遺書

2004年03月31日(水) 反作用

僕らは何が分かっていた?
明日までの十数年。生きてきた、何がわかる?
僕が何を知っていて、何が僕を知っている?

誰もわかっちゃいない。僕らのことなんて。
僕もわかっちゃいない。何かのことなんて。



2004年03月30日(火) 世界は。

君が愛したこの世界を、僕は愛せるだろうか。

書き殴る文章は、殴る為にあるわけじゃない。
言いたいことは、言えるとは限ってはいない。

戦っている世界は、戦うためにあるわけじゃない。
やってることは、やりたいこととはかぎらない。

僕は、僕はこんなことがしたんじゃないんだ。
世界は、世界はこんな事がしたいわけじゃない。

もっと大切な何かを、
もっと大事な何かを。

見つけるんだ、世界は。



2004年03月29日(月) 恋を賭けに


降り注ぐ涙の雨の中
リスクの多い賭けだった
注がれる恋は、僕へではなかった
グルグル回る頭の中
涙は雨が流していった
ノーリターンどころか、失った物は大きすぎる
雨は冷たく僕を、振り殴る・・・



2004年03月28日(日) 無意味

星を見つめて流れてくる涙に、
帰っていく場所など無い。
空を見つめて開いた心を、
埋めてくれる物など無い。

其れは無意味だった、
其れは無価値だった。

夢で見た夢の言葉を現実に持ってこようとした。
けど、取ろうとして手を伸ばしたら弾けて消えた。

其れは無謀だった。
其れは無能だった。



2004年03月27日(土)

夢が欲しかった。
幻覚を見つめる事で、少しは気が晴れた。
幻聴を聞くことで、少しは気が晴れた。

現実が嫌で飛び出した世界も現実で。
逃げられないループの中に嵌まっている。
空を見つめても答えは返ってこない。
けど、僕には返ってくるような気がした。



2004年03月26日(金) わたしと残骸と

わたしは空を眺めた。

崩れ落ちたわたし達の街
それの残骸の上にはわたし一人。
歩き出す前にさようならの代わりに
わたし達は歌を歌った。

風はただ吹いているだけ、
だけど高い笛のような音。
海はただ言ったり来たり、
だけどそれは何かに聞こえた。

その声も時がたてば消えた。
旅立ちの時はやってくる。

街の瓦礫の上で歌ったわたし、
わたしは何を見たんだろう。



2004年03月25日(木) The Clock

傍らの友達。出会えない過去達。
ぽっかり空いた心の穴。
ぽっかり空いた空白の席。

それは、漫画が終わってしまった哀しさ。
もっと、その世界に浸っていたい我が侭。
逢いたいけれど、逢えない。そこで終わったモノ。

僕の中の時計、と。僕の周りの時間が合わない。
僕はまだ留まりたい。だけれども!
世界はそれを許してくれないのだろうか?



2004年03月24日(水) Q&A

人の皮の一番厚いところは何処?
答えは簡単、面の皮。



2004年03月23日(火) 視線ビーム

願いは目立つ事。

今では視線が痛くて、歩けない。



2004年03月22日(月) 過去は過去 `3/22

遠ざかる時間など意味が無いかも知れない。
僕達の過去、果てにある過去または未来。
幾人もの人が未来を求めてる、けどその背景は過去。

僕達はいつになっても、悪夢から救われない。
僕達はいつになったら、悪夢から解放される?
思い出は、支えです。それ故前に進むのを拒むのです。

冷たい雨の兆し。
上を見ても何も無かった。
本当に冷たかったのは現実だった。



2004年03月21日(日) 過去の過去

思い出しすぎも問題だが、思い出すのは。過去、過去、過去。
思い出すのに疲れたら歩き出せばいい、石につまずくけど。

未来に望む物が無いからいけないのだと、誰かが言った。
明日は辛い事ばかりだけれど、昨日に辛い事は無いのも事実。
消えていくのは辛い事、残るのはいい事。都合のいい思い出。

