ID:18989
あごあごしい日々
by やくに
[801964hit]

■+ファイターと呼ばれたい+
ミハエル「第二のキャリアで負ける意味を知った」
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=44295

AUTO SPORTS Webに載っていた
ミハエルの「ガセッタインタビュー」が、凄い。

会社でEvernoteにクリップして
iPhoneで気がついたら繰り返し読見返すほどに。

見出しは「負ける意味を知った」となってるけど
私的にはミハエルのカムバックした3年間というのは
「そういう感じ」ではなくってなぁ。

でも、何か「じーん」ってしたのは最後の所。

どういう存在として人々の記憶に残りたいかと聞かれ、シューマッハーはこう答えた。「皆が僕をレース界の伝説と呼ぶ。でも僕自身は、決して逃げることがなかったファイターと呼ばれたい」

此処ですな。

2006年。
コースレコードを出して。
スタートダッシュからの独走で。
そして白煙と共に消えた、ミハエルの日本GP。

落胆しきるメカニックを
チームスタッフを、全て悟ったように
穏やかな顔で抱きしめて、背中を叩いてた。

その時、私の知るアゴヲタさんは
「メカニカルトラブルなのに何でっ怒らないんだよっ!!!!」
「なんで不機嫌にならないんだよっ」と絞り出して
ミハエルが引退するんだと、実感したと言ってた。

私も、そう思った。
負けて尚、穏やかに振る舞うミハエルと
歓喜に沸くルノーとアロンソを見つめていた。

それで。
それで私とミハエルの日本GPは
生で見るミハエルは、終焉を告げるはずだったのに。

カムバックからの3年。
あの時のように、先頭を走ることは無かったけれど。
3年×53周 159周、帰って来てくれました。

最後のシーズンはポイントも取れない11位だったけど。
ラスト1周、チェッカーフラッグの瞬間まで
子牛のリカルドとの、抜きつ抜かれつデッドヒートバトル。

決して諦めないこと。
バトルの手綱を緩めないこと。
23番グリッドから、順位を上げ続けて
アレだけ安定しないマシンと、格闘していたこと。

ぜーーーーーーーーんぶひっくるめて
「ミハエルは、F1が好きで」
「闘いがバトルが好きで」
「ドライバーズサーキットで燃える人」

ポイントは取れなくても
凄く良いレースだったよねっ(´;ω;`)

白煙バッドエンドよりは余程な!!!!

なーんてね。
笑顔で見送ったんだよ、鈴鹿で。
“ミハエルらしい”レースだったよねって(笑)



そこでさ、ご本尊に
「僕自身は、決して逃げることが
なかったファイターと呼ばれたい」
言われちゃったら、あーた!!!!!

慎ましく、恭しく。
ははーっ、そう記憶させて頂きますっ!!!!!
と、平に平に平伏しながらも

もうそう云う記憶になっとるわww
と、鼻高くしちゃうんだぜ( ´_ゝ`)

なんかね。
嬉しかったのですよ、ワタクシ。
じんわり涙出てくる程度には、ねっ。


でも、この記事を10回くらい読み返したら
Twitterにも書きましたけれどw

ASのミハエルインタをエバーノートに入れて10回くらい繰り返し読んでるんだけど。「ふたつの異なるキャリアを過ごした。そのひとつにおいてはすべてを勝ち取った」「皆が僕をレース界の伝説と呼ぶ」と何の疑問も持たずに言えるミハエルがすげぇよw という感慨に変わってきているw

に、なっちゃいました。
ナチュラル(ファッション)モンスターだぜ、全くw
10月19日(金)
[1]過去を読む
[2]未来を読む
[3]目次へ

[4]エンピツに戻る