診察(13)

2012年01月31日(火)

出掛ける用意をするギリギリの時間までずるずると迷ったりしたのだけれど、何とか今日は、病院へ行くことが出来ました。
休診日1回+連続キャンセル3回で実に5週間ぶりです。

行きのバスで珍しく気持ち悪くならなかったから調子は悪くないかと思ったんだけど
お母様と待ち合わせて合流した後ガクンと落ちて、更に病院の入口で立ちすくみそうになって
診察中も何だか真っ白くなったり頭の働きがやたら鈍くて、直前にきかれたことがすこんと抜けて丸ごと聞き返したりもしていて
なのにいきなりハードルが高すぎると思うような目標の例を掲げられて、物凄く、疲れました…。

わたしが幾らしんどくてもそう見えなければ気にしようがないのは当たり前で
実際お母様は今日も先生に、病院では家にいる時よりずっと普通に見える、家ではもっと落ちていると言っていたし
でもそれは無意識に頑張ったりもしているんだと思うの…。ていうか本当、意外すぎた…。今日は物凄くいつになくしんどかったのに。

家ではこんな風に疲れないししんどくない、しんどさの種類が違うって思った。
だから家にいる方が楽で、でもそれじゃしょうがないから頑張って今日も行ったのに。
ひとと会って話したり笑ったりするのが大事と言われても、疲れるのが、大変なのが、大切なのだと言われているようで
疲れる方へ大変な方へとひたすら向かい続ければいつかは慣れて回復するとかそういう話なの?って、思う。
それでもせめて、ちょっとずつ少しずつなペースで徐々に自信をつけていくというようなことなら話は違ったけれど
目標例はいきなりとても高くて、わたしにはそうとしか思えなくて、悲しかった。

今日は診察中に、これまでに比べて大して頑張れていないと、その最中も後でも自分では感じていた。
それは気が抜けていて頑張らないんじゃなくてとても頑張れない状態で、のことで
だけど先生の話が先へ先へと向かって行って、戸惑った。

頑張れとは言われたくなかった。足りないと言われているとしか思えないから。…実際足りていないんだけど。
つまり単なる甘ったれで、でもだからって省みるとか出来ないのだ。

帰りは凄まじく落ちたり少し楽になったりを短時間で行ったり来たりしすぎていた。
いつになく激しくて物凄く振り回されて、物凄く消耗した…。
歩く足が不意にどうにも動かない感じになったり、足踏みっていうか地団駄を踏みたくなったり
頭の中は空っぽの癖に何でかぐちゃぐちゃで、ぐちゃぐちゃすぎて泣きたくなったり泣きそうになったり
訳がわからない。こんだけ不安定なのにどうして今日に限って頑張れ話になったの…?

楽になりたい、が物凄く復活して
口を開けばみっともない言い訳ばっかででもどうにも出来ないとしか思えなくて
とても死にたくなった。

バスに揺られながら、降りたら車道に飛び出したいとか思ったけれど、そのうちやっぱり痛いのは嫌だしとか甘ったれたことを思って
だから夢はと聞かれたら、即死だって思うとか、青いことを考えたりした。
飛び下りがやっぱり確実だろうかとか思ってみたり、
どんな方法にせよ運悪く死ねなかったら痛かったり苦しかったりで嫌だなと思ってみたりした。

チャンスは一度で失敗したらもう一度なんて出来ないのだ。
二度目なんてやってしまったら最後構ってちゃんのレッテルを貼られるだけ。そんなの耐えられない。
だから自傷とかも結局とんでもない。後悔するのが目に見えている。しょうもない無駄なプライドなのかもしれないけれど。
それに頭で理屈で考えて留まれるんだから、結局その程度の絶望でありギリギリさなのだ。

…何だか、メンタルの弱いひとは自己中だっていうのをぼんやりとつくづく思ったりした。
当たり前のように自分にも当て嵌まった。これまでは多分自覚していなかった。

わたしはきっと世の中の大半のひとにむかつかれる生き方をしているんだろう。
なのにいつも忘れて生きていて、だからそれを目の当たりにしたり突き付けられたりした時にこうやって動揺する。

自分が頑張っているから誰かが頑張っていないのが許せないとか
つまり結局他人を自分の思い通りにしたいってことでしょとか、それは無理でしょとか、理屈を捏ねた。
わたしもわたしの周りをわたしの思い通りになんて出来なかった、出来なくて絶望したりした、そういうものでしょとか
情けなさすぎてものも言えない。そんなものは通らないのに。

わたしは駄目な人間で、でも駄目じゃなくなる努力もしたくないと思った。
今は出来る状況じゃない、もうちょっと元気になってからが良い、と思った。でもそんなのは許されないのかもしれない。病院でも。
責める風ではなかったけれど、元気になったらっていうのはどの程度で良しとするのかって話になって来ちゃうって言われた。
完璧主義とかそういうニュアンスだったけれど、とにかく、少なくとも今はそんな余裕はない、は通らない。

回り道に思えるだろうけれど、とか、その回り道の最初のハードルすら高すぎてむしろそれこそがあまりに高すぎて
きっとふつうの人の最低ライン、のあまりの難しさに絶望した。目眩がする。嫌だとしか思えなかった。
考えてみて、とか言われても、わたしは真っ当な人間になりたいなんてまだとても思えない。
まだ、は甘えなんだろう。でもそれより楽になりたい。今日は帰りに、それは無理そうだからならもう死にたい、になった。

次回が既に行きたくなくなっている。
病院は助けてくれる場所ではなくて、しんどい方へしんどい方へ行きなさいってお尻を叩かれる場所なのかもしれない。
もう嫌だ。しんどい。苦しい。でも助けなんて甘いものは存在しないのかもしれない。

頑張れと言われて実際に頑張ることが救われる為にまず必要だって言うのなら
わたしはもうこのままで良いし良い悪い以前にこのままでいるしかないと思った。
だってそんな風に言われてそれで素直に頑張れるのなら助けなんて求めていないのだ。病院になんて、通っていないのだ。
自力でなんて無理だよ。




 自己把握が出来ていない

2012年01月30日(月)

今日は起き抜け早々何故かがーっと苛々したりしたものの、それ以降は平和でした。…パターンが読めない…。

お母様がわさわさと話すと疲れるけれど、機嫌良いなあとかむしろ疲れてハイになっているのかとか思う感じで
おかげでわたしがわたし個人の罪悪感に苛まれたりする風には転び難かったりしていたようでした。
いまいち自覚がありませんでした。

わたしの一言二言に対する反応がいちいち芳しくなくて、その上でいつものように自分の話をしまくるでもなく若干静かだと
やっぱり気に障ったり内心はあって溜め息を吐きたくなるようなことを言っているんじゃないかって思います。
単にお疲れなだけかもしれないけれど、そこにたまたまわたしが話し掛けてしまっただけかもしれないけれど
仮にお疲れだって何か出来たり気遣ったり出来る訳じゃないからどっちにしても駄目駄目でした。

日頃はあんまりそういう罪悪感とかないんだけれど
それってつまりお母様の方で感じないようにしてくれていたのかなとか今更過ぎってみたりしました。
気に食わなくてもなるべく気に食わないと出さない的な。言っても無駄的な…?ああよくわからなくなって来た。
売り言葉に買い言葉みたいなノリだこれは。でも自分でどれが本当かどれが大事か重いかわからない。駄目だ…。
とりあえず自過剰の匂いがぷんぷんだ。

でも、これも自過剰かもしれないけれど、やっぱりわたし会話能力ないし偉そうだし文句ばっかみたいなノリだし、とか思うのだ。
…ていうか本当駄目駄目だなおい。ひどい羅列を見た…。

たまにまともに会話っぽく身のありそうな返事をしようとすると
いつの間にか否定と仮にこうだとしたら馬鹿じゃんみたいなことばかり言っていることに気付いたりする。我ながら最悪だった。

なんか仕事の話もどうやら一応話す相手とかいるみたいだし
真っ当な大人友達ならわたしと違って常識的な知識からわかっていないとかいう面倒もないのだし
だから、わたしなんかを相手に話したりしなければ良いのにと思う。
お母様だって楽しくない筈だ。むしろ不快な筈だ。わたしが相手じゃ、わたしの返答じゃ。

でもそれぞれみんなに同じことを話している訳じゃないからとか言われた。
…別にわたしはそもそも話して欲しいとか思っている訳でも全然ないんだけども。
そうでなくても、わたしに話してなんか楽しいか?利はあるのか?…何もないだろうって思う。

…おかしいな。今日は平和だった筈なんだけど、書いてみたらなんか暗い…。
調子の良い日もそうだけれど、どうにも自分の状態を自分でいまいち把握していなそうなところがある。
ここを書いていてあれって思うことが、それで気付くことが、結構多いような気がする。
自分で把握しているその日を終えての状態やまとめと、書いてみての状態に、どうにも差があるってなんなんだ。




 再読の一区切り

2012年01月29日(日)

