職業婦人通信
DiaryINDEXpastwill


2006年10月25日(水) おりょうりいちねんせい その3

しつこく続くお料理話。

先週の週末、ダンナ君の実家へご機嫌伺いに訪れた。

----

ゴハンの時間に行くと長くなるので

(あ、いや、別に義理の両親がキライとかそういうことではなく、
長居すると悪いかなと思って。いや、自分が長居すると
気疲れするなんてとんでもない!)

お昼過ぎに伺ったのだが
結局、なんのかんのと長くなり
夕ご飯も一緒に、ということになってしまった。

もちろんここで
「良い嫁にはなりたいけどなかなか難しいよねそれって会」会長の
千代子としてはお手伝いを申し出たわけであるが

献立が
「人数も多いし簡単につくれるから」という理由で
『コロッケ』と発表されるや、手伝いを申し出たことを
光速で反省するに至った。

だってさ。
コロッケなんて作ったことないもん。
作り方も知らないしさ。

私の心の中には
『噂の東京マガジン』という番組の名物?コーナー
「やって!TRY」で
女の子が「えートンカツってこんな感じぃ?」とか言いつつ
牛肉をバーナーで燃やしたりしちゃってる姿と
それにかぶせた
「あ〜あ、やっちゃたよ〜」っていう声が
去来していた。
私はまったく笑えない。あのコたちのことを。
(この番組見た事ない人、おいてきぼりですみません)

とはいえ、手伝うと一度言ってしまったからには
もう後には引けぬ。
,任るだけ調理には関わらない方向で
∧夘佞韻鮹羶瓦亡萃イ蹐
という2項目を速やかに決意した私であった。

それなのに、台所に立った瞬間、
私はなぜか
「お義母さん、なんでも言ってください」なんて口走ってしまった。
どこまでもエエカッコしいのバカ嫁である。

お義母様からのミッションその Д献礇イモをむく

イモをむくように言いつかったのだが
なんとダンナ君の実家には
ピーラー(ホラあの、皮むくのが簡単なあの、100円ショップとかで売ってるアレ)
がなかった。早くも大ピンチである。
包丁でモタクサと皮をむき始めた瞬間に
デンプンでつるりんこと手がすべり、イモを取り落とす千代子。
隣で味噌汁を作っていたお義母様の目が光ったのは気のせいか。

さすがお義母様は年の功、すべての工程が手早い。
(毎日料理作るのに2時間かかる私とは違うのが当たり前)
味噌汁ができあがろうとしている頃合いになっても
私ときたらまだイモをむいていた。
お義母様のイラダチが軽く伝わってくるような気がする・・・

お義母様からのミッションその◆Дャベツの千切り

結局ミッション,蓮見かねたお義母様が残りのイモをむいてくれて終了し、
残念ながらミッションは不成功に終わった。
次の機会までにイモをむく練習をしておこうと密かに誓う。

気を取り直して次のミッションは「キャベツの千切り」である。

またも厳しいミッションであった。
というのはもちろん、私がキャベツの千切りなんてロクにやったことが
ないからである。

しかも、この頃になって家族の皆さんたちが続々と帰宅しつつあり
「お腹すいた〜」「早くして」「千代子ちゃんの手料理(?)楽しみ」などと口走るものだから
1.キャベツの増量
2.時間の短縮
3.プレッシャーの増大
という、さらなる問題を抱えることになってしまった。

(糸のように細く!極細に切らないと!しかもすばやく!!)
とは思うのだが
ぶきっちょ&料理の能力ゼロの私にはとうてい無理な相談であった。

焦る私は
(せめて包丁の音だけでも早い感じを出そう)と思い、
やたらめたらとまな板を包丁で叩いて音を出す、という姑息な作戦まで使ったのだが
それでキャベツが細かくなるわけではもちろんなかった。

こうして、ものすごく時間がかかってキャベツの千切りは完成したのだが
どう見ても
「千切り」というよりは「細切れ」もしくは「ぶつぎり」という体たらく。

この時点で死にたくなった。

その後も
●ポテトマッシャーを渡されても使い方がわからなくて右往左往
●「小麦粉につけてからとき卵⇒パン粉」という流れがわかってなくて
 いきなりとき卵にドボン→間違いを指摘され立ち尽くす
  (↑ホントに書いてて自分で情けない)
といったピンチが続き、
死にたい気分のまま手伝いはなんとか終了したのだが

なんといっても問題はキャベツのぶつぎりである。

しょげ返る私にお義母様は
「いいのよ、大丈夫、ちゃんと切れてるじゃない」とまで言ってくださったのだが

・・・いいんですお義母さん・・・どう見てもアレ、キャベツの千切りじゃないし・・・
キャベツもあんなふうに切られて泣いてますよ・・・。
私、もう死にたいです・・・。
(とは言えなかったけど、気分的にはもう死にたかった)

ダンナ君の実家ルールは
「キャベツは一個のボウルに盛って、食べたい分だけ各自が取り分ける」
というスタイルになっており、
私のキャベツもひとつのボウルに盛られて食卓に載せられた。

こうして食事がはじまったものの
食卓の真ん中で燦然と輝くぶつぎりキャベツから
私は目を離せず、

特に大きいキャベツのキレッパシを見つけるや否や
すばやく自分の口に放り込んで証拠隠滅する、という
これまた姑息な手段を使いつつ
笑顔でお義父さんたちに酒をつぎまくって
キャベツから家族の注意をそらすのに必死であった。

----

その日は

1、じゃがいもを包丁でむく
2、キャベツの千切り

の二つを練習しないと!と
心に誓ったのだが

もちろん
それ以来一度もやってない。


千代子 |MAIL
ご感想をどうぞ。





My追加