GINMAKU
DiaryINDEXpastwill


2005年02月22日(火) 題名が全てを語る…?

蜷川幸雄さん演出、清水邦夫さん脚本の舞台

『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』

を観に行って参りました。

主な出演者は堤真一さん、段田安則さん、中嶋朋子さん、木村桂乃さん、高橋洋さんでした。


オープニングから迫力ある演出!
舞台一面が炎に包まれているように赤々とライトで燃え立ち
客席に出現した女達があちこちから叫ぶ。

次の場面では舞台一面が階段。
正面は大階段。
両脇も階段。
役者さん達は正面の階段を下りてくるか
舞台の天井から下がっている梯子を使って登場。

堤さんは逃げ落ちる途中、頭を大怪我してから自分を将門の敵だと思い込む将門を。
コミカルでやけに明るいのに、その明るさ、無邪気さが逆に怖い。
狂気に満ちた将門から正気に戻る瞬間も何だか急に口調も表情も一変して
凄かった。

段田さんは将門の参謀者である三郎を。
どんなに狂っていてもずっと忠実に将門に仕える。
劇中で真面目な部分と遊びの部分とあるのだけど、そのバランスが絶妙。
とりあえず未だに私の中では朝ドラ「ふたりっこ」の“お父ちゃん”のイメージであっただけに
舞台役者さんなんだな、と認識して、その上手さを実感させられました。

木村さんは凛とした冷たい雰囲気を持つ将門の恋人、桔梗を。
背筋がピンとして堂々たる姿に「オオー!」と。
普段のイメージとは、とにかく全然違うと思う。

高橋さんは将門の影武者の一人であり、三郎の弟である五郎を。
狂った将門はいないものとして五郎を本物の将門にしてしまおうとする桔梗に誘惑されてしまう。
自分でも本物の将門になりきってくるあたり、何だか悪い奴っぽくもあるのだけど
何とも可哀想な人でした。

中嶋さんは三郎&五郎の妹であり戦場で男に体を売る歩き女、ゆき女を。
とにかく、存在感が凄い!
私の中では舞台で一番輝いていたと思います。

でも主な役者さんは勿論脇役の方達まで、皆凄い迫力があった。
蜷川さんの演出は物凄く厳しいと言われるだけあって
今回のも今まで観たものも、どれも凄いな、とか改めてビックラでした。

帰り道は舞台の余韻に浸りつつ、ボォーッと帰りました。


今年は「NINAGAWA VS COCOON」とかいう企画で
蜷川さんの舞台をあと三つくらいコクーンでやるらしいので
出来たら全部行きたいなぁ…。


2005年02月17日(木) バナナチョコホイップサンド

今日は高校の友達と
母校へ遊びに行く予定だったのですが
真の目的である部活の顧問が風邪で早退してしまったため
吉祥寺で一緒に買い物へ行きました。

買い物の目的は
顧問の先生が留学してしまうので
その餞別プレゼントを探すというものでした。

ウロウロして
色々見て
オリエント急行のプレミアマグカップにしました(笑)


途中で休憩して色々話しました。
同じ学校なのに
あまり会えないので
久々に楽しかったですね。


2005年02月10日(木) マック・ザ・ナイフ

bamboo様からのお声が掛かったのは先週のこと。
「Hey!sen、久しぶりに僕と試写会でもどうだねぃ?」
「ええ行くわ!アナタとならドコへでもぉ!!」
(※この会話は、かなーり脚色されてます。…99%くらい)


そんな訳で、(ぇ)
『ビヨンド the シー 夢見るように歌えば』の試写会へ行ってきましたよ☆

60年代に活躍したアメリカのエンターテイナー、ボビー・ダーリンの伝記(?)映画。
ケヴィン・スペイシーが歌う!踊る!
ミュージカル調になってます。

我が家で流れている曲ばっかで、聴いていてかなり楽しかった。
この年代の曲が好きな人には、かなり楽しい作品だと個人的には思う。
勿論知らない人でも楽しめると思いますよ。

ケヴィン・スペイシーがこんなに歌上手いとは知らなんだ;

最後の方のタップダンスが結構見ごたえあるんでは。
とりあえず私的にツボな感じでした。


2005年02月09日(水) キム!パパ!トニー!シェリー!

一日中、家にいましたよ。
でもって、ジャック・バウアー観てましたよ。

風邪はほぼ完治。
でも何となく胃が変なのであります。


2005年02月08日(火) おーう!