マリみての再読が先日でついに終わってしまいました。持っている既刊は最後まで飽きずに読み切ることが出来ました。

薔薇のミルフィーユ辺りからは巻タイトルですぐに内容を思い出すことががくっと減って、その分より楽しく読めた気がします。
面白い…!ってテンションが上がるような風ではなかったけれど、落ち着いて、でも淡々とではない風に読み進められた気がしました。

で、そのままついでに、持っている釈迦みても再読をして、その後は少し迷って緒雪せんせい繋がりでスリピッシュに進みました。
本当は再読したいかもって思うシリーズが別にあったのだけれど
それはまだ読書記録を全巻はつけていないからとりあえず一旦避けました。

感想を書き留める自信がないからって読むのをやめるのは本末転倒だと思うけれど、どうにもまだまだ迷い中です。
図書館通いも、少なくとも軽ければ、冊数も最初は控え目にすれば、
読むこと自体は復帰出来るんじゃないのって借りても良いんじゃないのって思うのだけれど
やっぱりまだ、思い切りに欠ける感じかもなのでした。

これを機に読書記録を感想なしにするとか、なんてこともつい考えてみたりしているんだけど
とりあえず、スリピッシュの後、どうしよう。




 久しぶりの地震

2012年01月28日(土)

今日は久しぶりに少し大きめで来た地震に起こされました。
胡夢も企画完了したしPCもマイクもべつにもういらないしとか思ったら念の為と起きて避難準備をする気なんて全く起きませんでした。

なるようになるしならなければならないでそれで、って風で、むしろ寒いしだるいし眠いし面倒臭いしとそのまま寝続ける気満々でした。
けど2度の大きな揺れにさすがに起きた感じのお母様が部屋に来て
寝てるし、と呆れみたいな苦笑みたいなどっちでもないみたいな感じで仰せになったので
起きるべきか、起きるか、ともそもそと動き出したのでした。仕方ない、みたいなノリです。自分のことだろうって感じです。情けない。

そもそも、TVとかでまともな確認はしなかったけれど、体感じゃ震度3くらいで全然大丈夫なうろたえない揺れだったのです。
お母様によれば、多分大まかな場所の情報(と思われる)では震度4だったみたいだけれど、本当全然…。
むしろ最近余震みたいな震度1以下みたいなノリの揺れを度々感じていたのだけれど
そしてそれを地震酔い的なもの(今更だが)として処理していたのだけれど
違ったのかなとか、本当に揺れていたのかもとか、ていうかあれまた揺れている?なんて何度か今日は思いました。
そっちの方が印象深かった。でも座っている状態での目眩とかも微妙に復活している感じだからいまいち信用度が低かった。

これを持って逃げなくちゃって執着が、気が付けばとても減ってしまっていました。
逃げたければ着の身着のままで良いじゃないかって、それで何とかなるだろって、思ってしまう。楽観。
仮にそれで生きられたとしたって、自企画が終わったからって活動全部が終わった訳じゃないのに声活動は一応まだ続いているのに
だからPCとか必要じゃないのって、思います。思うだけって感じです。無責任この上ないです。…駄目じゃん自分。
まあ、見方を変えればPCとか、本当、そんなこと、なのだろうけれど。でもなんかそういう前向きとか必死とかいう感じじゃない…。

逃げるのも面倒臭いけれど、実際にそのレベルの揺れが来たら普通に恐怖とか感じる筈で
そしたらしっかり逃げ出すに決まっているのです。
なのに事前準備に気持ちを持って行けない自分は色々と問題がある気がしました。きっとお母様を頼っちゃっているんだ。いい歳して…。
実際お母様は避難鞄の再確認をしていて、それを見てべつにそんなのしなくてもとか思っていました。
どうでも良いとかどうせいざとなったら覆る口だけの人間の癖に。情けない。しょうもない。




 何にでもなれる人たち

2012年01月27日(金)

再放送のHEROが終わってしまいました。雨宮さんが今の自分より年下だなんてやっぱり信じられないわたしです。
同年代ってことすら受け入れ難い。
何にでもなれちゃう人種って本当何なんだろう…?やっかみ通り越してむしろ素朴な疑問だったりする勢いです。

わたしの場合は高校生になれたことすらある種奇跡だし、それ以降も自分のイメージとして
選ばなければ向こうさんから拒否されにくいってことで学生さんが精々って感じです。
義務教育だってあるしね。さすがに未だに中学生気分ではいないけどもね。…でも高校生は近いくらいの気持ちかもしれません。
そんな若くないでしょっていうのは勿論あるのだけれど。
さすがに当時をつい最近とは言えない、思えない風にもなったみたいだし。大体まともに通っていたのなんて何年前だ。とんでもないな。

法律家だの看護師だの教師だの、そういうひとになれるとか、本当、何だそれ、って思ってしまいます。
何でそんな華やか…?理解不能の世界です。むしろはじめから違う生き物なんだと思います。当たり前のように。

HEROは、フラフープの中にいなさいって命令されました、なお巡りさん(だっけ?)のシーンがなかったことで
再放送はどうやらカットしたシーンがあるものらしいと気付きました。
フラフープの回まで気付かなかったー。ていうかフラフープはカットしちゃ駄目でしょー。
おかげで久利生さんてばしれっと嘘つきさんですよ。悲しい。

HEROが終わったことで今後はまた気が向いた時にディズニー映画な日々に戻るかと思いきや
何故か今日からはまた別のドラマを見始めてしまいました。
でも平日に毎日ある再放送には疲れてしまったので、すきな時に見る、見られる、風に変えました。凄い時代になったもんだ。




 久しぶりの切り出し

2012年01月26日(木)

先日録ってわあわあ言っていた音声の切り出しを今日はしました。やり始めてしまえば1日でせっせと進めていました。
意外にも穏やかな気持ちで作業が出来たことは喜んで良いところなのか否かって感じです。
普通にいつも通りこれまで通りと感じたから、まあ、良くも悪くも、なのかな。

***

お母様に、お腹出てるの?と言われました。ずがん。プチ稲妻が走りました。
疑問系なのは、服のせい?みたいな意味だと思われます。
確かに着脹れてはいるけれど、それはお腹に限らずなので、違うのです…。ずがん。

栄養失調体型なんじゃないのとか言われたけれど違うと思います…。
ダイエット再の前から、つまり去年からずっと、お腹は出ているし
それをどうにかしようとダイエットやらエクササイズやらやっていたのですもの。今も再びでやっているのですもの。
エクササイズはお休み中だけれども。

どちらかと言えばダイエットをやめさせたいみたいな素振りも見えるのに、お母様ったら失言です。
これで益々ダイエットをやめる決心が遠のきました…。
だって人から見てそれで、実際に口にされちゃうんだから、もう。ずがんと稲妻です。
やっぱり太いんじゃないか!出ているのじゃないか!脱がなくとも普通に見えるレベルで…!

…こういう風に書くと、やっぱり病的なのかな、とかちょっぴり過ぎるけれど、でもやっぱり普通に太いと思うのですわたし…。
あーーーぺたんこのお腹になりたい…!




 リフレッシュしたい

2012年01月25日(水)

1日を終えてみると、今日はちょっと調子が良かったかもしれない、と振り返って思いました。
とはいえ朝はまた遅起きだったりしたのだけれども。3食化以降3回目の2食日です。駄目子です…。

病院に行くのはいつも火曜日なのだけれど、水曜になると少し調子が良くなる、ってことがそこそこある気がします。
ついでに月曜は調子が良かったのに、っていうのもあった気がします。
…中々上手くいかないな。……病院を意識して身体がごねているとは思いたくない。

最近身体がだるかったり重かったりするのはお布団が重いからではなかろうかと今更に少し思いました。
布団の重ね加減は今年程じゃなかったと思うけれど前にも似たようなことを考えたことがあった気がします。
でもその時だって恐らくは羽毛布団がなかっただけだから重さは大して違わないか。
…なんて、何にしても、だるさと寒さなら寒さの方を避けたいから、変わらないのだけれど。
むしろタオルケットかまだあれば更に毛布を追加することも検討しているくらいなのです。

今の重ね加減でやっと寒くはなくなったと思うけれど、でも暖かい!とはまだ言えないっていうか
あとパジャマの上と下に普通に服を着込んで寝るのもちょっといまいちリラックスし切れないかもしれない感じで
何となく落ち着かないっていうか何というかでつまり何かよくはわからないけれど検討の余地が有なのでした。

…はー。なんだろな。お外行けるようになりたいな。…なんだいきなりだな。
元気になってリフレッシュしたいみたいです。そういう発想が出るのだからやっぱり今日はちょっと調子が良いのでしょう。




 連続キャンセル3回目

2012年01月24日(火)

昨日ここを書いた後から今日の昼間まで、浮上してはまた落ちてで
やたら忙しく何度かひっくり返るような迷い方をしていたのだけれど、結局今日も病院はキャンセルしました。

