雪さんすきすき日記
リサイクル戦術シミュレーション『リサイクルプリンセス』 倒れてもその場で復活するリサイクルSLG。全力で応援中!
DiaryINDEXpast
「ときのあくま」攻略はこちら  「東方戰騎譚」エキスパート攻略はこちら  考察のようなものはこちら
自己紹介はこちら  リプレイはこちら  動画はこちら(完成版体験版)  Twitterはこちら


2018年12月13日(木) 続々・「VA-11 Hall-A」のこと

 昨日は取引先との忘年会。美味しくて辛い料理を食べて、その時は良かったのだが、帰宅してから腹痛が酷くなり25時半まで眠れなかった。おかげで今日は寝不足気味。

 「けものフレンズフェスティバル」課金して広告が非表示になったので通信容量に気兼ねなくプレイできると喜び勇んでWi-fiが無い場所でプレイしたら、5回のプレイでバッテリーが20%減少した。モバイルバッテリーが無いと気兼ねなくプレイできないようである。

 「VA-11 Hall-A」全実績解除したのでこのゲームはこれで一段落。


2018年12月11日(火) 続・「VA-11 Hall-A」のこと

 分析機器の不具合の原因が分かって一安心。コミケを控えて無用のトラブルは避けたい。

 「けものフレンズフェスティバル」で最近悩まされていた不正終了だが、どうやら広告に原因があったらしく、お金を払って非表示にしたら全く落ちなくなった。まあ、月720円だし、レベル上げには必須だし、AP回復も2倍になるしで、いずれは課金しなければと思っていたから、丁度頃合いだったのかもしれない。

 「VA-11 Hall-A」実績埋めプレイで残り3つまで到達。個々のキャラのエンディングでは意外な過去が明らかになったりと、見ないと損する内容ばかりであったが、やはり自力での攻略は難しいと思った次第。


2018年12月10日(月) 「VA-11 Hall-A」のこと

 分析機器の調子が悪い。なんとかごまかして使っているが、根本的な原因調査と修理をしたいところ。

 「けものフレンズフェスティバル」アリーナでこの画面を自力で見ることができるとは思わなかったので嬉しい。


 「VA-11 Hall-A」実績埋めのプレイを開始。ガイドを見ながらなので安心感がある。そして、予想以上にいろいろと分岐があって、1周目では出なかった話題が次々と出てくるところに新鮮味があるのが楽しい。しかし、自力での攻略はやっぱり難しいかも。


2018年12月09日(日) ゲームのこと

 9時頃起床。

 布団を干した少し後に突発的に秋葉原に行きたくなり、丁度秋葉原に行く用事もあったので、昼頃に上京。4TBのHDDとペンライトと漫画1冊を購入してお酒を呑んで帰ってきた。

 今年度プレイしたゲームを列挙してみる。期間は2017年12月4日から2018年12月8日まで。
「ロケットロン」
「クッキー&クリーム」
「マジョのシマ」
「東方憑依華」
「ExistE」
「Light Seeker」
「(^-^)」
「シカバネ☆パンデミック」
「東方狗守」
「Enter The Gungeon」
「MagicPotion Destroyer」
「夢核」
「Black The Fall」
「ATOMINE」
「鋼鉄のヴァンパイア」
「ELMIA」
「Night in the Woods」
「CHUCHEL」
「妖精とこころの迷宮」
「ピンクヘブン」
「LiEat」
「Minit」
「222Hearts」
「Yissa Deep Realms」
「寿司Party」
「MagicScrollTactics」
「幻想郷ディフェンダーズ」
「Color Symphony」
「LostMetal」
「かっぱたんく」
「ドラマチックぬえちゃん」
「MissileDancer」
「ワンダーボーイ:ドラゴンの罠」
「幻想郷ローリングフォース」
「Teleportals」
「The Lost Sky」
「Dimension Jump」
「東方討幻経」
「魔法の女子高生」
「MIND CUBES」
「ホタルノニッキ」
「SINKR」
「HOOK」
「LYNE」
「にゃーん探検隊」
「芦屋探偵日誌 木花両択」
「エマの探検7」
「Downwell」
「Riddlehouse Tree」
「Mole Caves」
「URO」
「わたしと(わたしの)ねこのしろ」
「オヤシロ物語」
「逃亡性痛み症候群」
「ウィッチアクション」
「Toricky」
「ふらふら冒険フランちゃん」
「Rolling Gunner」
「Return of the Obra Dinn」
「例えそれが人形でも」
「秘封ナイトメアダイアリー」
「Bot Vice」
「東方3Dダンジョン」
「箱舟のノワール」
「メルヘンフォーレスト」
「VA-11 Hall-A」

 以上、66タイトル。パズルなど小規模の作品をプレイすることが多かったので、昨年度よりもタイトル数は増加。
 来週は振り返りを行おうかと。


2018年12月08日(土) 続^4・「VA--1 Hall-A」のこと

 8時頃起床。来週半ばに取引先への挨拶があるので、今のうちに散髪を済ませておく。コミケを考えるともう少し遅らせたかったのだが、仕方ない。

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢月曜3面クリア。日曜よりは楽かもしれない。というか、レミリア嬢が強すぎた。

 「VA-11 Hall-A」(Sukeban Games)を1周クリアしたので感想を。

 権力の腐敗や暴力が蔓延した街グリッチシティにあるバー「ヴァルハラ」のバーテンダーとなり、この街の住人との会話を通じて世界観を楽しむADV。
 客がお酒を注文したときに、レシピに従いカクテルを作り提供するのがプレイヤーが行う主な操作。その働き次第で得られる給料で、生活費を払ったり、部屋の装飾品を購入したりする。