幸せは思い出ですか。ええ、そのとおり。ってゆーか、それ以外ねーだろう。
…幸せですね。幸せですよ、このままなら。



2004年03月20日(土) 過去の僕ら

僕らはこれから何をすればいいか。
  きっと目標は無い、ただの破壊活動。
  ただ生きていく。それでも構わないはず。

僕らはこれから何を壊すんだろう。
  きっと数え切れないくらい。
  生きていく限り何かを壊して行くから。

僕らは生まれた、
僕らはつくった、
僕らはこわした。
僕らは死んだ。

僕らはそれに何を望むんだろう。
僕らは最後に何を残すんだろう。

僕らはきっと変われない。
僕らがそう思っている限り。

過去は纏わりついてくる。
過去に操られながら。
またそれを繰り返す。



2004年03月19日(金) 過去の世界

デジタルな。
世界に僕は落ちてきた。
木を知らないちるどれんが多い世界。

何処から来たかも分からない。
何をしに来たかも分からない。
「わからない」それが答えになっていた。

上を見ても僕の世界の空とは違う、
とても綺麗な…、液晶が。
この世界に空は無い。
それが常識。

地下世界で、もう何も無いみたいで。
磁気障害も台風も、もう無いみたいで。

僕の世界は過去だったらしい。



2004年03月18日(木) 過去の残留思念

忘れ物を取り戻そうとしてた。

暗くて何も無くて。
冷たくて寂しくて。
一人で…独りで。

此れ以上孤独が続くようなら。
僕は僕で居られない。
此れ以上僕を置いていくなら。
僕は君を好きになれない。

君は全てを置いてきた。
僕は全てに置かれてきた。

其れからどうしようもなく、
暗闇の中で、君と言う灯りを待ってるだけ。

僕を置いて幸せですか?
きっと幸せ。

僕と言う名前の過去を捨てられるのだから。



2004年03月17日(水) 過去の道 ‘3/22

涙は全てを掻き流すのだろうか?
僕の道も何もかも。

僕の歩いてきた道を無価値と言うには遠すぎる。
君の歩いてきた道を無価値と言うには遠すぎる。

僕の歩いてきた道は

過去。



2004年03月16日(火) 世界の英雄

キミが戦場だった場所に立って叫び出した。
隠された世界がもう一度キミを見る。

どの世界もキミを望んでいた。
どの世界もキミと戦ってきた。

しかし戦いが終わった今、キミは誰も望まれていない。
こんな世界間違ってると叫んでも、気付いても、
夢見た未来は帰ってこない。

支配から解放された世界の敵は敵を越えたキミ。
キミは存在してはいけない。それが彼らの意見だった。

信じるべき彼らに裏切られたのは自分。
最後の敵は自分が守ってきたモノだった。

キミが生まれたこの世界はキミが守ったこの世界。
誰もキミを迎えない。それが世界の意志だった。

最後の敵は世界と対立する孤独。

敵は全て薙ぎ倒すんだ、だけど今は其れができない。



2004年03月15日(月) Area zero

僕の領域が零になる。
僕の存在が無くなる。
僕の求めた自由は此だ。
僕の叶えた夢は此だ。

耳障りなヒトの声だ。
もう聞こえなくなった。
線路に寝っ転がった。
見事に無視された、虚しかった。

誰も見ない、これが自由。
孤独のほうが気楽だと。
僕は言った。



2004年03月14日(日) 月が隠した真実。私が求めた自由。

私の意味を教えてくれない自由
信じられる翼は狂気と言われてきた。
片翼でたどり着いた世界は楽園?
そこは変わらないままの世界。
自由を信じて病まない子供の世界。

私の最後の我が侭を聞いてくれた神はもう居ない。
涙の落ちる音を聞く前に崩れ去っていった。
我が侭は願いにならずに、本当に虚空に帰っていった。
最後の世界に背中を向けて私はまた飛び立った。

最後の世界で見られた自由は私はわからなかった。
それが自由かどうかが判断できなかった。ただの我が侭のようで。
それを私は自由だと信じてまた、望んでみるの自由を。
付き合いきれないのは現実、付き合ってくれるのは空想。

自由を無くした大人は死んだ魚の目をして私を見る。
嫌だ、私の望んだ世界は違うの。
自由がないなら死んでいるのと同じじゃない。

そんな我が侭を湖面の月は笑って私を許してくれる。
月は真実を隠したまま、私に意地悪をしている。
「自由など何処にもない」



2004年03月13日(土) Zaubermarchen

それは小さい時に聞いたおとぎ話。
綺麗な歌を歌う少女の話。
とても長かったのだけれどまだ私は覚えている。
覚えている、いいえ、脳の奥に閉まっていて正確には感じている。
そんな感じ。誰もが一度は夢見る大切な心の話。

ただ、私にその歌は歌えないと思った。
とても大切な物を私は置いてきた。
とても大切な人を私は失ってきた。
とても大切な夢を私は奪ってきた。

それは小さいときに聞いたおとぎ話。
多分今では忘れられた歌。



2004年03月12日(金) What? he is robot.