3連続です。また新記録達成です。来週行けてもほぼ丸1ヶ月のご無沙汰とかもう次行った時何を話して良いやらだよ。
そもそもの予約が月1のペースだとかならまだしも、そうじゃないのがあいたたたって感じです。

…なんか、疲れる。疲れた。
行けない、って多分こういうことだ。学校や習い事で躓くのとは訳が違った。
わたしはやっぱり行けないだけど行けないじゃなかったんだな、学校、とか今更に思ってみる。
本当今更だしそんな分析に意味なんかないっていうのに。

今日は寒さより何よりお化粧が面倒臭かったです。いっそすっぴんで行ってしまったらどうかとも思ったりしました。
でも出先で鏡を見ちゃったりしたら後悔するんだろうなあとか目に浮かぶようです。
まあ、だからキャンセルしたって訳じゃないだろうけれど…。大体もう既に今更だし…。…はあ。

ドラマを見ても本を読んでも楽しいがあれば素敵があればその分そこへ行けない自分がもどかしくなる、日でした。
土俵なんかどこでも良い。趣味ですら出来ないのが悔しい。お芝居がしたい。出来ない。
生きるってしんどい。(飛躍しすぎの自覚はある。)

体調が優れないことに苛々して、苛々するから余計優れなくなるのか?とか、悪循環です。
もうわかんない。いつかも書いたなこれ、多分。鶏が先か卵が先か。
何にしても苛々する。苛々するばっか書く自分が嫌になる。
日記だしもうオフの紙日記はないしだから伏せたりはしたくなくて、ていうかそれじゃ記録の意味がなくてだから
苛々しない自分になりたい。

前に書いて以来そのままエクササイズはとりあえずの休止に入りました。復活は未定です。
腹筋と腕立てくらいは暫くしたらまたやっても良いかな…。
というのも、ウエストを捻るようになってから何故かウエストが太くなったというか
捻り始める前の方が細かったという事実に気付いてしまって、そんなバカな、なのです。
別に捻っていたら太くなったって訳じゃさすがにないと思うけれどでも思わず過ぎるのはやり過ぎの4文字です。
まあ普通にたまたまにしても、何だか疲れてしまったし、これを機に少し休憩することにしたのでした。

難しいな、シェイプアップ。
ついでに今のわたしのテンションも何だかよくわからないことになっているな。
…はあ。気持ち悪い。




 楽しむことも満足に出来ない

2012年01月23日(月)

久しぶりにしっかりと早起きが出来て、珍しく短期間で2度目な全体の掃除機も身体を暖めるのも兼ねてまた出来て
それから収録だ、と思ったら弟が帰って来てでも出掛けてくれたから久しぶりに出したマイクスタンドをすぐに使うことが出来て
けど、なんか、駄目駄目でした。そしてだるい。身体が重い。気持ち悪い。
…久しぶりに結構、きつめだ。

何度やっても満足出来なくてでも何回もやっていたら奇跡みたいにこれっていうのが録れるかもしれないって
極々微かな僅かなきっと本当はありもしない希望に縋ってひたすら録って録って録ってずるずるずるずるやって
でも、久しぶりだしそんな簡単に上手くいく筈はなかったかもしれないけれど
あまりにも下手な自分に次第に自己嫌悪しか感じなくなった。

すきで、やっているのに、何でこんな風になる?
自己満足でも自惚れでも天狗でも楽しい方がずっと良い。後で落ち込んだって良い。
楽しむことすら満足に出来ない自分が申し訳なくて自分で自分に腹が立った。

やっぱり復帰とか、無理かもしれない。
全部を手放したらきっかけがなくなってもう本当に戻れない気がして繋いだままでいるけれど
それって失礼だったりするのかなと不意に思う。
自分が企画者なら全然有に思えるけれど、自分がCVで考えると胸を張れない。

病院に通い始めて5ヶ月が経った。この前と言っていることが違うけれどやっぱりまだ良くなって来たなんて思えないと思った。
もうずっとこのままな気がしてだけどしんどくて早く抜け出したくてでも出口なんて全然見えない。
駄目だ。重い。気持ち悪い。いつまでこんなのが続くの。




 だるだるの重々

2012年01月22日(日)

今日は調子が良くなったり悪くなったりやたらうろっうろしていました。
1日の中で落ち着かなすぎて少し、いやかなり、疲れました…。

っていうのはきっと今が悪くなった直後だからなのだろうとは思うのです。通り過ぎれば楽になる。
でも何にしても嫌になる。どうしてこう…。もう…。ああ気持ち悪い。

近いうちに収録がしたいって思っていたけれど、相変わらず常に夜勤と化している弟がその為昼間家にいて
でもまあ仕方ないと、いても割り切ろうかと思っていたのだけれど、それも思い切り不足な心境になって来たり。

いい加減そろそろ病院も行かなきゃだし行こうよって思って、
ダイエット再も終わらせる決心はまだつかないものの大分進んだし、結構一段落だし、
だからおまけでスイーツがついても良いしとか思っていたけれどそれも結局また面倒というか全体的に萎えた心境になってしまったり。

…なんか、な。駄目だな…。身体全体がだるだるの重々です。
実はもう全部それが原因なんじゃないの的な心当たりもあったりするのだけれど
色々試したり努力はしているものの、上手く改善出来ないし。はあ。嫌になる。前はこんな風じゃなかったのに。




 読書からの刺激

2012年01月21日(土)

さて、案の定です。落ちました。
自業自得としか思えない感じでまた風邪を引いた弟の咳に主に苛々を引っ張り出されたりしていました。
ちっちゃくて余裕がないってことなんだろうな、、
でも引いた後、薬すら自分からは飲まないから、わたし基準では尚更同情どころではないのです。
きっと冷たい姉なんだろうとは思うけれど。

とはいえ1日中ずっと駄目日ではなかったから、それはちょっと良かったなと思います。
不意にちょっと浮上したりしつつ1日を終えました。

引き続き再読中のマリみてが瞳子編に突入していて、それに何だかプチ触発されて、
主にそれをきっかけに少し上向いてちょっぴりやる気になったりしていました。
例えば新しく台本を書きたいとか思う風なのとはちょっと違うというか、そこまで直接的な熱ではないのだけれど
なんとなくの感じで、創作物に関わりたくなる風に刺激されています。じわじわ。何だかつんつんつつかれているような気分です。
読書でそうやって刺激されるのも久しぶりな気がする。これも何だかんだの回復だったりするのかもしれません。

相変わらず元気な翌日は基本落ちて、そこは変わらなくて
これもそろそろどうにかしたいな、と思ったりするけれどこんなのどうやって努力したら良いんだろ。
元気をセーブする…のもなんか違う気がするし。そもそもそこまではしゃいではいないし。
…気持ちは毎回結構浮かれているみたいだけれど…。
何だか日記を書いていてそれに気付く、っていうのが続いている気がするけれど、ってことはつまり無自覚なだけってことだろうか。




 楽しく台詞練習

2012年01月20日(金)

今日は起き抜けにちょっと元気でした。

パジャマの下に長袖カットソーを1枚追加しただけじゃ全然効果がなかったから更に上にトレーナーを着て寝てみたところ割と暖かくて
それに起きる前にエアコンをつけてみたらそれもちょっと良い風に働いて、嬉しかったです。
その上起きたら雪が降っていて積もっていて、寒いのを嫌だ嫌だと文句ばかり言っていた癖に現金にもなんか嬉しくなっちゃって
雪が積もったら、もう暖かくなるだけって気もするよね!気が早いね!

勿論、だから元気だった、って訳じゃなくて(それもあるかもだけど)単にわんこな心境なのと
あと雪が降っているなら寒くても仕方ないし寒いと感じるのも当たり前っていうのがあったりしたと思います。たぶん。

なんにせよウキウキしたのは良いことだ。
…にしても今年はそういえば結露を見ていない、つまりまだ全然寒くない?!とかヒヤッとしたりしていたのだけれど
家の中がそれだけ暖かくないんでしょうっていう母の言は、正しかったってことでしょうか。既に雪が降るレベルの寒さならば。
これまでの冬はもっとエアコンをガンガンに使っていたのかなあ。でも控えて命令発動中だからそうだとしても変化はないやな。

そんなこんなしつつ、今日はそのちょっとの元気に乗っかって
エアコンの洗浄(スプレーだけだけど)と掃除機をしてみました!出来ました!ヤッタ…!
…なんて、まあ、そういうレベルの生活だってことです。わたしの日頃を考えるとこれくらいでヤッタとか思っちゃうのです。

最近、掃除機とか洗濯とか、炊事までいかなくてもせめて朝昼の洗い物とか、くらいは出来るようになりたいなあと思うようになりました。
そういう発想が戻って来たこと自体思えばやっとって感じだけれど
その上ちょっと久しぶりに全体の掃除機をしたら大分古いから新しいのがやっぱり欲しいって思っていたことを思い出したり
洗濯も、具体的に想像したら弟のものを干すのに抵抗があるなあとか思い至ったりして
(彼氏がいた頃の母のもののように。弟の場合は単なる男臭だけど…。それにこっちの場合は別に彼女がいてもそんな抵抗はない。多分)
………つまり、棚上げな潔癖と完璧主義的なアレが、発動したのでした。ああ我儘。何だかなあ…。
やらない言い訳ではなくて、自分のやりたいように、自分が気持ち良く働けるように、変えたくなるのです。無茶なんだけど。
…はあ、我儘。

