懐かしのAmerican Top40 チャート&こめんと

ぶるじん HOME

My追加

パワー・バラードで突き進め!?シカゴ
1989年12月23日(土)

01/02「アナザー・ディ・イン・パラダイス」フィル・コリンズ
02/03「ドント・ノゥ・マッチ」リンダ・ロンシュタット・フィーチャリング・アーロン・ネヴィル
03/01「ハートにファイア」ビリー・ジョエル
04/08「リズム・ネイション」ジャネット・ジャクソン
05/05「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
06/04「バック・トゥ・ライフ」ソウル・供Ε愁Ε
07/07「今夜はパンプ・アップ」テクノトロニック・フィーチャリング・フェリー
08/10「ジャスト・ライク・ジェシー・ジェームス」シェール
09/13「クリスマスは僕らのために」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
10/09「リヴィング・イン・シン」ボン・ジョヴィ

11/16「ウィズアウト・ユー」マイケル・ボルトン
12/15「エヴリシング」ジョディ・ワトリー
13/06「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」ミリ・ヴァニリ
14/19「スウィング・ザ・ムード」ジャイヴ・バニー&ザ・マスターミキサーズ
15/21「ユー・アンド・ミー」ルー・グラム
16/20「ラヴ・ソング」テスラ
17/23「フリー・フォーリン」トム・ペティ
18/25「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」ジョー・コッカー
19/30「ダウンタウン・トレイン」ロッド・スチュワート
20/28「トゥー・トゥ・メイク・イット・ライト」セダクション

21/27「オー・ファーザー」マドンナ
22/17「ラヴ・シャック」B-52's
23/26「ロック・アンド・ア・ハード・プレイス」ローリング・ストーンズ
24/11「ドント・クローズ・ユア・アイズ」キックス
25/12「恋するままに」ポーラ・アブドゥル
26/34「アイ・リメンバー・ユー」スキッド・ロウ
27/24「ホエン・アイ・シ−・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
28/14「アンジェリア」リチャード・マークス
29/40「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」エアロスミス
30/37「アイル・ビー・グッド・トゥ・ユー」クインシー・ジョーンズ

31/22「最後の無駄な夜」ドン・ヘンリー
32/41「テンダー・ラヴァー」ベイビーフェイス
33/33「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
34/42「ピース・イン・アワ・タイム」エディ・マネー
35/29「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
36/18「輝きのままで」ベリンダ・カーライル
37/39「フール・フォー・ユア・ラヴィング」ホワイトスネイク
38/46「ホワット・カインド・オブ・マン」シカゴ
39/47「風に消えた恋」マイケル・ダミアン
40/50「テル・ミー・ホワイ」エクスポゼ


【ニューエントリーこめんと】

☆「テンダー・ラヴァー」ベイビーフェイス
(Tender Lover / Babyface)

>それなりにポップでファンキーなR&Bナンバーだが、ちょいと変化に乏しいためか記憶に残りにくい作品。とはいえ、全米では最高位14位とそれなりに及第点を頂戴している。

アルバム「テンダー・ラヴァー」(Tender Lover)に収録。

☆「ピース・イン・アワ・タイム」エディ・マネー
(Peace In Our Time / Eddie Money)

>この曲が収録されたベスト盤を当時入手したのに関わらず、最高位11位という好成績にも関わらず、ナゼにこうも記憶に残らないロック・ナンバーなんだろ?う〜ん、困った…。

アルバム「サウンド・オブ・マネー〜グレイテスト・ヒッツ」(Greatest Hits...Sound Of Money)に収録。

☆「ホワット・カインド・オブ・マン」シカゴ
(What Kind Of Man Would I Be? / Chicago)

>ヒット・メイカーだった頃のエア・サプライを彷彿させるようなパワー・バラードで突き進むベテラン・バンドだが、まだまだその勢いは衰える事を知らず最高位5位まで押し上げる好結果に。来る90年代も、このまま快進撃が続くのかと思われたのだが…。

アルバム「ハート・オブ・シカゴ」(Greatest Hits 1982-1989)に収録。

☆「風に消えた恋」マイケル・ダミアン
(Was It Nothing At All / Machael Damian)

>アルバムから3曲目となるトップ40ヒットとなったソフトなバラード・ナンバーだが、あまりにも淡々とし過ぎた流れだったためか最高位24位にて停滞。ヒット連発で好調そうに見えたのだが、これがラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「ロック・オン」(Where Do We Go From Here)に収録。

