2004年09月19日(日)  酒を飲み ボルトを3本 抜きましょう


こっちの日記は留守がちでスマンです。→ダイエット日記←は毎日更新しています。

---

先週、今週と久しぶりに友達たちとお酒を飲む機会があったんだが、これがかなりのリフレッシュ効果を発揮しているのだ。

日本でもずっと働き詰めだったし、こっちに来ても執筆の仕事で家にこもりっきりなので、仕事以外で人とコミュニケーションをとるチャンスがなく、ストレスがたまっていたというか、なんだか鬱々としてしまって、神経過敏になっていた。この先ずっと楽しいことが何もないような、これから起こることと言ったら、辛くて、面倒なことばかり…、そんな希望のない気分。

だけど、お酒を飲みながら友達とくだらないどーでもいい話をしていると、その張り詰めた神経がダラリと緩んできて、まぁいいかと思えるようになる。ギリギリとしまりすぎていた脳のボルトが3本くらい抜け落ちて、それでやっと丁度いい精神状態になったりするのだ。

藤田香織さんの→だらしな村←の日記に、「しょーもない話をできる相手が周りにいないとストレスがたまっていく」と書いてあるのを読んで、ああこれだ、と思った。在宅で好きな仕事をしてるんだから贅沢なこと言うなよ、とお叱りを受けそうだけど、かるく1週間くらい、ダンナと飼い猫以外の誰とも口をきかないで、黙々とパソコンに向かって仕事するというのもかなりストレスがたまる環境だと思う。

いつまでも大人に成りきれない私は、どんなに辛くても毎朝同じ時間に会社に行って、上司や先輩に気を遣って、明らかにおかしい言い分を呑み、やりたい仕事をやりたいようにできず、気が合わない同期とも上手くやっていって……という七面倒くさいことを一切合切放棄して、やることさえやれば誰にも文句を言われないようなシンプルな仕事を自分で選んだのに、仕事の帰りに毎晩飲み屋で同僚と会社の文句を言っていたときの方が精神的にはスッキリしていたのかもしれないと思ったりする。(戻るのは絶対イヤだけど)

塾に出ているときはまだマシなのだ。複数の生身の人間とコミュニケーションが取れているから。これからはもっと外に出て、くだらない世間話をたくさんしていこうと、あえて心に誓う。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・アボカド、今では日本も安くて美味しいのが手に入りませんか?
 うちの方(シドニー郊外)では1つ200円くらいするので、
 結構高いのですよ〜〜。
 日本だと100円くらいであったりしますよね。

・リンクページの方にもリンク貼りますね。
 しばしお待ちを!

・匿名メールフォームのところだけ、
 小さい小さいウインドウで開ければ、
 ぜんぜんバレませんよねーー。

・HP閉鎖したんですか? リンク切れになっていたので。
 私は肉がそれほど好きというわけではないのですよ。
 子供の頃は、肉は全部選り分けて残していました。
 今は嫌いじゃないんですけど、
 肉が食べたい! とそんなに思ったりしないんですよね。
 揚げ物の方は、嫌いじゃないんですけど、
 胃がもたれやすいので、これまた特に食べたい!と思わないんです。
 相方は肉も揚げ物も好きなので、時々作ると喜びます。
 日ごろは我慢しているのかもしれないですよね〜。かわいそうに。(笑)
 聖書の話ですが、冒険物のような感覚で読んでいます。
 あそこに行ってこんな奇跡を起こした、ここでこんな人に出会った…、
 という感じで。結構飽きないです。
 Hな話ときどきありますよー。

2004年09月13日(月)  お勉強 こんなときしか しないわな


マンションの真上の階がリフォーム中でうるさい。そして、風邪気味だ。仕事にどうしても集中できないので、洗面所の掃除をして、インターネットの「お気に入り」を整理して、日記を更新してみたりする。お腹も空いてきたなぁ。………今、豆乳スムージーを作ってきた。イチゴ入り。うまー。

