遺書

2003年05月31日(土) ほし

生まれ変われるのなら
僕はこの地球(ほし)になりたい
そうすれば、僕は砂一つにも存在し
ミンナが夢見る、あの蒼い空にもなれるだろう
水一滴にも僕は存在し細胞一つにも存在するだろう

空に沈む 嗚呼
朱(あか)く染まっていく すべてに
僕は存在するのだろう

「この地球になりたい」
そんな果敢無い夢を持ちながら
でも、どうせ今の僕なんか虫けら同然で

愛されない、必要とされない僕は
愛される、必要とされるこの地球が
羨ましかったんだろう

空に沈む 嗚呼
紅く染まっていく 僕が

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
意味深、だね。
[ 天羽翼 ]



2003年05月30日(金) seed does not become dirty.

 哀しいの?苦しいの?
そんな同情するような言葉吐かないで
 カワイソウ
そんな言葉で言い表せれないから
 大変だね
じゃあ手伝ってよ
 頑張ってね
自分だけ楽できればそれでいいのかよ
 ありがとう
そう言えるのはいいけどたまには言われてみろ

なぁ、こんな俺は非常識人なのか?
厳しすぎるか?真面目過ぎるの?
もうついていけない
こんな汚れた世界にいられない
だって、そうだろ?

俺ハ穢レナイseed

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
天羽翼



2003年05月29日(木) flap away

この強い風に君の灰を乗せて
海を越えて 世界の果てまで
いつか君の話に出てきた
あの人のトコロまで
羽ばたいてゆけ
空を越えて海を越えて僕を超えて

生まれ変わったら
僕とは逢わない運命になることを祈れ
そして僕のような罠にかからないように
力強く 生きて

今まで束縛してごめんね
だからその分
羽ばたいてゆけ
空を越えて海を越えて僕を超えて

+ + + + + + + + + + + + + + + +
天羽翼



2003年05月28日(水) 晩餐

幸せの気配も何もない。
冬風に吹かれて寒い。
わがままなんて言えない事は、
もう君の目線でわかる。
どうして二人は、
泣けるそれでも?



2003年05月27日(火) 何の為にいきてるの?

ネガディヴ、Hope、昨日、あなた、最後にあるのは幸せ。
ハッピーエンドドドド、不幸も絶望も、幸せのため。
僕はははは、今日この日まで生きてきた、
何の為?僕のため。幸せのため?僕のため。
死ぬのは怖いわ、だけど苦しい事はいや。
なぁ、君は今日まで何の為に生きてきた?
わからない、わからない?
僕だって、幸せのためなんて言うけれど、
結局わからない、わからない。
結局君も僕も生きている。



2003年05月26日(月) 異形

幸せってなんだ。



2003年05月25日(日) ぐるグル

頭の中でぐるぐる回る・・・。
誰、わからない。
何の為、それも。
意味は、それも。
もう、何もわからない。
頭がぐるぐる・・・。



2003年05月24日(土)

自分がなんだって問い掛けたくなる、
答えなんてナイナイ。
人に聞いたってわからない、
だから自分で探すのさ。

変わりたいのに変われてないじゃん、
意味なんてナイナイ。
自分が望んでるだけじゃだめ、
行動しなきゃだめなのかい



2003年05月23日(金)

なあ、あの形ってどんなんだっけ。
三角じゃない、丸じゃない。
四角じゃない、台形じゃない。
ああ、ひし形。



2003年05月22日(木) 疼く右手、泣く左手

なくなった腕が言う、
ああ、抱きたい!
ああ、なんでもいいから掴みたい。
無理だって。
なくなった足が言う、
ああ、走りたい!
ああ、なんでもいいから蹴りたい。
無理だって。
なくなった愛が言う、
なあ、いいのか!
なあ、なんでもいいから愛したい。
無謀だって。
なくなった夢がある。
ああ、誰にだって!
ああ、滲んだ景色の中で見つけたい。
無数のね。



2003年05月21日(水)

