遺書

2016年09月13日(火) 1991 Egoist

自分がこんなんだって、忘れてたんだよ俺は
必死に人間のふりをして生きてきただけの

俺は俺の抱える苦しみが理解されるものだなんて思っていないし、
誰かに理解してもらおうとも思っちゃいない

だからこそ、誰にも理解されない苦しみを抱える奴が、
俺の手に届くところにいるなら

といったところ、
せいぜい俺は寄り添うことぐらいしか出来ないんですけど


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加