そんなこんなありつつ今日のちょっと元気、はやっぱり1日中とはいきませんでした。
掃除機中に一旦力が抜けて(そのままやり切ったけれど)、夜になったら更にまたちょっと落ち気味というか疲れ気味というかな感じです。
…いやべつに、掃除機で疲れた訳ではない。さすがにそうじゃない。そういうんじゃ、ないんだ…。なんだ…。

でも、気も抜けちゃったし弟がいつ帰って来るかわからなかったしで収録は出来なかったけれど
久しぶりに、とても久しぶりに、結構しっかりと声を出して台詞を言う、は出来たんだ…!練習!練習!しかもなんか楽しかった…!!
なんて久しぶりの感覚でしょう。嬉しい…。ガンバレこのまま活動復帰!って感じです。収録は、いつ出来るかな。わくわく。

…とか言ってると例によってまたガクンと来そうですネ。書いてて思いました。嗚呼。
でもそれでも練習を楽しく出来たことはやっぱり嬉しいのでした。わあい!




 再放送ドラマ

2012年01月19日(木)

最近何度か話題にしていた再放送のドラマは、救命病棟24時の第4シリーズでした。
第4どころかそもそもこのドラマシリーズ自体も初見だったのだけれど、全く問題なく見られたことにちょっと感動しました。
普通にはじめて見る新しいドラマみたいに見られちゃった。最初は第4シリーズだってことも知らないで見ていたし。

で、その再放送が昨日で終わりまして、
今日からはまた全く別のドラマと、あと同シリーズの別のシーズンが放送されているみたいなのですが
そっちは、何だか疲れてしまって、見ていません。

最初は気持ち的な面でTVが見られるようになったことが嬉しくて
その次は楽しみに出来る、見られるドラマが見られる時間にやっているってことが更に嬉しかったりしていたのだけれど
段々日課になって、連ドラだから毎回見たくなって、ってなっていくうち
気を張った感じになって来てそれで最終回が終わったらもういいやお腹いっぱいって風にくたびれてしまっていました。
…たかがドラマでどんだけだ、と自分でも思います。もうちょっと力抜こうよ…。

とはいえ、一緒にセットで見ていたHEROは最終回まで追いかけようかなと思います。
救命と続けて見ていた時は、
HEROの場合細かいところはともかく流れはしっかり覚えていることもあってあまり楽しめていなかったっていうか
普通に夜に放送していた当時から凄くすきなドラマだったんだけど、
歳を取ったのか結構ベタさというかある種の安定を物足りなく感じたりしちゃっていたのだけれど
(でも単に見たことのあるドラマだからってだけかもしれない)
今日、単品でHEROだけを見たら、お芝居熱的にちょっぴり刺激されたりしてしまったのです。

だからそんなのもあってやっぱり見ようかなって、思ったのでした。せっかくだし。
それにしても、ドラマのテンションはこれまで通りだった筈なのに不思議です。
少なくともわたしの受け取りはそうだったのにな。連日2つ次々と、なのがやっぱりキツかったのかな。余裕ないなあ。

とにかく、何にしてもお芝居です。
ぼちぼち声活動の復帰準備的なこともちょっときっかけがあったので進めてみたりもし始めました。
…どうか、な。このチャンスに乗れるかな。
せっかくマイクもインターフェースもマイクスタンドも買ったのだし、いや別に最近とかじゃないけど、でも、
やっぱりここは上手く乗っかりたいところです。

いつもいつも元気でなくても活動は可能なのだと思いたい。出来るようになったら良い風に働くと思うし。多分。




 寒さとの戦い

2012年01月18日(水)

今日も今日とて寒さと戦っております…。
今夜の冷えは久しぶりにズガーン!って感じでもう…。もう…。もうちょっと手加減して…。

関東人の癖にこんなんじゃ北国のひとに怒られそうだけれど、でも本人的には大真面目に厳しいのです、、
まだ雪が積もっていないとかつまりこれからまだもっと寒くなる筈とか何の冗談でしょう笑えない…!
外出なんか本当とてもとても、な甘ちゃんです。やだよだって家の中ですらギリギリ気分なのに。わがまま。

日中は長袖カットソー+長袖カットソー+トレーナー+トレーナー生地のパーカかニットカーデが通常装備です。
移動の度膝掛けとクッションがお供です。
去年の始めの冬まではここまでじゃなかった。多分。その頃もその頃でしっかり寒がりだったみたいだけど(すっかり忘れてた…)。

…こうやって書いてみると、何だそれくらいかよって思われそうでなんかちょっと落ち着かない、、
でも来年とかに自分的参考になるかもだから、構わず続ける。。

夜は夜で、綿布団+綿布団+羽毛布団+毛布でも寒くて
けどさすがにこれ以上は足せないだろうから(当然ながら既にそれなりにずっしり重い)
パジャマの下に長袖カットソーを着ることにしてみました。今日から。
布団被ってても暖かくないのはやばい。ツライ。それで、書いてみるとやっとって感じだけど今日から決行なのです。
さあどうだ。少しはましになるかな…。

毎日カイロさんにお世話になるようになり始めたり、冷たいお茶は一切飲まない方向にしてみたり(面倒でも)。
…暖かくなると、虫が、やだけど……でもやっぱり早く冬、終わらないかなって思う……。




 初の3週空き

2012年01月17日(火)

今日もだるくて病院はキャンセルでした。
2週連続キャンセルは既に経験済だけれど
今回はキャンセルし始めた前の週が年始でそもそも病院がお休みだったから、初の3週間空きな事態になっています。
…何だかな。何でこう行こうって気持ちが度々迷子になるのかな。

お茶して甘いものを食べられるかもとか、或いはお土産に何かデザートを買って貰えるかもとか、ちょっと考えてみても
でもダイエット中だからプラスに働かないし寒いし寒いしお化粧とか面倒だし寒いし。
…なんて、注射だの歯医者だのを頑張る小学生じゃないんだからって思う。ていうか行くの、嫌な場所なのかよ、って。
……嫌じゃ、ないのだ。でも行くって気持ちが度々迷子になる。

***

そんな中、病院に行くなら待ち合わせ予定だったお母様が急に予定外に一旦家に帰って来た。
その為続けて見ていた再放送なドラマが見られなかった上自室に閉じ込められてしまった(自主的に)。
TVはリビングにあるから、もしかしたらCMの度に
下手したら普通に見ている最中も仕事の話を聞かされるかもと思ったらとても見に行けなかったのだ。

病院をキャンセルした上ドラマも駄目とか良いことないなと思いつつ
やっぱり休んでTVとか、人目があると罪悪感が顔を出すのも正直なところで
キャンセルしたらドラマが見られるなとか過ぎった罰が当たったのかな、なんて思ってみたりした。
…でも見てから行くって選択肢だってあったんだよ。

***

結局、ひたすら自室で騙し騙しな風に本を読んで、段々だるさが悪化したりもして、のだるい1日でした。
朝も本格的に起きられなくなって来たかもしれなくて、何だか少し力が抜けます。いくない意味で…。
今日もまたやっちゃった。昼前起き2食。一昨日が特別と思っていたのにな。
寝坊するにしても、これくらいなら本格的に起きられない、ではない的な時間とか。
確か昨日なんかはまだそんな風で、流していたりしたんだけど。

あんまり急にふぬけっぽくなってしまったものだから、どーしよう、食事制限緩めるべき…?なんて過ぎったりもしている。
選択肢としてちょっと真面目に考え始めただけで、まだもう少し様子は見るつもりだけれど。
……何だか、ローです。また。




 人並みなんて有り得ない

2012年01月16日(月)

今日はエクササイズはまた丸ごとサボってしまったけれどそこそこ浮上して過ごせました。
続けないと意味がないのはわかっているけれど、いまいちやる気になれないのはやっぱり
また栄養が足りない感じになっていたりもするってことなのかなあとか思ったりもしています…。言い訳?