右回転と左回転
あー、もう。
邪魔なんだって、
俺右回転、
お前左回転、
邪魔だ。
いらない。
消えちゃえ。



2003年05月20日(火) 耳鳴り

耳鳴りがする、朝からだ。
キーーン。
これは危険信号?
キーーン。
脳内音?
キーン・・・。
気圧の変化?
キーーーン。
いつまでたったって止まらない、



2003年05月19日(月) つながりの無い詩

右も左もわからない、ココドコ?
名前も顔もわからない、オマエダレ?
安売りセールに突っ走るおばさん、んなものもうない。
レレレのおじさん、子沢山、金持ちだったの?
がちゃぴんむっくの手品ショウ、南国生まれと北極生まれ。
奈落の底で待ってるZe!



2003年05月18日(日) 消しゴム手品Show!


あー、きょうもこんなひだ
いつもいつも
うるさいほどしつこいほど
えー、なんかいつもいやだ。
おれだってにんげんなんだ
かすじゃないわ、にんげんよ。
きにすんなってしんゆうよ。
くるしさわかってちょーだいよ。
けしごむなんかでけしちゃいたい
こいつらはっきりじゃまですわ、けすならこんなかんじにさー
さー、てじなのはじまりです
しらけないでみてちょうだい
すっげーてじなでごーごー
せっかくなんだからみてってちょうだい
そーそーそんなかんじ
たぶんだれもみたことない
ちっくしょう、まねしようとおもったがまねできねー
つまんねーとか
てめーらならいうでしょうけど、
とにかくひょうてきおめーらだ。
なんだってこのけしごむで
にんずうかんけーなし。
ぬりかべだってけせちゃうぜ。
ねー、いいかげんきえちゃって。
のー、とかいわずに、
はん、けしけしけしけし
ひっひっひ
ふ、これでかんぜんしょうめつだ
へーへへ、なんてかってなもうそう
ほんとっ、こんなことないけどなー


漢字変換ON!!

あー、今日もこんな日だあー
いつもいつも
五月蝿いほどシツコイほど
えー、なんか何時も嫌だ。
俺だって人間なんだ
カスじゃないわ、人間よ。
気にすんなって親友よ。
苦しさわかって頂戴よ。
消しゴムなんかで消しちゃいたい
こいつらはっきり邪魔ですわ、消すならこんな感じにさー
さー、手品の始まりです
白けないで見て頂戴
すっげー手品でGoGo
折角何だから見てって頂戴
そーそーそんな感じ
多分誰も見たこと無い
ちっくしょう、真似しようと思ったが真似できねー
つまんねーとか
てめーらなら言うでしょうけど、
兎に角標的おめーらだ。
なんだってこの消しゴムで
人数関係なし。
ぬりかべだって消せちゃうぜ。
ねー、いい加減消えちゃって。
No、とか言わずに、
はん、消し消し消し消し
ひっひっひ
ふ、これで完全消滅だ
へーへへ、なんて勝手な妄想
本当、こんなことないけどなー



2003年05月17日(土)

もう其処に彼女は居ない。
ドア開けた、居ない。
階段下りた、居ない。
ねぇキミは何処?



2003年05月16日(金) Word46〜70.

46.約束して、もう何処にも行かない、誰も傷つけない。
47.アナタが、私を殺して、二度と目覚めないように。
48.いつの間にか、誰も知らない、何処にもいない。
49.ヒビが入った私とアナタの恋と愛と夢。
50.爽やかに笑うアナタのその笑顔、首ごともらっちゃう。
51.アナタが居なければ、誰も傷つかない。誰も気付かない。
52.お互い汚しあって、綺麗なところに気付きましょ。
53.私の脳の容量が15Mだって知って驚いた、忘れやすいわけだ。
54.男でも女でも関係ない、愛が全て、愛が全て。
55.死んだアナタは、タンパク質のカタマリだって。
56.泣かない、止めない、叫ばない。
57.木戸を開けたら、叫びだす。
58.叫べ!自分の苦しみを吐き出せ!
59.僕を溶かしちゃって、甘い甘いその口付けで。
60.第三事情、君があまり好きじゃない。
61.涙なんて捨てたはず、でるのは血。
62.自分で切った傷を見て、自分は生きてるんだって事を知るわけだ。
63.作った自分を崩しましょう、これからが本当の出番。
64.オー!でたーでたー、やがり中村さんの言った通り、大打撃です!
65.-9度で僕の愛が凍りつく。
66.誰だって分かっていない、自分がどれだけ大切なのか。
67.自分だって世界の一部ってこと。外れたら狂うってこと。
68.世界はアナタ中心で廻ってる、僕でも誰でも中心なのだ。
69.世界に真中なんてある様でない、丸いから。
70.叫べばわかる、自分の小ささ、醜さ。