熱下がりませんでした。
いつもは1日で下がるのになぁ。

ストーブの前で
うつらうつらやってたら
怒られました。



2005年02月07日(月) ジャック!

医者に行ったら
ただの風邪みたいです。

先週は妹が風邪をひいていたので
きっとうつされたのでしょう。



最近、24にもハマっています。
シーズン兇らですけど。

母が伯父が録画したものを借りてきて観てたのを
一緒に観てみたら
見事、24の罠にかかってしまいました。

母は気ら観ているので、説明聞きつつ観ています。

「そんなに面白いのか!?」
と半信半疑だったのですけど
噂は嘘じゃありませんでした。

…という事は、もしや、冬ソナも……。


2005年02月06日(日) うつされたー。

選挙権獲得!
投票してきましたよ。

初選挙!
何の選挙かと思ったら市長選。
でも二人だけ。

夜にニュースで観ていたら
投票した方は大差で負けていました…。
ちと寂しいもんがありますね。


ゲームはますます面白い展開に入って
良いところだったのに
夕飯に呼ばれ
セーブできないとこだったため
記録がパー。

しかも何だか熱があるような気がしたので
測ってみたら
38度とかあってビックラしました。


2005年02月05日(土) そういえば…

書き忘れてましたけど
1月に『ハウルの動く城』やっと観て来ましたよー。

原作は中学生の時、読んでいて
城とか、もっと「城!」な西洋的なものを想像していたので
公開前は少しだけ違和感を感じてました。

でもジブリカラーにすっかり染まって
それはそれで良かったです。

ハウルの変身するところは『クラバート』って本を思い出しました。
個人的には小学校の頃読んでちょっと不気味な話に感じましたけど
宮崎さんが好きな話らしいので
もしかして、その影響も受けてるのかなー?とか少し思いました。


評判ほどキムタクの声も変じゃなかったので安心しました。
三輪明宏の声は荒地の魔女にピッタリでしたね
見かけも荒地の魔女=三輪明宏みたいな


テーマ曲の「人生のメリーゴーランド」は良いと思うけど
他の曲はいまいちパッとしなかった気がします。
でも財布に余裕があったら
サントラ買っちゃうかもしれません。
とりあえず「人生のメリーゴーランド」は気に入りましたので。


2005年02月04日(金) 今日もやりました。

今日も幻水やりましたよ。
結構ハマリますね!

面白いです。

早く本題に入りたいなー
なんて思いながら楽しくやっちょります。


でも…目が…
お゛お゛お゛ーー。


歳ですかね。


2005年02月03日(木) 久々ゲーム

やっと幻水4をやることが出来ましたよ!

11月にヤフオクで安く手に入れたものの
とてもゲームなんかしてられる時期じゃなかったもんで…。

ずーっと我慢していたので
開封するのもワクワクでありました。


始まってオープニングに
おおおっ!!

い、今のゲームってコンナニスゴイノネ…。

画面もキレイだし音楽も何かゲームとは思えぬような。

PS2の機械は持ってるのに
やるゲームは何故かPSのものばかりだった私にとって
かなりショッキングな感動でありました。


ゲームを始めて30分…
こんなリアルなCGのやるの初めてな上にゲーム自体久しぶりなので
あっという間に酔いました。(オイッ!)


面白いけど長時間は出来ぬかもしれませんのぉ。
とりあえず今のところは。


2005年02月02日(水) プログラムのデザインは、ちょいと良いと思う。

『ターミナル』観て来ました。

でも思った程じゃなくて、ちょっとがっかりです。

「『ターミナル』マジ泣ける!絶対観てください!」というメールが
某友人から送られてきて
期待してたんですけどねー…。

宣伝でも「泣ける感動作」って感じでしたけどねー…

私は泣けなかったよ…。

一緒に行った母も「これなら『東京タワー』の方が良かったかも」
と文句言ってましたよ。

一応、現代のファンタジーってことですよね。

ありえない事多すぎで、アメリカンハッピーでしたね。

つまらない訳じゃないんですけど、何だろう…。


「(役の中での)トム・ハンクスが1人で感動してる自己満の映画ね」
が母の結論だったようです。

まぁ、ある意味確かにそうかもしれませんね。

エンドクレジットの名前が本人のサインで書かれていくのは面白かったです。


sen |MAILHomePage

My追加