遺書

2011年01月31日(月) 1956 ムーンシュート

誰かが私に指をさして
実はお前、死んでるんだよ
なんて言ってくれたらどれだけ楽だろうか
それはきっときっと傲慢で愚かなことなんだろうけれど
それはきっときっと幸せ以外の何にでもない

目を開いて息をして、人間活動してるんですか
腐り落ちた感情、鈍い表現、諦めた指先
私は私の私で私か

なまじ生きているからしょうがない
しかたない
どうしようもない

嗚呼嗚呼嗚呼
生きている、生きているのだ、どうしようもなく
生きている



2011年01月25日(火) 1955 ポジポジ

願い願わば指先ひとつ、括り落ちて行く怠惰デイズ
漸う私は私の心の臓の叫びを弾く



意味はない理由はない根拠はない必要もない
生きている生きていたい生きている
生かされているわけではないし死んでいるわけでもない



2011年01月20日(木) 1954 end words

ああ 今日も 暗闇のなかで手を伸ばす
虚無を 虚空を 握る 離す握る 離す

気付いているんだ気付いていたんだ
ここには何も無いことを
知っているんだ知っていたんだ
この先には何も無いことを

太陽 光り射す 日向
共通項目が見当たらない

世界は真っ暗くらいくらい
朝焼けが目に痛いから 僕は眼を閉じて眠るよ


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加