ブツブツ独り言
目次へ 過去 未来


2013年06月30日(日)

今朝も天気がよい。
おそらく今シーズン最後と思われる山菜採りに
相方は朝早く友人と出かけ、かなり燃えている(爆)
俺も採りに行きたいのだが、とにかく相方は時間が長く
山菜採りにもおばさん特有の意地汚さが出てしまうのなぜだ?
「もうここには来ないから」等と訳のわからないこと言い
とにかく根こそぎ採らないと気が済まないらしい(笑)
もちろん、俺がそれに付き合うほどおばさん化してないし
俺は、あくまでも、その日に食べる分だけで十分。
なので、相方とはここ数年一緒には行ったことがないし
どうしても足が無い時は連れて行くが、俺は車で待機。

採ってきた竹の子を保存用に茹でて瓶詰めにしているが
まあ、この全ての行程が趣味の一環だと思えば
俺の魚釣りよりも安上がりだし、実のある趣味なので
行きたい時には勝手に行くことに関しては歓迎する(爆)

空の色がイマイチだったが、今日も羊蹄山の撮影。
今しか咲かないルピナスと一緒に撮影したり
緑が濃くなってきた畑や田んぼと撮ったりと
色々工夫はしているのだが、いつも同じような感じ。
発想が貧困なせいで、これ以上工夫するするのが限界で
いつものようにデーンと正々堂々と撮ってしまっている。
それが良いと言ってくれていたファンも昔はいたが
やはり飽きてしまったのか、コメントがないので見てないのかも。
誰かのために撮っている訳じゃないといつも言い聞かせているが
撮ったものを誰かに見てもらえることで撮り甲斐も感じるし
自身の記録のために撮ってるんじゃないから(笑)

友人に、個展をやるなら場所等の提供の力になると言われたが
最近の作品で個展をやれるほど納得できてる写真がない。
目が肥えてきたから「無い」と思い込んでるのかもしれないが
ちゃんと見せたいと思えるようじゃないと見る側に失礼だ。

スランプと言えるほど腕が一流ではないのだが
自分自身ではそんな風に感じているのは事実だな〜(泣)





2013年06月29日(土)

今週は1週間、ほぼ飲み続けた。
旅行から帰ってきて、現実に戻りたくなかったのか
とにかく毎晩泡盛をチビチビ飲んでいた。
晩酌をやるオヤジ達ってこんな感じなんだろうな?(爆)

アルコールが入ると眠くなり、早めに寝てしまい
びっくりするくらい早い時間に目が覚めての悪循環。
見方を変えれば健康的とも取れるような最近だが
やっぱり基本は夜型人間なので、目覚めが早くて意味が無い。
今朝も4時過ぎに起きてしまったが、TVはやっていないし
布団から這い出て机のPCの前に行くのも億劫で
1時間ほど布団の中でゴロゴロ悶々としていたが
次に目覚めたのは8時半だった(爆)

天気が良いので写真撮影に出かけるが
脳裏には石垣の海と空の色が鮮明に残っていて
比べてしまうと北海道のダサイ空は適わない。
ってか、見慣れているというハンデキャップはあるが
新鮮に見えないという、修行の足り無さが露呈する(爆)

夕方から鮃狙いに海へ行ってみたが
すっかり夏の雰囲気で、半袖で釣りが出来ちゃった。
次男達がイカを狙って竿を振っていて1杯ゲットしていた。
俺も負けじとイカとヒラメの二刀流で欲張ったものの
マメイカ1杯釣ったところで場所移動した。
サーフからヒラメを狙い数等投げたところで軽い引きがあったが
あまりにも微妙すぎてシカトしてリーリング・・・・。

「げっ、釣れてる」

およそ10センチ程度のヒラメの赤ちゃんが
その体長以上あるジグに食いつくんだから、なんて獰猛なんだろ?
それでもヒラメはヒラメで、今シーズン初ゲット。
もちろん、「家族を連れてこい」とくだらない事言ってリリース。

なんてのどかな週末なんだろう?と
自己満足した1日だった(笑)




2013年06月28日(金)

楽しい行事が終わり、ふぬけな毎日。
どうにもこうにも、日常に戻ることが出来ない。
それでも時間はドンドン進んでいく・・・。

終わったばかりなのに、もう次を考えて
どういうルートでどの手段で行けば格安か
ネットで調べてはシュミレートしている。

が、
そこまでして頑張って行く価値があるのかな?
行ってる時は当たり前のように楽しくて楽しくて
いつまでも滞在したいと思っているのだが
果たして何が楽しいのか??
同じ離島である宮古島へ前回行った際には
3泊4日の日程で時間を持て余してしまい
早めにホテルに戻り昼寝なんかしてたもんな〜。
それはそれで非日常な時間の使い方で良いと思うけど、
その島の海や空の美しさを最初の頃のように感じなくなり
少しだけマンネリ化しちゃってる節は否めない。

八重山諸島で訪れていない島はないのだが
与那国、鳩間が1度、波照間は2度しか行っていないため
まだまだ見所撮り所満載だと考えられるのだが
やはり、見る風景等の感動は薄くなってるかも・・・。
それなのに行く必要があるのかな?

