雪さんすきすき日記
リサイクル戦術シミュレーション『リサイクルプリンセス』 倒れてもその場で復活するリサイクルSLG。全力で応援中!
DiaryINDEXpast
「ときのあくま」攻略はこちら  「東方戰騎譚」エキスパート攻略はこちら  考察のようなものはこちら
自己紹介はこちら  リプレイはこちら  動画はこちら(完成版体験版)  Twitterはこちら


2019年03月17日(日) 続^3・休日のこと

 7時半頃起床。
 今日はGothic×Luckのリリースイベントに参加するべく上京。12時前に会場のヴィーナスフォートに到着して、ステージの場所を確認。屋内ながら吹き抜けの天井が晴天から夜空へと刻々と変化する演出がとても印象的な施設であった。また、ステージとなる教会広場は天井の演出と合わせて実に荘厳な雰囲気を醸し出しており、リリイベにぴったりな環境であった。

 リリースイベントだが普段は一般席で満足するものの、今回は何か予感がしたのでCDを購入して優先席にした。この予感が後々大正解に至るとはこの時は知る由も無かった。
 そして、集合時間になったので、優先席の列に並んで入場。そして気づいた。これ、優先席だけでステージ前が満席でないかと。そして後ろを向くと、遠く離れた場所に設けられた一般席。あのときの予感に従った自分を褒めてあげたくなった。

 リリイベは、場所が後ろの方だったのと私の背の低さと乱視のせいもあってゴクラクの2人がはっきり見えなかったものの、それでも生の歌声と動いている姿を見て大満足。そして、お渡し会は2周参加。緊張して伝えたいことは何とか言えたものの、2人の姿をはっきりと記憶に残すことはできなかった。それでも、間近で見た2人がとても可愛らしかったことは、はっきりと覚えている。

 その後、秋葉で呑んで帰宅。帰宅後にあにてれでリリイベの配信を観て、今日の補完を実施。振り付けで2人がどれだけ目を合わせて手を合わせて背中を合わせているのかがよく分かり、とても感慨深い思いで胸が一杯に。端的に言うと、尊いの一言に尽きた。


2019年03月16日(土) 続々・休日のこと

 今週は花粉症が特に酷く、熱まで出る始末。当然、ゲームなどプレイする気力は無く、進捗もまるで無し。3月中にせめて「夢階段」のあくむはクリアしたいところではある。

 今日は9時頃起床。花粉症のせいで進められなかった仕事を午前中に片付けて、帰宅後は延々「けものフレンズフェスティバル」をプレイ。一時は7位まで順位が落ちたが、何とか6位まで浮上。そして、ちょっと休憩したらまた7位に転落。やはり、上位を維持するのは大変である。


2019年03月10日(日) 続・休日のこと

 10時頃起床。
 溜まったシャツにアイロンをかけて、ゲーム動画を観ながら「けものフレンズフェスティバル」を回して、1日が終わった。花粉症のせいで同人ゲームをプレイする気力が全くといっていいほど湧き起らない。
 その分ソシャゲが捗るわけで、「けものフレンズフェスティバル」は1桁順位に食い込めている。


2019年03月09日(土) 休日のこと

 昨日と一昨日は、仕事の疲れを花粉症が増幅させてぐったりしていた。

 今日は9時半頃起床。午前中は会社に行って仕事を片付け。帰りにラーメンを食べようかと思ったが、先週の豊橋遠征がかなりの出費になり、外食の予算が乏しくなったので取りやめ。代わりに話題のやりすぎミントアイスバーを食べてみたが、香料が効きすぎて苦みが強かった。

 「けものフレンズフェスティバル」今度のイベントではガチャで入手できるキャラにナース服のカラカルが登場して、その可愛さに界隈が騒然。かくいう私も、久しぶりにガチャを回してみようという気になった。手持ちのキセキセキで12連が12回は回せるほど溜まっており、使いどころは正にここであろう。
 で、全部使い切る覚悟で回したら1回目で入手。喜びと拍子抜けと共に今回のイベントは無事終了した。とはいえ、折角特攻50%のキャラを入手したので、スザク以来の上位を狙ってみようかと思っている。