☆「テル・ミー・ホワイ」エクスポゼ
(Tell Me Why / Expose)

>トップ10入り間近となると勢いが衰えてくるという、かつてのE.L.O.を思い出すシングル・チャート・アクションが続いている彼女たちだが、本作でトップ40デビュー以来7曲連続トップ10ヒットとなる最高位9位をマーク。でも、楽曲自体は聞いていて途中で飽きてしまいそうなダンス・ナンバー。(スミマセン)

アルバム「恋のダンス・パラダイス」(What You Don't Know)に収録。


トップ40入りにリベンジ?ホワイトスネイク
1989年12月16日(土)

01/01「ハートにファイア」ビリー・ジョエル
02/02「アナザー・ディ・イン・パラダイス」フィル・コリンズ
03/05「ドント・ノゥ・マッチ」リンダ・ロンシュタット・フィーチャリング・アーロン・ネヴィル
04/06「バック・トゥ・ライフ」ソウル・供Ε愁Ε
05/08「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
06/03「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」ミリ・ヴァニリ
07/10「今夜はパンプ・アップ」テクノトロニック・フィーチャリング・フェリー
08/13「リズム・ネイション」ジャネット・ジャクソン
09/14「リヴィング・イン・シン」ボン・ジョヴィ
10/17「ジャスト・ライク・ジェシー・ジェームス」シェール

11/12「ドント・クローズ・ユア・アイズ」キックス
12/04「恋するままに」ポーラ・アブドゥル
13/22「クリスマスは僕らのために」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
14/07「アンジェリア」リチャード・マークス
15/18「エヴリシング」ジョディ・ワトリー
16/26「ウィズアウト・ユー」マイケル・ボルトン
17/09「ラヴ・シャック」B-52's
18/11「輝きのままで」ベリンダ・カーライル
19/23「スウィング・ザ・ムード」ジャイヴ・バニー&ザ・マスターミキサーズ
20/20「ラヴ・ソング」テスラ

21/24「ユー・アンド・ミー」ルー・グラム
22/21「最後の無駄な夜」ドン・ヘンリー
23/28「フリー・フォーリン」トム・ペティ
24/15「ホエン・アイ・シ−・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
25/33「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」ジョー・コッカー
26/31「ロック・アンド・ア・ハード・プレイス」ローリング・ストーンズ
27/30「オー・ファーザー」マドンナ
28/38「トゥー・トゥ・メイク・イット・ライト」セダクション
29/25「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
30/36「ダウンタウン・トレイン」ロッド・スチュワート

31/32「アイ・リヴ・バイ・ザ・グルーブ」ポール・キャラック
32/16「ポイズン」アリス・クーパー
33/27「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
34/40「アイ・リメンバー・ユー」スキッド・ロウ
35/19「ドント・シャット・ミー・アウト」ケヴィン・ペイジ
36/39「アームズ・オブ・オライオン」プリンスwithシーナ・イーストン
37/42「アイル・ビー・グッド・トゥ・ユー」クインシー・ジョーンズ
38/37「ミー・ソゥ・ホーニー」2ライヴ・クルー
39/41「フール・フォー・ユア・ラヴィング」ホワイトスネイク
40/49「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」エアロスミス


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイル・ビー・グッド・トゥ・ユー」クインシー・ジョーンズ
(I'll Be Good To You / Quincy Jones featuring Ray Charles & Chaka Khan)

>人気プロデューサーによる約7年半ぶりとなるトップ40ヒットは、76年ブラザーズ・ジョンソンによって3位まで上昇した作品のカバー。この陽気なR&Bナンバーは、ゲスト・ボーカルにチャカ・カーンと今は亡きレイ・チャールズをお呼びし、当時日本でもTVCMで使用され(御本人も出演!)たりしたものの、全米では最高位18位止まりだったのはちと残念。

アルバム「バック・オン・ザ・ブロック」(Back On The Block)に収録。

☆「フール・フォー・ユア・ラヴィング」ホワイトスネイク
(Fool For Your Loving / Whitesnake)

>80年に最高位53位を記録したハードロック・ナンバーを再録し、再び全米チャートに登場。今回は当時のアーティスト・パワーも後押ししたためか、最高位37位と見事トップ40ヒットへと開花。…でもねぇ、やっぱ初回のヒット時にしこたま耳にした楽曲を、9年後再びお耳に入れても何を今さら感と古臭さしか感じられなかったのはナイショにしておこう。(スミマセン)

