雪さんすきすき日記
リサイクル戦術シミュレーション『リサイクルプリンセス』 倒れてもその場で復活するリサイクルSLG。全力で応援中!
DiaryINDEXpast
「ときのあくま」攻略はこちら  「東方戰騎譚」エキスパート攻略はこちら  考察のようなものはこちら
自己紹介はこちら  リプレイはこちら  動画はこちら(完成版体験版)  Twitterはこちら


2019年01月20日(日) 続・休日のこと

 7時頃起床。
 フレンズチホーに参加するために上京。前回同様30分程度で回り終える。
 その後、秋葉原に移動。いつものところでクラフトビールを呑もうかと思ったが、IBREW 秋葉原店ができたのを思い出してそちらに向かうことに。クラフトビールがハーフパイント390円、パイント690円と均一なので、値段のことを細かく考えずに気軽に呑めるのが好印象。また、クラフトビールも品揃えが多く、度数高めなのも揃っていて、いろいろと楽しめた。逆に、フードは一人で行くとややお高めで、おつまみ程度のものが中心に。とはいえ、それらもちゃんと美味しくて食べごたえは十分。今日はフード3品とハーフパイント4杯を注文したのだが、これで3,500円というから費用対効果が実に高い。また利用したいと思わせる店であった。

 「チョップリフターHD」飛行速度が速い機体を入手して快適に。

 今日の戦利品。実質オイナリサマクッションを買いに行ったようなものだった。


2019年01月19日(土) 休日のこと

 9時頃起床。布団を干す以外に何をするか思いつかないうちに休日がきてしまったので、とりあえず思いついたことをやることに。
 先ずはお腹が空いたので、フライングガーデンに行ってハンバーグの400gを注文。つけあわせの野菜が無いせいか、ガーリックライスを付けても普通に完食できた。
 帰宅後は「けものフレンズフェスティバル」を周回しながら部屋の掃除。メロンのC95予約通販がようやく全て届いたので、部屋に溜まったダンボールを片付けることができ、その勢いで部屋に掃除機とクィックルワイパーを掛けた。

 ツイッターを眺めていたらけものフレンズ2の公式アカウントから謝罪が。エンディングの「星をつなげて」が放映時に完全版ではなくデモ音源を流してしまったとのこと。さらに、作詞・作曲者のじんさんのアカウントでは、そのデモ版はGothc×Luckが初めて歌ったものということまで明らかにされた。正直、聴き比べるまで全然違いが分からないほどデモ音源の完成度が高く、界隈は騒然。既に差し替えが始まっているが、AbemaTV版がデモ音源のままだったので、速攻で録画して保管した。これはGothic×Luckに大きな伝説ができたのではなかろうかと。

 ちょっと前から始めた「チョップリフターHD」のキャンペーンを進めていたら唐突にゾンビが登場してきて大笑い。しかし、襲ってくるゾンビから病院を守ったり、救助中にゾンビが大挙して押し寄せてきたりと、ゾンビを上手く活用していることに感心。レポーターはヘリの収容人数が足りずに見殺しにせざるをえなかったので、収容人数の多いヘリを入手したら再度挑戦することにして一旦先に進むことに。


2019年01月16日(水) 「けものフレンズフェスティバル」のこと

 けものフレンズフェスティバル、1000周以上回っても出なかったスザクが、グループを変えたら一発で出た。どうも今のドロップテーブルでは出ない気がしていたので何かを変えなければとは思っていたのだが、それが上手く行った様子。ただし、実際に効果があったのかは不明。
 というわけで、無事にスザクが入手できたが、折角一桁台の順位にいるので、このまま最後まで走りぬいてみようかと思う。

 けものフレンズフェスティバルをプレイしながらだと中々他のゲームができないけど、一応「秘封ナイトメアダイアリー」は地道に進めている。


2019年01月14日(月) 続・休日のこと

 9時頃起床。
 午前中は、けものフレンズフェスティバルを周回しながら「双腕のソルダート」タイムアタック動画を収録。2分27秒112と、今までの記録を10秒以上更新できて満足する内容となった。

 午後はサイゼリヤに呑みにいったり、「小林さんちのメイドラゴン」を観ながらけものフレンズフェスティバルを周回。「小林さんちのメイドラゴン」はお勧めされたものの、3話まで観て刺さるものは無かった。

 というわけで、けものフレンズフェスティバルを一日中周回していたら、それなりの位置につけることができた。明日から仕事なので周回できる時間が減るが、それを補える程度には稼げたと思う。