ちょっと冷静になって考える必要がありそう。


ってか、八重山病、治ってきたのかな?(爆)


2013年06月27日(木)

朝から軽く雨が降っていた。
北海道の雨は冷たいな(今更??(爆))

旅行中、ここの更新が全く出来ず、
出来ないと言うより、毎日飲んで騒いで
ホテルに帰るとあっという間に寝ていたために
書くことを完全に忘れていたのが真実だ(笑)。
が、ここの更新で生存を確認している人間が
まだいたとは驚いてしまったと同時に有り難かった。

高校の頃、バスケに青春を捧げた戦友とも言うべき友人から
心配のメールが届いてて、ちょっと感動した。
まあ、俺と違って、彼は昔から義理人情に厚く
人として出来た人間ではあったが(褒めすぎ(笑))
もう数年会っていないにも関わらず
この日記により一方的だが情報を得ていて
安否を気遣ってくれるとは、涙もんだよな〜!
ってか、何があってもおかしくない年代でもあり
もしものことがあったら、俺でさえ駆けつけるだろうし。

読む側にとっての一方的な情報があると
余計な心配をしなくちゃいけないし、
もしかしたら知らなくても良いような情報も
目に入ってくる可能性があるな。

どちらが良いか悪いかは、人それぞれの考えた方だが
密かに心配してくれる人間がいると思うと嬉しいな。

こんな風に思えるようになったのは
きっと年齢のせいだろうな。

これも良いのか悪いのか?(爆)


2013年06月26日(水)

南国から帰ってきたの今日はめっちゃ辛い。
何もしたくないし、出来ないほどボヤーっとしてる。
いつも以上にリハビリ期間が必要かも・・・。

友人はもちろん今日から仕事なのだが
その嫁さんは今日まで休みを取っている。
ってか、行く前日も休みだったそうで1週間休暇。
あり得ない。ってか、羨ましい〜〜(笑)
あまりにも悔しいので、今日は朝から洗濯三昧か?的な
ちょっと嫌味なメールを打つと、夕べのうちに洗濯済み。
こやつ、なかなかやりおるな(笑)

今晩もこれから泡盛を飲んで
思い出に浸りながら、リハビリしていく予定。
ってか、写真を見たり、その時の状況を話すと
逆にすぐにでも行きたくなってしまうので
リハビリにはならないよう気がするんだけど。

お土産に買ってきた琉球ガラスのコップ等は好評で
次回から、何も考えずに琉球ガラス作品オンリーかな?
俺が見ていても綺麗だし、オシャレだし、
なにか惹かれるものが琉球ガラスにはあるな。

さてと、取りあえず
うさぎやスタッフが作成したHPのチェックを済ませないと
帰ったら見てくださいと何度も念を押されたからな(笑)
他の人が作ったHPのチェックは好きじゃないけど
あまりにも離れすぎている石垣のHPの管理等は
タイムラグや気軽に写真撮影が出来ないってことで
かなり面倒だし、旬な情報を載せづらいからな〜〜。



2013年06月25日(火)

俺は10時20分発のピーチで関空直行。
8時半のバスに乗り、余裕が持てる時間帯に着き
予定通り出発し、予定通り関空についた。
関空から飛び立つ前、検査ゲートへ向かう前に
ピーチの制服を着た社員らしき女性が手に持つの重さ検査で
俺の荷物を持った途端、正式な秤で計測し始め
重量オーバーで機内に持ち込めないと言い始めた。
そもそも、どこの空港でも全く言われていないのに
なぜここだけそういうことを言うのか詰め寄ったが
他の空港のことはわからないと謝罪の一点張り。
同じ航空会社のユニフォームを着ている者が
その場所によって取り扱いが違うこと自体が許せない。
預ける金額なんて屁みたいなもんだし、
最初からわかっていれば、こんな重たい荷物を持たなくても。
ユニフォームは着ていてもバイトのような子だし
これ以上言っても馬の耳に念仏・・・馬以下かも(爆)
しかも預ける料金も間違えて俺に教えてるし
荷物係にそれを言っても、ただ謝罪するばかりで
なんの誠意も感じられないアホばかりのバイト達!
せめて、
「案内できなかった空港担当には徹底させます」くらい言えない?
まあ、そんな機転が利くくらいなら、俺をこんなに怒らせないだろうな。

安かろう悪かろうを受け入れて乗ってるとは言え
1円でも金を取っている以上はプロなんだから
その辺の教育が出来ないと廃れていくのは目に見えてる。
ってか、大手2航空会社がいつものように料金を下げ合わせ
他社を撤退させるような動きをして欲しいところなのだが
ANA、JALが出資という形で絡んでいるので厳しいな。

かなり気分を悪くして飛んできたのだが
石垣からこの荷物を宅急便で送ったとしたら
関空で荷物を預けた料金よりも高額になってしまうため
ある意味、他の区間分は丸儲けかな? なんて(爆)



2013年06月24日(月)

夕べ、「明日は島内だから二人で廻ったら」と振り
なんとか二人きりにさせよう。新婚旅行なんだし(笑)
朝7時半ころメールが入り、二人で廻るとのことで
そうなると冷静に考えると俺の足が無くなるわけで、
原チャリを借りて廻るかとも思ったが、十分廻ってるので
再度竹富島へ行って、ちゃんと写真を撮ろうと・・・。

8時半発の高速船のなんとか飛び乗った。
今日はノンビリじっくりと全部歩きで廻ることにした。
島内の路地には花々が咲き乱れ、それを撮ってるだけで
なぜか嬉しくテンションはやたら上がってくるのはなぜ?

