親不知

2013年12月22日(日)

親不知を、抜きました。人生初抜歯でした。
とりあえず上を、大体1週間開けて、2本、チャレンジして来ました。

1本目は物凄く一瞬だったけど、2本目はごりごりみしみしいっていました…。これが噂に聞くみしみし…とか思いました…。…でもあんましよく覚えてない。
2本目は、外に向けて斜めだったもんなあ、って感じです。先生は抜歯前に1本目と同じ感じとか言っていたけれど、やっぱり、でした。だって引っ張り辛いよあれは…。

とはいえ、特別時間が掛かった訳じゃないし(だからあまり印象に残っていない)、痛み止めも1〜2個で済んだし、表面麻酔もして貰えたから楽に済んだと思います。
麻酔が効き辛い効き辛いとやたら言われたけれど問題なく乗り切れました。
…口ゆすぐ時に腕ががったがった震えてたけど。1本目のみならず2本目でも。慣れようよ自分、どんだけ緊張してたよ、、。自分でびっくりです。
……とりあえず、一区切りで一息だあー。ふうー。

カフェの歯科健診で初期の虫歯が見つかって、腹を括って、小学生の時以来(健診すらしていなかった)の歯医者さんでした。
十何年ぶりなのに親不知だけ(たぶん)だったのはすごいなんて自画自賛してみたりです。
歯磨き上手なんですねって言われたよ。いや歯がやたら丈夫なだけです…。
赤く染めるの苦手でした。染めた後でとるのすらへたっぴで。…でも小学生の頃のことだから、その後上手くなったりしたかなあ…?
親不知なので、治療ではなく抜歯ってなって、即決は出来なかったのだけど仕方ないとこれまた腹を括って、括ってからは年内にさっさとすっきりさせたいしと思っての連続でした。
あー終わった。終わったあー。頑張ったあー。

あとは…下の親不知のことも一応話には出ていたのだけど…少なくとも上のあとが落ち着いてからがいいなってことで暫く先でってしました。
下は大変だって聞くしわたしのも外科の領域とか言われたし正直痛くないとは言えないとか言われたし今回以上のみしみしだろうし嗚呼…どうしようかなあ、、




 短縮

2013年12月06日(金)

外で乗り切っても帰ってからやお休みの日がつらかったりして、家にいるからでなくて、後からしんどさが来る感じです…。
まだ、不調です。

仕方ないので暫く勤務時間を短縮することにしました。
少しでも稼ぎたいとちまちまずるずる働いて来たけれど、そうも言っていられないのかなと腹を括りました。
悔しさを感じる余裕はなくなったかもです…。
ちょっと短縮してちょっとじゃ変わらないやともう少し短縮して、退行です戻りまくりですでも仕方ない…。

秋冬は暗くなるのが早いけど、短縮したことでまだ日のあるうちに帰路につけるのは有り難いし、それで何とか持ち直して欲しいところです。
…こういうことが出来るのも今のうちです。



 < 過去  INDEX  未来 >


[ Homepage ]