 あとはだらだらと過ごして終了。花粉症のせいか、昼寝をしても倦怠感がずっと続いていた。


2019年03月06日(水) 続々・「夢階段」のこと

 「夢階段」おとなのゆめクリア。こどものゆめのようなボスは登場せず、500段登ればクリアであった。

 予想どおり、400段から先はすれ違いが大活躍。攻略としては、力の宝石は必須として、400段まではひたすら敵を倒して体力と残機を稼ぎ、400段から先はすれ違いやアイテムを駆使して登るのを優先する。敵を画面外に出してしまえば、変身はしない様子。あと、400段から先に登場する偽りの仮面は手持ちのアイテムを消滅させるので、戦闘は極力避ける。こいつに力の宝石を消されると、著しく不利になる。また、400段から先は扉を開けて戻るが出てしまうと大変厳しいので、扉は極力開けないようにした方が結果的に有利になるかと思われる。今回のクリア時は、体力の最大値が961で残機は12残った。

 さて、残る難易度はあくむだが、おとなのゆめの時点でクリアが見えないほど難しかったので、あくむは正直クリアできないのではないかと思っている。また、こどものゆめが100段、おとなのゆめが500段ときて、あくむは1,000段くらいありそうで、長丁場になりそうな予感がひしひしと。


2019年03月05日(火) 続・「夢階段」のこと

 今日の「夢階段」は、昨日の反省を活かしてあるくだいこんの呪いで残機を減らされないようにしたところ、あるくだいこんが出現する地帯を抜けた後に残機が7か8くらい残っていた。これなら昨日よりも進めると考えていたところ、妖精さんが変身をしてユメクイという怪物になった。この怪物は1ターンに残機を2減らし、残機が無くなったら体力の最大値を1まで減らすという攻撃をしてきて、すなわち実質的なゲームオーバー。
 本当に一筋縄ではいかない作品である。ちょっと甘く見ていたことを反省。


2019年03月04日(月) 「夢階段」のこと

 起きたら昨日の調子の悪さはほとんど回復していた。一体あれは何だったのだろう。ただ、腹痛だけは若干残っていた。

 「夢階段」(紫蘇の葉)を開始。
 一次元マップのローグライクRPG。落ちているアイテムや様々な効果を引き起こす扉を活用して敵を倒しながら、夢の階段をひたすら登っていく。
 とりあえずチュートリアル的な難易度のこどものゆめは初見でクリアできたので、上位の難易度のおとなのゆめに挑戦。400階位までは問題なく到達できたものの、そこから先がどうにもならずに終わってしまった。400階から先では手持ちのアイテムを消滅させる敵が押し寄せてきて、アイテムが全く頼りにならない。そして、素の状態の自機は非常に弱いので、敵を倒しきれずに体力が尽きてしまった。
 これは無理ゲーだと思ったが、ふと思い出した。この作品には敵とすれ違うという操作があることを。終盤は体力も増えているので、たとえ攻撃を受けてもすれ違ってやりすごすことの方が重要なのではないか。その仮説を元に次回はプレイしようかと思う。


2019年03月03日(日) 休日のこと

 8時半頃起床。雨で花粉が洗い流されて過ごしやすいが、寒い。そして、昨日のうちにのんほいパークに行っておいて良かった。

 水曜の日記でようやくあにてれが観られるようになったと書いたが、実は勘違いだったようでその後結局観られなくなっていた。それどころか、Amazon Primeも、プロキシやVPN接続をしているという謂れのない理由で観られなくなる始末。そして、動画配信サービスを観ることができたもう1つの回線は3月1日に解約。事態は悪化の一途を辿っている。
 とはいえ、このまま手をこまねいているわけにもいかずいろいろと対処方法を探して、今日ようやく固定IPサービスによるVPN接続であにてれ、Amazon Prime両方とも観ることができるようになった。
 しかし、これで諸手を挙げて万々歳というわけにはいかない。このサービスは2か月後に有料に切り替わり、それ以降は支払いが発生する。また、IPv4接続なのでNURO光の恩恵が激減してしまう。なので、何としてもあと2か月の間に根本的な対処方法をとらなければならない。
 今回、固定IPで接続できたことで、現在のNURO光に割り当てられているIPアドレスが大外れという可能性が一段と高くなった。なので、ONUの再起動によるIPアドレスの切り替えを今後も続けていく必要がありそう。一昨日の昼から昨日の夜までONUの電源を落としておいたのにIPアドレスが全然切り替わっていなくて、非常に苦労しそうではあるが。

 そして、起きてから体調がずっと優れず、午後になったら寒気までしてくる始末。原因が花粉症以外に思い当たらないのだが体調が悪いのは事実なので、一日中おとなしくせざるを得なかった。


