PARANOID DIARY  海野  
 
弄り遊戯コンプ。 / 2004年02月28日(土)
 

ということで昨日届いた「弄り遊戯」、フルコンプしました。
なんだかネタとか祭りとか変な熱気にあおられて
今までに無いくらいワクワクしながら発売日を待ってたんですが、
普通に面白かったです。2月の勝ち組?
ということで、今日の日記は感想文とか。
注意しますが多少ネタバレ事項あるかもしれませんので、
ちょっとでもダメな人は読まないようにお願いします。


■システム面とか。
 ふつーに選択式アドベンチャーです。
 トゥルーエンドに行き着くまでに、選択肢は大体10個程度。

 システム画面(ウインドウ)はちょっと…
 まぁ「マリン」だからなぁーという気持ちで見ましたが、
 次回はもうちょっと画面にも力を入れてほしいです。
 なんか古臭いというかセンス悪いというか…。
 前回やった「WINGS INNOCENT」のシステム周りが可愛かっただけに
 無骨な印象を受けました。プレイには支障なし。

 バックログ、スキップ機能搭載。
 得にバックログは、私がEnterキー連打してしまう癖があるので
 (もしくはマウス左クリック連打の癖)
 ないと困るのでした…。
 そういえば王子2でもバックログ搭載されて嬉しいところ。
 でも画面いっぱいにログが表示されるタイプのほうが、
 私は使い勝手がいいです。
 弄り遊戯は、テキストウインドウに表示されるタイプだったので。
 スキップは既読・未読判定機能なし。
 このせいでバックログを何度も利用する羽目に。
 でもスキップなしとスキップあり(判定機能なし)なら、
 断然後者を選びますよね…。
 次回から判定機能つきならもっと喜びます。
 あと、スキップをつかっても遅い。
 自分で連打するよりは楽なんですが、
 立ち絵が変化するところでは激遅くなります。
 もうちっと早ければいいなと思いましたが、
 これは既読判定なしが故の、やさしさのかもしれない…。

 セーブは20個。
 自分は12個くらいしかつかいませんでした。
 選択肢が最大でも11個(たしか)なことを考えれば
 これで十分事足りるのではないでしょうか。

 あと、インストールは無事にできました(笑)
 「身代わりの館」がバグなかったようなので
 本当はあんまり心配してなかったんですけど。

■キャラとか。
 脇キャラが結構いっぱい出てきて(予想よりは)驚きました。
 ていうか公式で発表されてるあの5人(主人公含む)しか出ないものと…。
 女性キャラも3人。(正確には4人?)
 そのうち2人は可愛くて、普通に萌えました。
 というかそんな男放っておいて、他のいい男見つけなよ…と思うくらい。
 吉岡さんと、ミツキちゃんなんですけどね。
 得にミツキちゃんが好きだ…。ラブだ…。
 吉岡さんも、いろんな意味ですごい子です。ろべ。
 
 攻略キャラクターについては、だいたい見たままの性格です。
 主人公も、シナリオの人がメッセサンオーさんの特集ページで書いていますが、
 本当に「いじめられっ子」な存在。
 その主人公の一人称で進むので、
 「だからお前はいじめられるんだよ!」
 と突っ込みながらも、許容範囲でした。

 萌えキャラは…
 すんません、みんな萌えた。
 プレイ前の予想では、穂高(体育会系)に萌えるかな、とか
 二宮(イケメン系)もなかなかだな…とか思ってたんですが、
 すんません、みんな美味しくいただいてしまいました。
 だってみんな可愛いんだもん…
 でもなんだってこんなに主人公に執着するんだろう。
 まぁそこらへんは本編でも語られてるので推測できますが、
 みんながみんな主人公のこと買いかぶりすぎ。
 と、ぐじぐじした主人公の一人称を読まされたプレイヤーは思う(笑)。
 でも主人公も性格悪いわけじゃないんですよ。多分。

 そんでもって主人公への執着の理由は、
 メッセサンオーの特典でこれから堪能します…。
 (結局メッセサンオーで通販してしまったのですよ…痛手)

■CGとかシナリオとか。
 立ち絵は想像以上に変化があって驚きました。
 でも時々あってないところもあったような…。
 塗りは、メジャーなエロゲ塗りではなくて水彩系。
 やってて「コ・コ・ロ…」の塗りを思い出したんですが、
 あれはどっちかっていうとコピック塗りか。
 力入ってるところと抜けてるところがあるような気も。
 画面がごちゃごちゃしたCGはそんなに気にならなかったのですが
 肌など面積の大きいところはちょっと荒かったかもです。

 原画も力入ってるところと抜けてるところ…
 というか、時間無かったのかな…と思えるようなところも。
 私なんかに「デッサンが〜」と言われたくないと思うんですが、
 まぁそんな感じの絵も。
 私は絵<シナリオ派で、
 絵で受け付けないことはあまりないので別によいです。
 というより、萌えフィルターの前ではデッサンなど無用。
 あのキャラ造形をしてくださった原画さんに文句なしです。
 得に二宮の顔が可愛くてお気に入り。

 背景は…なんかギザギザしてました(笑)
 変な3Dではなかったんですが…。
 これも変なところと見れるところが。
 見れると思ったとこ→マルキューもどきがある街並。
 ?!と思ったとこ→バスルーム…シャワーが……。

 シナリオはよかったと思います。
 へんな癖もなかったように思え、ちゃんと読めました。
 地の文が主人公の一人称なので何ともいえませんが、
 三人称でかかれたエロ文章も読んでみたいと思いました。
 私の好物である言葉攻めも入ってて満足。
 というより、言葉攻めの入ってないエロゲなんて…!
 (私は何か間違ったことを言っていますか?)
 エロもよかったです。
 やっぱり無理やりとはいえ感じる、これ重要。
 実際は最初っからそんなに感じるかよ!
 とかそういう水を差すようなことを持ち出すのは無粋です。
 ホモエロの受けとは、処女でもアンアン啼いてしまうような生物なのです。

 あとエロのバリエーションが多くて満足。
 結局エロか!
 …でもこの作品はエロあってこそ成り立つかと…。

 ちなみにCGは全部で77枚(差分含む)、
 EDは私が確認したものでは20個ありました。
 (ノーマル、バッドなど含めて)
 でもED回想ついてないので、正確なところはどうにも…。
 シーン回想機能はついてるんですが、
 全部エロシーンか、それに準ずるシーン。
 これが男性向けなら完全に抜きゲー判定ですよ!

■総評。
 面白かったです。陵辱系好きな私にクリティカル。
 「気になる」→「告白」→「オッケー」→「エロ」
 みたいな純愛路線が嫌いなわけでは決して無いんですが
 やっぱり体のつながりから始まる関係も美味しいのですよ。
 というか好みなんですもの…。
 これからももっと陵辱系増えないかなー。

 ボリュームも、私にはこれで十分でした。
 もともとゲームにそんなに時間かけるのイヤなので
 (ゲームにもよるんですが、
  パソゲーをする理由の1つがコンシューマーより短いから。)
 このくらいでフルコンプできるボリュームで満足です。
 というより、「定価に見合う価値」=「フルコンプにかかる時間」
 ではなくて、「定価に見合う価値」=「萌え」
 なので、時間はあんまり関係ないです。
 まぁこれもコンシューマーとパソゲーの違いというか…。
 同人誌で1000円だせるボリュームが
 商業誌だと物足りなく感じるのと一緒かと。
 もともとの価値基準が違うんですね、多分。
 バイト代1日半分ですけどね…フフフ。

 あと上記でも書きましたが、私は絵<シナリオ重視派です。
 だけどシナリオっていざ読んでみるまでわからないし…
 シナリオを売りにするためには商業作家とか、
 過去の実績がないと難しいと思うのですが、
 いったん固定ファンがつくと離れ難い魅力だと思うので、
 シナリオライターさんにはぜひ頑張って欲しいです。
 原画さんも私は好きな絵でした。
 こっちは購入前にサンプルCGなんかで確認できるので
 自分に合うかどうかの判別が容易だと思います。