2019年01月13日(日) 休日のこと

 11時頃起床。昨日のライブの反動で抜け殻のようになっており、部屋の片づけをちょっと行い、宝くじを換金するために外出。私の前の人が15万円分くらいの宝くじを調べてもらっていて壮観であった。社会貢献ありがとうございます。

 日中はけものフレンズフェスティバルを延々プレイするのみ。相変わらずスザクは出ないが、1桁順位は維持しているので最終的には入手できるであろう。

 夕方になって「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢水曜2面をプレイ。何故そこにお燐が居ないのかと残念に思ったが、菫子に変な動物呼ばわりされなくて良かったのかもしれない。

 夜になって、あにてれで昨日のライブの配信を観て思い出を反芻。やはりぼくのフレンズからの一連の流れには涙腺が緩む。


2019年01月12日(土) ライブのこと

 8時頃起床。
 今日はどうぶつビスケッツのライブ。会場は葛飾区にあるかつしかシンフォニーヒルズで、11時頃に到着。開場が13時半からなので早過ぎたと思ったが、物販の列が予想以上に延びていたので慌てて並ぶ。特典の缶バッジは終了してしまったが、欲しい商品は入手できたので良しとする。

 昼の部はけものフレンズ2前前夜祭。
 開始直後に早速1話を鑑賞。オープニングと次回予告、エンディングまで放映されるのが今回が初めてとのことで、得した気分に。現時点ではどう転ぶか分からない内容であったが、1期との繋がりを持たせる演出がいくつもあったので、製作において相当な覚悟を感じられた。その後のトークショーでは、生おーいしおにいさんに対して声優よりも大きな声援が送られていたほどの大興奮。あとは、ネタバレに引っかかる発言禁止ということで、含みを持たせるような話が多く、なかなかもやもやさせられた。
 そして、サプライズはGothic×Luckによるエンディングテーマ「星をつなげて」完全版の披露。正直、夜のライブで来ると思っていたので意外であった。可愛らしい歌詞に負けず劣らずの可愛い衣装と振り付けで、庇護欲を大いに刺激された。

 夜の部はどうぶつビスケッツのライブ。
 さふぁりどらいぶに収録されている曲を、寸劇を挟んでの演奏。何というか、最高以外の言葉が見つからないほどの素晴らしい内容であった。とにかく素晴らしいという感情が溢れてきてとても全てを書き記すことは不可能なので、とりわけ印象に残ったところを。
・フェネックのキャラソング「らいくあらいと」振り付けがとても可愛くて、個人的に感激。
・たんたかタイムは相変わらず楽しい。今回は3回目の振り付けがメンバー同士で手を合わせるというもの。見ている分には可愛らしくて実に良いのだが、実際にやるとなると隣の人と協力しなければならないので、非常に難易度が高かった。
・アンコール後にまさかぼくのフレンドのカバー。これには涙腺を刺激された。やはり、いい歌である。
・恒例のようこそジャパリパークへは、プリンセスが居なかったものの、カラカルとオイナリサマが参加でとても新鮮であった。
・最後の曲の前にメンバー全員による挨拶があったのだが、皆が皆感極まって涙声での挨拶となり、周囲ですすり泣くフレンズが続出。特に、普段は泣き顔を見せない尾崎さんが、一時期声が出なかったことに対して涙と共に思いが堰を切ったようにあふれ出していたのは、もらい泣きしても止む無しであった。
・公演が終わり退出の案内が出た後に、ハッピービスケットのインスト版が流れたのだが、これに対してフレンズがコールを始めて大盛り上がり。そして、その様子を嬉しく思ったメンバーが再度舞台に出てきてくれて、マイクを通さず肉声でのお礼を披露。これにフレンズが感激しないわけがなく、ある意味今日一番の盛り上がりを見せた。

 というわけで、ライブは大満足の内容であった。このような素晴らしい体験ができて、どうぶつビスケッツを、そしてけものフレンズを応援してきたことをただただ嬉しく思う次第であった。
 非常に満ちたりた気持ちで一人打ち上げを行い、帰宅。


2019年01月11日(金) 「Forward to the Sky」のこと

 けものフレンズフェスティバルの最後の四神イベントが今日から開始。スザクを入手すれば四神全員揃うので、是が非でも入手したい。この日のためにキセキセキ(金)も溜めたし、神峰神社にもお参りした。あとはとにかく周回を重ねるのみ。がんばろう。