 グリッチシティの住人は監視の為に体内にナノマシンを埋め込まれたり、リリムと呼ばれる人造人間が人間と共生していたりと、サイバーパンクな世界観が特徴。なので、ヴァルハラに来る客も、人体を改造していたり、リリムだったり、果ては言葉をしゃべる犬だったりと多種多様。普通の人間もいることはいるが、このディストピアで生き抜いているだけあって、非常に癖が強いのが多い。登場人物の癖の強さが、ゲーム内で過ごす日常における刺激としてうまい具合に作用していた。
 そういうサイバーパンク的な客ばかりではあるが、会話の内容は他愛もない身の上話や個人的に抱えている悩みなど、実に人間味のあるものばかり。この世界観ならではの話もあるが、基本的には私達が普段行っている会話と何ら変わりは無い。現実味に乏しい客を相手に現実味に溢れた会話を繰り広げるという差異が、この作品の大きな魅力のように感じられた。
 物語については、ある日グリッチシティに革命が起きたりといった世界が一変するような大きな起伏は全く無い。主人公ジルの過去に関する事件についての物語が一応は中心に進んではいくが、最後まで本当に淡々と日常が進んで行く。それでも、ゲーム中の登場人物にとってはそれがかけがえのない日常としてしっかりと描かれていて、台詞の1つ1つにもその人の人生や哲学を反映した重みがある。その重みがとても愛おしく思えるほど、文章に興味を惹かれた作品は本当に久しぶりであった。中でも、ジルが毎日の仕事前に放つ「一日を変え、一生を変えるカクテルを!」という台詞はとても胸に響いた。

 プレイヤーの操作は、カクテルを作るときにレシピどおりにシェイカーに原材料(この世界のカクテルはお酒ではなく化学反応で作られる)をドラッグするのだが、ゲーム開始直後はその操作が新鮮で楽しめたものの、ある程度まで進むとやや煩雑に感じられたのが正直なところ。原材料が多くてドラッグではなくクリックで済ませたいと思うようなレシピも結構あった。
 また、カクテルを題材にしたゲームなので、ゲームをプレイ中にお酒を呑みたくなる誘惑に駆られるのも困ったところ。というか、誘惑に負けっぱなしだった。

 とりあえず初回プレイで無事グッドエンドに到達したが、実績を見ると特定の客に関するエンディングも多数用意されている様子。とはいえ、条件がさっぱり分からないので、ここは素直に攻略に頼ろうと思う。


2018年12月06日(木) 続^3・「VA-11 Hall-A」のこと

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢月曜2面はすわかな。これで悪夢月曜に登場する敵の攻撃が全て判明した。映姫と神奈子とか、結構えぐいかもしれない。

 「VA-11 Hall-A」11日目くらいまで到達。客がみんないい人ばかりで、ジルが落ち込んでいるときにみんなで慰めてくれる。まあ、いい人ではあるが、まともな人がいない。
 あと、買い物に使えるお金が結構ぎりぎり。ちょっと余計な買い物したら、危うく電気料金が払えなくなるところであった。買い物を全てする実績は達成したし(その後ロードし直した)、2周目以降は必要最低限の買い物にしよう。


2018年12月05日(水) 続々・「VA-11 Hall-A」のこと

 年末、そして年度末に向けていろいろと仕事を片付ける。

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢月曜1面は幽々子と映姫だった。珍しくも納得できそうな組み合わせ。幽々子の弾が映姫の弾に触れると別の弾になってはじけ飛ぶという仕組みが新鮮だったが、難易度は割と簡単だった。

 「VA-11 Hall-A」今日は結構進めることができた。あと、このゲームをプレイしている最中にお酒を呑まないのは、拷問を受けているに等しいということに気づいた。


2018年12月04日(火) 続・「VA-11 Hall-A」のこと

 今日は各地で12月の最高気温を更新するほど暖かかった。日中はコート要らずだったが、やはり日が落ちるとそれなりに寒い。

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢日曜6面クリア。悪夢日曜の中で一番簡単だった。そして、今日の時点でプレイ時間が32時間を超えた。まだまだ先は長い。

 「VA-11 Hall-A」2日目が終わったところまで。ヴァルハラにやってくるのは何かしら規格外な客ばかりで、当然ながら会話も突拍子もないものに。そんな非日常的な会話も、この世界では日常なのであろう。それが実に面白い。
 しかし、「秘封ナイトメアダイアリー」の後だと疲れてしまって長時間プレイできないのが残念。今日は特に眠気が酷いので、早々に切り上げ。


2018年12月03日(月) 「VA-11 Hall-A」のこと

 午前中で仕事を粗方終えてしまったので、午後はSteamで次に何をプレイするかを考えていた。

 「秘封ナイトメアダイアリー」悪夢日曜5面、レミリア嬢と神子の組み合わせでどうなることかと思ったが、レミリア嬢が上の方に位置してナイフの間隔が広かったのと、2人とも耐久力が低かったので、レミリア嬢が登場する組み合わせの中では最も簡単だった。

 そして、Steamで次にプレイするゲームは「VA-11 Hall-A」(Sukeban Games)に決定。「秘封ナイトメアダイアリー」が今後激しくなっていくので、同時にプレイするのは静的なゲームが適しているかと。
 で、プレイしたところ開幕早々に素敵な台詞が出るわ、客との会話は読むことへの興味を引き起こす言い回しに溢れているわで、良作の予感がひしひしと。お酒を呑みながらじっくりプレイしたい作品であるが、平日は休肝日にしているので悩ましいところである。


2018年12月02日(日) 続・休日のこと

 9時頃起床。

 特に何をしたと書くこともないような一日だった。

 まあ、偶にはこういう日があってもいいかも。


氷室 万寿 |MAIL
DiaryINDEXpast