Who.
ふー。

今日は何もない。

今日は最後の手紙を書いた。
出したあとに切手を貼り忘れていたのに気づく。

今日は車にひかれた。怪我はない。
他にない。

今日は何もない。

今日は手紙が帰ってきた。
切手がないはずなのに、返事がきた。
と、不思議に思う前によんだ。

今日は夢をみた。正確には昨日。
ハンバーガーにされた。
嬉しかった。

今日は足がとれた。直ると思う。

今日は足をなおした。ネジがとんだ。
ネジが口に入った。やばい、これはやばい。

今日は腹が痛い、医者へ行った。腹を開かれた。
もう駄目らしい。

今日は最後の晩餐。ああ、終わりか。不思議と寂しい。

今日は機能停止の日、どうやら記憶は残るらしい。
これは良かった。



2004年03月11日(木) アイデンティティ

僕と君の手を繋いだ。
僕の手は冷たかった、
君の手は温かかった。

温もりは忘れない、
けれど段々心が消えていく。
生きたまま死んでいくそんな感じ。

僕はもう帰れない、
あの平凡な日々に、
あの日常達に。

僕のDistanceは崩れ去った、
自分の距離を無くしてしまった。
僕の領域が消え去った。

君の手は温かかった、僕の手は冷たかった。
君の手はいまでも温かい、僕の手は冷たくもない、感じない…。



2004年03月10日(水) はっぴゃくきゅうじゅうさん。

僕の最終兵器の名「約束」

彼の最後の戦いを見守った、つもり。
彼女の最後を見つめた、助けられなかった。
時には非道い約束が、時には軽い約束を。

ねぇ、どうして小指が無いのに、約束できるんだろう。


*タイトルはギャグ。



2004年03月09日(火) さいしょのこいがさいきょうのきょうき

最初の故意が最強の狂気。
初めは恐怖で満ちていた。そうでしょう?
最初の行為はきっかけだったのでしょう。
それがあなたになっていくのね。

最初の恋が最強の凶器。
何をすればいいかわからない、だから…。
そして貴女は奪ってしまうの。
それは初恋が、貴女を凶器に変えてしまったから。



2004年03月08日(月) 終わらない、ないから。


In Complete Error...
不完全。

終わらずにして終わった。
人の形をしていないヒト。
愛を知らない三葉虫。
音を掻き立てる工事中。

終わらない。
終わりがないから。



2004年03月07日(日) おわらした世界

僕と空。そして君。
二人は笑っているはずなのに、
どこか寂しくて…。

大して喋らなくなった二人。
もう君との仲はあまり宜しくない。
恋の病に悩むことは、
もう二度とこないでしょう。

境界線の果てに立って自由を主張したい。
僕等の恋は不自由に隔てられた。
僕等の愛は不自由にもらわれた。

終わった恋は二度と帰ってこない、
けれどね、僕は何処か懐かしい。
この気持ちは君への想いよりも、
恋しい。

僕と空。そして君。→少年と空と
恋の病→LOVESICK
境界線の果て→世界の果て



2004年03月06日(土) まちがえた世界

昔の夢を置き去りにして、笑う事を止めてきた。
それなのに空は青くて世界はこんなに前向きで。

複数の中でわかる友情の裏の孤独
笑っているみんな。だけれど心は寂しくて。
愛情に友情はなくて 友情に愛情はない
喜んでいる顔はどことなく悲しい。
こんな中で僕は愛想笑いしかできてなかった。
言い訳できる状況でさえも言えないまま。
それは自分の意見だったり、本音だった。
変わりたいと願っても、結局いつまでも変われていない。
変わったと思ってるのは自分だけ、客観的に見ることさえできない。

伸ばした手が夢を掴めず、はじけて消えていった。
近かった、けど遠かった。
空はこうも近いのに距離は遠い、それと似た感覚。
テレビじゃアメリカンドリームの話ばかりなのに。
夢に近づいたら逃げ出された。
そんな僕は人には笑うことしかできない。
こんな日常ならば、あんな日さえも良いと思えてくるのは何故?
こんなにも悲しいのは何故?
ああ、あの日はよかった。と、今日も思い出と言う闇に埋もれていく。