なんか毎日せっせとやるのもどうなのって気分にもなって来てしまいました。余裕がない風に思えて。
それならそれで、疲れたなら、少しの間休止するのもまあ有だとは思う。先は長いのだし。
…でもやらないのはやらないので自分でそうしている癖にちょっと焦る…。

ダイエットも引き締めもやっぱり運動が大事かって思って、でも外は寒いから
とりあえず家の中での足踏みを最近はエクササイズに追加してみたりもしていたのだけれど
前から結構続けているウエスト捻りとか、効果が中々見えないものだから、やっぱりやる気がちょっと削がれています…。
エクササイズの全部、丸ごと。日課として無心でやるには最近ちょこっと元気が足りない…。

***

気が付けば四捨五入で三十路な歳になっていました。
これまでは何年後とかを想像しようとしても上手くいかなくて
それはつまり今とは違うだろうっていう前提があってのことだったのだけれど
今はもう、きっと三十路になっても今と大した変化もないわたしなんだろうって、思います。
なんか悲観とかじゃなくて当然みたいにそう思う。

そりゃ努力がなきゃ変化も何もないのは当たり前なんだけれど、そういうことでなく
きっとそうっていう諦めの境地に気が付いたら当たり前に達していました。

小学生の頃は中学生を大人と思っていたし、十代の頃は二十歳を大人と思っていたし、
二十歳そこそこの頃は二十代の半ばなんて大人大人した大人だと思っていました。
でもそういうものは自分には中々当て嵌まらないものです。
だから三十路のわたしも四十路のわたしもきっとこの分じゃこのままで、あらどうしましょって感じです。…他人事か。

病院なんか通ってみたって、前進しようとしていますよ、みたいな行動だけれど、所詮していますよってだけのことで
どこへ向けたアピールか知らないけれど、……自分なのかな。
勿論、病院が悪いとか先生が悪いとか言っている訳じゃない。
ただ、わたしに先行きなんて、明るい未来、とかなんて、希望なんて、と当たり前に思うのだ。
これまで特に意識したことはなかったけれど、意識しようとも思っていなかったけれど、
覗き込んでみればそういう風に思っていたようだった。つつかれるまで知らなかった。

多分、駄目なんだろう。
諦めるのはいけないことで諦めたってどうにかなる訳じゃないんだし
だからもっと前向きになって何とかしようとして実際に何とかしなくちゃいけないんだろう。
…無理でしょ。

***

落ちてはいない。多分。こんなんでも。…読み返すと説得力ないな。
ただ、当たり前のように前向きになれない。人並みに真っ当になったわたしとか、有り得ないとしか思えないよ。




 暖まらない身体が憎い

2012年01月15日(日)

当て嵌まる言葉が上手く見つからなくて、朝、だるいって言っていたら、1日掛けてもっとだるくなってしまった。
言葉に引き摺られた訳ではないと思うから無意識の方がその後の身体の具合をわかっていたのかもしれない。

朝は起きる気になれなくてお昼前にやっと少し浮上して起き出した。
それで必然的に久しぶりの2食になっちゃった訳だけどそしたら体重ががくんと減っていた。…揺らぐじゃないか。

起きられないわエクササイズも完全サボりだわだったのにその方が上手くいったとかどうなの。
最近諸々上手くいかない日々だったから余計にうわって思った。嬉しいんだけど複雑だ。
だるだるの生活でもう少し落としてから3食にまた戻したらとか思わず考えた。違うって。
ちょっと、疲れた…。

食事制限はさして負担ではないのだ。むしろ制限が上手く出来ない方が負担だったりする。…やな言い方。
ダイエット中なのにっていうストレスとかじゃなくて、むしろちょっとした油気やなんかでいまいち美味しく頂けなくなることが嫌だ。
だけどわたしの望むような、わたしが美味しく頂けて気持ち悪くならなくて温かいもの、っていうのは
無難なのはシンプルな鍋とかってことになって(最近本当大すきです毎日でも良い)
でもそれらはお母様的には作り甲斐がなくて面白くなくて何より手抜きっぽくてご不満なようで
だから、わたしにとってはそんなには、登場してくれないのだ。残念なことに。…わたしは手抜きを希望する駄目な娘。
パワーがあるならその分をお掃除に回してくれたら良いのに、とか思ってみる。

油分とかそういうものが、つらい体質になって来たかもしれないです。また。
今日もお昼にツナ缶の入った昨夜のおかずを温かさを求めて調子に乗って食べたら唇とか口とかが後から気持ち悪くなってしまった。
食べ過ぎにしても嫌になる。だって寒いから汁物とかついこれでもかと食べたくなっちゃうのだ。
食べ過ぎなら食べ過ぎらしい気持ち悪さが来て欲しいと思う。
そして何故ツナ缶を入れてしまったあ〜野菜だけで良いのにい〜とか思うのだ。…やな感じ。我ながら。

口にする物でもシャワーでもカイロでも暖房機具でも、暖めても暖めてもその場限りにしかならない身体が憎い。割と真面目に、憎い。
何かしらで苛立つ時、寒いってことがそれを増幅させる。
何でこんな寒いの!って、馬鹿馬鹿しいったらないけれど叫びたくなるし泣きたくなるのだ。…嫌になる。
電気代が前の月から大分上がっちゃったとかで控えて命令も下りちゃったし
勿論エアコンの使用を完全に禁止された訳じゃないんだけれど、……暖まらない身体がとても憎い。




 冷え症を治したい

2012年01月14日(土)

午前中は日課のエクササイズをして、昼間はお母様がいなかったからリビングのTVで延々とドラマを見て
夕方になって毎度のことだけど寒さにやられ、その後苛々波がやって来て、気が付けばやたら静かになっていた。

…今も静かなままだからこの文章もこれだけを書くのに四苦八苦している。ローすぎる。どーした。

何もかも面倒な、気持ちです。
そろそろまた漫画を売りに行くかな〜とか思っていたのも、病院も、全部、って風。

……とりあえず冷え症を治したい。改善させたい。
とにかくやたら寒すぎるし悪影響も結構ある気がするのだ。今更だけど。




 ヨーグルト断定

2012年01月13日(金)

リバウンドした体重を元に戻す為、相変わらずプチダイエット中です。
具体的にはとりあえずお肉と油を避ける方向で進めているのだけれど
生野菜をノンオイルのドレッシングで食べる、とかでなければあんまり大変なことをしている風には感じないみたいです。
スープとかポトフとか鍋とか全然ふつうです。むしろそれらだいすきだし。だから感覚的に何となくプチです。

とか言いながら、そんな制限も、全然完全には出来ていないのだけれど。
具体的には初期にはスープに入っていたベーコンとかウィンナとか食べちゃっていたし
炒め物は避けていても油を敷いて焼いた玉子とか、お肉自体は避けていても一緒に煮てはいるとか、そういう感じ。
ここ数日は嬉しいことにちょっぴり徹底していたけれど。

べつにわたし専用のメニューとかじゃないからどこまでやるかっていうのが難しいけれど、まあぼちぼちって感じです。
あ、あと、野菜野菜言っているけれど毎食主食も食べています。さすがにお野菜オンリーではない。

***

リバウンドをした原因は、わたしの場合、やっぱり連日のヨーグルトかなと最近じゃもう断定な心境になっていたりします。
ヨーグルトが原因かもって思った当初はでも買い置いてしまった分は食べようと思っていたのだけれど
無理して食べなくても母が貰うよと言われて有り難く乗ったら
母も、連日で食べ始めて暫くしたら体重が増えてお腹も張るようになったって言っていたから
それでなんていうかもう、やっぱりオマエ(ヨーグルト)だったのか…!(断定)という風になってしまいました。

ヨーグルトってお腹に良いって有名だと思うんだけどなあ。びっくりだった。
食べ過ぎ、にしても、でもある程度量を食べないと効果は出ないとか調べたら出たし
だけどそれ守ったらこれ(体重増量)だし、カロリーを摂りすぎたにしたってこんな急激に?って感じだし
合う合わないってあるんだなあと思います。べんきょーになった。多分。

色々体質改善的なことも調べてはあれこれ試したりしている日々です。ちょっと踊らされている感じ。ピエロっぽい。
早く上手く改善される方法に出会えないかな。




 復帰が遠い

2012年01月12日(木)

今日も何だか地味に元気のない感じです。
昨日の体重は今日もキープ出来ていて嬉しかったんだけど、嬉しいのと元気なのは毎回比例する訳ではないようです…。

今日は延々と歌をきいて、あとはドラマの再放送を見ていました。
ドラマは何だか日課になって来ました。おかげで芝居がしたい熱が少し久しぶりにフツフツし出しました。いいなあ…。

数日前には企画がやりたいって気持ちが物凄く強くなっていたりもしたのだけれど
どうにもここんとこは更に安定していない感じだから、こんなんじゃ、出来ないよなあっていう結論です。

いつか復帰出来るのかな。もう復帰しても良いだろうってしっかりと思えるようになるのかな。声活動も企画者としての活動も。
無理矢理にでもやっちゃえば何とかなるんじゃねってやっぱりまた思ったりもするのだけれど
それを実行に移す思い切りには、結局欠けているのです。…遠い、なあ…。




 もう一頑張り

2012年01月11日(水)

3週間ぶりに体重が増加前の最大値へ戻りました…!
今日は昼間は結構ぬぼーっとしていて、起床は遅くなるわエクササイズも一部サボっちゃうわだったりしたのだけれど
一気に何だか元気になってしまって、現金なものでした。

ヨーグルトを連日食べるようにし始めて数日後から1週間くらいで約1キロ増え、
食べるのをやめてもその後約1週間の間で更に約1キロの増量な数値を2度程記録しちゃったりしていたのだけれど
本日、その最大値を記録した9日前からマイナス2.4キロ、の数値を記録することに成功しました…!
嬉しいー!ヤッター!

