雪さんすきすき日記
リサイクル戦術シミュレーション『リサイクルプリンセス』 倒れてもその場で復活するリサイクルSLG。全力で応援中!
DiaryINDEXpastwill
「ときのあくま」攻略はこちら  「東方戰騎譚」エキスパート攻略はこちら  考察のようなものはこちら
自己紹介はこちら  リプレイはこちら  動画はこちら(完成版体験版)  Twitterはこちら


2008年07月31日(木) 「そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ3」のこと

 先週末に虎の通販に発注していた「そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ3」(自転車創業)が今日届いたので早速プレイ。
 予想どおりだが、前作のことはすっかり忘れていた。まあ、プレイしているうちにいろいろ思い出してきたが。
 それにしても、観覧車の場面はどうしてああも重いのだ?これは今使っているRADEON X1950より高性能のVGAを購入しろということなのか?

 今日は爆弾2つ処理して修了。えっ、これってどういうこと?前作と…?


2008年07月30日(水) 「トラブル☆ウィッチーズ」のこと

 何だか風邪気味。

 「超電気ロボバルカイザー」のHARDクリアに挫折して、「トラブル☆ウィッチーズ」(スタジオシエスタ)に逃避。
 キャラはプリル、難易度はドキドキ気分でとりあえずストーリーモードのクリアを目指したのだが、中々手強い。グラフィックが全体的にカラフルで見た目が楽しい反面、敵や敵弾が背景に溶け込んで気付かずにミスし易いというのはこの作品の発表当時から言われていたことだが、私もそれで散々苦労させられている(特に3面の氷)。とはいえ、適切なカードを適所で使っていけば難易度は格段に下がるし、カードを使えばスコア的にも有利になるので、そういう攻略をするゲームだと理解した。お金は今のところ1面ボスで稼げばそこそこ余裕はあるし。
 今日は4面終盤まで。ここは強力なカードで押し切らないと辛そうだ。

 ちゃんとお勉強もしています。


2008年07月29日(火) お勉強のこと

 会社に献血車が来ていたので、久しぶりに献血。H19年12月31日という前回のコミケ会場での献血日はできれば残しておきたいものであるが、どこで献血したのか追求されたときに困るかも(笑)。

 最近、ゲームにかまけてお勉強が疎かになっていたので、今日はちゃんとお勉強。公害概論は3年前に水質を受けたときと傾向が全く違っており、京都議定書とか温暖化ガスとかISO14001とか、まるで環境概論である。まあ、一般常識の範囲で何とかなる部分が増えたともいえるのだが。

 先日の「月の宴」では素敵な永琳分を沢山補充できたのだが、中でも「師弟条件」(並々食堂)が群を抜いて良かった。
 この作品は、師匠である永琳との埋まらない差に不安を感じる鈴仙と、そんな鈴仙を支え導く永琳の姿を描いた物語。作中で永琳は普段の穏やかな微笑みを始め、不安を抱く鈴仙に対する憂いを帯びた表情、鈴仙が巻き込まれた騒動を収拾する際の頼もしい姿、そして鈴仙を優しく諭す笑顔と実に様々な表情を見せているが、そのどれもが弟子である鈴仙への愛情に満ちており、とても魅力的に描かれている。また、この作品でも寿命の差が主題として取り上げられている。無限の生を持つ永琳には追いつけないと主張する鈴仙に、有限の生だからこそ持ちうる可能性があると諭す永琳。この言葉を発したときの永琳の心情はどれほどのものだったであろうか。その後哀しげな笑顔で月に独白する場面と合わせると、何とも切ないものがある。
 そんな感じで、優れた才能と優しさを兼ね備えた作中の永琳は正に私が彼女に抱く印象そのままであり、その魅力を存分に堪能することができたのであった。


2008年07月28日(月) 「ジャバウォックの花嫁」のこと

 というわけで、再挑戦。しかし、ラスボスのボーナスを取得しても実績に反映されず。もしかして、ノービスでは駄目なのか?それとも、最初からここだけ実績無し?