 昨日クリアした「Forward to the Sky」(AnimuGame)の感想を。
 人に豊かさをもたらすクリスタルを奪い、そして人を襲う魔女を退治するために、魔女が住む天空の塔に向かう姫の物語を描いた3Dアクションゲーム。
 操作は移動と視点移動、弱攻撃、強攻撃、ジャンプ、バックステップ。塔を探索して熱気球のある場所に到達するとクリア。途中、敵を倒したり石像を破壊することでクリスタルが入手できる。クリスタルは1つの層に100個あり、集めた数に応じて物語が明らかになっていく。

 操作性が非常に良く、姫を動かしていてとても気持ちのいい作品。また、攻撃も連打しているだけで連続技になり、手軽に攻撃が楽しめたのも好印象であった。良好な操作性のおかげで、箱庭的な塔の探索を変な鬱憤を溜めずに素直に楽しむことができた。
 塔は全部で6層構造だが、各層には独自の仕掛けが用意されている。仕掛けは動きに躍動感のあるものが多く、仕掛けを操作して先に進む楽しさが視覚的にも体感できた。特にお気に入りは3層の中に飛び込むと飛ばされる環状の仕掛け。これが連続して並んでおり、一度飛び込むと次々と輪の中を潜り抜ける疾走感が気持ち良かった。また、一度飛び込めばそのまま最後まで行くのではなく、ちゃんと視点移動で次の輪に狙いを定めないと落下してしまうという、操作する余地をちゃんと用意してあるところに感心した。
 難易度はかなり簡単で、3時間弱で全面クリアおよび全実績達成。この短さに不満を持つ意見も少なくは無いが、個人的には「秘封ナイトメアダイアリー」と並行してプレイする分には丁度良い規模と難易度であったといえる。難易度、面構成、仕掛け、謎解きの全てが手頃な規模に収まっており、その手頃感に安心してプレイすることができた。
 欲を言えば、ボス戦を増やしてもらいたかったかも。唯一のボスであるラスボスが多彩な攻撃を仕掛けてきて、最終段階では振り下ろした腕を駆け登って本体に攻撃するという熱い展開も用意されていたので、ボス戦のセンスの良さも楽しませてもらえた。なので、中ボスなど他のボスでもそのセンスを発揮して欲しかったように思える。


2019年01月10日(木) 続・「秘封ナイトメアダイアリー」のこと

 ケムリクサを観たのだが、とりあえず現時点ではさっぱり分からん。これから種明かしが始まるのだろうけど。

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢水曜に突入。1面からさとりさんとおくうちゃんの組み合わせで大歓喜。しかも、全然難しくないのでスコア狙いまでしてしまった。

 続いて「Forward to the Sky」をクリアまでプレイ。感想は明日にでも。


2019年01月09日(水) 「秘封ナイトメアダイアリー」のこと

 今朝がたツイッターを眺めていたら、蒼さんの訃報が飛び込んできた。蒼さんといえば蒼空市場のサークルで長いこと東方二次創作をされており、同人誌は随分と拝読させていただいた。さらに「TWilight INSanity」のキャラデザもされており、スコアアタックの商品である資料集は今でも大事な宝物である。なので、この知らせを受けたときは残念とか悲しいという気持ちも勿論あったが、それ以上に大きな喪失感を抱いた。安らかにお眠り下さいませ。

 年末年始の休暇明けで体がなまっており、水曜の時点でもう疲労困憊。しかし、今週末にはライブがあるので体調を崩すわけにはいかない。体調管理を念入りに行おう。

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢火曜6面をクリア。輝夜+天子という最悪の組み合わせで画面の中は弾で一杯。1時間強でなんとかスリーショットでのトドメを撮れたが、運に頼るところも大きかった。というか、リプレイを見直したら嘘避け百連発で笑えた。

 「Forward to the Sky」第4層をクリア。光を繋げてクリスタルに通すと地形が出現するという仕掛けで、パズル要素が強かった。


2019年01月07日(月) 「Forward to the Sky」のこと

 とうとう仕事が始まってしまった。しかし、今週を乗り切れば三連休とけものフレンズライブが待っているので、何とか生き延びよう。

 「Forward to the Sky」(AnimuGame)を開始
 クリスタルを人々から奪う魔女を討伐しに、天空の塔に単身乗り込む姫の活躍を描いた3Dアクション。
 とりあえず第三層までクリア。操作性が非常によくキャラがきびきびと動いてくれるので、プレイしていてとても気持ちが良い。層ごとに異なる仕掛けが用意されており、いろいろな楽しさが用意されているのも好印象。

 「秘封ナイトメアダイアリー」は遅々としながらも着実に進めている。3月くらいまでにリプレイのページを公開するつもりで頑張ろう。


氷室 万寿 |MAIL
DiaryINDEXpast