アルバム「スリップ・オブ・ザ・タング」(Slip Of The Tongue)に収録。

☆「ジェイニーズ・ガット・ア・ガン」エアロスミス
(Janie's Got A Gun / Aerosmith)

>もう大物の貫禄というか、シャウトしまくるだけでなく余裕を持たせたような強弱が存在するロックをプレイしてくれるのが非常にカッコイイ!最高位4位なのも、大いに納得出来る作品であーる。

アルバム「パンプ」(Pump)に収録。


連続トップ10ヒット!スキッド・ロウ
1989年12月09日(土)

01/02「ハートにファイア」ビリー・ジョエル
02/06「アナザー・ディ・イン・パラダイス」フィル・コリンズ
03/01「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」ミリ・ヴァニリ
04/03「恋するままに」ポーラ・アブドゥル
05/08「ドント・ノゥ・マッチ」リンダ・ロンシュタット・フィーチャリング・アーロン・ネヴィル
06/07「バック・トゥ・ライフ」ソウル・供Ε愁Ε
07/04「アンジェリア」リチャード・マークス
08/11「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
09/05「ラヴ・シャック」B-52's
10/16「今夜はパンプ・アップ」テクノトロニック・フィーチャリング・フェリー

11/13「輝きのままで」ベリンダ・カーライル
12/12「ドント・クローズ・ユア・アイズ」キックス
13/17「リズム・ネイション」ジャネット・ジャクソン
14/15「リヴィング・イン・シン」ボン・ジョヴィ
15/09「ホエン・アイ・シ−・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
16/10「ポイズン」アリス・クーパー
17/19「ジャスト・ライク・ジェシー・ジェームス」シェール
18/24「エヴリシング」ジョディ・ワトリー
19/18「ドント・シャット・ミー・アウト」ケヴィン・ペイジ
20/21「ラヴ・ソング」テスラ

21/23「最後の無駄な夜」ドン・ヘンリー
22/28「クリスマスは僕らのために」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
23/26「スウィング・ザ・ムード」ジャイヴ・バニー&ザ・マスターミキサーズ
24/27「ユー・アンド・ミー」ルー・グラム
25/20「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
26/29「ウィズアウト・ユー」マイケル・ボルトン
27/25「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
28/31「フリー・フォーリン」トム・ペティ
29/14「ゲット・オン・ユア・フィート」グロリア・エステファン
30/35「オー・ファーザー」マドンナ

31/34「ロック・アンド・ア・ハード・プレイス」ローリング・ストーンズ
32/32「アイ・リヴ・バイ・ザ・グルーブ」ポール・キャラック
33/37「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」ジョー・コッカー
34/30「ジ・エンジェル・ソング」グレイト・ホワイト
35/22「リッスン・トゥ・ユア・ハート」ロクセット
36/40「ダウンタウン・トレイン」ロッド・スチュワート
37/33「ミー・ソゥ・ホーニー」2ライヴ・クルー
38/42「トゥー・トゥ・メイク・イット・ライト」セダクション
39/39「アームズ・オブ・オライオン」プリンスwithシーナ・イーストン
40/44「アイ・リメンバー・ユー」スキッド・ロウ


【ニューエントリーこめんと】

☆「トゥー・トゥ・メイク・イット・ライト」セダクション
(Two To Make It Right / Seduction)

>最高位2位にまで上りつめた彼女たちの出世作とはいえ、ワタシにはひたすら退屈なダンス系R&Bナンバーとしか映らないのがなんとも…。(スミマセン)

アルバム「ナッシング・マターズ・ウィズアウト・ラヴ」(Nothing Matters Without Love)に収録。

☆「アイ・リメンバー・ユー」スキッド・ロウ
(I Remember You / Skid Row)

>前ヒット作同様、ハードロック・バンドによるバラード。最高位6位。2曲のバラードをトップ10に送り込んだのを最後にトップ40とは無縁となるのだが、この後ハードからヘヴィへと転身したサウンドで全米アルバム・チャート初登場1位という快挙を成し遂げる事となる。

アルバム「スキッド・ロウ」(Skid Row)に収録。


完全復活?ロッド・スチュワート
1989年12月02日(土)

01/01「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」ミリ・ヴァニリ
02/05「ハートにファイア」ビリー・ジョエル
03/04「恋するままに」ポーラ・アブドゥル
04/06「アンジェリア」リチャード・マークス
05/03「ラヴ・シャック」B-52's
06/10「アナザー・ディ・イン・パラダイス」フィル・コリンズ
07/08「バック・トゥ・ライフ」ソウル・供Ε愁Ε
08/09「ドント・ノゥ・マッチ」リンダ・ロンシュタット・フィーチャリング・アーロン・ネヴィル
09/02「ホエン・アイ・シ−・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
10/07「ポイズン」アリス・クーパー