最大値とかそのレベルの数値を記録したのは間に数日置いて2回で
だから別に9日で2キロ減とかいうしっかりした成果ではないのだけれど
ていうかそんな急激な減量は色々こわいし望んでもいないのだけれど
とにかく、ちょっと、安心しました。あー良かった。ほっとした。

勿論まだ全然油断は出来ないだろうし明日になったらまた増えた〜ぬか喜び〜とかも普通にありそうだけれど
今後は今日の体重のキープを目安にして頑張りたいと思います。

…まあ理想としては出来れば更にもう1キロ減したいところなんだけど…それが今回のダイエットの記録の最軽だから…
でもとりあえずは、今日のを最大値にしてキープして安定させるのが第一の目標って感じです。もう一頑張りだ。




 健やかになりたい

2012年01月10日(火)

昨日を引きずって当たり前のように病院はキャンセルしました。
幾ら焦らずとか無理せずとか先生からも言われているからって基本のスタンスがこんなんじゃ
変化も何も、そもそも上手くいくものもいかなかったりしそうだと今更に思いました。
通う意義が見えないとかそういう次元じゃない気がする。

ひとりの時はさして感じなかったのだけれど
今日のわたしは母の帰宅後、つまり夕飯の時に、何やらわかり易く静かになっていました。
ついでに母もちょっと静かでした。感謝でした。
でもわたしのその状態はつまり多分落ちているということで
こんなこれみよがしじゃそりゃあ、母もどうにかしなくちゃって思わされるよなと思いました。

日頃、普通に当たり前のように
今は余裕がないから無理とかつまり悪いけど気にしてあげられない的なことを告げられたりするのだけれど
(わたしはそんなにああしてこうして言っているかな。自覚ないや…。
まず主張していることと言えば仕事の話が聞きたくない、だけれど、それへの返答も含まれている…?)
それってつまりは頭にはあるってことで、実際頭にはあるんだけどとか度々言われたりもしている訳で、
つまり頭にはある状態にさせるような態度を、わたしは、取っているんだろうなと思いました。…今更です。

お構いなしに喋られればその度わたしの状態を頭の片隅に置いて欲しいと思うし
我慢出来なくなる度溜まる度負担だと伝えてもいるけれど
わざとそういう風に元気がない的なアピールをしているつもりは全くありませんでした。
でも、無意識なら罪にならない訳じゃないよなと今更に思った…。

なんというか澱んでいると思う。思考どころかわたしそのものが、である。
多分もう全てにおける基本がそうなっている。昔から根暗だけれどそうじゃなくてもっと根本的な部分で凄く感じる。
健やかになりたい。




 父の面影

2012年01月09日(月)

鏡の中に父を見つけた。
痩せたらそういうことはなくなると思っていたのにがっかりだ。もっとちゃんと痩せたらなくなるのかな…。
とても嫌な気分になった。ずたずたにしてしまいたい。絶望。
どうでもいいなんて思えない。嫌い、よりもっと強い。気持ち悪い。

母に似ていると言われるのは嫌いじゃない。
だけど母はその手のことを言われる度毎回わたしが嫌がるよみたいなことを言う。ことを、釣られて思い出した。
そりゃ昔は姉妹のようと言われればどうにも実際老け顔のようだし気にもしたけどだから不本意だったけど
だって中学生とかそれくらいまでの話だよ?喜ばないでしょ。なに姉妹って。
でも今じゃ嫌がっているのは母の方だ。きっとそんなことないって言うけどしつこく繰り返されるその発言はそう見えるのだ。
わたしは毎度訂正しているのに全然上書きなんかしてくれない。嫌な気分になった。

他にも何でか昔の嫌なことをポロポロと思い出して嫌な気分になったりした。
馬鹿馬鹿しいと思った。

***

少し前にお知らせの来ていた高校の同窓会の話を振られて、そのまま母と久しぶりにちょっと話した。気分はだだ下がりだった。
ああもう面倒臭い。死んでしまいたい。

わたしは落ちているらしい。常日頃から、ずっと。…あんまり自覚なかった。もうそれが通常だよ。
母基準では一緒にいることが増えて、それにより昔は見ていなかった、見えていなかった、ものが見えるようになってしまったという。
言われてみれば確かに休みは増えたし仕事からの帰宅も早くなった。
家の中では意識的になるべく一緒にいないようにしているから言われるまで思ってもみなかったけど。

母はそういうわたしを見て、何とかしなくちゃ何とかしなくちゃと思うらしい。そんなの全然見えていなかった。
そしてわたしは、でも、何を話しても下がっていっちゃうらしい。…苦情に聞こえた。

そりゃ下がるよっていうマイナスの話ばかりされていると思っていた。そうでない話は流れているのかもしれない。
どうしようもないから病院に通うようになったのでしょう。母が何とかするとか無茶だよと思った。
大体わたしからしたら母の方がしんどそうだよと言ったら普通に肯定された。
何だ。がっくりした。自分の方が重いと自分でも普通に思っているのか。何だ。
その上で、下がっているひとを更に下げちゃ駄目じゃんねって反省されて落ち込まれた。
そんなのばっかりだ。仕方ないよ母はもっと大変なんだもの、って思わされる感じだ。でもわたしだってしんどいものはしんどいのだ。
だから殊更に気遣って浮上させようとなんてしてくれなくて良いから自分のことは自分で処理して。

…なんて、聞かされるマイナスの話の苦情を言った。
当然の苦情だと思っているのに話していると酷く責めているような気分になった。一方的にとても酷いことを言っているような気分になった。
そこにおける被害者は自分のつもりで話し始めるのに
母の反応や言い分を聞いてみればわたしはいつの間にか優しさの欠片もない自分のことばかりの酷い娘だ。
でもだからってしんどさは減らない。

***

ああ面倒臭い。気持ちも悪い。現実的な吐気はないけど気持ち的に吐きたい。
死んでしまいたい。

やっぱり母の方こそ病院へ行ったら良いのにと思う。
聞いて貰いたいならそこでどうぞだ。そうでなくても何とかして安定を貰って来てよ。

死んでしまいたい。




 母の休みの日

2012年01月08日(日)

お母様の休日が転職によりカレンダー通りになって、今年からは週1バイトもなくなりそうで、
少なくともまずは今回がなくてよって3連休です。
だからわたしはひたすら自室に籠っている。…好き好んでそうしている訳じゃないから結構疲れる。

家にいるだけの身でなにを、とは思うけれど、母には個人部屋がないからリビングに行くと母がいて
そうしてちょっとお茶を飲みにとかお昼でとかそういうのでリビングへ行くと
その顔を合わせた短時間で何故わざわざってくらい、仕事の話や仕事のことでの独り言なんかが飛び出すのだ。
それが少なくともわたしにとっては聞いていて楽しくない内容なものだから、疲れる。
すぐ退散したりしても後からじわじわと効いて来る。苛々するし掻き乱される。

わたしの返答は偉そうになるし個人的な聞きたくない的な文句みたいになればムッとされるし何で黙っていられないのかと思う。
拒否権なんかなく聞かされる方の身にもなって欲しいとか被害者ぶる。…だから出来る限り、自室に籠っている。…疲れる。

母にも、余裕がないんでしょう。
でも病院通いのわたしが仕事のことで落ちている母の仕事の話を聞かされて乱されるとか間違ってる。
こんなんじゃ元気になるものもならない。安定するものもしない。人並みなんか尚更遠のく。
わたしのせいで落ちている訳じゃないんでしょう?間接的にはあっても最近の不安定はまず何より仕事が原因じゃないか。
なのにわたしはそれを受け止めなきゃいけないの?黙って聞いてあげるのが良い子なの?家にいるのだから当然?