 その後、何となく「超電気ロボバルカイザー」(ASTRO PORT)のNORMALをプレイしたところ、あっさりクリアしてしまい拍子抜け。もっと難しいと思ったんだけどなぁ。
 カスリとかコンボとか余分な要素を削ぎ落とし、大量に押し寄せてくる敵を次々と薙ぎ倒していくという単純な爽快感を前面に押し出したSTGは最近なかなか見受けられないので、とても新鮮であった。ニードルカイザー最高。

 「THUNDER FORCE 此廚瞭芦茲公開されて各所で話題になっているが、私が気になったのが電撃オンラインのこの記事

何故TAMAYO氏の代表作が「アレスの翼」じゃないんだ!
 いや、まあ、ごく一般的に考えると「レイフォース」ですが。


2008年07月27日(日) 続・休日のこと

 デスクトップを整理していたところ、「MagicalHarvest」が未着手だったことに気付き、プレイすることに。マップを見ながら3時間少々でクリア。いや、この解像度でちゃんとゲームになっているところが凄い。しかも、ちゃんと面白い。続けて「ジャバウォックの花嫁」をプレイしたくなってしまった。

 で、「ジャバウォックの花嫁」をプレイ。ノーダメージボーナス狙いでちまちまと進めていたのだが、何故か通常面で2面ほどボーナスが取れていなかった。あと、ボスはノービスでフェーズが低くてもボーナスを取るのが大変なので保留。

 「トラブル☆ウィッチーズ」(スタジオシエスタ)の新しいパッチが先日公開されていた。サイトを見た限りではかなり調整が加えられており、以前のバージョンとのリプレイの互換性が無いのでかなり大規模なアップデートと判断し、遂にインストール。しかし、アップデートした端から2回も新しいパッチが公開…。それほど大掛かりな修正ではないと思うが、まだ様子を見た方が良いのか?

 というわけで、「トラブル☆ウィッチーズ」は様子見にして、「ジャバウォックの花嫁」を終わらせにかかる。フェーズを落としまくって一応全ボスボーナス取得したのだが、ラスボスだけ実績に残っていない。どうやらクリア後のデータでは無効ということらしい。仕方ないので、通常面2面と合わせてまた今度。
 しかし、最初にクリアしたときはラスボスの攻撃が全く把握できなくてボム連打で倒していたが、こうしてじっくり向き合うと何とも多彩な攻撃であることに気付く。およそ4年ぶりの新発見(笑)。


2008年07月26日(土) 休日のこと

 何だか側頭部と眼窩の奥が痛い。

 「東方妖々夢」時符HARDで27億が達成されたとのことで、早速リプレイを拝見。え、「妖々夢」ってこんなゲームだったっけ…と本気で思った。そして、「天空の花の都」と「幽雅に咲かせ、墨染の桜」、そして幽々子の一連の演出は今でも全く色褪せていなかった。

 「ARMED SEVEN」NORMALからINSANEまでクリアしたのでリプレイをアップ。NORMALはちょっと頑張ったけど、HARD以降は本当にクリアしただけ。
 HARDはライアットガンでプレイ。攻撃範囲が広がるので倍率は掛からなくても楽に進めるかと思ったのが、攻撃力の低さでそうはいかなかった。何となくクリアはできたけど、やはりアサルトライフル−対地グレネード−パイルバンカーの組み合わせが最強か。
 INSANEのラスボス戦は体力に物言わせてのグダグダな内容。ただ、後半ボスの攻撃の大半を無力化しているので、それだけは参考になるかと(全ての難易度で通用するはず)。あと、時間切れだとボス本体が地上に達してしまいゲームオーバーだった。
 そういえば、「超電気ロボバルカイザー」は適当にクリアした程度でちゃんとプレイしていなかった。何分、どの場面でどのバルファイターを使うのが最適かを考えるのが面倒だったもので。でも、まあ「ARMED SEVEN」が一段落したので再挑戦してみようかと。