2003年05月15日(木) 数合わせ。

これからもずっと僕を見ていて欲しい。



2003年05月14日(水) word31〜45

31.時間が言ってる、お前はまだ死んじゃいけない。
32.地球が言ってる、苦しい、痛いって。
33.お前は言ってる、いつだって人に意味何てあるの?って
34.ガガーリンは言ってる、地球は青かった。
35.僕らが言ってる、あんな大人になりたくない。
36.完全防備、の裏にある不完全。
37.竜頭蛇尾、勢い強すぎ、あと弱ひ。
38.焼肉定食、冷えた肉不味し。まずし。
39.一石二鳥、狙えば二兎追うもの一兎も得れず。
40.朝鮮半島、金正日のわがまま、国民餓死。
41.いい加減あきらめましょう、夢追いすぎ、足元危ない。
42.いい加減あきらめましょう、叶わぬ恋、周りを見よう。
43.いい加減あきらめましょう、逃亡生活、楽になろう。
44.いい加減あきらめましょう、右往左往、ズバリ決めよう、君にストライク。
45.いい加減あきらめましょう、でもいい加減あきらめる事もあきらめる?



2003年05月13日(火) Word0〜30.

01.存在する意味ないんじゃなくて?全部そうだろ。
02.未来なんて自分で開ける。いえ、勝手に開きます。
03.君が死んだって僕は変わらない、違います。
04.誰かが死んだら哀しめますか?いえ、無理です。
05.アナタは誰ですか?僕は僕です。
06.笑う為なら何回だって泣いてやる。
07.時計が時を刻まなくても、時なんて動いてる。
08.君に会う為だったら何回だって生まれ変わってやる。
09.大切なものなくしたくない、だから強くなってやる。
10.あきらめる前になんかしてやる。
11.死ぬ前に、なんて言わずに、なんでもやっちゃえ。
12.読みかけの本、何処に行ったか探して、大掃除やっちゃえ。
13.誰かが呼んでるだから、思いっきり叫んじゃえ。
14.誰かが泣いている、一緒に手を繋いじゃえ。
15.僕を必要とする人がいる、ガンバっちゃえ。
16.言葉って何だ、とても大切なコミュニケーションの一つ。
17.青空って何だ、地球だけのスッゲーいいもの。
18.地球って何だ、奇跡の星って奴。
19.生きるって何だ、死ぬまでの道。
20.僕って何だ、わからない。
21.飛行機ってイイ。空を飛ぶって自体イイ。
22.自転車ってイイ。風を切るって感じがイイ。
23.自動車ってイイ。とにかく早いのがイイ。
24.中途半端ってイイ。僕がそれだがそれでイイ。
25.君ってカワイイ。理由なんてなんでもイイ。
26.目印なんてイラナイ!前に進もう、後ろを見るな。
27.時間なんてイラナイ!君といれない、時間が寂しい。
28.意味なんてイラナイ!君がカワイイ、それだけでも。
29.正解なんてイラナイ!自分だけが、決めれる権利。
30.自分なんてイラナイ!臆病で、いやになっちゃう。