 ということで、陵辱萌えで、絵が許容範囲、
 ボリュームもさほど気にしない人にはお勧めしたい1作でした。


と、長々と語ってしまったのですが、
更に忘れないうちに、攻略ヒント。
※ヒントであって攻略ではありません。
 自力で攻略したいけど、つまづいてる人向け。
ネタバレ多少ありなので、以下反転です。
ちょっとくらいのネタバレオッケーな人で困ってる方はどうぞ。



★香坂ルート
基本的に簡単だと思うんですが…。
ポイントとなる選択肢は
・薬を自分で塗るか、塗ってもらうか
・香坂の言葉を流すか、否定するか
あたりだと。
ほとんど引っ掛けの無い選択肢だと思います。
ちなみに他のルートでも言えることですが、
私は序盤の辰巳がらみの選択肢のセーブデータを使いまわしたので、
そこがキーポイントになってるかどうかは不明です。
一応自分の選択肢は↓

「生中」「飲む」「行く」

ただし香坂ルートに関してはコンタクトの選択肢は関係ないようです。


★穂高ルート
一番苦労したのが穂高ルート。
かなり最初に重要なフラグが立ってなかったらしく、
なんどバッドエンドを見たことか…トゥルー見れたときは感動でした。
というか穂高はスポーツマン、というイメージだったので
××だとは萌えポイントですねー。

ポイントは、辰巳を頼りながら穂高を避けること。
ポイントとなる選択肢は
・コンタクトを作りに行くか、行かないか
・穂高のことを好きか、嫌いか、そうでもないか
・穂高の言うことを信じるか、信じないか
あたりだと踏みます。

穂高ルートではBADでも回収できるCGがあり、
むしろこれを回収するほうが難しいのかも…。
序盤のフラグをひとつだけ外して、
そのほかはトゥルーと同じ選択にすると
2択の選択肢が3択になるのでそれで回収できました。
(というよりトゥルーにたどり着けないときに回収しました…)


★二宮ルート
二宮ルートも選択肢は素直なものが多いです。
ただ他ルートへの分岐が他よりも多く感じたので、
こまめにセーブしながら進めることをお勧めします。
ポイントは
・水野を追うか、残るか
・寂しくない?か、うらやましいか
くらいかなと思います。

キャラの中で1人だけ萌えキャラを選べ、と強要されれば
「二宮…くんです……」となみだ目で答えてしまうかもしれない。
他のキャラも好きなんですが、不器用萌え。


★いじめっこ組ルート
やっぱりコレコレ、このルートがなきゃ!ということで。
二宮ルートからの分岐です。
水野に関わりつつ、辰巳には遠慮してください。


★??ルート
まさか隠し攻略キャラがいるとは思わないじゃないですか…。
正直本気で驚きました。すごいよ、マリン(マリンだから)。
これも二宮ルートからの分岐。
水野に関わってください。
??が出てからの選択肢は結構素直。エロいです。


★辰巳ルート(純愛)
…これを純愛、と表記するのはどうかとも思ったんですが。
とりあえずトゥルーエンドなので。
(でも私は限りなく灰色だと思ってますよ)
二宮ルートからの分岐。
いじめっ子組ルートに入りそうになったら甘えてみよう。
あとは甘えるだけ。
こちらもルートに入ってしまえば後の選択肢は素直です。


★辰巳ルート(陵辱)
私はこっちのバッドエンドのルートが好きです(断言)。
ここだけシナリオにちょっと変化あって…。
そこらへんがたまらないのですが。
選択肢5つでエンディングを迎えるのですが、
選択肢の4つめの後に変化が無いとルートに入れてないのでやりなおしかと。
二宮ルートからの分岐ではありませんが、
辰巳ルート(トゥルー)は二宮ルートだということを念頭において
序盤の選択肢を選んでみてください…ヒントも難しいです。


★そのほか。
主要キャラのエンド(トゥルー、バッド問わず)を1個ずつ見ないと
発生しないルートが多分2つ(CGあり)。
それぞれ選択肢4、5個でエンドを迎えるので、
ルートに入ってないと思ったら引き返してください。
ひきこもり系な選択をすることがポイントです。



以上、役に立つんだか立たないんだかわからないヒントでした。
というか今日は最萌えバンドのライブだったんだから…
それを書けばよかったのに…腐った日記です……。
(でもすごく堪能しました。フェロモン出しすぎです、Tさん)


 
こころのエロ袋。 / 2004年02月25日(水)
 

先日2、3巻を購入したので、
水戸泉先生の「恋のからさわぎ」シリーズを2日で3冊読破。
エロ満載で心のエロ袋がもたれてしまいました。
おなかいっぱいだ…げぷ。でも面白かったです。
エロとはこうあるべき、というのをいつも教えられます。
先生は偉大です。リスペクト。
なんか新刊(シリーズ4巻)も出てるので、買いに行かなくては。
でも当分エロは食べれなさそうな予感です。エロもたれ。


バイトのTさんが種を見始めました。
Tさんは堅気のガンダムファンなので種は認めん!と言ってたのに。
Gジェネをしたいがために見るのかも。
ケーブルでやってるエヴァも見始めたそうです。
その調子で20代後半からアニオタになるとよい…ニヤリ。
でもいくらすすめても∀は見てくれない。面白いのに。


明後日(もう日付的に明日ですが)は「弄り遊戯」の発売日です。
一応入金も早めに終わったけど
初めて使うショップなので、当日に届くかどうか心配…。
というか地方なのでフライングはないんだな…。
3月1日から旅行に行くので、
なんとか発売日にはきちっと着いて欲しいです。
というか着いてくれないと旅行先でモンモンとしてしまう。
ミラクルが起こって、前日に明日届かないだろうか…モンモン。
でも怖くてすぐにはインストールできないかも…モンモン。


そういえば種の総集編の放送が決まったそうです。
重要情報とはこれのことだったようで。
総集編だったら劇中で何回も、しかも時には連続でやったやんけ、
と思ったのですが、新しいカットが入るとか。
新しいカットっていったって全体の何%ほどか…
でもとりあえず新しいビデオテープ買ってこなきゃな、
と考えてるあたり、種オタを否定できない…。
とりあえず可愛いキラたんとアスランが拝めればそれでよいや。


 
これでいいのかエ○ックス。 / 2004年02月23日(月)
 

今日はトップでも書いたんですが、本当にありえないくらい寝てた。
これを不眠症の人に分けてあげたい。
二十歳を越えてから6時間以上寝ると脳細胞が死ぬって言ってたな…
ただでさえ脳細胞はもう減る一方で
こんな私に残されたのはニューロンとシナプスを鍛えることだけなのに
本当にダメな一日でした。勿体無い。シナプスも減る。


そんなこんなで家を出たのが夜の10時というダメっぷり。
ダメ人間はダメ人間らしく、本屋に行きました。
本当は「好色少年のススメ」最新刊を買いに行った筈なのに
今日に限ってレジが新人(男)ぽくって、断念。
いつもなら平気なんだけど、一体何なんだろう。
でも新人は必ずサポートつくし(この時点で恥をさらすのが2人になる)
もたもたしててトロいから早く袋にしまえ!と思います。
ので、今日買ったのは国枝彩香先生の「ためいきの温度」(ホモ)と
柴田亜美先生の「PAPUWA」4巻。
「PAPUWA」は限定版と通常版が同時発売なんですが
もう限定版しかなくて、高かったけど読みたかったので買いました。
ちなみに限定版のアイテムはこちら。
煮てよし、焼いてよし!
自分で使うもよし、人に(嫌がらせとして)あげるもよし!
なタンノ君ストラップ。
可愛いんですが、脛下が再現されてなくてしょんぼり。
でも私は携帯にストラップはつけない派なんですよね。
おとうとに「あげるよ」と言ったら
「イラネー」と速攻返されました。しょんぼり。

そんなPAPUWA最新刊でしたが、いろいろとヤヴァかったです。
だからなんで男しかいないのに脱衣マージャンを始めるのか…っ。
ウマ子じゃなくても乙女美ジョン炸裂ですよ。
そういえばウマ子がどんどん可愛くなってきてる気がします。
今回もチャイナ服、ナース服とコスプレてんこ盛り。
ウマ子は可愛いよ、本当…(洗脳中)。
マッシヴなアニキ率も相変わらず高かったですが、
ストーリー的にもギャグから一転シリアスモードのようで。
そういえば前作(「南国少年パプワ君」)もギャグだギャグだといわれるけど
半分くらいはシリアスで、再読して驚きました。
もっとギャグギャグしたイメージしかなかったので。
でもやっぱり基本はギャグ。
しかしエ○ックスは一体どこまで許すのだろうか…。
少年誌で新宿2丁目とか出てきても
純粋な少年はきっと意味がわからないよ。