2008年07月25日(金) 講習のこと

 というわけで、講習修了。修了試験は多分大丈夫だと思う。

 その後、秋葉に寄ってうっかりWindowsXP HomeEditionを購入。夏コミも近いのに何を散財しているのやら。

 そして、ようはくさんお気に入りの高田馬場のつけ蕎麦屋「安土」へ。
 ここは、日本蕎麦につけ麺の汁をつけて食べるというとても珍しいお店。しかし、単に珍しいだけでなく、蕎麦もつけ汁もしっかりしており、味の方も文句無し。ただ、何分独特な組み合わせなので、最初の頃は店の中にある注意書きに素直に従って食べた方が良いかと。
 つけ汁は一般的な魚介スープとこってりした醤油風味の2種類がある。昨日今日と食べ比べてみた感じ、魚介スープの方が面白みはあるが、醤油風味の方が蕎麦との相性は良いと思った。また、それ以外にもいろいろな風味のつけ汁があるようなので、機会があったら試してみたいと思う。

 東方二次創作サークルでは最もお気に入りのうちの一つであるジギザギが夏コミで総集編を出すとのことなので、皆期待して待つべし。


2008年07月24日(木) 「ARMED SEVEN」のこと

 講習2日目。法律漬け。
 明日は修了試験があるので、ちょっとお勉強。

 気分転換に「ARMED SEVEN」EASYをプレイしたら、ラスボスまで被弾無し(すなわち走行点全繋ぎ)でクリアできたので、リプレイをリプレイのページにアップ。被弾無しに重点を置いたプレイなので、4面以降のボスはかなり安全重視。4面ボスや5面ボスは攻めればもっと稼げるはず。
 NORMALくらいまでは頑張りたい。それ以上の難易度はクリアできれば満足。
 自分のリプレイを眺めていて気付いたのだが、このゲームはボス本体の点数は0点だった。すなわち、残りタイムと残りシールドでボス自体の得点が決まるわけである。大胆な点数配分でちょっと驚いた。


2008年07月23日(水) 講習のこと

 今日から3日間、作業環境測定士関連の講習で上京する羽目に。
 今受講しているのは、環境計量士のための試験免除講習。この講習を受講すると、作業環境測定士試験を受けなくても作業環境測定士の登録講習を受けることができるようになる。
 というわけで、この講習が終わっても、この後にまだ第二種作業環境測定士登録講習、第一種作業環境測定士登録講習と少なくとも2回も講習があるのであった(第一種は5種類あるので、その都度講習を受ける必要がある)。講習は毎回数万円の受講料がかかり、その上登録時には登録料も必要なため、個人では取るのは厳しく大抵は会社の費用で取らせてもらうことになる。まあ、測定の設備や分析の内容からして到底個人でできる業務ではないが。
 なるべく早く登録して、職場での存在感を上げていかないと。中途採用は辛いねぇ。

 夏コミの東方新刊予約開始。とりあえず11冊ほど。


2008年07月21日(月) 「ARMED SEVEN」のこと

 「月の宴」の新刊が良作揃いで嬉しすぎる。永琳分と妹×慧分を大幅に補給。

 今日は「ARMED SEVEN」(ASTRO PORT)をプレイ。
 このゲームはMCR(Manned Combat Robot)と呼ばれるロボットが主役の横スクロールSTG。自機はロボットだが、展開は一般的な横STG。
 自機の武器はメインウェポン、サブウェポン、チャージウェポンの3種類で、メインウェポンとサブウェポンが通常武器、チャージウェポンが一定時間経過すると使用できる強力な武器である。これらを使いこなして、全7面をクリアしていく。武器はそれぞれ4種類あり、全ての組み合わせは64種類にも及ぶ。どれも一癖あるが、とりあえずEASYで一通り使ってみれば使い勝手を把握できるかと。あと、デモプレイが実は非常に参考になるので、一通り見ておく方が吉。
 見た目はメガドラ時代の古き良きSTGを彷彿させるものがあるが、ゲームシステムやバランスが良く練られており、幅広い難易度でプレイヤー層も厚く、前作「バルカイザー」同様良作の横STGである。また、被弾しなければ走行点が入り続けたり、速攻撃破での倍率加算など、スコアアタックも熱い作品となっている。個人的に、このようなノーミス速攻撃破が高得点に結びつくというシステムは、プレイ中に中だるみすることが無く非常に好感が持てる。
 今日はEASYとNORMALをクリア。武装はバルカン、ナパーム、パイルバンカーの近接特化型。攻撃力に物を言わせてEASYで被弾0でのクリアに挑戦したが、無理であった。上手い人ならNORMAL程度でも被弾0クリアは楽勝であろう。
 あと、公式サイトにバックストーリーが公開されている。実は、設定上は「バルカイザー」と密接な繋がりがあったりするのが面白い。