そんな風に、言われたりはしないけれど
言えば普通にそんなことないでしょだの反省だの聞かされるんだろうけれど
でも結局、そういう部分が改められたり変わったりはしないのだ。いつもそういうパターンなのだ。いい加減それくらいは学習している。

よくわからないけどなんか生理的に嫌われているんじゃないのって切り捨てたくなる話も
普通に原因としてそういう考え方が透けているんじゃないのっていう思考回路も
個人的にこういうことはしたくないけどお仕事だからそういう風にやらないとやっていけないとかいうしがらみも
全部全部きいていて楽しい訳がない。負のことばかり。
なのに休日でも家で仕事をしている。会社のひともわたしも力抜けって言っているのに聞きゃしない。

家でやらないと間に合わないっていうならその仕事の方が間違っているのだ。
無理が見えるから会社のひとだってそう言うのでしょ?そんなんでこの先続けられるの?なんて、偉そうに思う。言う。
言われたかない筈でしょう、言わせないでよ、わたしだって言いたかないよ。
でも笑顔で頑張って、とかかなり無理だしキャラじゃないし頑張ってるひとに頑張れ言うのすきじゃないし
なんか本人はそういう方向で言われた方が無理!ってし易いみたいだけど。そんなのわたしが無理だし。

頑張って頑張ってそれでもお金が必要なだけ稼げないというのなら
そんなの生きてる価値ないじゃん、意味ないじゃん、そういう人間も世の中も。
面倒臭くなってまた死んじゃえば良いのにって思った。自分が。
なんかすっかり全然特別じゃなく普通に思うようになった。随分と身近な当たり前的な発想になったもんだ。
そう簡単に死んだり投げ出したり出来ないのがまた面倒なところだけれど。…なんか凄く馬鹿馬鹿しい。

おかしいな、最近また少し落ち着いていたのにな。
そこそこ浮上した上でそこで安定している風だと思っていたのだけれど、また病院に行くのも面倒になって来た。
生きてくって何でこうしんどいんだろ。甘ったれて楽に生きてる癖に。




 脱、楽になりたい

2012年01月07日(土)

TV(録画含む)を封じると暇つぶしが読書のみになって、今日は半ば無理矢理にひたすら本を読んで過ごしていました。
趣味的なものはやっぱり幾つか欲しいよなあと思います…。1日を1個で過ごすって結構きつい。

でも気がつけば、楽になりたい、って常日頃から無意識に思っているような
どうなりたいっていうと意識的でなくポロリとそう言っちゃうような、状態からは、いつの間にか脱していて
それってつまり改善というか、良い変化というか、良くなって来ているってことなんだよなあと、今頃になってちょっと思ったりしています。
…そうすると病院の意味がまた迷子になるのだけれど。なんかもう、自分、ちったあ感謝しろって感じです。
どうにも病院のおかげと思えない可愛げのない奴です。何が良かったのかって、時間、くらいしか思い付けない。自力気取りかよ…。

***

胡夢が完結して、新年を迎えて、少し経って、相変わらず4thVDを立ち上げるか否かで気持ちがうろっうろしています。
立ち上げたらやり切る決意はしているけれど、具合が良くなくなったりしつつも責任的なものでやり切るより
出来ればやりたいからっていうののみでやり遂げたいと思ってしまう訳で
わたしの体調面だけでなくやっぱり企画って色々あるからそれは中々無茶かもしれないけれど
でも無茶かもしれないってなる要因は出来る限りなくして最大限にない中ではじめたい訳で

……でもやっぱり、やりたくなったりも、するんだ。
そのうちね、じゃなく今で、近日中と言えるくらいで、なんて、……嗚呼どうしよう。

迷っているうちは出来ないんだろうけれど、吹っ切れる瞬間って急だったりもするだろうから何とも言えない。
前に組んだスケジュールの最新のものでは実は今日を企画公開、募集開始の日にしていたのです。
…そのまま、組み直したりしないで開始日だけ少し変更してやっちゃうのも手だけれど、…決心がつかない。
つかない状態じゃやりたくない、し。いや、つかなきゃやらないのは当たり前なんだけれども…。……悔しいなあ…。




 泡カラー

2012年01月06日(金)

本当は去年のうちに染めて新年を迎えたかったのだけれど、中々元気になれなくて出来ていなかった脱プリンを今日はしました。
プリンのままおばあちゃんちとか、本当なら控えたかったのだけれども、この前はまあいっかってしちゃった。

今回はビューティラボのふりふりホイップの髪色もどしのナチュラルブラウンを使用しました。
さり気に初の泡カラーです。ドキドキ。

塗っている最中は不慣れでつい若干手櫛っぽくしちゃって(駄目って書いてあったのに!)泡を絞っちゃう感じになったり
そもそも泡を乗っけていく過程でぱふっとなったりして
これは液状のより楽なのか…?なんて思ったりもしたのだけれど、乗っけた後は普通に出来ました。
仕上がりも液状のと大差はないっぽい感じです。慣れたら泡の方が楽なのかな。

垂れは液状のと同じくらいでした。いつも結構洗面所に染みとかつけちゃうのが悩みです…。ごめんなさいママン。
すぐ拭くようにはしているんだけど、時間が経つと色が濃くなるから
ここにも落ちてたっ?!とか、拭きが足りなかった甘かったっ?!とか、よくなります。…不器用め。

説明書通りの振りじゃ足りなかったりするって聞いたので、説明書にあるより沢山せっせと振ってみました。
その甲斐あってか泡は結構ふわふわに出来たよ。
色は、最近落ちた風に明るい感じであんまり…って風だったので、ターンカラーにしてみました。
毎度のことながらやっぱり落ち着いた色がすきなので、なんかもうターンカラーの方が基本になってしまいそうな勢いですそろそろ。
世の中のヘアカラーってどうしてあんなに明るい色が多いんでしょ。わたしが地味好きってことなのか?
それとも見本やパッケージが明るくても実際の仕上がりはもうちょっと落ち着いていたりするのかなあ。




 ディズニー映画色々

2012年01月05日(木)

今日はちょっと若干まともにだるい感じです…。
ベッドに座って暖かくしての読書と、少し浮上した後はディズニー映画で何とかやり過ごしました。

…あんまり元気が出ないと再開ダイエットの影響が頭を過ぎるけれどもうちょっと様子は見るのです。つまりもうちょっと続けるのです。
なんかダイエットを再開してからの方が夕飯が豪華で嬉しいしねっ…!質素にする覚悟でいたのでびっくりです。
お野菜を使っての色々とかシンプルにぽん酢で頂くお鍋とか、そういう方がやっぱりわたしはすきだなと改めて思ったりしています。
もっと食べたいをそこまで我慢しなくて良いって思えるのも嬉しいし
そもそも何故かそういう食事の方が割と早くから満足感があったりするのも嬉しい。
食べ足りないってなりにくい。食べる量とかさして変わっていないと思うんだけど。
そうすると何となく安定しているようにも感じられて、ちょっと幸せです。まあその時だけのとりあえずのものではあるのだけれども。

***

ディズニー映画はその後、
アラジン、眠れる森の美女、ライオンキング、ポカホンタス、サンタクローズ、ロビンフッドを見ました。いっぱいだ。
これまでのと合わせてタイトルをメモって並べてみたら(忘れそうだから…)それだけで何だかときめきでした。

眠れる森の美女は、小さい頃からフォーナがとってもすきなのです。3人いる妖精さんのうちの緑のひとです。
今見てもやっぱり素敵だった。マイペースな感じとかたまらない。コスプレとかしたい。お衣装もカントリーぽくて可愛くてすきっ。
眠れる森の美女の3人の妖精さんは、ずっと妖精さんとして妖精さんなのだから可愛いキャラだと思っていて
だから昔お母様におばちゃんじゃん、だか、あのおばちゃん?だかって言われた時は、結構衝撃でした。…おばあちゃんだったかな。
とにかく、別に悪意のある発言とかじゃなかったんだけれど、びっくりしたのでした。
一般的にはもしかして、当たり前に人気のある可愛いキャラクターではないのか?!って、その時はじめて思ったのです。
当然のように目立って好かれるマスコットキャラクターだと思っていたものだから。
おばちゃん、とかっていうのも、妖精さんは妖精さんであって年齢とか全然頭になかったです。
…なんかむしろあんまりちゃんと見ていなかったのかしら。

ライオンキングは、途中30秒くらい重ね録りのミスで消えちゃっていてショックでした。シンバが大人になる辺りが見られなかったよ…!
改めて見るとシンバの煮え切らない感じが結構ひどくて苛っと来たりしてびっくりしました。
でもその分もかコロッと帰るってするところが可愛くてすき。ラフィキもだいすき。
ライオンキングは中1の時に吹奏楽部でメドレーをやったのです。
だから曲がまず印象に強く残っている感じ。スカーの歌がすきなんだ。

ポカホンタスは、見た目が地味だからあんまり回数は見ていないと思うのだけれど、改めて見たら歌がすごい良くてびっくりしました。
美女と野獣と何だか似ているけれど。そっちもっていうかそっちは昔っからだいすきだけれど。
あと、風の表現が凄く素敵だった!柳の木のおばあちゃんも素敵だった!