西桟橋では雲が良い感じになるまで、
また、人がちょうどいなくなるまで待ち続けたが
人がいなくなった時には雲が多すぎて断念しちゃった。
でも、その何もせず待っている間も凄く充実していて
俺って、本当に八重山好きなんだな〜!って痛感した(爆)

その後市街地に戻ったが、暑くて暑くて限界が近づき
いつものレストランオープンと共に飛び込みル〜〜ビ〜〜。
ビールがこんなに美味く感じるほど汗が出てるんだろうし
シチュエーションが美味さをアップしてるんだな。
で、定番生姜焼き定食(爆)今回まだ八重山そば食べて無い。

友人達は喧嘩しながらに二人で島を周り
最後の夜は一度は食べておかないといけない石垣牛。
しかし、3枚目くらいまではマジで美味いのだが
濃いのでそれ以上になると喰うペースが落ちてくる(爆)

うさぎやの席が空くまでうろつき無駄金を払ったが
最後はうさぎやでライブを聴くことが出来て満足。
ここで後ろに座っていた子が北海道から今日来たと言うことで
内容を聞くと、LCCで俺の航路と全く同じ。
初の一人旅でここまでやってきたのだが、明日予定の波照間
きっと欠航するだろうと予感していたので可愛そうだった。

最後の夜は12時近くまで楽しんで、この旅の締めをした。


2013年06月23日(日)

夜は泡盛を飲んで早い時間から爆睡してるので
目覚めるのがやたら早く、今朝は4時半だった(爆)

今日はツアー客が行動しない早い時間に竹富島を訪れ、
定番のコースをいつものレンタサイクルで周り、
この島の良さを教えてあげたのだが、なんせ暑い。
休憩でかき氷を食べれる店で思わず生ビールを
友人の嫁さんと乾杯してしまった(爆)
昼間のクソ暑い時間帯に飲むビールは最高だった。

午後から友人でもある船長の船でパナリへ。
俺たちの他に去年出会った子と他に3人、
石垣在住で知り合いの子、スタッフ3人と
結構な人数で沖に向かっていったのだったが
とにかく途中でもの凄い波が襲ってきて
転覆しそうなほど船が揺れ、ギブアップしたかった(笑)
1時間ほど揺られたパナリは例えようのないほど綺麗な海の色で
そんな海で泳げる贅沢さは格別だった・・・。
でも、シュノーケルで珊瑚に触れることがあるようで
折れた珊瑚が死んで白くなり海底にあるのが残念だった。
友人もここへ来るまで「耳に水が入るのがイヤだ」とか言っていたが
この海の綺麗さを見て、しかもその海で泳いで
俺よりも長く泳いでいたのには驚いたな〜(笑)

夜はこの船長がいる「一魚一会」で飲むことに。
この店も俺が一人で入れるほど、来る度に寄っている店で
うさぎやグループのうちの一店舗。
今日パナリに行った5人とその友達1名で
今日のパナリの話や、石垣に移住した経緯、
何が良いのか悪いのか等、話題が尽きることなく・・。
が、俺は4時間ほど飲んだところで疲れのピークがやってきて
誘っておきながら悪いと思いつつも先に帰ってきた。
連日の暑さと飲み会、今日のパナリでの泳ぎと潜りと
俺の体力の全てを費やしてしまったような・・・(爆)

ホテルに戻るとベットに横たわったかどうかもわからないほど
あっという間に寝てしまった(爆)


2013年06月22日(土)

今日は友人夫婦のウェディングフォトの撮影で
その時間まで近くの公園を案内してあげた。
石垣市内を一望できる展望台があり
エメラルドカラーの海と街並みを見て感動してた?

フォトスタジオに電話で確認したら
俺の作った予定表が1時間遅く記入されていたようで
慌ててスタジオへ向かうハメになってしまった(爆)
スタジオ内では事前に決めていた5着の中から
試着後決めることになっているが、どれが良いか俺も友人もわからず
結局、遅れてきたお袋さんと妹の意見で1着を決められた〜。

撮影場所はリゾートホテルの海岸で撮るそうだが
彼らはリムジンで移動し、その後を追いかけるという
なんとも不思議な状況だったぞ(爆)
フォトはメインカメラマンの邪魔にならないように
だが、目線が変わらないすぐ後ろで撮ることが出来たし
撮影の合間の自然な笑顔をばっちり頂きました。
本人達が喜ぶかどうかは不明だが、俺は満足じゃ〜〜!

夜はやはり俺の大好きな店「うさぎや」へ
友人も合流し飲み喰いしているうちにライブが始まり
友人でもある歌うおねーさんの歌を聞くのは1年ぶりで
やはり彼女の歌は心に染み渡るな〜〜〜。
乗る曲がかかる前に彼女から
「今晩は、指笛を鳴らすスタッフがいないのでよろしく」
って、明らかに俺を見て言ってるし(笑)
じゃあやるか!と曲に合わせていきなり吹き始めると
周りのお客さんが一気に注目してきて、俺を見る〜〜。
指笛吹いてこんなに注目されたのは初めてだったが
悪くないな。 むしろ  好きかも(笑)

友人達も初めてのカチャーシーを強制的に踊らされ
それでも後半は面白がっていて、ホッとした(笑)

明日、船でパナリへ行くが、揺れるのが当たり前にわかり
少しはセーブして飲んでいたが、最後はヘロヘロだったかも(爆)



2013年06月21日(金)

朝6時半に出発だが
いつもの出かける時のように、何回も目が覚めた。
寝たのか寝てないのかわからないまま朝を迎え
ボヤ〜っとしたまま時半前に家を出た。
俺が一人だと絶対に決めた時間には出られるが
相方が一緒だと100%間に合わないので、イライラ。

空港近くの駐車場、空港到着と全て予定通りで
LCCのチェックインも慣れたものですぐに出来た。
今回は千歳〜関空はピーチ、関空〜那覇はジェット
那覇〜石垣はANAと一番安いチケットで移動。
で、関空で乗客の一人が遅れたのだが、結局来ずに
30分遅れで飛んだのだが、これが後でしわ寄せが・・・。
那覇までのフライトで30分遅れは解消できず
また、解消する気もない飛行速度で飛んでいき
那覇に到着した時点で乗る予定だったANAは飛び立ち
俺は置き去り〜。LCCは保証してくれない(泣)
この事態は想定していなかったために、軽いパニックだが
取りあえずANAの受付へ行き事情を説明すると
イレギュラーによる乗り換えで次便の席を取ってくれた。
さすがANA.こういう時には大きな会社が良いな(笑)