 その後、同人誌の山を一つ崩す。総集編のお陰で本棚に大分空きが出来たのが助かった。片付けついでに東方オンリーのイベントカタログもまとめてみたのだが、私が持っているだけでも18イベントあって吃驚。第1回例大祭のパンフなど見返して感慨に耽ってみたり。
 う〜む、これらの同人誌やイベントカタログなど、以前の基板同様私のところで塩漬けにしてしまうのは忍びないものがある。どうにか有効に活用できないものか(換金という意味ではなく)。さらに言えば、同人ソフトや同人音楽CDなども量だけは結構なものなので、こちらもどうにかしたいところ。

 自分の文章力の無さにがっかりしながら寝る。


2008年07月20日(日) 「月の宴」のこと

 今日は「東方永夜抄」オンリーイベント「月の宴」に一般参加。
 会場に入っての第一印象が「人少なっ」。何と、通路の人の流れが淀みないのである(笑)。いや、実際には普通に盛況なイベント程度だったのだが、ここ暫く東方オンリーは人口密度が過密だったのでそう感じてしまった。恐ろしいことである。
 というわけで、当初は20箇所くらいしかチェックしていなかったのだが、折角なので全部のサークルを回って新規開拓も行ってきた。おかげで出費が予想以上になってしまったが、これは嬉しい誤算といえるであろう。
 あとは、いつものとおりようはくさんとお会いしていろいろとお話を。ようはくさんのルーミア好きは筋金入りだということを再認識。私も負けてはいられない(笑)。
 一通り回って、昼過ぎに退場。ここ最近では最も快適で楽しいイベントであった。それこそ、参加して良かったと心から思えるほど。

 しかし、流石に炎天下に並んで体力を消耗したので、ゲームの方は「ルセッティア」を少しだけ。進捗は無し。「ARMED SEVEN」は明日以降にでも。

 「コープスパーティー」(チームグリグリ)がコミック化ということを昨日のメッセサンオー同人ソフト館で知った。読んでみたいけど、怖い話は怖いので(当たり前だ)。そして、ゲームの方は音声絶叫パックなるパッチが公開。公開されたというだけでプレイするのが更に怖くなってしまった(笑)。


2008年07月19日(土) 休日のこと

 夕方まで寝て体力回復。この季節は辛いねぇ。

 その後、明日の「月の宴」に備えて上京。メロンに寄って「ARMED SEVEN」(ASTRO PORT)を購入したついでに、コミケカタログも購入。メロンのポイント引き換え券を漸く活用することができた。

 そういえば、今週の稼符の定期大会で「東方風神録」魔理沙CのNORMAL部門1位だった。素直に嬉しいが、EASYよりもスコアが低いというのが…。


2008年07月18日(金) ノートのこと

 何だかCentrino2に対応したノートパソコンは軒並み強力なVGAチップを積んでいて、これでアスペクト比が4:3にできるならワイド液晶でも購入を検討したくなってしまう。今のゲーム用ノートはThinkPadT42なのだが、VGAチップがMOBILITY RADEON 9600と今となってはやや非力なのと、液晶の残像がやや激しいので。


2008年07月17日(木) 「RefleX」のこと

 お勉強。環境計量士(騒音・振動)と範囲が重なっているところがあったが、当然のごとくすっかり忘れているのであった。

 週末が近いので疲労が溜まっており、「東方風神録」は散々。「ルセッティア」はレアアイテムである冒険の書を入手。これで本は揃った。

 「RefleX」(SITER SKAIN)体験版が公開されていたので早速プレイ。
 以前の体験版のときもそうだったが、敵弾反射というシステムの活用方法が今一つ理解できていないので、楽しみも今一つ理解できていない。例えば、雑魚が青弾をばら撒いてきたら、狙って跳ね返して画面内の雑魚を全て倒すということをシステム的には要求している筈なのだが、そんな器用な真似は到底できそうもない。3面のレーザー反射のような分かり易い場面ならまだ何とかなるのだが。
 あと、敵が赤弾や紫弾のような撃ち返せない弾をシールドを使わなくても避けられる程度にしか撃ってこない場面が続くと、ショットだけで進んで良いのか、何かシールドを活用する方法があるのではないかと不安になってしまう。
 というわけで、どうにも面構成からシステムの活用方法が把握できないのである。う〜む、私はこの辺りのセンスが皆無なので、上手い人のプレイを見て理解するしかなさそうだ。リプレイ機能無いけど。