---

毎晩、相方と2人で熱中しているのは、新婚旅行の計画。16日間で、イタリア(ローマ、フィレンツェ、ヴェネチア、ミラノ)、フランス(ニース)、スペイン(バルセロナ)と鉄道で周ることにした。完全な個人旅行にしたので、ホテルやら鉄道やら美術館やらの予約に忙しい。

今回のテーマはなんと言っても、「食」。イタリアはスローフード発祥の地で、そして、ニース、バルセロナは地中海の街なのだ。食って食って食い倒そうと、本やネットで郷土料理を検索しまくる。私の食指が動くのは、かしこまった高級料理じゃなくて、大衆的な店でドーンと出てくるような料理とか、街角で買って歩きながら食べられるような物。じゅるる。

そして、イタリアと言えば、建築、絵画、彫刻、歴史、宗教。知識があればより楽しめるのは当然のこと。大学時代の「西洋史」「西洋文化史」「美術史」のノートをひっぱりだしてきて、読み返したりしている。当時私は、取ってもいない授業に先生の許可を得ていくつもモグリ込んでは、ノートを取り、さらに図書館で調べたものを書き足し、地図や図をコピーして貼り、自分なりの綿密なる参考書のようなものを何冊も作って喜ぶオタクだったのだ(今では想像もつかない勤勉ぷり)。

そして、聖書を読んでから行けば、絵画や彫刻がもっと面白くなるだろうと思い、早速、聖書をひっぱり出してきた。私は、中・高・大・大学院(日本の)と12年間もキリスト教の学校に通っていたので、聖書はだいぶ読んだ(読まされた)。なのに、全く覚えがない箇所があったりして、しかもそこが一番面白かったりして、結構楽しんじゃったりしている。聖書が普通の読み物として面白いというのはこういうことだったのか、と初めて実感。きっと学校では、真面目くさったところだけ読まされていたんだろうなぁ。

相方が自分も読みたいから早く読めとせかすので、がっつり読まないと。だけど、その前に仕事を片付けなければ。それに、もうすぐ卒業式のために母親が来豪するし。あひー。おとなしく仕事しまっす。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・やっぱり名前書いてもらった方がうれしいです。(笑)
 PCが遅くて、日本ではダイエット日記を主に更新していました。
 ウォーキング、きっかけがないとなかなか難しいですよねぇ。
 私もこっちに戻ってきて、歩いたり、歩かなかったりで、
 ぜんぜんペースつかめてないのです。

・それじゃあリンク貼りますね。
 リンクページの方にも貼っちゃっていいですか?
 私はてっきり、こっそり日記書いてるのかと思っていたので、
 リンクしちゃあマズイかなぁと思っていました!

2004年09月09日(木)  PCは 速いの慣れたら 戻れねー


日本に帰るときに持っていくパソコンは、初めてオーストラリアに来たときに持ってきたB5版の小型ノートパソコンで、このCPUがロシア製の名前も聞いたことのないような代物なのである。そして、今こっちで使っているパソコンはペンティアム犬裡灰ガのデスクトップ。

一旦こっちのものすごく速いパソコンに慣れてしまったので、日本に帰るときがシンドイ。遅い遅い。うぐぐぐぐぅぅぅぅ〜、とリンクをクリックするたびにうなり声を上げて頭をかきむしってしまうほど、遅い(ような気がする)。何かソフトを立ち上げようとしようものなら、夜が明けてしまう(ような気がする)。

ということで、インターネットを自粛していたので、今ペンティアム犬裡灰ガで嬉々としてインターネットしている。無意味にゲームしたりもしている。あー、やっぱ私は速いパソコンがないと生きていけないわな。

---

色々と将来について真剣に家族会議中(と言っても相方と2人でだけど)。この国でどう生きていくのか。3年後、5年後、10年後の自分たちの生活がどうなってて欲しいのか、お互いの意見を出し合い、そしてリアルにイメージしてみる。絵空事は一切抜き。