1時間遅れで石垣に到着したため
皆の待っている居酒屋へ遅れて行くことになり
初日からテンションダウン・・・・(泣)
飲み始めると調子よくはなってくるお調子者なので
終盤はノリノリで泡盛を飲んでいたような・・・。
飲んだ後、ホテルへ向かう道中で
石垣へ来た実感がようやく沸いてきた。

飲み過ぎと疲れのせいで
テレビ、電気を消すことなく爆睡しちまった(爆)


2013年06月20日(木)

台風がウロウロしているけど、明日いくぞ〜〜!
行くしかないべ!!(笑)

友人の母親と妹は今日石垣へ飛んだはずで
友人からHELPの電話が来ないところをみると
嵐の中、無事に石垣に着いたと思われる(笑)
俺たちは明日の出発、それぞれの便と航路で飛ぶが
おそらくなんの問題もなく着くと思う。

彼から、結婚すると告られたのは
今年の2月、しかもスキー場のリフト上で
あまりの驚きにリフトから落ちそうになったな〜。
石垣へ新婚旅行を兼ねてウェディングフォト撮影、
その旅行のチケットの手続き、撮影時の付き添い
石垣旅行のガイド、全部お願いされたっけ。
これが石垣じゃなかったら断ったんだろうけど
大好きな石垣だし、大手を振って行ける理由になるし。

あれから、打ち合わせは彼が忙しいので彼の嫁さんと
メールのやりとりでドンドン決めてしまい
彼は決まったことを嫁さんから報告を受けるパターン。
そもそも、この旅行さえも彼は乗り気じゃなかったわけで
嫁さんが潜ったり泳いだりしたい希望から行くことになり
旅行嫌いの彼が渋々了承したような(爆)
それでも帽子やラッシュガードを買ってテンションを上げ
多分明日からは楽しむんじゃないかと思う。

が、・・・・

おそらく風が残っていると思われ
彼ら二人が那覇から乗るのがDH1・・・プロペラ機。

きゃ〜〜〜、

揺れるぞ〜〜〜(爆)


2013年06月19日(水)

毎日3時間ごとに発表される台風情報を見て
行けるかどうかモヤモヤしている日が続いてる。
俺は行けなくても諦めがつくんだが
初の八重山で新婚旅行を兼ねている友人、
八重山の良さをさんざん吹聴し、そそのかし
それに乗った友人の嫁さんが行く気満々になって。
向こうでウェディングフォトを撮るだけで
おおっぴらな披露宴は挙げないと言っていたため
今回のこの旅行、素敵な思い出になって欲しいと
細かく計画を建て、コーディネイトしたつもりなんだけど
この台風で全ての予定が変わってしまいそう(泣)

友人はもちろん、その嫁さん、
いくら気心が知れてると言っても、常識的に考えて
新婚旅行についてきて欲しいとおかしな事を言われ
旅券の手配やら向こうでの飲食する場所の予約やら
おまけにレンタカーの手配までしてあげたお人好し(爆)
さすがに行き帰りの飛行機は別便別ルートにしたが
そこら辺も一緒の出かけて、空港で荷物を預けたり
チェックインをしたり、何から何までして欲しかったようだ。

基本、一人旅が好きなので
いくら気心が知れてる言っても、全行程一緒は無理であり
しかもそうなると、俺が悪いことできなくなっちゃうし
石垣でほぼ行動を共にする程度で勘弁してもらった。
まあ、彼ら、市街地から少し離れたホテルだから
帰った後、俺に元気があれば遊ぶことも出来るから(笑)

とにかく、この台風の発生のせいで
ギリギリまで振り回されてしまうんだろうな〜(泣)


2013年06月18日(火)

待っていたかのように、台風がやってくる。
俺が行く時期にちょうど南西諸島のどこかにいて
手ぐすね引いて俺が来るのを持っている(笑)
実は俺が「嵐を呼ぶ男」だったんだな!
が、今回だけはいつもと違って
台風だけはなんとか避けて欲しかったな〜。
友人夫婦の新婚旅行も兼ねているわけだし
初めての八重山訪島が台風なんてことになったら
イメージがめっちゃ悪くなって、二度と行かないじゃん。

毎回、南国へ行く前には天気図等を見て
台風に備えているせいか、発生後の進路や
何日後にどの辺りを進んでいるかもわかるようになり
それなりに対処できるようにまでなっている。
今回の台風はそれほど規模は大きくないと思うし
時速20キロで真っ直ぐ北へ向かっていて
周りに変な気圧もないことから計算も予想もしやすい。

緯度の赤道直下1度は111劼任△蝓1分は1.85辧
緯度が上がるほど距離は短くなってくるが気にしない(笑)
例えば北緯16度に台風があるとして、毎時20キロで北上、
石垣が北緯24度22分だとして計算する場合、
(24−16×111辧法棔複横押滷院ィ牽記辧法瓧坑横賢
928÷20=46時間 このくらいで台風が着くってこと。
気象庁が発表する台風情報の進路と速さを参考にすれば
概ね何時間後どこら辺に到達するか予想が出来る。
だが、何かの拍子に停滞したり、円を描いたり
天気予報士さえも予測できない動きをするのが自然。

今回も進路予報通りじゃなく、一気に通り過ぎちゃうか
予報のずっと東を進んでくれないだろうか??