11/13「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
12/12「ドント・クローズ・ユア・アイズ」キックス
13/15「輝きのままで」ベリンダ・カーライル
14/11「ゲット・オン・ユア・フィート」グロリア・エステファン
15/16「リヴィング・イン・シン」ボン・ジョヴィ
16/19「今夜はパンプ・アップ」テクノトロニック・フィーチャリング・フェリー
17/22「リズム・ネイション」ジャネット・ジャクソン
18/18「ドント・シャット・ミー・アウト」ケヴィン・ペイジ
19/26「ジャスト・ライク・ジェシー・ジェームス」シェール
20/23「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル

21/25「ラヴ・ソング」テスラ
22/14「リッスン・トゥ・ユア・ハート」ロクセット
23/24「最後の無駄な夜」ドン・ヘンリー
24/29「エヴリシング」ジョディ・ワトリー
25/17「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
26/34「スウィング・ザ・ムード」ジャイヴ・バニー&ザ・マスターミキサーズ
27/32「ユー・アンド・ミー」ルー・グラム
28/37「クリスマスは僕らのために」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
29/36「ウィズアウト・ユー」マイケル・ボルトン
30/33「ジ・エンジェル・ソング」グレイト・ホワイト

31/43「フリー・フォーリン」トム・ペティ
32/38「アイ・リヴ・バイ・ザ・グルーブ」ポール・キャラック
33/28「ミー・ソゥ・ホーニー」2ライヴ・クルー
34/39「ロック・アンド・ア・ハード・プレイス」ローリング・ストーンズ
35/40「オー・ファーザー」マドンナ
36/21「ミス・ユー・マッチ」ジャネット・ジャクソン
37/42「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」ジョー・コッカー
38/20「ディドゥント・アイ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
39/41「アームズ・オブ・オライオン」プリンスwithシーナ・イーストン
40/54「ダウンタウン・トレイン」ロッド・スチュワート


【ニューエントリーこめんと】

☆「フリー・フォーリン」トム・ペティ
(Free Fallin' / Tom Petty)

>ジェフ・リンとの共作による、まったりと聴かせるミディアム・スローなナンバー。最高位7位と、81年のスティーヴィ・ニックスとの競演による「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)以来のトップ10ヒットを記録。当時はなんでこのような曲がここまで…と疑問を感じたものだったが、今現在聴いても、う〜んやっぱ疑問だ。(良作なんだけれどねぇ)

アルバム「フル・ムーン・フィーヴァー」(Full Moon Fever)に収録。

☆「ホエン・ザ・ナイト・カムズ」ジョー・コッカー
(When The Night Comes / Joe Cocker)

>ジェニファー・ウォーンズとのNo.1デュエット「愛と青春の旅立ち」(Up Where We Belong)以来、約7年ぶりとなるトップ40ヒット。カントリー・フレバーな熱唱型ポップ・ボーカル・ナンバー。やや地味な作りながらも最高位11位まで上昇しているが、ラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「ワン・ナイト・オブ・シン」(One Night Of Sin)に収録。

☆「アームズ・オブ・オライオン」プリンスwithシーナ・イーストン
(The Arms Of Orion / Prince (with Sheena Easton)

>殿下とシーナ姫(?)とによる共同作。最高位36位とバラードとしてはセールス的に失敗しているのだが、クセの強いヒットを連発したサントラからのトリを務めるにはいい役割を果たした感じかな。

アルバム「バットマン」(Batman)に収録。

☆「ダウンタウン・トレイン」ロッド・スチュワート
(Downtown Train / Rod Stewart)

>先週の54位から2週でトップ40に飛び込んで来るという好調さをその後も維持し続け、79年の「アイム・セクシー」(Do Ya Think I'm Sexy?)以来11年ぶりのトップ3ヒットとなる最高位3位をマーク。バラード調のボーカル・ナンバーなのだが、ワタシにはいまいちピンと来ない楽曲で、聴いているとどうしても彼が持つ過去のヒット曲のフレーズが複数見え隠れしてしまうのがなんともかんとも…。

アルバム「ベスト・オブ・ロッド・スチュワート(Story Teller/ Complet Anthology:1964-1990)に収録。



BACK   
目次ページ