もしこんな展開を柴田先生がやってたら
あざとすぎて同人のネタにもならねーよっ
となるところだと思うんですが
それがすんなりとギャグに組み込まれて受け入れられてるのが
柴田先生のすごいところだと思うのでした。


国枝先生の「ためいきの温度」はいつもながらの力量発揮で
どの作品も安心して読めました。
表題作以外で3部作が入ってるんですが
(だから実質はこっちのシリーズが主役)
受けがよかったです…誘い受け。
攻めがまっすぐ過ぎる分、受けがいろいろと先の手を読んで、
ひとりで何でも決めてしまって。
結局攻めの力押し、みたいになるんですが、
それはそれでこの人はしあわせだと思います。
1作だけ入っていたギャグの「ぼくたちの卒業」が一番好きでした。
ラストは少し読めてしまった感じがありましたが
まさか○○くんがあんなに積極的だなんて…と(笑)。
でもあとがきにあったオッサンヒロインな話も読んでみたいです。


あとは、「ゲーム批評」を立ち読み。
本当は「GAMEピアス」と「B's LOG」も読みたかったんですが
最近はビニールがかかってて読めないんですよ。ビニ本か。
しかしピアスのほうはビニールかかってなくてもなかなか読めないです。
紙面にエロCG多すぎて。恥ずかしいですよ、一応、私も。
買ってる雑誌は「微熱王子」だけですね。
でも季刊なのでなかなか出ないのが悲しいです。
B's LOGは以前からCD−ROMついてるせいかビニールかかってて
あんまり読んだことありませんが…
意外なタイトルを表紙にしてくれるのでいつもドキドキです。
(「Take off!」が表紙飾るとは思わなかったんですよ…)

「ゲーム批評」は毎回立ち読みで済ませてしまってますが
最近読んでる雑誌の中ではかなり楽しく読ませてもらってます。
まぁいうなればゲームのサブカル誌なんですけど。
別にサブカルの匂いにあこがれるような年でもないんですが、
普通のゲーム雑誌では「ゲームレビュー」のコーナーがあっても、
それが辛口と評判のコーナーであっても、
大作ソフトを堂々と否定したり批評したりは出来ないと思うんですよね。
あくまでもゲームありき、のゲーム情報誌であるし。
別に「ゲーム批評」が批判否定バリバリなスタンスではないんですが、
いうなればゲーム情報誌の情報って、
私にとっては「全米癸院」を繰り返す映画予告くらい信用ならない。
(信用ならない、というよりは別になんの効果もないアオリ文句みたいな)
別に私はゲーマーでは無いのですが、
普段とは別の視点でゲームそのものを眺めていると、
もっといろんなジャンルに挑戦してみたいなと思います。
昔はRPGみたいな基本一本道のゲームしかしなかったのですが、
最近は「自由度」という言葉が胸をくすぐります。
「自由度」って采配を間違えると、
ゲームバランスをひどく崩してしまうものだと思うのですが、
もっとプレイヤーが自由に遊べるゲームが増えてよいと思う。
そのことに気づかせてくれたのが私にとってはガンパレで、
ガンパレに出会ってなかったら今でも、
王道RPGしかプレイしてなかったと思います。
(今でももちろん王道RPGは大好きですけど)
でもライトユーザーからすると、
自由度が高いってことは「目的」が探しにくい、ということで、
まだまだ日本では定着しないと思います。
あれだけ世界中でヒットしたGTA3も結局どうだったんだろ。
あと、今回の特集にもあったけど、最近はシリーズモノが多すぎ。
新規タイトルで大ヒットしたのって昨年ありましたかね…?
シリーズモノを失くせ、とはいいませんが
(だってガンパレ2もしたいしテイルズシリーズももっとやりたい)
もっと新規タイトルも頑張って欲しいと思います。
ということで、みんな、バテン・カイトスをやるのだ。
私も来月か再来月、お金があればGC買う予定…。
でもWIN版のシムピープルもやりたくてしょうがない。
最近人様のシムアルバムを見るのが楽しいです。

あとサブカル系というと「コンティニュー」も好きです。


 
ダメダメ。 / 2004年02月20日(金)
 

がんばろう、と思ったけど
やっぱり低いほうに流れて行ってますよ…
いや、いかんいかん。頑張ろう…頑張ろう……(セルフコントロール)。


今日は久々にH子ちゃんが家に遊びに来るというので、
ちょっとだけ掃除しました。
なのに「汚っ」と言われてショック…。
まぁ普通は汚いと思うよね…
これがいつもより綺麗な状態だなんていっても信じないよね…。
明日も早く起きれたら掃除しようと思います。
台所に発生していたカビは無事退治しました。

それでH子ちゃんは私のパソコンで種のタイピング、
私は昨日買ったGジェネSEEDを背中合わせでプレイ。
一体2人とも何をしていたんだ。
しかも2つとも種でボイスありなので、
どっちのボイスかさっぱりわからないのでした。
GジェネはSEEDモードをちょっとしかしてないんですが、
やっぱり長めのチュートリアルですね、あれ。
初めてGジェネやるんですが、簡単…。
しかしムービーとかCGはすごく綺麗だったです。
SEEDモードが終わったらジェネレーションモードやろうと思いますが、
ロランたんを鍛える気満々です。
というかガンダムは∀とWと種くらいしかまともに見て無いので
他のキャラにはなかなか愛着がわかないというか。
しかしロランたんはよい。

サクラ大戦もぼちぼち進行中。
2日で1話くらいのまったりペースですが。
サクラ2で気になるキャラがいるので
早く2をしたいような気もしますが
とりあえず1をオールコンプしたいです。
でもオールコンプが一体どんな状況なのかすらわからない…。
とにかく1回クリアしてみることにします。
攻略本もないままでゲームをするのは久しぶりだ。
(とんでもないヘタレゲーマーなので)
あとPS2のワイルドアームズAFも早くしたい。


今日はバイトで大きな不足がでてしまったんですが
大きな過不足が出るときは決まって私が入ってるんですよね…
こりゃ私のせいか?! と時々悩みます。
でもたまたまだよね〜と自分に言い聞かせ中。
あと今新人さんが多くて大変なんですが
自分が入ったときも上のスタッフさんはこんな思いをしてたのですね、
と思うことで自分を抑えてます。
まぁ抑える、といっても私は下のスタッフに怒った例が無いので
(もちろん上のスタッフに怒ったことも無い。キレたことはある)
これからも怒ったりしない、と思う。
別に私が優しいんじゃなくて、
自分の得にならないことに関わりたくないだけです。
あと、人を叱れるほど自分が仕事できるとも思わないしな。
でも上の立場になったら自分の力量がどうであれ、
怒ること叱ることも仕事のうちなので、上の人は大変だ。
とにかくこれからも私はきっと、新人さんに甘い。
それでもってなめられる、と。


 
ロケットマン。 / 2004年02月19日(木)
 

ここ数日(といっても昨日と一昨日だけですが)忙しくて
日記の更新もできませんでした。サクラ対戦はやってたけど。
でも昨日また、部活の友達と会って、
ああ、私は今こんなサクラ対戦とかやってる場合じゃないと気づく。
でも家に帰ったらやっぱりやってしまう。
人は低いほう、低いほうへと流れていく生き物だ。意思を持たねば。
と、いうことでちょっと頑張ろうかな。ゲームはしますが。


今週の「PAPUWA」はアラシヤマが主役!
と前回の次回予告を見てからずっと楽しみにしてたんですが、
やっぱり面白かったです。3回も見たよ。
だってアラシヤマ14歳なんだもん…可愛いよ。
ガンマ団士官学校時代の話なので、ほかのメンバーも若いです。
ミヤギくんはやっぱり美少年だなぁ。
それでもってシンタローも登場です。
あの時代は結構やる気だったみだいです、ガンマ団で。
でも声優さんはやっぱり変更なんですね。
前回の「南国少年パプワくん」を見たのは相当昔で
もう声とか全然覚えてないから違和感とかはないんですが、
緑川氏は好きなので本当はちょっと聞きたかったです。
でも緑川氏はパソゲーで聞けるからいいや(笑)。
あとアバレンジャーとか。