2008年07月16日(水) 「ルセッティア」のこと

 今まで水晶21〜30Fと水晶ボスを1:1の割合でプレイしていたのだが、EGSスレで尋ねてみたところ、どうやら水晶ボスの方がレアアイテムは出易いようである。
 そこで水晶ボスを集中してプレイした結果、昨日今日で未入手のレアアイテムが3つも入手できた。自由奔放も合成できて、アイテム達成率も97%まで上昇。今後も暫くは水晶ボスのみをプレイすることになりそうである。
 それにしても、海と魚のじゅうたんが来ないなぁ。

 「東方風神録」魔理沙BでNORMALをプレイ。残0でクリア。魔理沙Cがいかに強かったかを思い知らされた次第である。


2008年07月14日(月) お勉強のこと

 「東方風神録」が一段落したので、いよいよ公害防止管理者(騒音・振動)のお勉強を始めることに。試験は10月7日なので、今頃から始めると丁度良いのであった。
 で、今日は机の上を片付けて勉強できる環境を整えたところでお終い。あと、通販のダンボールも片付けた。いやぁ、暑いとお酒が美味しいですねぇ、雪さん。

 というわけで、霊夢CでのNORMALノーミススペルカードボーナス全取得達成のご褒美に注文したよなよなエールを呑んでいるのだが、やはり美味しい。


2008年07月13日(日) 続・休日のこと

 午前中は「東方風神録」魔理沙CでNORMAL。繋がりはしなかったものの、いろいろと得るものはあった。

 午後はラーメンを食べに行った後、体調を整えるために散歩。私の散歩道は川沿いなのだが、困ったことに上流に向かっても下流に向かっても何かしらのお店があるのでつい散財してしまうのである。今回は下流に向かったのだが、帰りには薯蕷饅頭とあん玉と葛焼きをしっかりと手にしているのであった。
 帰宅後、夕方まで甥と遊んでへろへろ。まだ2歳なので単純なことで喜ぶものの、こちらの狙ったところに興味を惹かせるのはなかなか難しい。そういうことを考えながら遊ぶと、知恵比べのような感じで結構張り合いが出る。

 風呂に入って「東方風神録」魔理沙CをNORMALでプレイしたところ、一発で繋がった。早速登録。早速呑む。霊夢Cよりもスコアが低いのは、霊撃の性質上画面下から霊撃を撃たなければならないせいであろう。まあ、スコアは二の次であるが。

 さて、ここまで来たからには全機体といきたいところであるが、本命の「東方紅魔郷」ノーミススペルカードボーナス全取得にも挑戦してみようかという気にもなってきたり。しかし、そろそろ公害防止管理者(騒音・振動)のお勉強も始めなければならないし。どうしたものやら。


2008年07月12日(土) 休日のこと

 夕方まで体力回復。暑いとお酒を呑んだ後の回復が遅くて仕方ない。

 その後、「東方風神録」。暫く霊夢AでNORMALをプレイしていたのだが全く進展無し。気分転換に今週のお題である魔理沙CのNORMALをプレイしてみたところ、強くて爽快だったのでこちらへ鞍替え。天の八衛も2巡目で倒せるし、MOFも体感的に半分くらいの時間しかかかっていないのではなかろうかと思うほど、ボス戦が楽で仕方ない。
 とりあえず2ミスで9.9億まで到達したので登録。ミスはどちらも5面でかなりしょうもない内容。ノーミススペルカードボーナス全取得まで頑張ろう。

