enpitu


1st new index mail


Only you can rock me
五十嵐 薫
mail

My追加
頑張ろう東北!
エンピツユニオン

2010年05月05日(水)
sister twilight

この街には、君と二人で歩ける海岸がない。
額に汗を浮かべて登るような山もない。
古い寺院も、蔵も、数奇屋造りの町並みもない。

でも、空がある。



16号を八幡橋から直進、間門の交差点をさらに直進。
湾岸線と並行してバイクを走らせる。
CBX400F3、GSX750SKANATA、GSX750E供CB650C、そしてVOLTY。
乗ってるバイクは次々と変わっても、オイルと潮風の混じったようなこの街の匂いは変わらない。



埠頭から見る景色が好きだ。
青空の下起立する、キリンの群れのようなクレーン。
その合間に見える青空の、フレーミングは抜群だ。

空の蒼、海の碧、白い雲。
そして日常生活にはない尺度で並ぶ巨大なクレーン、タンカー、コンテナ。
大気の湿度と金属の質感。
その極端なコントラストを潮風が中和する。

潮風は鉄も風景もそれを眺める人間も、等しく腐食する。



D突のシンボルタワーの下の芝生で、横になって本を眺める。
背中から、地面の温度と芝生の湿度が伝わってくる。
積乱雲はまだない。
空気はまだ、さらさらと軽いままだ。

気付くと眠っていた。
本のページはさっき開いたままだ。

風が強い。
夕凪の前の風だ。

立ち上がり、背中や尻を叩く。
斜めになった太陽が海面に反射する。
サングラス越しの目をさらに細める。



新山下のHOME'Sにバイクを停める。
マクドナルドでコーヒーを飲む。
エレベーターで屋上に上る。

広い駐車場に車は殆ど停まっていなかった。

ここから見る横浜港の夕暮れの景色は、最高だ。

みなとみらいのビル群が作る薄紫の光の中、コスモクロックやマリンタワーがスワロフスキーのように輝く。
正面にはベイブリッジ。海と空の曖昧になった境界線の中に浮かぶその姿は、まるで浮遊する都市のようだ。
一方根岸湾方面の空は、海の延長かと思うような青。この青は大気圏の青だ、といつも思う。それは地球上の青全ての、標準になるような青だ。



リーバイスの尻ポケットから携帯を取り出す。
カメラを空に向け、何度かシャッターを切る。

景色はフリーズドライできない。
アーカイブになった夜景は、標本の蝶みたいで少し残酷ですらある。

メールに添付。送信。

それでも、これが君のパズルの1ピースになれば僕は嬉しい。



この街には、君と二人で歩ける海岸がない。
額に汗を浮かべて登るような山もない。
古い寺院も、蔵も、数奇屋造りの町並みもない。

でも、空がある。

勿論、君の住む街にだって空はあるだろう。
空はつながってる。

そうなんだ。
この街で空だけが君とつながってる。



この街には、君と二人で歩ける海岸がない。
額に汗を浮かべて登るような山もない。
古い寺院も、蔵も、数奇屋造りの町並みもない。

でも、空がある。

空を見てる時は、いつだって君と一緒だ。


エンピツ