それにしてもアラシヤマはやっぱりいい。
友達いないところがいい。
感情が高ぶると発火してしまうところもいい。
受けでもいいし攻めでもいい…。


十二国記は総集編。これにて終わりです。残念。
来週からは何があるのかな、と思ったら
来週はとりあえずつなぎのアニメがあるみたいな予感。
でも総集編なのに「歩けない、おぶって。」がなかった。
やっぱり更夜以外は原画乱れてるところありますよね。
斡斗とか…結構乱れがちだったと思います。
でも六太が可愛くて尚隆がかっこよくて更夜が美人なら、私はよい。


今日は先月からずっと楽しみにしていた
「Q.E.D」と「ロケットマン」最新刊の発売日でした。
もう加藤元浩先生最高!
最近マンガを純粋な目で(非腐女子の目で)見て
ドキドキすることが少なくなってしまいました。
私の中では初版部数日本一なあのマンガよりもドキドキ度は上です。
もちろん土俵が違うので、どちらが上とかは一概には言えないのですが。
この2作は知的探究心をギュンギュン突いてきます。
もう最高。これしか言いようがない。

「Q.E.D」のほうはいろんなところで取り上げられているので
結構知っている方も多いんじゃないでしょうか。
私も思うに、現在ある推理マンガの中では秀逸だと思います。
(もちろん推理マンガの枠を超えても秀逸だと思っていますが)
今回の後半の話(「いぬほうずき」)はトリック、
というか謎解きとしては少々強引であった感がありましたが、
動機付けなどが素晴らしくて、感動しました。

「ロケットマン」は今回、あの人の登場です!
もう隠す必要がない(表紙からあの人だし)のですが、
あの人の登場を心待ちにしてた人は少なくない!…と思う。
(それ以前にロケットマンを読んでる絶対数が少ない気もしますが)
知的探究心を突く、といった面ではQ.E.Dの上を行くと思います。
冒険だよ冒険、私はこれが見たかったんだよ。
冒険といっても丸っきりのファンタジー世界ではなくて
「情報」を武器とした冒険です。
(といってもCIAとか公安とかボロボロ出てくるので、
 現実的かといえばそうでもない)
あの人の登場は流れから言って読めてたんですが
それでも出てきたときには嬉しくてしょうがなかったです。
しかも過去回想とかあるし。萌え。

だいたい4ヶ月に1回コミックスが同時発売なので、
そのたびにこうやって布教してます。
そのうちすんごく有名になったらいいなぁ。
でもそういう系統のマンガじゃないのもわかってるんですが。
とにかく、生粋のマンガ好きで最近面白いマンガ無い、と思ってる人に読んで欲しいです。


(そして純粋な目〜とか言ってますが
 結局あの人と紫霞(ジーハ)萌え、燈馬くん萌えだったりする)



GジェネSEED買いました。
とりあえずSEEDモードしてみる予定です。
でもSEEDモードはチュートリアル要素のような気もしてきた。


 
タイピング。 / 2004年02月16日(月)
 

通販していた種のタイピングゲームがなかなか届かないなー
と心配していたら、配達日時指定を自分でしてた。
……疑ってすいませんでした…。

「どうせ種だから」と微妙に期待していなかったのですが
予想通りの出来でした。
いや、私はキラたん大好きなのでこれだけで十分ですけれども、
ほかのキャラ、特にザフトのアスラン以外のファンはどうするんだろう…。
まず声が、キラとアスラン、ラクスとカガリ、マリューしか出ません。
せめてザフト赤服は声入れて欲しかったです。
要所要所でアニメシーン(結構長い)が入るんですが、
この5人以外の音声はカット。
「ここだけは入れて欲しいのに!」というシーンもカット。
とりあえずキラたん萌えの人、マリュー萌えの人以外はがっかりしそうだ。
(マリューはナレーションなのでずっと喋ってます。新録だし)
ステージクリアでもらえる画像も、全て公開済みのもの。
それか、公開済みのものをちょっと加工したもの。
…わかってましたけどね…ウフフ。
肝心のタイピングは、練習モードがないのでちょっと不親切。
これはタイピングを練習するためのソフトではなくて、
タイピングで話を進めていくゲームだと思ったほうが適切です。
しかしこのタイピング、速さよりも正確さが肝心。
速さは人並みにあると思う私ですが、
ミスの多さは人から指摘されるほどです。
(バイト先のレジもピーピー鳴らしてます)
なので、ちょっと辛いです…ゆっくりでもミスなくせば大丈夫。

しかしタイピングとかソリティアとか、
こういった単純なゲームほど我を忘れてはまってしまいますよね。
かくいう私も、気づけばこんな時間に…。

OPからキラVSアスランの死闘までのダイジェストみたいなものだったので
なんか種を見直したくなりました。
もうすぐ最終巻も出るし、1日1話ずつとか見直そうかな。
なんだかんだ言っても、やっぱり種が好き。


ゲームといえばMさんに借りた「サクラ対戦」始めました。
セガサターンを買ったのにソフトがなくて、
いろいろ探したんですが今どきSS置いてあるお店は少なかったです。
と、嘆いていたら貸してくれました。
いやー、みんな可愛いですね。
やっぱり今はさくらが好きかなーと思いながら、アイリス狙いです。
それで声優さんもみんな豪華で上手いですね。
よくキャラにあってると思います。
戦闘パートは難易度がすごく低めに設定してあると感じたのですが、
繰り返しプレイを想定しているのなら、あれくらいがいいのかな。
あと、戦闘パートはユニットの移動が遅くてちょっとだるいです。
行動順番も決まってるし、移動範囲も広い気が…
私はフライトプランさんのSRPGしかロクにした事がないので
それでそんな風に感じるだけかもしれません。

でもやっぱりコンシューマーはボリュームが違う、と痛感しました。
あんなにさくさくやって、さくさくイベントが発生するとは…。
アニメもたくさん入ってるし。
広井王子氏はなんだかんだいってやっぱりすごい。
PSの「サウザンドアームズ」も面白いので、お勧めですよ。



ありえない。
ずっと洗い物をほっといたら、カビ生えてました…ガックリ。
バイトの人に言ったら、「冬なのに…!」と驚愕されました。そりゃそうだ。
心を入れ替えて、こまめに炊事選択いたします。
もうすぐおばあちゃんも帰ってくるし、
その前にまた部屋を片付けなくてはー。


 
デカレンジャー。 / 2004年02月14日(土)
 

バイトに新人の子が入ってきたので教育をしてるんですが、
初めて自分よりも年下の子に教えるので可愛くてしょうがないです。
「お姉ちゃん」って呼ばせたい。変態。
年上の人としゃべるのは別に苦手じゃないんですが、
教育とか指導とかはやっぱり今までしにくかったからなぁ…。
でも萌え萌えしてたら周りの視線が痛くてしょうがないです。
でも、可愛いものは可愛い。あ、女の子です。


今日から始まったスーパー戦隊シリーズ新作。
今度は「特務戦隊デカレンジャー」です。
前のアバレンジャーは最後になってはまってしまったため、
今回は最初から見ようと決意。
デカレンジャーは男3人女2人の構成です。最近ではめずらしい?
で、メンバーをどんどん集めていく展開ではなく、
初回から5人全員揃いました。
でもレッドだけは新しく加わったメンバーで、
そのためほかの4人とまだ仲良くなってない模様。
しかし今回の人物名は全部お茶の名前にかけてあるようで。
青の「宝児」(ほうじ茶)、緑の「仙一」(煎茶)、
黄色(女性)の「茉莉花」(ジャスミン茶)、ピンク(女性)の「梅子」(梅茶)
はそれなりにいいとして(宝児はギリギリどうかと思うが)
赤の「伴番」(番茶)はないよね!と思いました。バンバン。
赤は二丁拳銃を使うんですが、まさかそれまでかけてないよね…とか深読み。

キャラ的には、伝統的なカラーイメージが性格付けされててわかりやすいかと。
以下、超個人的感想。

【赤】猪突猛進。熱血。人の話を聞かない。正義感。考えるよりもまず行動。立ち直りも早い。
【青】ナルシスト。プライド高し。クール系入り。実力派。だけどちょっと心狭かったり。ナルシストだから。(ほかのメンバーが目立つのが嫌らしい)リーダーシップとりたがり。
【黄】知的派、インテリ派ヒロイン。クール。多分完璧主義。実は涙もろかったりすると思う(予想)。
【桃】ロリ派ヒロイン。天然。ムードメーカー。由美かおる、源しずかちゃん要因(お風呂好き)。
【緑】…今のところ目立ったことは…と、こういうところが既に緑的キャラ。みんなのまとめ役、ちょっと日和見主義?