 月の宴のカタログが届いたが、行くかどうか思案中。永琳本を買い漁りたいものの、先立つものが…。


2008年07月10日(木) 続・「東方風神録」のこと

 今日は有給を取って、いろいろと雑用を処理。
・労金、都銀(TMU)→×
・地銀(KT,J)→○
 私の場合は状況がやや特殊だったので、労金と都銀で断られたときはどうしようかと思ったが、その後相談した地銀は2行とも大丈夫であり胸を撫で下ろした。やはり、身近な用件は地銀の方が頼りになるのか。
 以上、竜次氏向けのお話でした。

 そして、遂に「東方風神録」霊夢CでNORMALノーミス&スペルカードボーナス全取得達成!霊夢Cというところがいかにも私らしい(笑)。ともあれ、「東方紅魔郷」の頃からの悲願を6年越しで漸く達成できたので、喜びも一入である。
 その後、霊夢AでNORMALをプレイしたのだが、文で2ミス。うち1ミスは毎度の事ながら「天の八衛」。「天の八衛」は当然ながらボス正面が最も弾密度が高くなるので、時間を掛けてでも正面を避けて弾避けした方が良いのだろうか。明日以降に試してみよう。まあ、大抵のプレイヤーは正面で避けているのだが、弾避け能力の低い私はスコアよりミスの可能性をより低くする手段を選ばなければならないのであった。

 というわけで、目標を達成したので今日は月曜から控えていた酒を呑みますよ、雪さん。


2008年07月07日(月) 「東方風神録」のこと

 「モノリスフィア」は一段落付いたので、今日から「東方風神録」再開。
 今日は霊夢CでNORMALを2回ほどクリアしたのだが、既にミスをするところは決まっているようなので、そこを重点的に対策すればノーミススペルカードボーナス全取得の可能性も向上する筈。
 一番ミスをするのが、文の「天の八衛」。苦手なスペルカードなので長期戦は避けたいのだが、いつもここでパワーが2.85しかない。すなわち、道中で霊撃を撃ちすぎているわけで、どこかで1発抑えれば楽になるかと。さて、どこを削るか。考えてみたところ2箇所ほど候補が挙がったので、いろいろ試してみよう。
 文の通常第三は霊撃決め撃ち。神奈子の「お天水の奇跡」は既に攻略完了なのであとは回数こなして慣れるのみ。

 う〜ん、これだけ見れば本当にあと少しで達成できそうなのだが。
 あとはお酒を控えて体力を残すか(笑)。


2008年07月06日(日) 続・「モノリスフィア」のこと

 ライフとブースターを上げてイノセンスに再挑戦中。
 しかし、どうにも歯が立たない。第二段階をどうしたら良いのか本当に分からない。困った。

 えっ、ライフとブースターって何回も増やせたの?

 というわけで、ライフ×2とブースター×9でイノセンス撃破!第二段階は円状に動いて弾を避ける→敵に近づいたらブースターをオン→攻撃できそうだと思ったら(この見切りは慣れが必要)狙いを付けて攻撃→そのまま「必死で」離脱(ここが非常に熱い!)→ブースターをオフにして回復の繰り返し。なので、ブースターの時間があるほど落ち着いて対処できる。第三段階は第二段階に比べると遥かに楽でさほど苦労せずクリア。隠しエンディングは今までの苦労が報われるほど楽しい内容であった。
 続けて未回収のスフィアを回収。未回収だったのは、女神の楯×1、黄色いクリスタル×2、最後の緑クリスタル×2の5つ。
 女神の盾は、まとめページに載っていた攻略を使って楽勝。一応、4匹までは自力で残せたのだが。黄色いクリスタルはブースターを付けっぱなしでこれまた楽勝。ノーマルでの苦労は何だったのだろうか。最後の緑クリスタルは、ノーマル以上に道程が長くなっていて作者に呪いの言葉を掛けたくなった(笑)のとピブーでの笑いをぐっと堪え、ブースター+フェニックスLv10での横移動を組み合わせて何とかクリア。やはりブースターが長くなっていたおかげで、これもノーマルより楽であった。というわけで、確かにパワーアップはクリア後の評価と引き換えだけのことはあると納得。
 というわけで、ムーさんの力を借りてではあるが、イノセントモードでスフィア全回収達成!