永住権があれば自分らしくイキイキと生きていけるとは限らない。外国で何十年間も充実した毎日を送る。簡単なようでかなり難しいと思う。オーストラリア国内でシドニー以外の地に引っ越すことも視野に入れつつ、現実的な将来設計をし、地道に前進していかねば、と。

少なくとも相方が、地に足つけて話し合いのできる男で本当によかったと思う。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>私信

 ANKHさん、やっと「土日朝ne坊同盟」リンク貼りました。
 右下のカウンターの下にあります。
 それでですね、名前の横に日記のリンク貼りますか?
 貼ろうかなぁと思ったんですが、了承を得た方がいいと思って。
 お返事くださいませませ。

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・私は最初に6キロ歩いたとき、
 家に帰りついた玄関でバタリと貧血で倒れたんですよー。
 今では6キロ歩かないと効かない体になってしまいました。(笑)
 人間の身体はどこまでも強くなれますよね。
 夜のウォーキングで何度か痴漢に合ったので、
 夜は母親と2人で歩くことにしてました。
 今日、朝に初めてウォーキング行ってみたら、
 こんな清清しいことってなかなかないなと思いました。
 お互い続けましょうね!

・どこのモスでもやってるわけじゃないみたいですね。
 グリーンモスと呼ばれる、Mマークの看板が緑のところでやっている
 というのを聞いたことがありますよ。
 時間が結構問題ですよねぇー。
 たぶん、お昼時が終わって、キッチンが空いてから、
 ってことなんでしょうね。
 でも美味しかったので、一度は食べる価値あると思います。ぜひっ。

・気分を変えてみようと、背景を変えてみました。
 たまには黒もいいかなぁと。
 豆乳スムージーホント美味しいですよ。
 もしちょっと甘い方がよければ、
 ハチミツを入れるとより美味しかったですよ。
 ウォーキング頑張りましょうね!

・今日始めてこっちでウォーキングをしてみて、
 日本と比べたら格段に恵まれているなぁと実感しました。
 しかし、シドニー近郊は坂が多いんですよね。
 上ったり下ったり、結構足にきます。
 まぁ、これも運動だと思って頑張ります。

2004年09月07日(火)  パスパスは 冬毛の下に 皮下脂肪


帰ったら愛猫パスカリーナがモコモコに一回り大きくなっていた。冬毛のパスと実家の夏毛のチョビを比べるから大きく見えるんだと思っていたが、まじまじと見てみるとかなり太ったようなのだ。じっくり触ってみる。そこにあるはずの肋骨の下のクビレが見当たらないっっ。

相方が仕事で留守の昼間はいつも一人だったので、きっと寝てばかりいたんだろう。ということで、運動させようとおもちゃを持って走る。しかーし、走っているのは私と相方ばかりで、当の本人はすぐにドデンと横になってしまう。身体が重いに違いない。

暇さえあれば遊んであげなきゃ。そして、キャットフードを手作りに切り替えることも考え中。人間の食べ物と違って、ペットフードには規制がないので、ロクでもない材料からできているという話を聞けば聞くほど恐ろしくなってきたのだよ。本当にヒドイのだよぉぉぉぉ。キャットフードの手作りレシピの本を買ったので、猫に必要な栄養素などきちんと勉強しまっす。


そういえば、2ヶ月間の留守中にすっかりパスパスは相方っ子になっていたのだが、わずか12時間でその座を奪いやした。パスはいつでも私と一緒。やっぱり猫に必要なのは、ママなのであーる。

---

今回の日本滞在で、1週間に1度は休日を取らなーいかんと実感した。仕事の忙しさにかまけて後回し後回しにしていく日常の雑用が、日々雪だるまのように増えていくので、それに比例してストレスもたまっていった気がする。そして不眠につながったのではないかと(やっとまともに眠れるようになりました)。6日働いて、1日休みストレスを取り去る。これ最強。

