猫頭の毒読書日記
DiaryINDEXpastwill


2005年07月30日(土) 花のギャラリー(描かれた花の意味)

小林頼子著
改訂新版
八坂書房2003年7月刊
カラー図版90点

花卉画の終焉と近代絵画の始まりについて大変面白かった。

内容
花卉画を造形性とともに象徴的メッセージの両面から解説する。
描かれた花の意味=花のアトリビュート(象徴)



はじめにー花でつづる西洋絵画 の要旨

西洋美術史の中で、花の絵がまとまった考察の対象になりうるのは
ルネッサンスの時代が始まるころ。

神のはしためとして目に見えぬ事象をひたすら象徴的に描き出していた絵画は、
現実空間を映し出す鏡に変わり、描写技法は写実主義へと転換したが、
外観の大きな変化とは裏腹に、思考の枠組みとしては
かっての象徴の大系をそう簡単に捨てることができなかった。
15,16世紀の花の描写は、この面での考察をないがしろにすると、
作品の意味を取り違える可能性がある
近代的な花卉が画誕生したといわれる17世紀になっても作品の意味を規定し続けていることもままある
オランダのフランドル派などの花卉画についての意味の問題は、
スェーデンの美術史家ベルクストレームが端緒を開き、
植物学者から美術史かに転じたセガールが研究を進めているが、
慎重な検討を要するケースが多々ある。

巻末論考目次

西洋絵画の中の花
花卉画を成立させた背景
ギリシア・ローマ時代の花の描写
中世と花の描写
花の描写におけるネーデルランドの重要性
花卉画の成立前史ー
  象徴の花
  寓意の花
花卉画の成立に向けてーフフナーヘルとルドルフ二世
花卉画の第一世代
  オランダで活躍した画家たち
  フランドルに活躍した画家
第一世代の花卉画の特徴
成長期の花卉画
円熟の花卉画
花卉画の洗練
18世紀の花卉画
超絶技巧の花卉画
花卉画の終焉
17世紀花卉画の解釈をめぐって
アトリビュートとしての花
花卉画の宗教的解釈
文学的テクストと花卉画


2005年07月28日(木) 加藤道理『字源物語』

閑話休題:「大丈夫」だけど
この語も身体尺に関係あるようです
身長一丈=十尺の男に大という美称をつけたようだ
ここでの一尺は何センチ?
ものをはかるのは手だけでなく足でもはかり
歩くとは「先に左足を踏み出し次に右足を踏み出す動作」であり、
一歩とは6尺だそうだ(^^;


対語として
「六尺(りくせき)の孤」ていうのがあるよね
身長6尺のガキンチョ
しかしそれを15,6歳のオトコノコを指すというのはちょっとちがうっぽい
(加藤道理『字源物語』明治書院)


原産地アフガニスタンから西アジア一帯

思文(「詩経」周頌)
后稷(こうしょく 伝説時代の堯帝の時の人。名は棄(き)。
農業をつかさどり、周王朝の始祖とされる人物。)が
天から麦をさずかった
天から賜った来牟(らいぼう)(麰=おおむぎ)
来(來)は実って穂の垂れた麦(麥)の形の象形で、麦の原字
麦が天から降りてきたところから、來が『来る』の意味に用いられるようになり、
後で足をつけた麥(麦)の字が作られたもの
足がつけられたのは、麦は冬に根を踏みつける麦ふみの必要があるからと考えられる。
五穀(稲=米 孔子の時代はまだ一般的でなった、黍=もちきび、
稷=うるちきび、麥=むぎ、菽=豆類)の中で
種を秋にまき、冬を越して翌年の初夏に実るのは麦だけ
→来年とは年を越して麦の実る翌年のこと…
_________
白川静も…





2005年07月25日(月) エピソード

ヨーダという名前の猫は多いヨーダ


あらかじめ入ってくる雑音が多くて、たとえば、
「アナキンがダース・ベーダーのマスクを
初めて装着するシーンには涙した」とか…
そういうわけで、なんとなく涙する予定であったのが、
そもいかなかった

