ID:18989
あごあごしい日々
by やくに
[799139hit]

■+道+
ブラジルGPが終わって、1週間が経ちました。
私は丁度、ブラジルにキミが到着する前の木曜日に(笑)
フィギュアスケートのNHK杯に行く準備をしてて
軽いぎっくり腰になりまして。

動けないから置き物のようにNHK杯を観戦し
置き物のようにブラジルGPも観戦する羽目に(;´Д`)
そして週明けて、仕事で辛くて医者に行き
結構ヒドイぎっくり腰だよと言われて、今に至る(笑)

まあ、注射とコルセットのお陰で
土曜日から痛み引いてるんだけれどもね。
ぎっくり腰って初めてなったので
ビックリしましたよw

でもこれで、地球の裏側から
ミハエルの不幸は依り代になって引き受けたと
意気揚々ともしていたのですけれども(まて)

予選はQ2落ちだし、決勝は5周?で
パンクして最下位まで順位落とすしでのー
俺、腰痛いだけ損じゃないかヽ(`Д´)ノウワアアアアン!!!!!!!!!
と、途中かなりヤサグレましたさ(笑)
役に立たない依り代で、正直スマンかった(;´Д`)

でもまあ、ブラジルGPを見てる最中は
デブリ拾ったパンクとは解らず
「謎のピットでハードタイヤ→ハードタイヤ」
そしてまた少し走って「インターミディエイト」
という、間の悪い展開になったときにはねぇ。
正直「またか!!!!」と思いましたけど。

それだけとっ散らかっても
決して諦めない男、ミハエル・シューマッハ!
最終戦でもマシンは決して速くないんだけど…さ。

アロンソ様が「デプリヒドイよ!! 危ないよ!」と
無線で叫び、FIAが「仕りました」と
セーフティーカーを入れて答えたときに

運の無い余計なピット作業で
前の隊列から遅れていたミハエルも差を詰めて。

結局ナノの呼んだSCという天の啓示が
「フェッテル君の順位を上げる」事にも貢献し
「ミハエルが6位をフェッテル君に譲る」という
位置にまで居ることをアシストしたんだよなぁ…と。

あのSCが無かったら
ハミちゃまとニコヒュルの事故も無かったかもで
「たられば」を言い出したらきりが無いんだけどさ。
ナノが2位取れたのもSCの勝負の「あや」なら
べっつんの6位も「天恵」だったのだよねぇ…と
人の運命の巡り合わせにも、驚愕している
ブラジルGPだったりします(;´Д`)

ミハエルさんも結局
表彰台に乗れなかったとしたら
次に1番美味しいであろう「7繋がり」押さえたしなw

カーナンバー7の「7 Times Champion」が
生涯最後(予定)のF1レースを、7位で終えたんですもの。
そしてまあ、ミハエル自身もその事に気付いてたけど
TVの前でみんな気付いて、そこ突っ込んでたと思うよw

◆◆◆

そして、人の運命の繋がりとは
やはり不思議な物で御座いましてねぇ(;´Д`)

2009年。
F1を「引退していた」ミハエルと
フェッテル君のインタビューを今読み返して。
http://f1-gate.com/vettel/f1_4241.html

輪廻転生という表現は、ヘンなんですけどさ。
『環状の道』というか『運命の輪』というか
メビウスの輪が抜けられなくても良いんですがw
どうしても、そんなモノを感じてしまいます。

ミハエルが「望んだこと」ではなくても
彼がF1で成したことか、ドイツ国内での熱狂になり
あの時代は「ヨーロッパGPがドイツ」だったのも
ミハエルが活躍したから、カートに乗る子供も増えて
若手育成プログラムが整備されたりしてだな。

ミハエルがF1で興した事が
今、ドイツ人ドライバーが多いと云うことに
間接的に繋がっていってるワケですよ。

その中の1人が、セバスチャン・フェッテルで。

まーこれは、チビセブとミハエルとか
色々写真もエピソードも残っておりますので
皆様ご存知だとは思うんですけれどもさw

先のインタビューで、べっつん自身が
「ミハエルが来てくれたことは、子ども達
みんなにとって特別なことだったからね」と
言っておりますしな(;´Д`)ハアハア

そんな出会いの2人が


[5]続きを読む

12月02日(日)
[1]過去を読む
[2]未来を読む
[3]目次へ

[4]エンピツに戻る