2019年03月02日(土) 続・のんほいパークのこと

 7時頃起床。昨日から本格的に発症した花粉症のせいで眠りがとても浅く、辛かった。

 宿を出て、豊橋から東へ一駅の二川駅で下車。そこからちょっと歩いて、のんほいパークの東門に到着。開園30分前くらいに到着したが、既にフレンズの姿が散見された。開園前に年間パスポート作成の手続きができたので、早々に済ましてけものフレンズの絵柄の年間パスポートを入手。今回来た目的の1つを無事に達成した。なお、私と同じ時間帯に年パスを作った人は、皆けものフレンズの絵柄だったことを追記しておく。

 9時になり開園。入場後、即コラボイベントのキーワードラリーに参加。園内の6種類の動物を訪れ、そこで得られたキーワードを組み合わせて合言葉を探しだすという内容のイベントである。
 では、早速最初の動物へと意気込んでアフリカ園目掛けて出発したものの、なかなか動物までたどり着けない。そもそも、東門から動物のいる場所まで結構距離があり、しかも初めての場所なので園内の構造も全然把握しておらず、最初の動物にたどり着くまでに15分くらいさ迷い歩いてしまった。その後、1時間ほどかけてアフリカ園の構造を把握したが、広い。とにかく広かった。その後もラリーを続けながら2時間ほどで一通り回り終えて、園内の構造をようやく把握できた。広さの割には動物が偏在しているところもあり、ただ歩いているだけという時間も結構あった気がする。合言葉は最初の2つで大体分かり、3つめで確証が得られた。東門に戻り、合言葉を言ってポストカードを入手。
 2周目は動物をじっくり観て回る。以下のような珍しい動物の行動を観ることができて、感動続きであった。
・コツメカワウソのジャグリング
・水を飲むアミメキリン
・子供に授乳するアミメキリン
・寝転がる馬
・おもちゃで激しく遊ぶサーバルキャット

 13時半から飼育員による動物解説。今日はジェンツーペンギンとイワトビペンギン。どちらも繁殖が話の内容の主体だったが、条件や施設面で難しいところが多く苦労している様子。それでも、自然個体が減少の危機に晒されているので、繁殖技術を確立して減少への歯止めに寄与しなければならないという強い使命感を感じられた。そして、種の保存において動物園の役割が益々重要になっていることを再認識させられた話であった。

 14時半過ぎにのんほいパークを離脱。全体的に動物との距離が近くて、見ごたえのある展示が多かった。中でも、アフリカ園はその広大さから開放感に溢れており、動物達の自然な姿が観察できてのんほいパークで一番のお気に入りの展示となった。今は工事中だったが、アミメキリンをより間近で見ることができるキリンデッキができる予定で、完成したら是非とももう一度訪れたいものである。あと、カバを3頭も飼育しているのも凄いが、うち1頭がかみね動物園からやってきたという解説があり、意外なところで地元との接点があったことには驚いた。

 豊橋より浜松の方がひかりの接続が良いので、東海道線で浜松まで移動して、そこからひかりに乗車。呑み会の会場である秋葉原に30分前に到着したので、アキヨドで時間を潰してから合流。ラムしゃぶという一風変わった料理だったが、意外と癖もなく美味しかった。
 23時頃に帰宅。のんほいパークの年パスを入手する旅がようやく終わった。


2019年03月01日(金) のんほいパークのこと

明日は都内で夜に友人達との呑み会がある

折角上京するので、日中は動物園に行こう

そういえば、のんほいパークのけものフレンズコラボイベントが日曜までだった

じゃあ、のんほいパークに行こう

でも、日帰りはさすがにきつい

じゃあ、前日入りしよう

 というわけで、今日は午後半休を取って豊橋で一泊することに。こだまでは2時間かかってさすがにきついのでひかりを使ったが、ひかりはひかりで2時間に1本しか豊橋に停車しないので、時間を合わせるのが大変であった。
 16時半のひかりに乗って、18時に豊橋着。宿にチェックインをしたら、まずはメロンブックスへ。八王子のときもそうだったが、旅先にメロンブックスがあったら寄っておかねばなるまい。ここで同人誌を5冊ほど購入。
 夕食は、宿でお勧めの居酒屋海ぼうずで。まず、お通しを12種類もの中から選べる時点で相当凄い。あと、牡蠣の釜揚げが絶品で、これを食べることができただけでもこの店に来た甲斐があった。お酒3杯と料理4品で3.5kという価格もとても嬉しい。さすが、お勧めしていただけのことはあると納得。
 宿に戻り、明日に備えて早々に寝る。


氷室 万寿 |MAIL
DiaryINDEXpast