上にも書きましたが、赤以外のメンバーは既に行動を共にしていて、
もうこれ以上メンバー増やさなくてもやっていけるよ、
と思っていて、ちょっと排他的。
今のところリーダーシップは青が取っているので、
特にその雰囲気が強いようです。
(多分桃と緑はどっちでもいいと思ってるんじゃなかろうか)
多分今後の展開としては、赤と青の確執(黄は青に加勢)、
黄のやさしさ垣間見エピソード、
青と桃のラブエピソードなんかを大胆予想してみます。
…は! ここにも緑がいない…。
でも多分、緑も主役はれる話があるはず。1年もあるんだから…。
そして私は結構緑好きだから。

まだ始まったばかりですが、なかなか面白かったです。
聞き込み中に、聞き込み相手をみすみす殺されちゃったりして
(あんな重要な話を道端でしてるからだよ)
ちょっとどうよ!とか突っ込みどころもちゃんと満載です。
上司は地球人じゃない、犬みたいなやつだし。
白鳥スワン(メカニック担当)は何の層を狙ってるのかわからないし。
来週からも見ることにします。
OPはオーソドックスなヒーローソング。
EDはちょっとはっちゃけてます。こうでなくちゃ。


ライダー剣。
やっと話がわかってきたようなわかってきてないような。
主人公(ライダーブレイド)には今まで友達がいなかったそうだ。
仮面ライダーシリーズの共通テーマは「孤独のヒーロー」なのですが、
ライダーになる前からブレイドは孤独。年季入ってます。
しかしそんな彼も仲間を得て、喜びに満ちています。よかったね。
そんでもって橘先輩はやっぱり良い…。
あと敵か見方かさっぱりわからないライダーカリスがカッコよいです。
ロケ地は、北海道ですか?


プリキュア。
今週も面白かったです。
プリキュアは、普通のヒロインと違うところが良いです。
なんと言っても、肉弾戦。
女の子ヒロインといえば杖、ブレスレッド、コンパクト…
そのようなアイテムが必要になりますが、
プリキュアは跳ぶ、殴る、蹴るの肉弾戦。
だいたいヒロインが、いくら変身してるからといえ
コンクリートの壁がへこむくらい吹っ飛ばされるアニメはめずらしいかと。
今日は体育館でのバトルだったんですが、
バスケットボールが腹にクリティカルヒットだったし。
教育実習生のネタ、時間があればもう少し活用して欲しかったかも。
敵に授業を受ける…アデット先生ですか?




「弄り遊戯」、メッセサンオーの特典がすごいです。
でも高いんですよね、送料とか……。


 
歩けない。おぶって。 / 2004年02月13日(金)
 

やっと試験終わりましたー。
というほど試験受けたわけじゃないんですが…
(今回は途中であきらめたものが多すぎだ)
あとは来週ゼミ発表が終われば春休みです。
本当はいろいろ将来に向けてやらなきゃいけないんでしょうが、
私はとりあえずゲームをする。
(でも今まで別に我慢していたわけではない)


昨日I氏からビデオを受け取って、やっと見れました。
4話で終わるなんて早すぎだよー
もっと更夜(とその中の人)見せろー
と思いながらも、最終回。来週は総集編です。
とにかくエロかった。
公共の場、しかもN○Kでボーイズラヴですか?
と何度テレビに向かって突っ込んだかわかりません。
もう六太、尚隆のこと好きすぎ。
尚隆もかっこよすぎ。六太可愛がりすぎ。
とにかく面白かったです。
ホモフィルターはずしても十分面白い…
ていうかこんなすごい作品で妄想してすみません!
という気になるので、是非見て欲しいです。
……ヤヴェ、やっぱり雁国編だけDVD買おう。

しかし更夜の原画にはどのカットも力入ってんな…
と思ったのは私だけでしょうか。
ほかのキャラは結構崩れたり(そこまでひどくないけど)してたのに
更夜だけ、どのカット見ても美形。美人。
でも更夜大好きなのでよいです。中の人も…(笑)。

一緒に撮っておいてもらった「PAPUWA」も面白かったです。
基本的には原作のネタなんだけど、
原作のネタだけじゃ30分持たないからオリジナル入ってて、
原作読んでても十分楽しんでます。
というかアラシヤマー。
最近「〜どすえ」とか言っちゃうのはこの影響か。明らかに。
ウマ子も声が入ると破壊力が全然違う。
乙女美ジョンは原作よりエロかった気が…。
というかあれを見ているお子様は「ご法度野郎」の意味がわかるのだろうか。
わかったら、それはそれでイヤなんですけど。
来週はアラシヤマ主役ぽい!
しかもガンマ団の士官学校時代!
こりゃ見逃せないですな。ジュルリ。
早くDVD発売にならないかな…。
というかもうすぐ4巻発売です。じゅるじゅる。
公認海賊本(アンソロ)も出るらしい。
こっちは作家さん見てから検討しますー。



バレンタインに何かしようと思ったんですが
激しく間に合わなさそうな予感。悪寒。
16日くらいにポツーンと置いてあっても、笑わないでください…。



 
涙腺が。 / 2004年02月11日(水)
 

年をとると涙腺が弱くなる、とはどこかで聞いたことあるんですが。
バイト先のNさん(♂・確か今年25?)は先日
夜中に1人で「魔女の宅急便」を見て泣いたそうです。
魔女の宅急便で泣く25歳の男…モエー。
ちなみに、宅配先のおばあさんがキキにケーキをあげる(?しばらくみてないので違うかもしれませんが)
シーンで大泣きしたそうです。…ラストじゃなくてか!
(ラストでもちゃんと泣いたそうです)
萌えーですね。

「何度も見たことあるのになんで泣いちゃったかなー」
と不思議がっていたNさんをピュアな人だなーとか思ってたんですが、
私も先日やってしまった…。
それこそもう5回以上は読んでいる川原泉先生の「美貌の果実」なんですが、
確かに感動するシーンだけど泣くほどか?ってところで。
なんだろうな。やっぱしどこかに落としてきたピュアな部分が疼くのか。
それとも最近疲れてるからだろうか(←こっちが有力説)。

まあマンガで泣くことは時々あるので(結構涙脆いんですYO)
別にそれはそれほど驚くことではなかったのですが、
先日初めてホモゲーで大泣きしてしまいました。
大泣き、っていうよりむしろもう男泣き。
まぁその時も疲れてたんでそれもあるんですが、
それにしてもパソゲーで泣くとは思わなかったのでちょっとビックリ。
(コンシューマーではもう泣いたようだ)

「WINGS INNOCENT」が終わったので「JEWEL GARDEN」始めました。
あれ、試験中では?というツッコミは聞こえない方向で。
先日GジェネSEEDを予約しに行ったついでに
なんかいいゲームあるかなーとうろうろしていたんですが、
前までほとんどホモを置いてなかったエロゲコーナーに
ぼちぼちホモゲーを発見。
(そのときは「あがけ」「すきしょ」「薔薇ファン」などが)
うわー、こりゃチェックチェックーと思って血眼で捜してたら
「JEWEL GARDEN」を発見してしまいました。
しかも新品1980円…気づいたときにはレジにて会計。
これは前から欲しかったんですが、
ソフマップでのセールを逃してしまって買えないままだったんです。
ということで、その日に即プレイ(試験は?)。
その大団円エンド(多分メインルート)で大泣きです。
だいたい予想してたけど切ないっつーの!
18禁ではないのでキスくらいしかCG的にはないのですが、大満足。
もともとホモゲーって乙女ゲーの延長で、
エロが入るのはルート達成したご褒美、という意味あいが強いように思います。
もちろんエロメインのゲームでは違うと思うんですが。
(だから私は、乙女ゲーの18禁は興味ない)
だからこれからももっと、非18禁なホモゲーが出てもよいと思うのでした。
転じてb_worksさんがんばって!ということになると思う(笑)。
しかし悲しいのは、こんなに良いゲームなのに
製作した「White plum」さんは既にブランド解散なこと…。
ここから他のゲームでたら欲しかったのになぁ。


