48158
doo-bop days
by ブーツィラ
[163089hit]

■書籍『西平ウメとトンコリ』(CD+DVD付き)、3月発売予定
■ディス・ヒートの2ndアルバム『Deceit(偽り)』の、ロクス・ソルスから発売される直輸入国内盤は、「4月頃の発売」予定とのこと(『Locus Solus』から1/28深夜届いたメールより)。

■フジテレビ系列の番組『NONFIX』の「だから、私は歌い継ぐ−アイヌのウポポと八重山の唄−」が、2/5(日)AM 2:55〜3:55に地上波でも再放送される。
アイヌ文化の伝承者で、ウポポ(アイヌ語で歌)とムックリ(アイヌ民族の口琴)の第一人者である故・安東ウメ子さんの生前最後のライヴ映像(トンコリ奏者のOKIのライヴに特別出演)と、ウメ子さんの控え室での姿も僅かながら放映される。見逃した方、必見の番組。

■樺太出身のアイヌ民族である西平ウメさん(1901-1977)と、樺太アイヌの弦楽器トンコリの企画展『西平ウメとトンコリ』が、昨年10/29〜今年1/23まで北海道白老の『アイヌ民族博物館』で開催された。この企画展の「展示内容を盛り込んだ」CD+DVD付きの書籍『西平ウメとトンコリ』が、3月に発売される(『アイヌ民族博物館』トップページより)。
これは思いがけない朗報。気になるCDとDVDの収録内容の詳細は、現時点では不明だが、西平ウメさんのトンコリ演奏の音源と映像は、この企画展で一般公開されただけに、恐らく収録されると思われる。発売を楽しみにしている。
→[4/6追記] 3月末に発売された解説書『西平ウメとトンコリ』(1CDプレス盤+1DVD-R付き, 9,800円)を4月初旬に入手。DVD-Rの収録内容は、「トンコリの演奏法(55分)」と「トンコリの製作(24分)」で、西平ウメさんの映像は収録されていなかった。西平ウメさんのトンコリ演奏の映像が、企画展『西平ウメとトンコリ』において「一般公開された」と書いたが、もしかしたら間違いかもしれない。
ちなみに、解説書『西平ウメとトンコリ』P.91によると、1964年にNHKが記録映画『北方民族の楽器』の製作に際し、西平ウメさんの演奏を収録したとのことなので、西平ウメさんの映像がNHKに存在する可能性がある。

■故・安東ウメ子さんのDVD(北海道幕別町教育委員会制作)が、予定では今年1月に完成となる(十勝メールドットコム[幕別町めーる]2005年2月26日付より)。
けれども、完成したのかor制作は長引いているのか、一般発売は本当にされるのか等、現時点では確かな最新情報がなく、不明な点ばかり。1月中に幕別町教育委員会に問い合わせるつもりでいたが、今のところはしていない。

■サンプリングCD-ROM『スピリッツ・フロム・アイヌ』収録の安東ウメ子さんのウポポがサンプリングされ、「古の息吹」という曲が作られた。1/7発売の「第29回・世界自然遺産」登録記念DVD『知床 − 音楽紀行』(『DISCOVERY CREATIVE』)の3曲目に収録されているそうで、「古の息吹」は作曲: ティーイベ, 唄: 安東ウメ子, チェロ演奏: 土田英順とのこと。
ネットで視聴した限りでは、「ヘルトゥン ルトゥン(TONOTO AKAR)」と「ペカンベ ウク」というウポポ2曲が、『スピリッツ・フロム・アイヌ』から使われている。
・『スピリッツ・フロム・アイヌ』の録音記事: 十勝メールドットコム[幕別町めーる]2004年1月12日付

■CD付きの書籍『口琴のひびく世界』(直川礼緒 著, 日本口琴協会)が、1/20に発売された。数日前に付属のCD目当てで購入。まだパラパラめくった程度で読んでないが、世界の様々な地域・民族の口琴や演奏風景などの写真が多く、ページを繰るだけでも興味が湧いてくる。最終章には、国立歴史民俗博物館名誉教授の小島美子さんと著者・直川礼緒氏の対談を収録。付属のCDでは、バリ、サハ、キルギス、トゥヴァ、アルタイ、ノルウェー、ドイツ、スイス、ニュージーランドなどの世界各地域・民族の口琴が、約67分・27トラック聴ける。
『口琴のひびく世界』は、CD付き・全192ページで税込み3,150円。ムックリの名手として知られる、アイヌ民族の弟子(てし)シギ子さんのムックリ演奏(「世界の川に捧げる」, 1998年6月19日録音)も収録されている。

[5]続きを読む

01月30日(月)
[1]過去を読む
[2]未来を読む
[3]目次へ

[4]エンピツに戻る