2013年06月17日(月)

今週出かけるので、天気図を見ると
な、なんと、台風の赤ちゃんが発生しちゃった〜。
発生した場所や予想進路から想像するに
俺が出かける頃にちょうど出くわしそうな気がする。
太平洋から張り出した高気圧の勢力がもっと強くなって
このまま西に進んでくれることを願うばかりだが
停滞してる高気圧の張り出しがこのままだと
思いっきり八重山から南西諸島に沿って進んでしまうぞ。

台風の赤ちゃんが発生したこと
万が一、台風の影響で飛行機が欠航した場合
LCCは保証がないので行けないことを
友人の相方にメールで知らせた。
まさか、最悪なことにはならないとは思うが
俺、もしかしたら嵐を呼ぶ男っぽいので
万が一行けなかった場合、彼ら二人だけで行動できるよう
レクチャーしておいた方がいいかもしれないな(笑)

また、ここ何日か
天気図と天気予報と睨めっこだな〜(泣)


2013年06月16日(日)

あることに集中していて、気がつくと朝の3時過ぎ。
目も冴えてしまい寝るに寝られない状況で
楽しい情報が欲しくてFBのTLを見ていた。

「あっ、サッカーがあるじゃん」

ってことで、そのまま起き続けサッカー観戦。
ん〜〜、試合の内容にはかなりがっかり。
サッカーは熱烈なファンでもないし、目も肥えていないけど
ブラジルとのレベルの違いがありすぎて
まるでガキ扱いされていて、見るに堪えなかった。

海外のメジャーなクラブに所属する日本人選手が出始め
日本人のサッカーのレベルが上がってんじゃないかと
大きな勘違いをしがちだが、実はまだまだと感じた。
個々のレベルが高い海外のチームに入ることで
日本人選手が周りに上手く使われているからこそ
一部選手が目立つ活躍しているだけじゃないの?

ブラジルは選手一人一人が日本選手の数段上のレベルで
国外で活躍している数名の日本選手がどんなに頑張っても
試合内容や結果は何回やっても同じ事だろうな。
ワールドカップの目標は優勝だと言うことは良いと思うが
現実的に今のレベルでは大風呂敷広げてると
現場の選手が一番わかっていることなんじゃないの?
マスコミがマジで優勝するかも知れないような
突拍子も無いことを書き立てて、国民を煽っちゃダメじゃん!

なでしこジャパンとは違って
世界との差は驚くほどあるんだし
選手、チームがレベルが劇的にアップしない限り
日本の優勝は絶対に無い!と宣言しておこう。


2013年06月15日(土)

ホント久しぶりの曇り空。
いままでずっと晴天が続いていたから
この曇り空がなんとなく嬉しい(笑)

曇り空で花を撮ると照り返しが少なくて
その花本来の美しさが撮れるような気がする。
以前は春になると様々な野草を撮っていたが
最近はほとんど撮らなくなってしまった。
なぜかな?? 好きだったはずなのに・・・。
多分、花が好きな人に色々見せたくて
そして見た感想をもらうのが楽しくて
かなりの頻度で撮っていただけで
そうじゃなくなった今は撮る気がしない・・・。
好きじゃなかったってことなのかも(笑)

同じように羊蹄山を含めた風景写真も然り。
雄大な北海道の風景を見せたくて
そして、良くも悪くもその感想が欲しくて
暇さえあればとにかく撮りまくっていたが
最近は気に入ったシチュエーション時のみで
また、ネット上での更新もほとんどしなくなっちゃった。
アメブロでは「羊蹄山は俺」的なイメージが少しだけあるようで
あっちには頻度こそ少ないが載せることがあり
見てもらった感想もたまにもらうことが嬉しい〜。

最近の日常ではチビ1号、2号を撮ることがほとんどで
それをネットで公開せず、自分と家族のためだけの写真だが
それが凄く撮り甲斐があり、撮ることが凄く楽しい。

年に数回行く南国の風景は非日常であり
行くたびに毎回新しい発見や驚きを与えてくれて
未だに飽きることなく新鮮な感覚で撮ることが出来る。

北海道の風景もそんな意識を持って
ちゃんと撮れるようにならなくちゃな〜〜。






2013年06月14日(金)

経験って、ホント大事だと実感した。

来週金曜、友人の新婚旅行の付き添いで出かけるが
昨日、俺が手配した旅程表が旅行会社から届き
それを知らせるメールが友人とその相方から届いた。

友人は旅が大嫌いでほとんどどこへも行かないので
届いた旅程表に書いてある内容をしっかりと理解できず
いざとなれば空港のサービスカウンターに聞く魂胆らしいが
それでもどうしたらいいのかをメールで聞いてきた。
どうせカウンターで聞くんだろうしざっくり説明したが
前後して友人の相方からどうしたらいいのかとメールが。。
彼女は旅慣れているので、書いている内容はわかるのだが
普段はツアーで出かけるらしく、自ら発券等の作業は
ほぼやったことがないし、教えて欲しいと・・・。
取りあえず、スマホで順序だって詳細を書いたのだが
メールでの長文はめっちゃ疲れる〜〜。
たくさん書いたのに、
「意外と面倒なんですね」的な簡単な返信で
俺が書いた長文の努力は報われなかった(爆)

それにしても、飛行機を利用して旅行すると言うことは
旅行社選ぶことから始まり、経緯も色々なパターンがあり、
それらを経験していないと文字だけではわからない事も多く
大の大人でさえ、小学生並みの行動しか出来ないんだな。
それも含めて旅行の一部と割り切って前向きに考えられると
全てが楽しい方向へ進んでいく〜〜〜!

