遺書

2006年06月30日(金) 1178 ネガティヴホープ

気持ちの悪い幻想に
心地の悪い現実を重ね
瞼の奥に希望を描き
瞼を開いて絶望を抱く

身体は吐き気に蝕まれている
精神は幾年前から病んでいる
目標はノイズに蝕まれている
理由は幾年前に朽ちて果てた

生きていることは苦痛でしかない
けれど私には死ぬ勇気はない
生きていることは苦痛でしかない
けれど私には死ぬ気などない



2006年06月29日(木) 1177 現実に射て


崩れ去って、何も残らない
悲しみも、うれしさも、
ただ、ぽっと吹き出て、消えていく

想い出に刻む暇も無く
忘れ去っていく

残像や、
虚像

想い出の亡骸や、
壊れた人形の残骸や、

だれかの骸骨や、
海底に沈めた恋人や、

大事に抱えても
いつの間にか消えていたものばかりで

僕の心の出入り口は
ガラクタで、埋め尽くされている

其処には交流も何も無く、
ただ、僕の知らないどこかで
僕が、他人と笑いあい、コミュニケーションを確立している



2006年06月28日(水) 1176 ストリートリネンジ

日常のはるか彼方沈められた
遠い遠い愛しい記憶

手を伸ばしても叫んでも
見えたり聞こえたりしない
白い暗闇の記憶

記憶の海の奥底沈められた
深い深い愛しい記憶



2006年06月27日(火) 1175 リアルイマージュ

悲しみが
僕らに押し寄せても

涙する暇も無く、
ただ現実が

押し寄せる

、流される
、流される

何処まで行っても
現実は

、流れている



2006年06月26日(月) 1174 あった

亡骸を大事に抱えているのだけれど

誰の亡骸か、最近忘れてしまって

涙はあふれ出てくるのだけれど

何が悲しいのか、最近わからなくなってしまった



2006年06月25日(日) 1173 虚言癖


虚無の翼を展開、
誰かの心を朽ち果てさせる

触れ合っては堕落させ
触れ合っては堕落して

翼には何の意味も無い
飛び立つことはできないし
何より、動かすことさえできない

もとよりこの翼は
見せ掛けだけで
飛べる気がした、なんて言葉が
響く

言葉の翼



2006年06月24日(土) 1172 deside

寝息をたてる合間にも
世界に溢れるレッドサイレン
今日も誰かが死んでいく

通勤ルートの途中でさえも
交番の死亡事故数は死を感じさせている

日常に溢れる死の気配
瞬く間に命を奪われる回避不能の事実に怯えながら
今日も誰かが死んでいく



2006年06月23日(金) 1171 into the earth.

終わりの引力で
僕は死と惹かれあう

生まれた瞬間から
落ちるまでの
限りある、生命で

だれかと出会えたことを
幸せに思う



2006年06月22日(木) 1170 into the sky .

