ID:18989
あごあごしい日々
by やくに
[799115hit]

■+End Song+
ミハエルを好きになって14年。
サイトを始めて12年という月日が過ぎました。

で(笑)
私がサイトを始めたときから
ずーーーーーーーっと思っていることは
何だか結局、変わらなかった気がします(;´Д`)

私は性格もひねくれておりますし
「良い人」では決して有りませんし、口も悪いし。
「ファンサイト」を「やる管理人」としては
すこぶる不向きだと言う事です(笑)

それでもサイトを続けてきたのは
世の中に何千何万何十万、下手すりゃ百万単位の
【ミハエル・シューマッハFan】がいまして
その中で1人、明後日の方向を向いて萌えていても
マトモな人達の影に隠れて、見えなかろうとw

そーんな卑屈と申しますか、
自己の存在意義に勝手な理由を付けながら
ヒャッハーと突っ走ってきてしまったわけですが(笑)

シューマッハさんの、第一期。
すなわち2006年の跳ね馬全盛引退の頃には
まともな方々の影から転げだしてしまい
何でか「あんな大仰なこと」に、なってました。

正直、2004年くらいから
「何でこのサイトはこんなことになってるの?!」
てーな思いを抱いたまま、2006年を迎えて
そっから尻すぼんで今に至るみたいな?

それでも、私の想いは
自分「ファンサイト」を「やる管理人」
としては、すこぶる不向きだったなぁ〜と
振り返りつつの終焉となるワケです。

だって、私さ(;´Д`)
最後までミハエルの方は向いてなかったもん。

普通のFanなら、応援して
憧れて崇めて尊敬したりが本分でしょうに…
シューマッハ王国とは、結局最後まで

【F1とミハエル・シューマッハが好きな私が
セキララに萌え転がりながら暴走する有様を
余すところなく書き綴るサイト】だったワケで(;´Д`)

あんま…こう…
本物のミハエルさんは…
おいてけぼりだったような気がします(爆)

その辺の自覚は有りましたのでなー
「私以外の誰かがやるべき」だと思ったし
「私がやってちゃダメだ」とも思いながらも。

それでも、皆さんと
「ミハエルの此処が凄いよね」
「格好いいよね」「空気読まないよね」
「ひでぇwww」「ちょっ」「キター!!!!」等々
リアルタイムでやり取りすることが、楽しくてだな。

辞められず。
捨てられず。
迷いながら此処まで来てしまいました。

でももう、やっぱり終わりにしなくちゃね。

今まで楽しい時を共に過ごして下さいまして
本当にありがとう御座いました。

◆◆◆

ミハエルの、カムバックの3年を
スポーツ的に表現すると、成績は良くなかったし
「上手く行かず」「失敗」と評されることが
これからのデフォルトになるんでしょうかね?
そう思うとちょっと切なく感じたりするのですが。

(って、数日かけて日記を書いてるウチに
バーニーだのフラビオだの失敗談話出るわ出るわw)

アゴヲタで有る自分が、贔屓目引き倒して
「ミハエルのCOMEBACKの3年」を振り返りませば。

えーーーーーーーーーーっとね。
私が1998年に、もうその頃2度のWチャンプで
充分に強く、当世随一と名を馳せてましたが
前年やらかして、全ポイント剥奪とかされてたことは
スポーツニュースを見聞きして知りつつも
ミハエル・シューマッハを好きになった理由ってね。

「この人つえぇな」と共に
「随分頭の良い人だな」というのが有りました。
この辺は、実は初告白では?!?!!と、思います(笑)

「つえぇな」の部分は、
レースの勝負強さも勿論有りますが
「心の強さ」ですな。

「随分と頭の良い人だな」は
レース展開をクレバーに読むこともそうだけど
「余計なことを言わない力」と言いますか…。

これは「心の強さ」も内包するんですが
「何を言われようとぶれない」
「自分の道を進むことを良しとしたら言い訳しない」
じゃ、事例を反省してないのか?と申しませば
謝らないけど、同じ様な事をしないようにはしてた。
でもやるかやらないかを迫られたら、やる方の人だwww

[5]続きを読む

12月06日(木)
[1]過去を読む
[2]未来を読む
[3]目次へ

[4]エンピツに戻る