ツリー

2016年12月16日(金)

病院で順番を待っている時に、腕が震えて違和感があったり、その次の時は動悸の手前のような胸苦しさがあったり、
このところ目に見えてあまり調子が良くないのかなという感じが続いています。
その前も待っている人がいっぱいだと気持ちがざわざわして落ち着かなくて話し声がしんどかったりしていました。
目を瞑ると余計過敏になってしまう。。

家にいても、だるくてお昼寝をしたり横になってぐったりしたりすることが増えています。
先生には、通院や図書館に行くことについて、無理はしないで下さいねと言われました。
基本、外出はした方が良いという方向性だと思っていたから、ちょっと意外です。
出掛けられなかったり泣きそうになったり足踏みしてしまったりする程じゃないけれど、
ひとりじゃない夜は特に会話をしていると身体も気持ちも重たくなって来て、泣きたい一歩手前な感じにまでなるようになって来て、
どうしようもないのを自覚してしまってしんどいです…。
湿布を貼ると、ちょっと、楽になる…かも。

病院のある駅のクリスマスツリーが、とてもきれいです。
今年は流さないで見て、きれいって思えて、不調のさなかだけれど、調子、悪くないのかなとも思いました。
年齢のせいかもしれないけれど、道端の小さな花に気付いて、きれいだなあって思えたのも、今年の春や夏だった筈。
こういうの、ちょっぴり新鮮です。



 < 過去  INDEX  未来 >


[ Homepage ]