2002年03月20日(水)  はなおとめの会

■三軒茶屋の驚くほどおいしく、驚くほど安い店『伊勢元』で第2回『はなおとめの会』を開催。メンバーは同じ会社のクリエイティブ8人に、年末に退職したM氏と制作プロダクションのN氏を加えた、男女5人ずつの10人。もともとM氏の送別会で飲んだのがあまりに楽しく、「またやろう!」ということで今日の会となった。わたしが今一緒に仕事をしている人は一人もなく、普段はほとんど口をきくこともないメンバーなので、会社の人と飲んでいるという感じもせず、話題も仕事抜き。株価や映画や政治の話題の間を下ネタが飛び交う、なんとも豪快な宴となった。男性陣には『寝返りのリュウ(寝返りしただけで女性がなびくという噂)』『ノルウェー(ノルウェーの漁師のような風貌)』『仙人(隠居生活をしているから)』といったあだ名がついている。髪型が役所広司に似ているという理由で『役所』と名づけられたT氏は、最後は『うなぎ』と呼ばれていた。『はなおとめ』の名は、銀座の飲み屋に行くと必ずスカウトされるというU嬢が、酔ってゴキゲンになると鼻が鳴るのが由来。「ブヒッ」と鳴るたび、「入りました!」と拍手が起こる。鳴らそうという狙いが見え見えなものはかえって空振りし、邪念のない会話のほうが素直に受けてもらえる。「なんかさー、こういう意味のない飲み会って、ほっとするよね。鼻の鳴る音数えて盛り上がるなんてさあ」と役所あらためうなぎ氏。店のお父さんお母さんもあたたかくて、おいしく飲ませてくれて、すっかり上機嫌。でも、どんなに酔っても、お店にパコダテ人のチラシを貼ってもらうことは忘れないのだった。

<<<前の日記  次の日記>>>


My追加