俺自身、飛行機デビューがやたら遅かったので
笑われるような失敗もたくさんやっちゃってるけど
それも思い出だし、全然恥ずかしい事じゃないと思ってる。
俺の相方のように何度も南国等へ行ってるにも関わらず
いつも俺任せなので、手続き関係は何一つ理解していないため
「好きな場所へ一人で行け!」と言っても絶対に行こうとせず
いや、一人では行けないから行かない!と言い切るんだから。
まあ、それはそれで楽で良いかもしれないけど(爆)

さて、来週の金曜日、
あいつら、無事に石垣までたどり着けるだろうか?(笑)


2013年06月13日(木)

右腕の肘の下付近を虫に刺され
10カ所近く赤くなっていたのだが
蚊にしては一気に刺された記憶も無いし
急に赤くなりだして痒みが増してきた。
まあ、1週間以上も前の出来事だったが
誰かがブログに書いていた事が引っかかり
ネットで調べてみて、その原因がわかった。

ヌカカ
あまり馴染みのない単語だが
1弌楚个里なり小さな昆虫で
夏の水辺などで一塊になって飛んでるそうだ。
考えてみたら、金曜日の夜は必ず釣りに出かけ
気がつかないうちに刺されてしまったようだ。
初めて刺された場合は寝られないほどの痒みが強くて
皮膚科に行かないとやばいらしい。
まあ、俺の場合はおそらく何回か刺されているだろうから
ある程度免疫力があったようで、痒みの腫れも蚊以下で
それでも1週間ほど赤い色が取れなかった。
ってか、今もその跡は残っているが・・・。

蚊やブヨよりもタチが悪く
しかも、小さいので網戸とかも通り抜けるそうで
家の中でも要注意かもしれないな。
ってか、得体の知れない昆虫って
まだまだたくさんいるんじゃないのか?(笑)


2013年06月12日(水)

快晴が続く。
一体どうしたのか?と思うほど
ずっと快晴が続いているが
この時期こんなに晴れたのは何年ぶりだ?
これぞ梅雨知らずの北海道の本領発揮で
北海道に住んでいて良かった!と思っちゃうな。

当地の気温はそれほどでもないのだが
同じ北海道でも昨日の気温が全国一高かったり
ベストテンが東北と北海道が上位独占だったり
まあ、こういう年もたまにはあるけど
もしかしてこれも異常気象なのかも知れない。

PCが壊れてしまい、机に向かうことが無くなった。
今までテレビはPCの横に並べて置き
PCをしながらテレビも見れる配置だったのだが
壊れたからはテレビを寝転んで見える場所に移動し
日々、布団にゴロンと横になってる状態。
もちろんそのせいだけでは無いのだが
腹回りの贅肉がびっくりするほど急激に付き
油断していると下っ腹に乗っかかりそうななってる。
ボードを思い切り滑りたいがために休煙し
既に500日が経過、食欲は増すばかりで
我慢はしているがきっと以前よりは食べているのかも。
考えてみたら身体に良いからと、朝から納豆飯を食ってるし
昼は昼できっちり食べ、夜は晩飯後、何かつまんじゃう。

風呂に入り、醜く変形した俺の身体をみると
「何とかしなくちゃいけない」
と、思いながらも食欲に負けてしまう。

性欲、睡眠欲はかなり抑えられるけど
その反動で食欲だけは無理かな〜(爆)

タバコを止めた時のように
食べたくなったらエロいことを思い描いても
吸いたく欲と違って食欲は持続するからな(^.^)


2013年06月11日(火)

もう3年近く前のことだが
札幌の漫画喫茶「自由空間」を利用したことがある。
ユーストリームのセミナーに参加する際
ホテルを確保できなかったためにやむなく
泊まらなくちゃいけない状況になった(爆)

どう手続きして良いのかわからないまま入店し
勢いのまま会員になり泊まったのだが
今思うと、俺には珍しく勇気があった(笑)

店内は喫茶店とは言え、部屋によっては寝られるし
そんな場所なのに男女の区別がないことから
若い女性の声がダダ漏れ状態で
なぜか危うい感じがしてしまったの覚えている。
ホテル等ではこんなに間近に女性の声は聞こえないし
フリードリンクのスペースへ行くと
ほとんど裸のようなうら若き女性が普通にいるわけで
おじさんとしては多少のムラムラは必然的(笑)
まあ、酔っていたせいですぐに爆睡したが・・・。

今思うと非常に勿体ないことをした。
ナイトパック6時間で1000円程度だったけど
漫画本はもちろん、DVDも、ゲームも大量にあり
全く何もせず寝てしまったんだから(泣)

近いうちに札幌で友人と飲む予定であり
せっかく作った会員証もあるので
ちゃんと利用してみようかと思う、


2013年06月10日(月)




テンションが上がらない月曜日。
だが、夕べもチビがお泊まりしていた。
朝早くに相方が洗剤を買いに出かけた時に
運悪くチビが目を覚ましてしまい
メソメソしながら俺の部屋の戸を開けた。
いつもあちこち連れて行ってるし
色々な遊びを教えてあげていて
それなりになついているはずなのだが
いまだかつて、俺と一緒に寝たことが無く
絶対に相方じゃないとダメなんだ。
それが目を覚まして相方がいなくて
仕方が無く俺の部屋を覗き
俺が手招きすると布団に入ってきた。
かなり端っこの方で嫌々寝ていたが
渋々でも俺の所に来たのが可愛い。
5分もしないうちに相方が帰ってくると
一目散に出ていったが・・・・(爆)


チビ、小さくても
生理的に男はイヤなかな〜


2013年06月09日(日)


さてさて、南国で台風が発生した。
既に3号だそうで、本州直撃かもしれない。
俺が来週金曜日に南国へ出かけるので
ちょっと微妙なタイミングではあるが
今週中に日本を通り過ぎる予報。
が、この時期に台風って
3年前も、うたの日に台風に遭遇、
嵐を呼ぶ女を無理矢理作り上げて
罪をなすり付けてきたここ数年だが
もしかしたら
俺が嵐を呼んでるのかも知れない。