 いや〜、何とも密度の高い3日間であった。もう、大満足である。

 あとは「ルセッティア」をだらだらと。こちらは進捗無し。

 面白いゲームをプレイした後はお酒が美味しいですねぇ、雪さん。


2008年07月05日(土) 「モノリスフィア」のこと

 昨日からプレイしている「モノリスフィア」(SilverSecond)があまりにも面白すぎて、今日は一日こればかりプレイしていた。早くも今年プレイしたゲームの最高傑作が登場した感じ。
 現在、イノセントの真ボス攻略中。第二段階がさっぱり分からない。やはり、ライフとか上げるしかないのだろうか。

 「ピブー」「いやぁぁぁぁぁ!」

 まあ、ここをいつも見ているような方はプレイ必須。まとめサイトもあるので安心。
 


2008年07月04日(金) アクションゲームのこと

 連日の「東方風神録」で疲労困憊。こういうときは、アクションゲームで英気を養うに限る。折りしもインディーズの小部屋にて、第47回「プリンセスラナ」、第49回「モノリスフィア」と立て続けにアクションゲームが紹介されていたので、早速両方ともプレイしてみた。

 「プリンセスラナ」(Peacock Blue Software)は、名作「ソロモンの鍵」のような固定画面のアクションパズル。足場を作ったり壊したりしながら、鍵を取ったり敵を倒すなどして扉を開き、扉から出ると面クリアという流れ。通常面はパズル性が強いが、アクション性の高いボス面もある。面をクリアすると稼げるお金で自機の能力を高めるスキルを購入することができるのだが、このスキルを揃えたり、プレイ内容によるランク評価があったり、同じ面でも複数の難易度が選べたりと、やり込み要素満載。操作性も極めて良く、テンポ良く遊べる作品である。あと、進行役のキャラの声の熱演振りも要注目かと(笑)。

 「モノリスフィア」(SilverSecond)は操作系にマウスを使ったアクションゲーム。マウスの右ボタンを押しながらある方向にマウスを動かすとその方向と逆向きに力が溜まり、右ボタンを離すと、溜まった力の向きに溜まった力の量に応じた距離を移動する。この移動方法を駆使して、各面に散らばったモノリスフィアの欠片を集めるのが目的。欠片は単に面の中に落ちていることもあれば、敵を倒す、一定時間内に指定の場所に到達する等の条件を満たさないと入手できないこともあり、マウス捌きが問われるゲーム内容となっている。操作性は非常に癖があるが、チュートリアルでしっかり操作方法を習得すれば自在に動かすことができるようになり、自由度の高い爽快なゲーム性を楽しめるであろう。また、プレイヤーとお供の掛け合いも愉快で楽しいものがある。

 どちらも完成度が高くしかもフリーソフトなので、是非とも多くの方にプレイしてもらい、アクションゲームの楽しさを満喫して欲しいと思った次第。


2008年07月03日(木) 続・「東方風神録」のこと

 今日はお偉いさんによる職場の安全査察。私の管理する作業場を見た一人が「こんな綺麗なところを見ても面白くない」と仰ったそうで。当たり前だ。そう言わせるために5Sから意識改革まで手を尽くしたのだから。

 しかし、週末が近づくと疲労も蓄積するもので、今日は「東方風神録」霊夢AでNORMALを1回クリアしたのみ。一応自己記録は更新したものの、超安定スペルである山神渡御でミスをしたりと内容は散々。週末は十分な休息を取って、ノーミススペルカードボーナス全取得を達成したいものである。

 とても個性的で素敵な絵を描かれる河内やまとさんは今後の即売会で要チェック。委託は基本的にされないようなので、優先順位は相当上にしておかないと。


2008年07月02日(水) 「東方風神録」のこと

 昨日はぐったり。

 「東方風神録」霊夢CでHARDクリア。やはり霊夢Cは楽だ。というわけで、霊夢は全機体でHARDクリア。魔理沙はどうしたものやら。
 その後、霊夢CでNORMALをプレイしたところ、文と神奈子でそれぞれ2ミス。神奈子はともかく、文がまるでキバヤシの前に立ちはだかるノストラダムスのような感じになってきた。


氷室 万寿 |MAIL
DiaryINDEXpastwill