話変わって。
やっと南京ぐれ子先生の雁国新刊を手に入れましたー。
長!てか本分厚!!
と嬉しい喜びでした。
もう私は南京先生の十二国記パロ読みすぎで、
本当の十二国記読むときも脳内では南京先生キャラに変換ですよ。
特に講談社文庫版は挿絵が入ってないのでそうなのですよ。
もちろん山田章博画伯のイラストも大好物です。
やっぱり雁は良い…。
熟成させすぎて腐っちゃった☆という雁国再録本も出して欲しいです。
恭国再録はなんとか手に入れたんですが。
恭国ネタも大好きだ…なのでアニメ化して欲しいですね。

アニメといえば前回、せっかく「歩けない。おぶって」だったのに
PAPUWAともどもとり損ねてしまいましたYO!
というか試験があって直でバイトだったのですが、予約忘れた。
ので知り合いのI氏に「撮っとけ!」と命令懇願。
でもさすがに「標準で撮っとけ」とは言えませんでした。
まだ見てないので、早く受け取って見たい…「おぶって」。萌え。
ゴツイアニメ十二国記に拒否反応を起こして見てなかったわっきーさんも、
前回の放送を見て「ゴツくないじゃん!というか美形!」
と萌えてくださっておりました。
だから最近は作画良くなったと言ったじゃないですかー。
というか、もう十二国記も終わりですね…。
いいんだ、4月からはさくら再放送だから。撮らなくてはー。
と思ったらバイト先のHさんが全部DVDで持ってるとか。漢ですね。


 
日曜日の朝。 / 2004年02月08日(日)
 

今日はがんばって朝まで起きて、
子供ゴールデンアワーを微妙に制覇しました。
なんかすごいやる気になった。
けど眠たかったのでそのまま就寝。


アバレンジャー。
最終回でした。
途中とか最後のほうとかしか見てないので
(結局全部見たのは5回くらい?)
さっぱり話がわからなかったりしたんですが、とりあえずブルー萌え。
ブルーはよいです。美人、美人!
しかもレッドが普段は敬語使いなんですよねー。
こりゃもう赤×青しかないよね…とか。
最終回なのにいろいろと妄想しました。
実は先日ビデオを借りにいったんですが、借りられてた。
今度また行って、最初から見たいと思います。
でもアバレンジャーは女の子もみんな可愛くてよいね。
次回の刑事(デカ)レンジャーも、一応チェック。
とりあえずアバレとカクレとタイムは全巻見たいところです。

ブレイド。
1話めを見たのが原稿中(※その日の午前からイベント)だったので
見たといっても話がさっぱりわからず。
とりあえず、「今度はカードを売りたいのか、番台」と思いました。
たしかにアレなら関連商品も出しやすそうでよいね!
牛乳大好きな子が好きです。
でも話の内容はよくわからない。
とりあえず、タチバナ(漢字もわからない)先輩は受けでよいのだろう。
OPはやっぱり相川七瀬だった。
これも有線で流れるんだろうな…。

プリキュア。
先週から始まったので、本当に見たかったんですが
先週はあえなく、始まる前に寝てしまって見逃しました。
ぷりぷり〜きゅあきゅあ〜〜。
OPはすんごく好みです。ああいうのが好きです。(曲も画面も)
話も女の子向けアニメの王道で、いいんじゃないでしょうか。
変身後、主人公が「ブラック」なのが良いです。
私はブラック(なぎさだったかな?)が好き。
ホワイトももちろん好きですよ。
このままご町内の安全を守っていってほしいです。
でもよくわからないのですが、あの変身後の衣装はすごい力を持っているんですか?
まさかあんなにバーンっ!と扉にたたきつけられるとは思わなかった。
敵が歌舞伎みたいな格好なのもよい。
来週は2人の学校に擬態して先生で潜入!
こりゃ見逃せませんなー。
あと、私がこどもだったらあの携帯ペット欲しがりましたね。

以前はアニメとかほとんど見てなかったのですが
最近アニメブーム到来です。
それでもって、子供向けアニメが好き。


GLAYの新曲のアウトロを聴いていると、
どうしても、ときメモGSのB'zの曲を思い出してしまうんですが
これって私だけなんだろうな、きっと。
そういえば結構前ですが、怪盗アプリコットのパソ版が当たりました。
いつくるんだろう…でも面白いんだろうか…
本当はホモゲーが欲しかったんですけど。


 
所詮上の命じることに服従するしかないんですよ、われわれ下層階級は。 / 2004年02月07日(土)
 

ということで、4月からいろいろと法律が変わるらしく。
なんでも販売するものは「税込み」価格にしなきゃいけないらしいです。
そういえばAlice Blueさんでも王子さまLv2の販売価格がなんたらとありました…。
しかし上は「4月からするからね。よろしくー」
みたいなことを通達すれば済むんでしょうが、
現場の人間がいくら苦労するのか一体どれほど考えているのだろうか…。
只今、店内全ての価格表示を打ち直してます。
今日は文庫の100円を3分の2程度と、大人コミックも3分の2くらい。
ずーっとその作業やってたので、接客の記憶がないよ!
しかもうちの系列は50円単位でしか価格設定をしないので
税込み表示にすると全部の値段があがるんですが…。
(例:今まで税抜き300円の本(税込みだと315円)が税込みで350円に)
売り上げ悪いときに、そんなお客さんに悪印象なことしたくないんだけど…。
でもまぁそのおかげで今月は残業続きなので、
来月のお給料が上がることは確実で、本当は少し嬉しいです。


昨日日記で書いた雁須磨子先生の
「SWYIN' IN THE AIR」と「いちごが好きならあかでもとまれ」
この2作が3月に幻冬舎より新装丁で発売。
やったー、大好き、幻冬舎。
幻冬舎といえば藤田貴美先生の「SHIMABARA」と
船戸明里先生の「砂漠の星」も復刊発売中なんですが
すっかり忘れて買い忘れていた。来月当たりに買う予定です。
(「SHIMABARA」はソニーマガジン版で持ってるんですが…)
少しでもいいからコメントでものってるとよいなぁ。

あと3月発売のニュータイプの付録がすごいらしい。
なんか今までNT誌上に載った種関連のページの再録版だとか。
なんだそりゃー。
しかも気になることも書いてあって、なんだよー、買いますけど。
といういことで、今までNT買い損ねて悔しかった人は、
来月発売の買えばすむ、ということで。



周りの人の大番長の進み具合を聞いていると
うらやましくてしょうがありません。
わーん、私も早くしたいよ。
でもエロよりもホモを優先した私に、嘆く資格などないのです。
でも早くしたい…来月あたりに攻略本が出るのでそれは買います。


ところで裏のカウンタの周りが異常だと思っているのは私だけでしょうか…?どきどき。


 
多分勝ち組。 / 2004年02月06日(金)
 

この日本が資本主義上等な以上、
常に「勝ち組」と「負け組み」は存在します。
「そんなことないよ」
「人はみんな平等だよ」
「ナンバーワンよりオンリーワンだよ」
とかなんとか綺麗事を言ったところで
結局のところ買われない花はしおれるだけなんだよ。
嘘だと思うなら共産主義国の現実を見るんだ。