遠い空を目指して

羽ばたいても


有り触れたフィクションの翼

あの子の幸せや願いを読み取る前に

「つまらない」で切り捨てられた


空は青く、遠く

翼は脆く、弱く

地上では数え切れないほどの人が

空を見上げて、溜息を吐いている


あきらめを口にしている群集の中で

私は、まだ、あきらめれずにいる



2006年06月21日(水) 1169 反省文

夕暮れのオフィス、

私と私の世界は赤く照らされている。

そこにはただ作者である私と、

何かのオマージュである編集長が居る。


静止した世界で最初に動き出したのは私で、

「すいません、編集長。

 時間がなくて書き上げられませんでした。」

と言った直後、

編集長は右手を握りしめ机を強く叩いた。

「おめぇは読者さまをなめてんのか。

 おらぁ、おめぇをそんなヤツに育てた覚えはねぇべ!」

宙を浮いていた彼の左手の行方は私の右頬だった。

夕陽に照らされた頬がそれ以上に赤く染まる。

痛みに手を当てながら私はただ、涙を流して反省をするしかなかった。



2006年06月20日(火) 1168 リアライヅ

理想の追求を諦めた
亡骸を武器に

僕らは真夏の海に飛び込んだ

総ては、僕ら次第だ



2006年06月19日(月) 1167 精神世界

心の隅っこで殺した誰かを
僕は弔うことも無く

僕の心は
死体だらけで
腐ってやがる



2006年06月18日(日) 1166 綺麗な夕日

日常の果てに沈んだ夕日を
誰一人臨むことは無い

目をつぶり、静かに朽ちて
亡骸を誰一人葬ることは無い



2006年06月17日(土) 1165 ディス

心の奥で誰かが叫んでいるのだけれど

僕の耳には届かないし、

叫んでいるのは僕ではないのでわからない


口の中でもぞもぞと何かが動いても

僕の身体はそれが他人だと認識している


僕以外の誰かの叫び

と、感じれる己の感情


否定だとかそういうのじゃなくて

ただ、



2006年06月16日(金) 1164 Love imagination

一片の愛もなく
朽ちていくがらくた

僕が愛せなかった
誰かの成れ果て

一変の恋もなく
朽ちていくこのからだ

誰にも愛されなかった
僕の成れ果て



2006年06月15日(木) 1163 空の彼方に消え行く記憶

空の彼方に消え行く記憶

誰を愛していたのやら

手を伸ばしても掴めない

空の彼方へ、感情と思い出


空の彼方に消え行く記憶

私の心はどこへやら

空に融け、やがて私が私を失う記憶

私は一体どこへ行くのやら



2006年06月14日(水) 1162 朝顔の花が咲く頃に

朝顔の花が咲く頃、

僕らに別れが訪れるから

そのときまでこのまま、

深く重って


唇を重ねたままでも、

呼吸はできるから

抱き合った形のまま、

朝まで


互いの唾液で咥内が満たされる頃、

世界の夜は終わるから

そのときまで穢れたまま、

僕ら愛し合って



2006年06月13日(火) 1161 poem.

言葉という最強の武器を抱えて
世界へと駆けていく



2006年06月12日(月) 1160 poem

同じ雲の流れる空、
新しい世界へと繋がらない、世界
幸せを求め、
時の止まった世界を彷徨う

未来も過去も無く
ただ、考えるだけ
進むことも戻ることも無く
ただ、そこに在るだけ

日常から乖離した仮想世界で
今日もまた、幸せを謳う



2006年06月11日(日) 1159 夢魔の口紅 睡魔の鏡

映し出す己のドッペルゲンガー
深層心理の具現化を
私は受け入れることなく

Nightmareの綺麗な死体、
静かに埋葬
黒い肢体を指で撫ぜ、
唇に触れる

豪華な棺桶の代わりに
真紅のローズ
鮮やかな花の代わりに
紫色のルージュ

綺麗になった深層心理に名前をつけて
無機的な関係から
有機的な関係に

一瞬の弔い

私が目を開けた時に
死体はもう、世界から消えている

消えたのはああ、
貴方の残した過去のイメージ

残るのはただ、
貴方の残した紫色のルージュ



2006年06月10日(土) 1158 Like the end of a story .