2013年06月08日(土)

早起きして釣りへ行ってきた。
サクラマスは釣れずにほぼ終わったが
これからは鮃狙いで頑張ろうと・・・。
が、どちらの魚もなかなか釣れないので
釣り人泣かせではある。
短期に結果が出ないとすぐにやる気が失せる俺には
少々合わない魚ではあるな〜(笑)

結局釣れなかったが、帰り道で山菜採り。
俺の好きなタラの芽を夜喰う分だけゲットし
家についてもまだ9時前(爆)
天気が良いので写真を撮りがてら
その足で室内ゲーム。
しかもしっかりと儲けた。

昼から念願の冷蔵庫が来た。
当たり前だが以前のような音はしないし
内部もかなり綺麗で大満足。
よくあんな酷いので我慢していたな(笑)

夕方からはチビとゲイラカイトで遊ぶ。
チビにとっては初体験であり
こういうことを少しずつやらせて
経験値をドンドン上げてやりたいな。

室内ゲームで儲けたので
夜は家族みんなで外食。
土・日は半額で飲み食いできる飲食店は
残念ながら味が落ちてしまい
俺は二度と行かないだろうな。
まあ、飲んだ量だけで元は取ってるけど(爆)


(^_^)v


2013年06月07日(金)

かなり久しぶりだが
戦友とも言うべき写真仲間にメッセージをした。
たわいもない140文字以内のそれだったが
なぜ、メッセージをしようと思ったのかな?
子供の成長に驚いたからか?
まあ、それは口実に過ぎないかも。
大人はいつまで経っても大人だが
子供は身体の成長はもちろんだが
幼児から小学生のように冠がドンドン変わっていき
そのスピードにちょっと驚いてしまう。
そのことで自分が老いていくのを感じちゃうのは本末転倒。

会話の中で、やはり俺は卑下してしまう。
もちろん開き直ってネタにしてるのだが
文字の場合はネタにならないこともある(笑)

「老いたし、禿げたし」

ネタとは言っても
その反面、自分に言い聞かせているのかも。
そんなところで見栄を張っても仕方がないが
男は幾つになっても いい格好しい〜(爆)
よく見られたい願望ってあるね。

自分ではわからないが
チビの存在が俺を温和にしてるのか、
そんなお世辞の言葉も・・・。
いや、タバコを吸わなくなって
以前より10キロ近く太っただけで
単に顔と身体が丸くなった。

が、ドンドン反比例する性格には困ったもんだ


2013年06月06日(木)

PCが壊れた。
夕方から色々手を尽くしたが動かない。
友人の付き添いで行く旅行代金、
今月は車検だし、他にも6桁単位の出費があるし
PCをGETするのは厳しいかな〜(泣)

暫くはiPhoneとiPadで凌ぐしかないな。


2013年06月05日(水)

月曜日は毎週怠くて、週末のリハビリで
1日中PCを触ってぼや〜っとしてる。
しかも気持ちは週頭ということしか考えられず
次の週末のために時間が過ぎるように祈るだけ!

火曜日は少々元気が頭も身体も回復し
それなりに仕事もしちゃったりして〜。
しかし、まだ週の前半と言うこともあり
何をやっても身が入らず、やはりテンションも上がらず。

水曜日になると週の中日と言うことで
この曜日がとにかく週の区切りとなる。
徐々に週末に確実に向かいつつあること実感し
夜にはテンションが一気に上がってくる〜〜。
だが、ヒルナンデスのピンクのベスト(名前書くのもイヤ)、
チャンネルを回すといいともの声がでかいだけで頭の回転が悪い
社長が奥さんのくだらないお笑い芸人がはしゃいでいて
マジでテレビ界から消滅して欲しい奴らでうんざりだ。

木曜日になるとほとんど週末気分で浮かれてくる(爆)
翌日を乗り切れば週末というテンションのせいで
何をやってもハツラツとし、手際よく事を進める。
夜なんて、油断したら釣りに行ってしまいそうなほどで
自分を抑えるので大変じゃ〜〜〜(笑)

金曜日は何も言うこと無し。
が、明日からの週末が待ち遠しすぎて
平日では一番時間の過ぎるのが遅いような感覚になる。
でも、俺はやっぱり金曜日の夜が一番好きだし
何よりも心が和み、また充実した気持ちになるフライデーナイト。
毎日金曜日なら良いのとか思ってしまう。

メインで遊ぶのは金曜の夜から土曜日にかけてだ。
何をやっても「もう1日ある」って感覚が好き。

日曜日は午後から一気にテンションダウン。
最近は早い時間から家にいて、テレビを見たり
風呂に入ったりしてリラックスしているかな〜。

で、今日はどんな感覚なのかな〜?(笑)


2013年06月04日(火)

FBで呟いた。
「行く日をワクワクして待つこのくらいの時期が好きかな〜。
変なのかな?」ってね。
二人コメントをしてくれたが、同意見でホッとした(笑)
もちろん行ってる時が一番楽しいのだが
着いた日からすぐに帰る日をカウントダウンしてしまい
「楽しみが終わる」って気持ちにドンドン支配される。
だから、楽しみが近づいてきてる3週間くらい前からが
色々な想像が出来て凄く楽しい時間をおくれる(笑)
こういう性格って一生治らないだろうな。

おそらくそんな性格のためだろうけど
どこに行くにもかなり余裕を持って行動する。

例えば朝の6時に出発で、目覚ましを5時半にセットすると
目覚まし無しで5時にはバチッと目が覚めてしまう。
あるいは離陸時間が9時の飛行機だとすると
8時前には空港についていて、暇を持て余す(爆)
最近は飲み会等の集合時間の5分前には着いてるようにしてるが
以前は20〜30分前には現場に到着していたくらいだから
俺の中で今は相当我慢して遅らせていることになる(笑)