誰にも死ねとは言われてないが、
そうでなくても僕は死んでる。
僕が誰かを必要にしていても、
誰かは僕を必要としていない。
怒って欲しくたって関係が壊れるのが怖くて、
だれも怒ってくれない。安い情。
僕はそんなのはいらない、けど否定もできない。
僕もそれであって、それがなければ活きていけない。
でも、だからこそ 僕はすれ違う人さえも邪魔に思う。

僕の思い出とする懐かしい日々は、
他人の機嫌をうかがう必要も無い、面白ければそれで良かった。
善悪の区別は自分たちが決めた、そんな無邪気な日々。

僕がイヤとする今の現状達は、
人の顔色疑って行動して、
行動の一つ一つに気を遣って、
全ての行動は他人の為で、
自分をどこかに閉じこめる現状。

昔に戻れるわけでもない。
けれど懐かしむのは何故?
前に進んだわけでもない。
ただそんな気がしただけ。
青春の波に乗れて無くて、
ただ、ただ僕は立ち竦む…。



2004年03月05日(金) Electric Vision

どんなに君の名前を叫んでも
僕の声はテレビの音に掻き消されていく。
ねぇ?少しぐらい音量下げても良いでしょう。
その声も聞こえてないんでしょう?
それとも聞こえないフリをしているだけ?
それならば止めて、そして僕の声を聞いて

僕の心もそろそろ限界−。

我慢ができなくなっていく、君の体に痕を残しても良い?
僕の体に痕を残してもいいから、君の爪で、その唇で。

それもわからないようだから−。

君を壊したい欲望は押さえ切れないこの感情。
必死に叫んだこの声もテレビからの銃声音で、
見事に掻き消されていく。

これが最後の起点、
初恋が最強の凶器。
さようなら僕の手から銃声一発。
僕の声は聞こえないのに、
君の叫び声は僕に聞こえた。
この世は不公平だよ、絶対。

サイレンが聞こえるけど、
テレビだから気にしない。
そう思ってたら手錠掛けられちゃった。



2004年03月04日(木) She

咲くことを止めた花のように。
生きる目標をなくした僕ら。

今日は久しぶりに夢を見る。
…まだ彼女が生きているとき、
 彼女は目標を持っていた。
 花のように生まれたときから、
 咲くことを目標に生きていた。

どうでも良い日々の中に彼女は居た。
たった一つの花のように。


飛べなくなった竹とんぼのように。
生きる必要をなくした僕ら。

今日は久しぶりに唄を唄う。
…その唄は悲しい唄だった、
 それは彼女の好きな唄だった。
 けれども今は悲しいだけ。
 彼女は意味を持っていたのに。

どうでも良い世界の中に彼女は居た。
まるで意味を教えるように。



2004年03月03日(水) あの星もこの星も実は宇宙の蛍光灯

寒い夜空に浮かぶ星。
星空を見つめていると自分が小さく見える。
お揃いの服着たカップル。

遠い星の蛍光灯が此処まで見えているとは誰も思ってないけど。
…本当に、本当の。



2004年03月02日(火) 人生ロード

荒野を歩き出して虚しい、何故だろう。
言えない何かが僕の上に重なってくる。
自分の上に乗ってくる世界に花束渡す奴はいない。

指で突いて割ろうとしたって世界は割れない。
つまらない行動だからやめて。なんて言われてない。
嫌われ者の僕だもの。僕が嫌いなのは世界。

生きるのに疲れたわけでない。
乗られるのに疲れたわけでもないとも言えない。
死のうと思ったことがないわけでもない。
けれど死んでカッコつけるより、生きてカッコ悪い方が絶対に良い。

だから今日も生きてる、人生は荒野。花畑を目指して。
世界と共に。



2004年03月01日(月) Life With Live

生きていることって素晴らしいと思う。
悲しい歴史を見つめて生きても良いと思うけど、
大丈夫。前だけ見つめて生きていこう。
たまには振り返って泣いたりしちゃうけど。
転んだら手を差し伸べて助け合ったりするけど。
それのどこがかっこわるいのだろう。
いいじゃない、それが生きる道ならば。


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加