遺書

2015年12月10日(木) 1978 劫殺

所詮は五十歩百歩といったところで
遥か彼方の千歩万歩の人間から見れば
僅かな差でしかないのだけどね

それでもやはり、五十歩百歩千歩万歩と
歩んだ距離を誇るような世界ですから
少なくともあなたの二倍はわたしは誇らしいわけですよ


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加