そして、いい加減この超夜型不安定生活を少しはまともな方向に近づけていこうかと。連日夜通しで仕事をしたり、1日中寝てみたり、ご飯をちゃんと食べなかったり、ドカ食いしたり、ダイエットしたり、激太りしたり、こんな不安定な生活をしていたら、いつか病気になっちまうような気がする。安定した生活こそが大人への第一歩ではないかと(三十路目前の女の言うことではない)。

いくらフリーのライターと言えども、お日様を見ないような生活はどうかと思う今日この頃。ということで、朝はどんなに遅くても10時には起きて、11時から仕事を開始し、途中お昼休憩を挟んで夕方まで仕事、てな感じで世の社会人と同様規則正しく生活をしてみようかと思う。これなら徹夜せずともきちんきちんと仕事を締め切りに間に合わせていけそうだ。

さらーに、1日3キロは歩きたいと思っているのだ。さもなくば、1日100歩も歩いてないような不健康な生活なので。夜は物騒だから朝。うーむ。この理想生活が自分のものになる日はくるのだろうか。


つづく。


↑投票ボタン(文字が変わります)


---

>>「匿名メールフォーム」へのレス

・そっかー。
 私もそうやって押し通せばよかったんですね。
 いつも文句を言われるのは成田で、
 オーストラリアで文句言われたことないですもの。
 今回は37キロでちょっと重すぎたので
 きっとカウンターの人も「いい加減にしろよ!」と思ったのでしょうから
 次からは30キロを目安に頑張ります。

・健康体を作るのって大変ですよね。
 私も食事とか運動にもう長い間気を使っていますけど、
 未だにしょっちゅう体調不良になってしまいます。
 大事なのは継続なんでしょうねー。
 私もウォーキングを再開したいので、
 一緒に頑張りましょうぞ。

2004年09月06日(月)  落雷で 飛行機壊れ 待たされる


いやはや。ご無沙汰。ご無沙汰。昨日の朝、シドニーに戻ってきました。

一昨日の夜に出発したのだが、成田はひっきりなしに稲光が光り、バケツをひっくり返したような雨が降っていて、よりによってその雷の1つが私の乗る予定の飛行機に落ちてしまい、機内のエンターテイメントシステム(映画を観たりゲームができる機械)が逝ってしまったらしく、それが直るまで空港で1時間待たされた(1時間でよかったけど)。

機内でもまた眠れない夜を過ごして、シドニーに無事到着して相方とハグハグして家にたどり着くと、豪雨と雷。こいつらは私を追ってきたのか、と(夜のニュースによると、シティではひょうが降ったらしい)。睡魔が襲ってきたので、とりあえず雨音を聞きながらパスカリーナと数時間爆睡。久しぶりにぐいっと眠りに落ちていく感覚を味わえた。

その後、ショッピングセンターに買出しに行って、簡単な夕飯を作って食べ、テレビを観ながらソファでうたた寝して、夜中ベッドに移動して、昼前に起き出して、シャワーを浴びて、今洗濯&掃除などをしている。帰国して丸1日経つけど、なんか寝てばかりいたような。


関係ないが、今回は飛行機に預ける荷物でひと悶着あった。私のスーツケースはいつもだいたい32キロくらいある。そして、手荷物は13キロくらい。だけど、実際の制限重量は預ける荷物が20キロ、手荷物は10キロまで。だけど、32キロでも1度も注意されたことがなかったし、手荷物の重さなんて調べられたことすらなかった。

今回の私のスーツケースは記録更新の37キロ、手荷物は10キロだった。文句言われることを想定して、すぐに5キロ分位は出せるようにスーツケースの入り口付近に本などを用意しておいた。だけど、今回は様子が違っていたのだ。なんと25キロにしろと言う。さもなくば、12キロ分の超過料金6万円払え、と。6万円て。1キロ5千円らしい。そんなの払うわけないじゃん。もっと現実的な金額を提示すればいいのに。

「手荷物で少し持って、残りはそこの郵便局から送ります」

と私が言うと、手荷物をはかりに乗せろと言う。10キロ。それを見て、鬼の首を取ったのように薄ら笑いを浮かべ、「ですよね?」と言う地上勤務の女。なんか無性に腹が立ってきた。