サンタクローズは、同じビデオに入っていたからたまたまそういえばこれもディズニーだったかあって知ることが出来て、
それでクリスマスが終わってから見ました。どうせならクリスマスシーズンに見られたら良かった。
あの手のお父さんを見ると、うちみたいだって言う母がどうにもまず浮かびます。
実際、サンタクローズでは言っていたかな、、フックを見て言っていたのは確実なのだけれど。
現実のお父様はディズニー映画のように素敵に変身したりはしてくれないのが当たり前だけれど若干侘しい感じですネ。
サンタになったり空に消えたりするのが若干比喩のように思えて
可愛くて素敵なファンタジー!って言い切るには何故か微妙な違和感があって、少々戸惑いました。
ポニョで覚えた違和感みたいな風。
でもやっぱり、これの場合は全然そういう含みはなくて、わたしが歳を取って素直に見られなくなったってことなのかなあ。




 アイロン

2012年01月04日(水)

昨日、今日と、アイロンで髪を巻く練習をしてみています。実は人生初アイロンです。
アイロンっていったら家事の、お洋服の為のものでしょ?なんて子供の頃なんかは思っていたものだけれど
この年にしてついにやっとのアイロンデビューです。

ここ暫くずっと憧れな髪型へ変えるのに、パーマじゃなくてアイロンを使うっていうのも手じゃないかって最近は考えていたこともあって
ここ数ヶ月くらい(?)、アイロンやらコテやら気になってはいたのだけれど
1日にお買い物に行った時にやっと見てみることが出来ました。
そしてそしたらとてもお安いものもあって、迷いもこのお値段ならって思い切れる風だったので、まずはこれで、と購入してみたのです。

性能はそりゃある程度高いものの方が良いのだろうけれど
何せ人生初だし、巻くと自分はどんな風になるのかっていうのも全然想像がつかないし、なので
初アイロンはそんなもので良いのです。充分なのです。多分。
初だから比べようがないもののお安くてもちゃんと効果は発揮してくれている感じで嬉しい限りです。
人生初利用の人間の印象なので当てにはなりませんけどもっ。

どういう風に巻くと理想的なふわふわになるのか、試行錯誤中の練習中の実験中って感じの日々です。まだ2日だけど。
なんかやたら広がったりするし加減も難しいというか自分で見ていて訳がわからなくなって来たりするのだけれど
何だかひとり嬉し恥ずかしな感じで楽しくやっています。

元々こうしたいっていう髪型がロングのものしかイメージになかったものだから
今のミディアムならこんな風っていうのが尚更想像し辛い感じはあるかもしれないけれど
それに、長さがないからロングのひとのお手本みたいに
余裕でくるくるするするとはいかなかったりもするけれど…(これは腕の問題か…?)
ゆくゆくはそんなのも目標にしつつ、この分なら、パーマはかけなくても良いかな?!って感じです。
ここ暫くは髪が伸びたら人生初パーマ、っていうのも検討していたのだけれど
やっぱり高いし、失敗も怖いし、くるくるふわふわはアイロンでも何とか出来そうだ多分!

頑張ってそのままお外にいけるくらいになれるよう練習あるのみです。
今はまだ自信が持てない!この広がりは正しいの?!良いの?!みっともなくない?!とか思う!難しい!でも楽しい!




 ダイエット再び

2012年01月03日(火)

今日は案の定で落ちました…。
予想はしていてもわかり易くがくんってなると本当にそうなったとかいっそ笑えて来ます。
だるさと、微妙でへんなモヤモヤと、苛々のもとと、あと昨日出掛ける前もそうだったのだけれど
熱が出た時みたいな身体の内側で凄いスピードで何かが回っているような、感じ?が何か凄くありました。
…実は熱があったりしたのかな、昨日も今日も、とかつい少し思ってみる。

イメージ的にはネズミさんがくるくる車を回しているような、脳がへんにへんな勢いでもって働いているような感じ。
上手く説明出来ないのだけれど身体の具合が結構派手に悪い時と同じ感覚だと思うのです…。
昨日も今日も朝だけで、気付いたらどこかへいっちゃっていたんだけれども。

何だか小学生くらいで母に看病されている場面を凄く思い出す感じの、そういう時と同じ、感覚なのでした。
あと重めの風邪をひいた時とか熱が出た時って口の中が膨張した風に感じたりするよネ。
それもタイプ的に今回の回っている感じのとちょっとセットなイメージです。

…つらつら書いてみたけれど果たしてこの説明は伝わっているのだろうか。
ていうかそもそも、〜だよネ、とか言ってあんまり一般的な感覚でなかったらどうしましょ。

***

マジでリバウンドったのかと、リバウンド話を全く笑えないような最近、特に昨日、でしたが
今日は約10日ぶりに体重がちょこっとだけ眩しい数値になっていました!やった!
でもまだまだ油断は全く出来ない感じなので食事制限の再開自体は予定通り決行していこうと思います。
お腹が空いていたって良いじゃない!(?)

ダイエット中にどれくらい食べていたかとか、それでどれくらい減ったかとか、全然覚えていないから
ダイエットの開始からこれまでの食事記録を見返してみたりしたのだけれど、思ったより参考にならない感じでした。
まともに遡るとそもそも夕飯が置き換えドリンクになっちゃうしなあ…。その上での昼食とかじゃ参考にならない…。

そんなこんなでやっぱり例によって様子を見つつでやっていってみるかって感じです。
一応3食は守りつつ、でもちゃんと戻って安定するまではわかり易く制限をしてみようかと考え中です。
微妙な制限は効果もやる気もぐだぐだになり易くて逆に面倒だししんどいんだもの。
…なんて、そんなのをしていたらまた元気がなくなったりしちゃうのかなあ、、
最近少し元気だったのは体重が増えたからだったりして、なんていうのも笑い飛ばすにはちょっと自信が足りない感じです。
でも最近の腹肉はあまりにもあまりにも酷いから対処は絶対必要だと思うの!
なのでやっぱり様子を見つつ、見つつ、って感じなのです。

それにしてもダイエットも一段落して
だけどじわじわ更に減ったり、キープだったりしながら暫く経った、ていうか結構経った、今頃になって
こんな風にリバウンドするなんて、思ってもみなかったです…。
これも食事制限のダイエットだったからとかいうことになったりするのかな。
…だとしてもとりあえず現段階では考えて色々やるのは面倒だしって気持ちなので
ドリンクはなしだけど、また似たようなパターンで落としていくつもりです。

………リバウンドからの落としが大変ってどのくらいのレベルからかなあ!
今のところは、今くらいならとそこまで危ぶんではいないのだけれど、甘いだろうか…。…甘くありませんように!




 おばあちゃんち

2012年01月02日(月)

今日はおばあちゃんちに行って来ました。

わたしの状態があまり宜しくなかったり
その上おじいちゃんが亡くなった後色々あったりしてそれでおばあちゃんに対する反発やらモヤモヤやらがあったりして
なんかもう、暫くは行けないかと思ったりしていたのだけれど
今日は起き抜け早々母が行くなら一緒に行こうかなって気分で、そして母も今日行こうかと言うので、ご一緒して来ました。

最近お電話は居留守で留守電がデフォルトでおばあちゃんが相手でもそれは同じで
だから先月のわたしの誕生日にも、掛けて貰ったものの出なかったりしたんだけど
(お話をきいてあげる余裕も愛想良くする余裕もとてもなかった…)
今日は普通に行って、帰りまで普通に好調でいられて、
その上帰宅後の今もそんなにくたびれていない感じで嬉しいです。とても珍しい。

多分、パターン的には明日とかあさってとかつまりこれから落ちるのだろうけれど
連日出掛けられたことも年始早々ちょっと幸先の良い感じで、ちょっと気分が浮上中です。

でも手持ち無沙汰とか多少ストレス…?とかもあったのか
あと、出されたものが出しっ放しで乾いていくのとかつい気になっちゃうものだから
なんかちまちまと結構延々と色々食べてしまって…
そうしたらわかっていたけど案の定を上回るレベルでお正月!!って感じに体重が増えていました。があん。
さすがにこれはもうマズイし明日になったらまた減って落ち着くとも最近の感じからは全く思えないし
だから、ダイエットの本格的な再開を、決意しました!!

これはもうそれなりに食べつつ増えた分を元に戻していくとか無理だよ!
残っている置き換えドリンクはあと1袋しかないけど温野菜を基本にした食生活に戻してリバウンドる前の体重までまた落とすよ!

とりあえずお母様に宣言は早速してみました。
特別反対も嫌な顔もされなかったので良かったです。ちょっと意外かもしれない。
また先生に体重気になっちゃう?とかもうちょっと食べてとか言われるよ、なんて笑われたけど
次回の病院までまだ1週間くらいあるしそれまでにまずは多少何とか…、……1週間くらいじゃ全然かなあ。
もう感覚とか全然覚えてないや。。
とにかく、再開!野菜とノンオイルドレッシングがおともだち!頑張るっ…うおおおおっ




 お買い物

2012年01月01日(日)

昨日の今日でちょっと恥ずかしいんだけど、お母様に誘われて今日はご近所までお買い物に行って来ました。
欲しいものにも必要なものにもいまいち執着出来なくて
だから単に気分転換の為で買い物自体は付き添い的になるだろうと思って行って来たんだけど
自分のお買い物もそれなりに出来たりしました。

行く前はどうしようかなあとか迷いながらローテンションだったりしたのだけれど出先では落ちっぱでなくて良かった。
でも後半は頭痛が来出して帰宅後暫くしてもう寝る前な今も更に結構ガンガンで
たまのお外はこれだからもう…。疲れたし鎮痛剤も飲んだし早く寝ちゃえ。



 < 過去  INDEX  未来 >


[ Homepage ]