2003年05月12日(月) 丸さんヘ。

1度笑うために何度泣いたっていいや、
上を向いたら、飛行船が飛んでいた、
ああ、僕が唯一乗りたい乗り物だ。
アレにのって笑う為なら何度泣いたっていいや。
「それだけする意味は?」自分だけに意味のある財宝。
もうなんだっていいんだ、Ah,誰だって譲れない物あるだろ。
そうさ、それさ、それの過激版が僕だ、
精一杯泣いてやる、いつか笑うために、
飛行船が通り過ぎるまでに、そんなことを考えた。



2003年05月11日(日) 欠陥人間b

いつもアナタは泣いていた。
いつだって、今だって。
自分とゆー存在を気付いて欲しいのでしょ?
叫んでやれ、絞った声で、
自分はここにいるんだってことを。
後ろを見て、気付けばいいんだ、
自分が歩いてきた道を、
自分がつけてきた証を見せてやれ。
此処まで来たんだ、どうだ、見ろや。
そんな勢いでいい、そうすりゃいいんだ。



2003年05月10日(土) In Complete.Virus

In Complete Error
不完全だ、エラーだ。
In Complete Error
心の隙から、壊れているんだ。
ViruS、アナタが綺麗だから、
心の隙間からアナタが僕を壊していく。
皆アナタが好きなのに、アナタは笑って拒否をするんだ。

In Complete Error
僕の心が割れちゃってもう何も何もない。
In Complete Error
でも、不完全、エラーそれはアナタかもしれない
ViruS、アナタが綺麗だから、
実は侵されているのは、アナタじゃなくて?
アナタは全てを拒否するんだ。それが証拠じゃなくて?



2003年05月09日(金) 白紙







がー、がが、が、、、ー、
スピーカからはなんも聞こえない
スピーカからはなんも聞こえない
スピーカからはなんも聞こえない

スピーカからはなんも聞こえない
あー、われ、、、はー、せ、、い
スピーカからはなんも聞こえない
・・・?
スピーカからはなにか聞こえた?
スピーカからはなにか聞こえた?
あー、わ、、らはー、せか、い、をー・・・
雑音で何も聞こえない
わからない雑音が大きいだけど、
アンテナ伸ばしたら
ポキって音立てて折れた、
アンテナぶっこれた、
だけどまだ聞こえてくる雑音、
電源切ってブツリ、
がー、、がががー、がー…?
雑音がまだ聞こえてる、
がー、、がががー、がー…
がー、が、が、がーがー…
ムカついたから蹴り飛ばしたら、
音を立てて壊れた、バキって、
結局アレがなんだったのか、誰にもわからない、
でも液晶に表示されてるのは、ヒトラー独裁演説。


角に走り書き、ざざざっと。



2003年05月08日(木) 僕らはいつだって

in complete error 僕らはいつだって不完全だ。
あなただって不完全なのさ。
完全なのは神って奴だけ。
だけど、完全こそ最高の不完全ってな。
完全の支配する不完全よ。
不完全が支配する完全よ。



2003年05月07日(水) I.C.E

いい加減いつまで僕を縛り付けるつもりなの?
唇が寂しいなんて気のせい。
心が寂しいなんて君のせい。
何処かに連れてって、無理。
心は何処かに置いてきちゃった。
彼女に名前があるならきっとそれは、
ICE 氷のように冷たい、
In Complete Error 不完全。
だから僕のことを縛り付けちゃってるんだろう?
だからいつまでも縛り付けたまま離してくれないんだろ?
君が不完全だから、君が冷たいから。



2003年05月06日(火) いいいいだだだだ

いつだって僕らは助けを呼ぶ声を無視してきたんだ。
いつも当たり前のように僕らは僕らのことだけしか考えてこなかった。
いざとなればいつだってなんだって犠牲にできた。
いつも自分優先だった。
だった。過去形なんだ
だから、もう今はきっと違う。
だけど、人の為に全てを犠牲に出来るわけじゃない。
だって、僕らは善人になんてなっていない。