凄く大事で絶対に遅刻してはいけない時に
もしかしたら遅刻をしてしまい、それがトラウマになってる?
ってか、そんな記憶が全く無いのだが、あまりにも強烈で
無意識に脳がシャットダウンしちゃってるのかも知れない(爆)

話は逸れたが、
時間が迫ってくるとシッコやウ○コがしたくなり
いてもたってもいられなくなるので
それも俺に早めの行動をさせている一因でもある。

まあ、人を待たせるくらいなら
俺が待つ方がよっぽど気を遣わなく良いし〜(笑)


2013年06月03日(月)

雲が少し多く、気温が低めの今日だったが
世間ではクールビズが始まったので、俺も乗っかる(笑)
が、やはり朝晩は半袖ではかなり寒いぞ・・・。

昨日、山菜採りをしたのだが
袖口を2番目のボタンをしていなかった場所、
ちょっとした隙間なのに7カ所も蚊に刺された。
ヤブ蚊なので毒性が強く、赤く大きく腫れてきて
完治するまで長引きそうな予感。
2週間前に刺された左腕の同じような場所
未だに赤みが引かないし、はっきり跡が残っている。
年齢のせいかもしれないが、皮膚の再生能力がかなり落ち
本来治るものも治らないって感じかな〜(泣)
耳の後ろの皮膚のカサブタが出来る現象は
かれこれ2ヶ月以上、いや、もっと続いている。
カサブタではないのだが、表面の皮膚が壊死して
カサブタのように剝けては取って、また出来て・・・。
ほうれい線の始まり(小鼻に接した場所)も
以前小さなできものが出来て以来、
同じ場所に似たようなできものが出来て治らない。
向こうずねに出来たすり傷のような跡もいつまでもあり
それが治らずにたまに痒いんだよな〜。
あっ、そうそう、ケツの割れ目にも皮膚のカサブタ出来て
それが剝けてきては取り、また出来ての繰り返し。
たまにカサブタが出来る前に触ってみると
何か得体の知れない体液のような汁が出てきていて
それが非常に臭いんだよな〜〜(泣)

老化ってこんなもんか?

細胞の崩壊が明らかにわかる俺の身体。

まいったな(爆)


2013年06月02日(日)

夕べは泡盛ロックを数杯のみ、10時には爆睡。
ハイクで疲れているところでの泡盛はダメだな〜(笑)

若干の二日酔いで動くのが面倒だったし
相方は早い時間に買い物へ行ったので、布団の中でゴロゴロ。
このまま1日ゴロゴロしていようとも思ったが
昨日ほどではないが今日も天気が良いので勿体ない。

週末にやろうと思っていた残り1個の山菜採りだが
買い物から戻って来た相方を乗せて山へ出発・・・。
この時期、しかもこの異常気象を考えて場所を選択したが
1カ所目はフキばかりで楽しくない。
30劼曚桧榮阿掘以前ウドを大量にゲットした場所へ行くが
あったあった!
食べ頃のウドが数本ずつまとまって生えてるし
場所もかなり入りやすく採りやすい場所。
ほとんど移動せずに30本ほど採り、
喰うには十分なのでウド採りは終了(爆)
俺、ウドはあまり好きじゃないし、
たくさん採っても喰う量って知れてるじゃん。

その後は羊蹄山撮影の定番スポットへ行き
ちょうど桜桃が満開で最高の写真が撮れた。
俺が写真を撮っている間
相方が包丁を持って走り回っていたが
そばに生えていた立派な三つ葉をゲットしていた。
俺、三つ葉も好きじゃないし〜〜(爆)


めっちゃ充実した週末だった。

めでたしめでたし(笑)





2013年06月01日(土)

夕べ、懲りずに釣りへ行ったが全くダメ!
釣り人も少なく、時期が終わったって感じだな(泣)

朝から青空が広がり、最高の天気だったので
FBで滑りに行こうかな?と呟くとすぐに次男が反応し
一緒に行きたいと言うことになり待ち合わせ。
山へ向かうと先週よりも劇的に溶けていたが
滑る斜面に関してはまだまだ大丈夫だった。
板を背負い、ポールを使用してのハイクアップだが
こんなにちゃんと準備して登るのは初めて・・・。
なんせ、次男はポールを買って未使用だったこと、
6年前に大会でもらったリュックも未使用だったため
とにかく一度使ってみたかったと言うことだったらしい。
俺も仕方が無く、ポールとリュックを使用してのハイク。

例の如く、不整脈が時々出ていたので無理は出来ず
先週とほぼ同様な場所まで登ったが、俺はここで待機。
「好きなところまで登ってこい」と次男を行かせるが
なんと、30分ほどかけてピークまで登ってしまった。
下から望遠で写真を撮っていたが、細かな表情はわからないが
かなり満足そうな動きをしていたな。

俺の合図と共にスタートし、コース取りは次男に任せ
俺はひたすらシューティング。連写連写の雨あられ(爆)
1分弱で滑り降りてきたが、その満面の笑みを見れば
いかに気持ちよかったかが想像できるぜ〜〜。
その後、下部で遊びながら写真を撮っていた。
満足満足。


滑った興奮が冷めないし
天気も良く浮かれてしまっていたので
家族で居酒屋へ行き、盛り上がってしまった。

夕べから充実した時間を過ごしたが
もう1個、山菜採りをしていないが、それは明日だな(笑)





感想BBS メール書く いいっしょ! 別館へ
oyazy

↑エンピツ投票ボタン
My追加