ルークの右腕が切断されたこと
アナキンの右腕が切断されたこと、

いろいろエピソード1から3と4から6は重なる仕掛けになっているといわれ、
「今明かされるすべての真実」…といわれても、

でもアナキンの父って誰よ?
ん?そんなんみとめられな〜〜い
もう一回通してみなければ…とくに6…という感じです


2005年07月24日(日) ソウヤーの処女作

海の日の連休より読書中ですが
もう10冊?
「ゴールデンフリース」…って金の羊毛か
ギリシア神話下敷き(アルゴス譚)
1960年生まれで1990年の作品
フリースってあれですか…

続いて
「さよならダイノサウルス」


2005年07月20日(水) ゴッホの遺言

日本推理作家協会賞という
小林秀樹著
(1999年4月情報センター出版局刊)

う〜〜ん、すごいですね
7月6日は、自分から弟のところにいったんではなくて、
弟と弟の奥さんに来いといわれていったんだという。
それはゴッホが、絵に対する気力に満ちていたのを、打ち壊す出来事であったというわけだ。
ヨー・ボンゲルというのは、テオが死んでから、ずっとゴッホのためになにかしていたという
印象であったのに、実は再婚していて、その夫がなくなったあと、書簡集を出したのだという。
書簡集の寝室の絵のスケッチは贋作であり、
「烏のいる麦畑」を最後の絵と解釈する通説を作ったのは、彼女であり、
ゴッホ像まで作り変える改ざんと捏造を行った、と、断罪されている。
うむむ
つづいて、同じ著者の「ゴッホの証明」という作品(ノンフィクション)がある。
(アマゾンの古本で購入)


2005年07月19日(火) 世界美術館紀行

ろぶさんからお勧めのあった本
「NHK 世界美術館紀行」シリーズ

テレビ放送の内容>

解体イヤ買いたいですね〜
NHK世界美術館紀行 (1)

*市立図書館にないですね
う〜〜ん…もっと充実させてほしい


2005年07月18日(月) 連休読書


SF読むのは久しぶりだ←2002年11月以来?(
ダン・シモンズ

ハイペリオン〈下〉
最近

30年分?

ホコリ掃除しませんと(^^;
しかし老眼鏡が必要になったようだ(^^;


2005年07月17日(日) ソウヤーのSF (ヒューゴー賞受賞作)

久しぶりのハヤカワ文庫
続きが読みたいかも


2005年07月14日(木) バットマン・ビギンズ

月一映画の友と(回目のゴッホ展の後)
12:50分からバットマン・ビギンズ
梅田ブルグというのは、ミニシアターだった。(はじめて)
これは二番手で、
わたしはスターウォーズが一番見たかったが、
1977年、最初のスター・ウォーズが劇場上映されたわけでした
娘も月一映画の友も、
前のがわからないからまだ見なくていいんだって
へぇ〜〜〜
月一映画の友のほうは宇宙戦争のほうを見たかったようだが、
私はもう見ていて、二度見る気にはなれなかったので…

渡辺謙が早々殺されてしまったのでちょっとがっくり
クリストファー・ノーラン監督、
キャストはクリスチャン・ベール、モーガン・フリーマン、
リーアム・ニーソン、、ケイティ・ホームズ


2005年07月09日(土) 地域コミュニティ紙

2回目の取材を受けた


2005年07月08日(金) 考える人

遅くなったが1年分送金(5600円)
新潮


2005年07月05日(火) 宇宙戦争

平日朝中ノ島にゴッホ展を見に行ってはしごで
梅田で映画

「宇宙戦争」って昔、本で読みました。H.Gウェルズ
> 確かタコみいたいな宇宙人(UFO?)がでてくるのだったような・・・
> 読んだことありますか?
はい、もちろん
だこ=火星人で、「火星人襲来!(1953)」ですね…
________________
われわれの知能をはるかに凌駕する生物が、
われわれ地球人がこの世の営みにあくせくしているさまを、
顕微鏡下の水滴中にうごめき、繁殖をつづける微生物でも見るように、
観察と研究とをつづけている
_____________
スピルバーグには悪いけれど
ちょっとどこかで見た古い感じが
映像もこれはあの映画のあれに似ているな、とか(^^;
伸びる頭とか、ダコタの叫び声とか…
トム・クルーズやティム・ロビンスも、あれじゃもったいない感じだ
いや悪口いってすみません?


猫頭 |MAILHomePage