とかなんとかほえてもしかたないわけですが、
今日の私は確実に勝ち組です。
だってとうとう「弄り遊戯」予約してしまいました。
……3月初日から旅行に行くんですが、
キャンセルしたいくらい早くプレイしたいです…(2月27日発売)。
今回はAmazonさんで予約してみました。
やっぱり1500円以上は送料無料っていうのが美味しいです。
2月/WINGS INNOCENT
3月/弄り遊戯
4月/王子さまLv2、帝国千戦記(追加ディスク込み)
と、4月いっぱいまでは充実の予定ー。
コンシューマーも「ブラックマトリクス00」予約してしまいました…。
コンシューマーはなかなか予約してまで買わないんですが
(たいてい発売後、値下げをじりじりと待つ)
今回は初回特典に惹かれてしまい…。
初回特典商法に弱いんです、ハイ。
てことでコンシューマーも
2月/SDガンダムGジェネレーションSEED
3月/購入予定はないけど↑が終わってない予感
4月/ブラックマトリクス00
と、こちらも充実。
ていうかまだ終わってないゲームもたーんとあります。
(いまだにガンパレのSランククリアが…)
高校生まではゲームはほとんどしなかったんだけどな…。
そういえば4月になったら弟にPS2を返さねばならぬのだった。


Sちゃんに貸そうと思って、雁須磨子先生の「SWAYIN' IN THE AIR」を発掘。
この話とっても好きで好きで、何度も読み直しました。
ところで雁先生の初期の絵はよしもとよしとも氏の昔の絵
(「エリーゼのために」とかそこらへん)
に似てると思うんですが、どうなんだろう。
あと一時期、「反町君には彼女がいない」の有川祐先生の絵にそっくりで
「この2人って実は同一人物なんでは…!」と疑ったことも。
「のはらのはらの」はすんごく可愛くて周りにも好評です。
私も大好きだー。特に福岡人はアレ好きなはず。
かわいくて…台詞回しが独特。
台詞が独特な人はとてもよいと思う。
しかも考え抜かれたものでなくて、天然。絶対。
(いや、考えてるとは思うんですが、それよりも天然が上を行ってるんです)
ここらへん、門地かおり先生とも似てる気がします。
とりあえず白泉社ははよ「どいつもこいつも」完結巻を出せ、ということで。
持ってる「SWEYIN〜」はソニーマガジン版(ワイドサイズ)なのですが、
ルチル版も見つけたので買ってしまいそうです。
あとがきが、ちこっと違う…。


母の家でカレー食ってる間、
カレー以外のにおいがする。くさいくさい。
と思って家に帰ったら、帰ってもそのにおいが。
どうやら原因は(母の家の)卓上にあった香水のビンらしい。
うっかり触ってしまったので、
今はその香りが指先から鼻腔をくすぐっています。くさい。


 
喉元。 / 2004年02月05日(木)
 

喉元過ぎれば熱さも忘れる、と人は言いますが。
私は舌だけで「熱ッ」と思って、
喉に入ったときには既に思ったことすら忘れてる人間です。


今日は13時から試験だったのですが、
そして私の家から学校まではがんばっても40分かかるのですが、
ふと起きたら12時10分でした…ギャー!
一瞬「もういいや…」という雪山で睡魔に襲われたときと
酷似した感覚にも囚われたのですが、
がんばってどうにか5分前には着きました。
持ち込み可(辞書のみ)の試験だったのですが、
だからって2回しか出てないし勉強もろくにしなかった問題が解けるはずも…。
ということで、あのまま寝てても結果的には変わらなかったような気が。
でも以前全然かけなかった試験で単位をもらったことがあるので、
やっぱり参加することに若干の意義はあるのかもしれません。

帰りに友達といろいろ話しながら帰ったのですが、
もう単位計算とか就活とか、もう単語すら聞きたくないですねー。
結構小心者なので、時々夜に不安で眠れなくなります。
(そして昼に寝て学校に行けなくなるのだ)
うわー、やばいやばい、本気で卒業危うい。
とか思って沈没してたんですが、
他の友達とマック食べたらすっかり落ち着きました。
もういい、どうにかなる。
どうにかならなかったら、どうにかする。
一体小心者なのか肝が据わってるのか…。
基本的には逃げ道を作りつつも弾けるとベター。


この前ビデオの整理をしている時に、久しぶりに種を見ました。
フレイ様とやっちゃった回だったんですが、
なんかみんな元気でよかったなぁ(いろんな意味で)。
来月で最終巻発売なんですね。
5分間の特典映像がいかほどのものか知りませんが、
もうちっと…もうちっといろいろ特典つけてくれ!
と頼まずにはいられません。
番台さまですから無理ですか。
しかしキラの声をすっかり忘れてて驚いた。
「あれ? キラってこんな声だったっけ?」
……種サイトで、仮にもキラメインでやっててそれはどうかと。
いや、ちゃんとすぐに思い出しましたけど。
DVDって買っても全然見ないですね。
鋼も、このまえSちゃんがお泊りに来たときに
やっと特典映像だけ見た次第です。…朴さんロベ!

今日は「SDガンダムGジェネレーションSEED」の予約を忘れました。
明日あたりに行ってくるか…それとも通販か。
初回特典つかないんなら3月までじりじりと待つんですが。
初回特典はB2ポスター…微妙。
だけど微妙だけどほしくなるのがヲタ心。
種のタイピングはつかないと思ってた
(ついててもたいしたものじゃなかろうと思っていた)
初回特典がちょっと豪華であせりました。
…なんとか見つけて発注済み。
でも私の家は寒いので、タイピングには全然向いていない。


ゲームといえば注目していたサイクロゼの「カテドラル幻想」が凍結。
ギャー。
薔薇の体験版しかしてない身でなんなのですが、
ここのメーカーさんの作品は雰囲気があってすごく好きだったのに…。
このタイトルだけ凍結、ということならいいんですけど…。
えーと、杞憂? でも杞憂であってください…。
去年は「神明の庭」、今年は「カテドラル」。
なんかレトロチックで心をくすぐる作品が…。
とりあえず「弄り遊戯」でも予約して気持ちを鎮めてみるか…。
(買うけど様子見中です←買うのは決定かよ!)


いろいろと逃げ出したいことがあるのですが、
これ以上逃げてどこに行こうというのか。黄泉の国?



 
ただ酒。 / 2004年02月04日(水)
 

ただ飯ただ酒ほど美味しいものはない。
(最近はなかなかお酒が入らない体になったわけですが)
ということで、本日は半年に一度恒例のバイトの飲み会でした。
費用は全部会社持ちデスヨー!
今日は起きてから何にも食べていなかったので、
黙々と食べさせていただきました。
先輩に鍋つくらせて、端から奪っていく…サイテーだ!

なんだかいろいろと転換期らしく、
ベテランスタッフさんや同僚が続々とバイトを卒業です。
で、新人スタッフさんも今日来ていたのですが
女の子と何しゃべっていいかわからないYO…!
昔からオタ以外の女の子としゃべるのが苦手で(いや、喋りますが)
男は結構オタでも非オタでも喋れるから平気なんですが。
ほら、エロトークの一発でもかませば心友に…。
今日もあんまり喋れませんでした。
今回5人の新人スタッフのうち、3人が女の子なのでがんばろう。
でも私の見たところ、非オタな女の子は1人だけだ(断言)。
(やっぱりバイト柄、オタ系な人が多いなー)
あんまりしょっぱなからホモホモ言って飛ばさないようにしよう。

昨日は久々に地下鉄に乗ったわけですが、
いつの間にかホームと車両の間に壁ができていてビックリ。
以前京都の地下鉄に乗ったときにこんな風になってて、
いずれ福岡でも導入されるとは知っていたんですが。
いつの間に工事なんてやってたんだろうか。
とはいえ学校がある駅は端っこの方なので、
工事に着手している様子すらありませんでした。ビバ田舎。


昨日は「ちゃんと勉強しよう…」と思いつつ、
髪乾かしてる間だけ…と自分にナイス言い訳をかまして
「WINGS INNOCENT」プレイしちゃいました。
今回はどのカプにするかなーと悩みながらも、
やっぱり主役(千夜×瑠架)は最後がいいかなーと考えまして、
七伎×悠亜ルートをプレイ。
ぎゃー!萌えるわこりゃあぁぁあ!
ネタばれになるのであんまり詳しいことは言えないんですが、
ちょっと予想外の展開でした。
でもネタさえわかってしえば最後まで見えちゃう感じで、
ベタベタに王道といえば王道な話でもあったんですけど。
翔音×快人カプは翔音がんばれ!と思いながらやってたんですが、
七伎×悠亜ルートはこう、お互いに歩み寄っていく感じが初々しかったです。
(なんか見合いセッティングが生きがいのやり手婆のような感想)

