2009年07月05日(日)  朝ドラ「つばさ」第15週は「素直になれなくて」

「つばさ」第14週「女三代娘の初恋」はいつにも増して反響があり、とくに劇中劇の「婦系図」を楽しまれた人が多かった様子。映画と鉄道を愛するご近所仲間のT氏からは、〈鏡花の「婦系圖」が出てくるとは思いませんでした! 映画の「婦系図」もいろいろ名作がございますよ。野村芳亭(田中絹代と岡譲二)、マキノ雅広(山田五十鈴と長谷川一夫)、衣笠貞之助(山本富士子と鶴田浩二)、三隅研次(万代昌代と市川雷蔵)…。どれも美男美女の組み合わせです。ある意味日本メロドラマの代表作。こちらも機会がありましたら是非どうぞ〉とのこと。こんな風に「つばさ」をきっかけにわたしの世界も少しずつ広がって、楽しませてもらっている。

さて、第15週では、第1週の第一声から美声で酔わせてくれている人気芸人ベッカム一郎(川島明)がついに姿を現すことに。ベッカム一郎の配役が決まったとき、わがダンナに「麒麟の川島明が出るんだよ」と報告したら、「麒麟の相方はシマウマか?」とボケた反応が返ってきたが、麒麟はお笑いコンビ名で、相方は、『ホームレス中学生』を書いた田村裕。「つばさ」の劇中では、ベッカム一郎の相方はロナウ二郎(脇知弘)で、この二人がコンビを解消した事情が第15週で明らかに。タイトルは「素直になれなくて」。シカゴのあの名曲を連想して、切ないイメージを足し、またしてもうまく名づけたものだとプロデューサーのネーミングセンスに感心。

全国放送に進出したつばさとベッカムとのラジオ共演にもご注目。大きな世界を見てしまったことで、足元にある大切なものを見失いかけたつばさを家族や仲間、そして最後はラジオそのものが引き戻す一週間。ささやかな日々をコツコツと積み重ねることが、大きな力になるというのは、コミュニティ放送だけでなく、和菓子の商いにも主婦業にもいえることで、子育てもそうだなあと実感。

演出は、第8週「親子の忘れもの」、第9週「魔法の木の下で」の福井充広さん。8、9、12週「男と女の歌合戦」に続いて4度目の今井雅子増量週間。「脚本協力 今井雅子」のクレジットが月〜土の毎日(通常週の6倍!)出るので、オープニングタイトルにもご注目。次回増量週間は第17週「さよならおかん」。第16週「嵐の中で」も恋の嵐が吹き荒れるドキドキの週なので、引き続きお楽しみください。

【お知らせ】7/22新宿バルト9で『ぼくママ』試写トークに出演

今井雅子脚本の6本目の長編映画『ぼくとママの黄色い自転車』は、いよいよ8月22日公開。その1か月前に「ママする主婦する自分する 働きたい女性のためのコミュニティサイト」キャリア・マム会員限定特別試写会を開催。上映前に、キャリア・マム代表の堤香苗さんと今井雅子のトークが決定。どんな話になるのか、わたしも楽しみ。

7月22日(水)11:10開場/11:30トークショー/11:50開映
新宿バルト9にて
40組80名様をご招待


他に7/21の大阪試写会に30組60名様、7/24の名古屋試写会に25組50名様をご招待。いずれもお子様連れOK。応募(7/13まで)はこちらへ。キャリア・マム会員限定なので、会員でない方は登録が必要。

2008年07月05日(土)  マタニティオレンジ309 ビデオより、輪になってあそぼ!
2007年07月05日(木)  桃とお巡りさん事件
2003年07月05日(土)  柳生博さんと、Happiness is......
2000年07月05日(水)  10年後に掘り出したスケジュール帳より(2010/11/28)

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加