契り結ぶラストデイズ
僕に残された最期の日々

崩壊する身体を
両腕で支え
潰れかけた声帯で
幸せを謳歌する

契り果たすモラトリアム
君の為に残された約束の日々

止まらない
身体の崩壊に
いずれ心も崩れ去り

その時、僕はようやく
契り果たす

ラストシーン



2006年06月09日(金) 1157 ギャルゲー

無機質な電子音に
掻き消されるほど私の声は弱く
愛や恋の言葉は
彼に届くことは無く

彼はずっと虚無を見つめている
私の声で振り返らせることは叶わず
触れることも叶わず
最近では、それさえ正しいのかさえわからず

虚無に取り残される彼を愛している
ゆえに、それで彼が幸せならば
私は不幸にならなくてはならない



2006年06月08日(木) 1156 模写

右手に握ったナイフで
綺麗な世界を切り取り
愛される世界の断片を指で撫ぜる

腐敗した私は
誰に愛されることが無いので
理解をしようとも
何一つ、わからなかったのですが



2006年06月07日(水) 1155 偽善者が世界を救う

多くの人を救いたいと願いながら、
多くの人を傷つけていく

誰かの為にと振り下ろした剣は、
所詮自分の為にしかならなかった

そうなることを嫌いながら
心の奥底ではそうなると知っていた
そして、それを望んでいた

偽善的な建前は
利己的な本音に砕かれ
僕は僕であることに
意味を問うことになる

アイデンティティのない僕の僕らしさを
きっと、多くの人が嘲笑う
それでも僕は、進むしかない



2006年06月06日(火) 1154 生活理想

他人に理解してもらうことは
僕が作品に他人と同じ感性を
潜り込ませなくては行けないこと

有り触れた作品や似通った作品が
多くの人の共感を得て
賛美され、祭り上げられて
世界の中心で愛を叫ぶ。ことになる

その様子に嫉妬しながらも
そうなることを嫌い
寂しくも、不満の一方で満足しながら
孤独に自分の感性で世界を作り上げていく

例えば明日、多くの人が僕の作品に
誉め言葉を投げかけたとしても
それを望んでいた僕は逃げ出して
不満を言いながら満足する道を探す

誰かに理解してもらいたいけど、
理解してもらった瞬間に
価値を失う

パラドックスやコンフリクトが蝕む
不正解の理想



2006年06月05日(月) 1153 無感情映像投影

(深呼吸して、落ち着いて、感情を捨てる)

透き通るような白い肌に
私の爪で痕をつける
君が私だけのものになる証で
君の君だけの証

今度は君が私の白い肌に
歯を立て痕をつける
私が君だけのものになる証で
私の私だけの証

互いの傷痕を重ね合わして
痛々しく笑い合う
狂信的に幸せを想い合う

互いの血痕を含み合わせて
赤い唇を重ね合う
盲目的に幸せを願い合う



2006年06月04日(日) 1152 心理海析

私が自身の心をイメージすると、
濁った海が見え、その奥には壊れた人形が待っている。

昔は大地だった場所に壊れた人形はくったりと倒れていて、
私に起き上がらせてもらうまで待っている。

日々、海は深度を増していく。
今、私が立っている場所は海が出来た頃とは
ずいぶんと離れてしまっている。

私が壊れた人形を抱きかかえに行こうとしても、
それとの間には海水という不可解な隔たりが存在し、
強い意志や理由が見つからない限り、実現不能。

無意識のうちに作られた人形や海は、
私にとって何なのかはわからない。
これはきっと、死んでもきっとわからない心の問題。

だから、こうして新しい壊れた人形を抱いて、
海を眺める、浜辺を歩く、そうすることしかできない。
これはたぶん、私が私である限り永遠に続く作業で戦いなのだ。

すべては私自身。
(そう、私自身。)



2006年06月03日(土) 1151 going my way

有り触れたものや
使い古したもの以外で
何かを伝えようと
表現しようとしても

其処にあるのは自分や
それに近いものにしか理解のできない
暗号や電波にも似た
世間一般が言う駄作しかできあがらない

例えどれだけ自信が有ろうとも
液晶の向こうの誰かが理解しない限り
意味は成さない

自分さえ満足できればいいのなら
鉛筆でノートの隅に書いていればいいのだから
私には、そういうことなのだ



2006年06月02日(金) 1150 記憶海路

視覚を手に入れたとき
世界は既に崩壊を迎えていた
両手は壊れた人形を握っていて
無彩色で描かれた廃墟と浜辺に立っていた

歌声の響かない浜辺を
裸足のままに歩き始めた
何処まで行っても浜辺は終わらず
誰一人見ることは無かった

歩き続けた足の裏には
記憶の欠片が刺さっていて
それを見つめた人形は泣いていた

何一つ理解することのできないままに
夢は朝を迎えて、世界へと帰還する
この記憶の回帰は何もわからずに終わってしまう


*心理描写



2006年06月01日(木) 1149 dying

太陽は
私の身体を融かし

誰かとともに
世界へと還っていく

世界の一部として
呼吸をし、朽ちていく

なにひとつ問題のない
正常を、満喫する人生

敗北感は
覚えないことにしている


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加