2005年02月27日(日)  1975年のアカデミー賞映画『カッコーの巣の上で』

■『カッコーの巣の上で』をビデオで観る。1975年のアカデミー賞5部門(作品賞、監督賞=『アマデウス』のミロス・フォアマン、主演男優賞=ジャック・ニコルソン、主演女優賞=ルイーズ・フレッチャー、脚色賞)に輝いただけあって力強い作品。刑務所の強制労働から逃れるために精神を病んだふりをして精神病院にやってきたランドル役(ジャック・ニコルソン)は、閉じ込められているかに見える患者たちが「すすんで入院し続けている」事実にショックを受ける。抵抗を諦め、意志を封印してしまった患者たちをあおり、次々と騒動を巻き起こす要注意患者となるランドル。管理する側とされる側が「これでいいのだ」と思い込んでいたバランスを崩していく過程には痛快な解放感があり、狂気と正気の境目はどこにあるのか、自由を主張することとわがままはどう違うのか、などと考えさせられる。主人公にとっては皮肉で救いのないラストは意見が分かれそうだが、わたしは絶望の中に人間の底力を見るような希望を感じた。原題は『One Flew Over The Cuckoo's Nest』。Flew overは「上で」よりは「飛び(乗り)越えて」のほうが近いが、Cuckoo's Nestが精神病院を指す隠語だそうで、よくできたタイトル。

2002年02月27日(水)  世の中は狭い。いや、世界が広くなったのだ。

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加