冊数

2015年04月28日(火)

最近、図書館で一度に借りる本の冊数が多くて、持つのがとっても重たいです。
おかげでかなりくたびれてしまいます。
今通っている図書館は、前と違って借りられる冊数に上限がないから、ついつい沢山借りてしまうのです。
行く回数を増やして分割すれば楽になるけれど、それは面倒臭いと思ってしまうのでした。

読むペースも少し上がっているような気がします。一日一冊とか読んだら沢山借りてもあっという間に消化されていきます。
かといって毎回すごく楽しんでいるという感じでもないのだけれど…。
何だか受け取る力が落ちているような気もします。たまたまだと良いけれど…。どうだろう…。
その分も、少しでも当たりって思える本に遭遇すると嬉しいのでした。




 モデル

2015年04月17日(金)

本格的に、再び、ダイエットをはじめて9ヶ月…、無事(?)モデル体重(BMI19以下)まで落とすことに成功しました…!
9ヶ月掛けて体重は9.4キロ減、体脂肪は約9%減です。ウエストは約8ヶ月半後の時点で8センチ減でした。
こうやって数値にすると、どんだけリバウンドしていたのかって感じでお恥ずかしい…でも頑張ったねとも思うから、複雑なところです。。
相変わらず平均を見ると律儀に1ヶ月に1キロ減くらいをキープしていて、それについてはもう、ゆっくりだけどまあ良いやという気持ちです。
減ってくれるならそれで良いっ。それに、とっても粗食、は結局維持できていないけれど、それでも減っているから有り難い。減らなかったのはやっぱり停滞期だったのかナー
それにしても、9ヶ月…、我ながらしつこくしつこくやっているなあと思います。しかもまだ終わりじゃない。しつこいっ。
でもダイエットなら、多分それも、大事です。

先日体重計が壊れて新しく購入したのだけれど、新しく買うまで計れない期間が少しだけあって、久しぶりに計ったら、体重が何やら減っていて、嬉しかったです!
計れない日は最初はすごく不安でした…。恐怖を抑えて壊れる前と同じくらいの食事量を意識しました。
だからキープじゃなくて減っていて、びっくりでした。
でも新しいものでは体脂肪が前のものより多く出ます…。何故…。ちょっと悲しい…。体脂肪もまたじわじわ落ちると良いなあ。

体重は、ギリギリのモデル体重ではなくて3キロくらい余裕を持ったところまで落とすことが最終目標なので、もう一頑張りです。
一旦そこまで落として、食事制限を少し緩めて少し体重が増えてもこれくらいならと許せるようにするのが狙いなのです。そりゃ出来れば落とし切ったところでキープが理想だけれどっ。
…具合悪く、ならないと良いな。
前にそれくらいまで落とし切った時は結構ギリギリな感じだったけれど、今回はどうでしょう…。
でも一度落とし切ってしまうと、ついまたそれくらいまで落とすことが目標になってしまいます。それよりもうちょっと体重があると、物足りなくて。…難しいなあ。まあ様子を見つつ…。
全身を鏡に写す機会がもっとあれば、もうちょっと満足するかなあ?とか思います。最近はあまり機会がないので細くなったとか何だかよくわからないです。。実感が薄〜い。。

食事制限を、そろそろ、なんて少し緩めてみたくなったり、でも計った体重に、いやまだもうちょっと頑張らねばとなったり、な今日この頃です。
とりあえず起き抜けがお味噌汁とヨーグルトのみなのはすぐお腹が空いてひもじくて悲しいので、ここらでお昼を繰り上げて食べることにしてみました。
吸収が良いかもしれないけれどまあ仕方ない。多分大丈夫でしょうという希望的観測です。
そうしたらなんか、すごく、ごはんが染みてびっくりしました…!嬉しいなあ。
お昼を遅めにしないと夜にお腹が空き易いだろうけれど、意外と前と同じくらいの空き方っぽいので、何とかなりそうです。
だからやっぱり夜ごはんはこのままなしかな…と思います。少し食べてもまだ体重が減ったりするなら有かもだけれど、きっとそれは中々…だろうし…。ただでさえスローペースだし…。
ならここで食べる量を増やしちゃ食べ過ぎかなあとか思ったりして…。
…なんかもう、思考が不健康かもしれません。仕方ないなあ自分。まあ、いきすぎないように。目標達成まで地道に。

何はともあれ、引き続き、もう一頑張り!




 睡眠

2015年04月07日(火)

元々寝られれば寝られるだけ眠る方な気がするけれど、とってもとっても眠る日々です。
先生には、身体が休養を求めているのかもしれないですねって言われました。
今はゆっくりしましょう、って言われると、何だかほっとしてしまいます。
よく言われる、焦らないで良いですからねって言葉も、安心します。

辞めちゃったけれど、バイトをしていたことについても、自信を持って下さいねって言われます。
何度も言って貰ううち、わたしにしてはよくやったのだと、じわじわ浸透して来ます。
自分の力量がわかっていなくて、良くない背伸びをしてしまったのかなと、ちょっとした言葉で思ってしまったりもしたけれど…、
先生のお陰で少しは認めてあげられるようになったかもしれません。嬉しいです。
人並みには、程遠いけれど。

ゆっくり、って言葉は、例えば家族から言われたなら、甘やかされているって感じたりしそうです。
このままじゃ生きていけないのに他人事なの、なんて、昔よく似たようなことを言われた時には怒ったりもしていました。
でもここ数年は、そういうのがなくなりました。
年のお陰か、薬の効果か、そういう部分がまるく安定したなあなんて思ったり致します。
優しい言葉にはそのまま甘えちゃいます。
それに、それ以前に、出来ないことは無理、を漸く飲み込めるようになったのかもしれません。

甘やかしは、先生からもちょっぴり感じるけれど(とっても優しい先生なのです)、でも第三者の、しかも冷静な筈のお医者様って存在の言葉だから、受け入れちゃいます。
いつもいつもどろどろに甘くて、わたしに一切波風が立たない、訳ではないし。

少し前にカフェのひとと話して、カフェに戻ることがうっかり少し現実的になった時に、すごく拒否したい気持ちで一杯になってしまったことがありました。
嫌だったことばかり浮かんで、乱れてしまって、ああまだ戻りたくないんだなって、物凄く実感しました。
だから、今は無理せず、ゆっくりすることにするのです。
甘えていても、ずるくても、恥ずかしくても、仕方ない。それがわたしなのです。



 < 過去  INDEX  未来 >


[ Homepage ]