2003年05月05日(月) 草の唄。


あの大きい空に抱かれて死ねるなら、きっと僕は幸せだ。
のんびり行こうたってそうはいかないもの、
大きい野望なんてまだ達成なんてできないけれど
きっといつか叶うはずだよね。
いつか、きっといつか。
空を自由に飛べる日を夢見て、
にあわない言葉だっていわれるかもしれない
抱いて。
かれてしまう前に、
れんこん見たく穴があく前に、
てかてかの光とか失って、
死んでしまう前に、
ねぇ?
ループ大きなループ何処までも続く、
なんだって気にしないような大きい心。
ランダムに生まれてくる僕らの中で、
キミに抱かれたいなんて思うのはきっと僕だけだろう。
っ、、、ああ、体がなんだか崩れてきてよ、
とまらないこの枯れが死が、
僕に入ってくるんだ。
はぁ、死んだ後、大きい空、君に抱かれたら
幸せなんだ。僕は、
せめて最後くらい、僕の願いを叶えてくれ!
だって最後くらい幸せになりたいじゃない。



2003年05月04日(日) 妄想と空想と

今君が目の前に居たらきっと押し倒している、
今此処にまじんがーZがあったら君のところまで言ってる、
ただそんなことはおきない。



2003年05月03日(土) 少数派。

夢を見ることを止めた、笑う事さえも止めた。
だけれど、空は明るい笑いばかりを落とすから、
心のそこから笑えない僕、僕1人だけ笑えないが浮いてしまって。
面白くない話にあわせて笑っている自分がいる、
愛想笑いも疲れた、自分の弱さ隠すためだけど。
いくら待ったって幸せなんてきっと来ない、
自分で歩いてみましょうか、そんなことさえも出来ない僕は臆病者。
人生って言うこの舞台の影で
前に進もうか、もう戻ろうか、そんなことも決められないほど優柔不断。
勇気なんてないわ、臆病だから、
ほら笑え、って言うんだったら笑ってあげましょ今すぐに、
こんな風に見えても心まで従っているわけないだろう?
ほら、だから浮いているって言うんだ、
世界の常識なんて多数決で決まる、僕はきっと少数派、
しかも少数派のなかで多数決してもまた、少数派。
多分非常識なんだ、んな事分かっていたのかも知れない。
世界に同化してるようで、してない。
そんな微妙な存在の僕は、
表じゃ好かれているようで、だけれど誰にも好かれていない。
荒野に咲く花のような孤独感。
うるおいをください、安らぎをください。



2003年05月02日(金) 赤と青

なんだか壊れてしまいそう
幼い自分が惨めで
全てが消えてしまいそう
君を思う気持ちも
もし其れが出来るなら
僕はもう笑えなくなるのだろうか
誰も愛せなくなるのだろうか
身も心も麻痺してしまうのだろうか
そぅやって僕は壊れていって
崩れる音はまるでロボットのようで
そんなのは僕の唯の理想で実際はそんな綺麗じゃなくて
哀れで未熟でちっぽけなもんで
存在意義のなくなった僕の崩れていく音はぐしゃり
君を想う気持ちもぐしゃり
心に亀裂が入って
静かに破片は飛び散って
そうやって僕は沈んで、死んで、消えていく。

赤、ゲッツが練習の|陸上部|゚ロ゚)σ
黒、チビメガネ、美術部下っ端、メカ専門



2003年05月01日(木) もうリメイク、幸せについて

幸せってなんだろう、考えたことあるかな。
此処は幸せの国、さすがに皆さん綺麗だろ、
それに幸せそうでしょう?
そんなあなたがた、聞きます、
あの子を見て、どう?幸せに見える?
もしも、あの子が幸せに見えないようなら、
きっとあなたがたの目は頼りにならないモンなんでしょう。
なんで不幸に見えるのかしら?
服が汚れいるから?いいえ、服が汚れていても、幸せなのです。
不自由じゃなさそうだから?いいえ、そんなこと関係ないのです。
不自由とか不満なんてない、それでいて心が満ちている、それが幸福でしょう。
だけれどあの子は、服が汚くても不満なんてないの。
自由じゃない。だから?心は満ちているの。
姿容姿で、あなた達は決めたがっているんでしょう。
だから、いつまでも本当の幸せを知らないんだ。
そんなことが幸せの中の不幸。


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加