だけど。
私の萌えを根こそぎ掻っ攫っていってくださったのは
七伎でも悠亜でもアレでもなく、
たった1エピソードに登場した刹那(せつな)でごわした…。
テスト前であるということを一応考慮して
1エンディング(今度はトゥルーエンドでした)だけしか見なかったので、
もしかして他のエンディングには関係しているのかも?!
という淡い期待を抱いて、先にプレイし終わったMちゃんに尋ねたら、
どのエンディングでもあんまり関係ないらしい…がぁあぁん…。
でもむしろ誰ともくっつかなかったりした方が萌え要素が高まるのかも!
とか自分を慰めてみます…ウフ。
しかしMちゃんも刹那萌えらしい。
2人でつよく生きて行こうね。

ああ、ゲームサイトが早く作りたいです(予定はあるのか)。


そんなゲームの話題が続いた中で、今とっても旬な一作!→★★★
(フラッシュです。ネタです。
 2ちゃん派生のネタらしいので、嫌いな人は気を付けてください)
もうこの歌大好き! キュンキュン!
でも私のパソではデモが表示されないんですよねぇ…なんでだろう。
でも曲だけでお腹いっぱいになれるのでもういいかも。
個人的には観月潤(みづきじゅん)くんが萌えツボです。
かわいい顔して子悪魔系!タマラン〜。
でもこのゲームキャラにデジャヴを感じているかた多数。
私もアレとアレは元キャラいるんじゃないかと思ってますよ(笑)。
そんなこんなで今話題のBARONのサイトはコチラ。※18禁
売れるかどうかは…果たしてこの時期に出すことがいいのか悪いのか。
私はビックタイトルが控えてるなかのリリースになるので形勢不利かな、
とか思ってしまいますよ。
(でも無駄に延期してもコストかさむだけかな)
とにかく早くプレイした人の感想が聞きたくてしょうがありません。
(買わないのか)


 
さすがに。 / 2004年02月03日(火)
 

昨日は日記更新できませんでした。
専門学校にも行けなかったし、乱歩Rも撮り忘れた。
というか正直乱歩Rは1話目だけでお腹いっぱい…かも。
だけど1話目のビデオ上書きしちゃった。
くそう、あの変態な武田鉄也だけ保存して置けばよかった!
もちろん攻殻機動隊もモンキーターンもすっかり見忘れた。

で、何をしていたかというと
ゼミ論かいてましたいちまんじ
ていうかさ、前々から今日提出なのはわかってるんだから、
早め早めにしておこうよ、私。
なんてことは原稿をあげるたびに思うのですが、
多分一生直らない持病のようなものだと判断しました。
だって史料も読んでないしむしろ揃えてないし(手元に2冊しかなかった)、
その上昨日はバイト休みだったんだから結構余裕があったはずなのに
検索かけるためにネットにつないだら、
一生懸命マンガのレビュー読んでやがんの!
(でもそこのレビュー、すごく面白かったんですよ…)
結局始めたのは夜中の2時からでした。
仮眠を2回ほど、あわせて3時間半くらい取ったので
実質10時間くらいで間に合わせたのか…。
1日で1万字も書いたのは初めてです。多分。
あれ?これならSSも1日であがんじゃねーの?
とか、また無謀なことを考えたりしてみました。
とにかく今日の1日で私は近親婚についてすごく詳しくなった。
(なんかイヤー…)
明後日は落とせない試験が2つなので、今日は勉強しようと思います。
(とか言いつつWINGS〜に手が伸びたりなんてしてませんYO!)


とりあえず終わってほっとしたわけですが(まだ校正があるけど)、
ゼミに行くのに慌てすぎて「PAPUWA」録画し忘れて鬱。
誰も撮ってねぇよ、PAPUWAなんてっ!!
どうにか十二国記までには帰ってこれましたが。
うわーん、更夜萌え!
別に中の人がアスランだからって…まぁそれもありますが。
でもかわいいなぁ、更夜は。
小野先生はどういうつもりで更夜を出したんだろうか。
あの展開だとどう見ても斡斗×更夜…
というか、更夜→斡斗に見えてしょうがないです!
更夜も六太と一緒にいたらそんなことないだろうなーと思うくらい、
六太のこと大好きでしょうがないし。
今日は「歩けない。おぶって」がギリギリ入らなかった。
あれが!あれが見たいんですYO!私は!!
でもあのシーンがクライマックスだし、しょうがないのか。
来週で終わり、ということで、意外にも短かったです。
この巻だけDVD買っちゃおうかな、とか。
最初は見慣れなくて「ゴツ!」と思ったキャラクターにも慣れてきた。
というか作画もちょっと細くなってきましたよね?見間違い?
今日は六太がちょっと崩れたりしたけど、
基本的に更夜はかわいかったので大満足でした。


昨日弟の部屋に様子を見に行ったら、ゲームしてました。
今日、私立入試(高校)って言ってたじゃない!
ということで、私の弟は私の悪いところばっかり見習っているようです。
駄目駄目姉弟ですな。親泣かせ。


 
/ 2004年02月01日(日)
 

今日も買取が多くて疲れました…。
ていうかお客さん多すぎです。
何?そんなにみんな暇なの?とか思うわけですよ…。
しかも忙しかった割りに売り上げがよかったわけでもなく、
なんとなく報われなかった気分でいっぱいです。
でも「南国少年パプワくん」の新装丁版の1巻が買えました。
あとは「PAPUWA」の1巻を買えばコンプリートです。
「ジバクくん」も読もうかな…。


テスト終わるまでは…と我慢していたゲームですが、
新しいパソコンになったことだし、
やっぱり我慢できなくてやっちまいました…。
ということで、「WINGS INNOCENT」始めちゃいました。
とは言え、本当に今回のテストやばいので!
もう4年で卒業できなくなるくらいやばいので、
1カプだけで我慢我慢…。
好きなものは最後にとっておきたい主義なので、
翔音×快人から始めました。
別にこのカプが嫌いとか苦手なわけじゃないんですが、
好きなキャラが多分千夜で、萌えカプは七伎×悠亜だと踏んだので。

友達のMちゃんはすぐ終わった、みたいな事を言っていたので、
てっきり普通に選べばすぐにトゥルーエンドにいけるのかと思いきや、
1周目は見事にノーマルエンドでヘコみ。
2周目もうまくいかず、結局攻略サイト見てしまいました。
(時間があったらもうちょっと自力で何とかするんですが…)
いや〜でも、翔音萌え。
快人も一生懸命で可愛いんですが、
快人への想いをぐっとこらえる翔音萌えです(笑)。
カプ固定なんで翔音×快人以外は絡まないんですが、
翔音受けも美味しいと思います!…とか(弱気)。
絵はちょっと気になるところがあったりしましたが、
塗りはとっても綺麗だと思いました。
髪の毛のああいうハイライトの入れ方はすごく好みです(細かい)。
あと声優さんがお上手でした。
よく「ボーイズラブなのに女声だと萎える」
とかいう意見を目にするのですが、
このくらいショタだとむしろ男声のほうが…。
あ、でも悠亜はすごく可愛い声でしたけど。
テレビアニメだって小学生〜中学生くらいは女性が充てることが多いし、
というか私はあんまり声にこだわらないので別に気になりませんでした。
でも、翔音の声はなんだかすごく好きです…ウフ。
アメリカからの留学生ということもあって(翔音はショーンの当て字)、
和製英語もところどころネイティブめいた発音になったり。
なんかすごくツボでした。
…でも考えたら、ただ単に翔音萌え、というだけの事かも。ウフ。

あとのカップリングはテスト後に存分楽しみたいと思います。
2月は怪盗買えなさそう…と言っておきながら、
マリンハートの「弄り遊戯」買ってる自分がいそうな…。
すごいシチュエーションとか好みなんです。
「身代わりの館」も早く買いたい。


 
前の日 /  INDEX /  次の日

My追加