必要、不必要

2013年10月29日(火)

家族がどちらも進行形や過去で普通だと気付く時、自分は少数派の外れた人間だって思い知らされて、寂しくなる。
普段はバカみたいに忘れている。特に母のことは、わたし側だとうっかり思っている節がある。

今はわたしと近い気がしていても、昔はそうでなかったと思い出す会話にたまになる度、ショックを受ける。
今がどうであれ、過去の自分の在り方を、肯定しているんだって目の当たりにする度愕然とする。

わたしは相変わらず恋愛も友達もわからない。必要と思えない。
現実にはひとりでいたいけれど、その状態が少数派だという孤独はいや。

当たり前のように多数派でいられることが羨ましい。…羨ましい。
無理に必要だなんて思えないしそれは望んでいないけれど、多数派なんかなりたくもないしなんて突っぱねる強さはもうない。
必要、なのかなあって思う。ひととして。正しいかたちとして。でも馴染まない。自然に受け入れることが出来ない。




 お薬増加

2013年10月18日(金)

頓服は、余程激しくないとその効果を実感出来ないようです。
その為、その後、普段のお薬の方を増やすことになりました。
一応頓服も少し貰ったままだけれど、基本の方を増やしちゃったので、このくらいじゃ…と思って通り過ぎるのを待つ、飲まない率が、高しです。

やっぱり調子は良くないみたいで、ずっしりとしたつらさがあるので、お薬を増やすことに対する抵抗はありませんでした。
効果としては、身体に馴染んで楽さを実感出来るまでには時間が掛かるようで、まだつらかったりしんどかったりも普通にします…。
とはいえ、まだまだ安心出来る風ではないものの、多分、じわじわと安定させつつはあるような感じです。ちゃんと楽っぽいこともあります。

外出していると気にならないのだけれど、家にいると眠気があって、お薬が増えてからは新たにそれがしんどかったりしています。
ねむたーい、っていう和やかな眠気じゃないのだもの。。…副作用なんだから当たり前か。
そして最初は眠いんだって気付けませんでした。どういう状態なのかわからなかった。とりあえずなんかだめだった。ニブかった。
飲み続けているうち血中ナントカが安定して眠気も落ち着くかもしれないようなので、このまま、増やしたままで続けたいと思います。




 派遣

2013年10月08日(火)

先月から、カフェからの派遣?で、企業へ行って作業をすることを始めました。
単純作業だけれど、気分転換になるしカフェより時給が良いしで、頑張っています。
頓服が増える前の出来事です。

変化は、大事です。…飽きちゃうから。でも、ステップアップにもなるから。
ちょっとずつ、工夫です。



 < 過去  INDEX  未来 >


[ Homepage ]