「じゃあ、全部郵便局から送ります」

と言うと、なんと、少しまけるから、と言い出す。まけるって何? 送るからいいって言ってるのに。こいつの真意はなんなんだ。結局、まけるという女を振り切って、隅の方で荷物を整理し始めた。すると、その女は腹の虫がおさまらないらしく、カウンターの中から出てきて、「ちゃんと25キロ以下にしてくださいよ!」とわざわざ追い討ちをかけに来た。ホント、なんなんだ。JA●もここまで落ちたか。

もう絶対負けられないという気になっていたので、とりあえず、スーツケースの中の重そうなものを選んで用意してきたカバンにどんどん詰めて、スーツケースを25キロにし、12キロのカバンはその場において、別の女のカウンターでチェックイン。この人は、さっき白人男の32キロのスーツケースにOKを出していたのを私は見ていた。そして、12キロのカバンを郵便局から送るわけもなく、悠然と合計22キロの手荷物を持って飛行機に乗りやした。

てかね、なんで人によって制限重量が違うわけよ? しかもね、飛行機が込んでるんならわけるけど、ぜんぜん空いてたし、第一、ゆうに私の倍はありそうな巨漢の白人と私の荷物の重さが同じなんておかしい。同じ料金払ってるんだから、体重も込みで荷物の重さを決めるべき。

最近、荷物の制限重量が厳しくなってきたのは本当なので、皆様もお気をつけください。


つづく。

---

>>「匿名メールフォーム」へのレス(遅くなってごめんなさいの巻! てか、もう何書いたか覚えてない人の方が多いと思いますが。レスです。これ読んで思い出してもらえるとありがたいっす)

・結婚相手と一緒にいて一番大事なのは、
 私にとっては、やっぱり安心感だと思いますー。
 精神が安定していれば、なにかあっても、
 とりあえず前に進もうとしますもんね。

・6キロウォーキングで、だいたい1時間10分くらいです。
 1時間を目指して、1時間10分って感じです。
 こっちに帰ってきても、1日3キロくらい歩きたいですね。
 そのためには、夜は危ないので、もう少し早く起きないと。
 お互い頑張りましょー!

・私が読んでいたのは、桐野夏生(きりのなつお)の『OUT』です。
 これは、薄気味悪いというよりも、残酷な恐怖で、
 人間の暗い部分が表に出ていて、気分悪くなる種類のミステリーです(笑)。
 桐野夏生のミステリーはオススメです。
 特に、『グロテスク』が壮絶でした。
 『黒い家』検索してみます!

・あれれ。その後身体の調子はいかがですか?
 整体で調子戻るといいですね。
 若いときの無理が歳を取ったときに出てきたりするので、
 日々身体を大事にしてあげてください。(私も頑張ります)

・朝寝坊同盟・・・。そういえば、リンク貼ってないですよね。
 ずっと気づきませんでした。
 さっそくリンク貼ります。

・豆乳ドリンク、お腹がいっぱいになるのがいいですよね。
 しかも結構美味しいし。
 美肌によい卵子というのは知りませんでした。
 これからも毎日欠かさず飲みます!

・お久しぶりです。
 私も日本にいる間は毎日欠かさず本屋に通いました。
 いいですよね、本屋。
 今回も13キロの本を船便で送ってます。
 届くのが楽しみ。
 白い巨塔、お友達買いましたか?

・スマステ見てないです。
 本はベッドで読まない方がいいんですね。
 初めて知りました。
 つまり、机とかで本を読んで、眠くなったら、
 すぐにベッドで寝るということですね。
 やってみます!

・コーヒーゼリーフラペチーノは、
 どこにでもあるってわけじゃないみたいです。
 私もいつも行く店じゃないところでたまたま見つけたんですよ。

・5センチと言っても2ヶ月半くらいありますからね。
 終わらせるも終わらせないもあなた次第。
 と軽く脅しておきました(笑)。

日記のもくじ昨日の日記明日の日記
たまり |mailHP